新幹線 定期 券 料金。 新幹線料金のしくみと内訳|JR新幹線ネット

定期券

新幹線 定期 券 料金

新幹線定期券の基本ルール 基本的なルールは簡単で、設定されている区間の定期券を買えば、記名人はその区間の新幹線自由席に好きなだけ乗ることができます。 全区間新幹線のみの定期券のほか、在来線を組み合わせる定期券も作れます。 たとえば千葉から東京まで在来線、東京から熱海まで新幹線、熱海から伊東まで在来線、といった定期券を作ることも可能です。 千葉ー(在来線)ー東京ー(新幹線)ー熱海ー(在来線)ー伊東 新幹線定期券で、 並行する在来線に乗ることも可能です。 たとえば、東京から熱海の新幹線定期で、東海道線の電車に乗ることもできます。 この場合、たとえば横浜や大船で途中下車することもできます。 小田原ー(新幹線)ー品川ー大井町 上記は、小田原ー品川の新幹線定期で全区間乗車可能です。 新幹線定期で指定席に座れる? 新幹線定期券で乗車できるのは自由席だけです。 指定席には原則として乗車できません。 ルール上は、指定席に座る場合、定期券は無効で、別途運賃から全て払わなければなりません。 しかし、実際の運用は少し違っていて、自由席が満席の場合は、車掌に申し出て空席のある指定席に座ることができる場合もあります。 この場合、別途指定席料金(数百円)に相当する金額を支払います。 ただし、指定席が混雑している場合などは断られることもあります。 また、その席の指定券を持っている人が来たら、席を譲らないといけません。 この対応は明文化されておらず、車掌によって対応が異なる=断られることもあるようです。 東海道新幹線では、グリーン車に乗れる4枚綴りの回数券も販売されています。 それが「 フレックス用こだま号グリーン回数券」です。 新幹線定期乗車券使用者を対象としたグリーン車利用のための料金回数券です。 「こだま」号に限った対応で、このチケットを出せば、空いているグリーン車に座ることができます。 ただし、その席のグリーン券をもった他の客が来た場合は、別の席に移動しなければなりません。 また、 東海道新幹線では朝8時台の「のぞみ」「ひかり」では、新横浜〜東京間で普通車指定席の空席を自由席扱いとする特例措置をとっています。 この時間帯のこの区間では、指定席も自由席同様に座れます。 新幹線のICカード定期 新幹線定期は高額なので、紛失が心配です。 それを避けるにはICカードの利用がいちばんです。 といっても、新幹線のICカード定期が販売されている区間はわずかです。 現在、新幹線のICカード定期を販売しているのはJR東日本だけです。 「 Suica FREX定期券」「 Suica FREXパル定期券」というIC定期券を販売しています。 設定区間は、「東京〜那須塩原・上毛高原・安中榛名」、「郡山〜仙台」、「長岡〜新潟」のみです。 これ以外の会社・エリアでは新幹線のIC定期券はありません。 東海道・山陽新幹線では、2021年春に、ICカード定期券が導入される予定です。 広告 新幹線定期の定期代 新幹線定期は高額です。 在来線が40,050円ですから、1. 84倍。 在来線は34,760円で、1. 82倍。 区間にもよりますが、おおむね1. 8〜1. 9倍くらいの価格になっています。 しかも、新幹線定期には6ヶ月がありませんので、6ヶ月単位でみると、 新幹線定期は在来線の2倍くらいはする、と考えておく必要があります(例外として九州新幹線は6ヶ月定期があります)。 「新幹線だし、2倍なら仕方ないんじゃない?」という意見もあるかと思います。 ただ、現実には、新幹線通勤・通学では、在来線では通わないよう長距離の区間に乗車しますので、絶対額が高額になります。 この場合の新幹線定期券は1ヶ月136,330円にのぼります。 こうなると実に4. 区間にもよりますが 、時間当たりで考えると、在来線の4〜5倍もするのが新幹線定期券なのです。 新幹線最大の激安チケット? しかし、1回あたりの金額で考えると、 実は新幹線では最大の激安チケットといえます。 その半額が片道とすると、たった1,232円です。 同区間の新幹線自由席の通常価格は3,280円ですから、 なんと63%割引です。 もちろん、実際には1ヶ月30日も使わないでしょうから、割引率はもう少し低くなるでしょう。 しかし、新幹線定期券がべらぼうな金額設定というわけではないことがおわかり頂けると思います。 東京駅、博多駅、上越妙高駅をまたぐ区間は発売なし 新幹線定期の購入を検討する際の注意点としては、 異なる会社の新幹線をまたぐ区間は新幹線定期券が発売されていない場合がある、ということです。 具体的には、東京駅をまたいでJR東海とJR東日本の新幹線を同じ定期券で購入することはできません。 同様に、山陽・九州新幹線で博多駅をまたいでJR西日本とJR九州も同じ定期券を購入できません。 北陸新幹線で、上越妙高駅をまたいでJR東日本とJR西日本も同じ定期券はできません。 東北・北海道新幹線で、新青森駅をまたいでJR東日本とJR北海道も同じ定期券はできません。 これらの場合は、それぞれの駅までの定期券を買って乗り継ぐ、ということになります。 さらに高額になってしまいます。 例外として、東海道・山陽新幹線で新大阪駅をまたいでJR東海とJR西日本の新幹線を同じ定期券で購入することはできます。 これは、国鉄時代からそうなっていたので、その名残といえます。

次の

新幹線定期FREX(FREX・FREXパル)のおねだん:JRおでかけネット

新幹線 定期 券 料金

新幹線の特急料金は駅間ごとに決めています。 全区間自由席をご利用の場合の自由席特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 一部区間指定席をご利用のときは全区間指定席特急料金になります。 ただし、東京から博多間で、全区間〔のぞみ〕〔みずほ〕の自由席をご利用の場合は、通常よりおトクな特定特急料金(〔ひかり〕〔さくら〕〔こだま〕の自由席をご利用になる場合の特急料金と同額)でご利用になれます。 新幹線を乗り継いで東海道新幹線と九州新幹線とをご利用になる場合の特急料金はをご覧ください。 〔はやぶさ〕〔こまち〕〔はやて〕〔かがやき〕においては、満席の場合は立席特急券を発売することがあります。 料金は通常期の指定席特急料金から530円引きした額です(ただし、特定特急料金が適用となる区間については、特定特急料金と同じです)。 新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いでも特急料金は新幹線の全乗車区間を通しで計算します。 ただし、次の場合を除きます。 東京から博多間で、〔のぞみ〕〔みずほ〕と〔ひかり〕〔さくら〕〔こだま〕とを乗り継ぐ場合• 〔はやぶさ〕〔こまち〕とそれ以外の東北・北海道新幹線とを乗り継ぐ場合• 東京駅で乗り継ぎとなる場合• 大宮駅で上りの東北・北海道新幹線から下りの上越新幹線に、または上りの上越新幹線から下りの東北・北海道新幹線に乗り継ぎとなる場合• 高崎駅で上りの上越新幹線から下りの北陸新幹線に、または上りの北陸新幹線から下りの上越新幹線に乗り継ぎとなる場合• なお、〔ひかり〕〔さくら〕〔こだま〕をはさんで〔のぞみ〕〔みずほ〕の指定席を乗り継ぐ場合は、通常どおり計算した場合と、〔ひかり〕〔さくら〕〔こだま〕区間を通じて〔のぞみ〕〔みずほ〕の指定席を利用したものとみなして計算した場合との、どちらか安い方の額となります。

次の

新幹線自由席回数特別急行券(定期券用)|お得なきっぷ詳細情報|JR東海

新幹線 定期 券 料金

DreamFinder 6ヶ月まとめて購入する 会社の交通費が月額として毎月支給されるような会社であれば、6ヶ月分をまとめて購入することでかなり安く購入することができます。 例えば大宮から渋谷間のJR定期券であれば、1か月の定期代は15,810円、それに対して6か月分の定期代は79,100円です。 1ヶ月ごとに購入するのではなく、6ヶ月まとめて購入することで1万円以上のお得になるという計算ですね。 ポイントバック率の高いクレジットカードを使う まず、基本として使いたいテクニックがクレジットカードによる定期券の購入です。 6ヶ月分の定期券が12万円だとしたら、1パーセント付与されるクレジットカードで1,200円ほどポイントとして還ってきます。 さらにリクルートカードのような1. 2パーセントという高還元率のカードを利用していれば、1,440円ほど還ってくることになります。 リクルートカードは年会費2,000円のプレミアム会員ならば、ポイント付与率が2パーセントとなります。 定期券代だけでは元は取れないかもしれませんが、その他にも公共料金や普段の買い物、旅行などに利用して年間25万円以上の額にすることで、さらにお得にポイントを得ることが可能になります。 クレジットカード併用定期はお得 JRや私鉄各社が発売しているクレジットカードにはオートチャージ機能付き、そして定期券が一緒になっているものもあります。 例を挙げるとJRのルミネカードはオートチャージ機能が付いており、まずオートチャージをするだけで金額の1. 5パーセント分相当のポイントが付与されます。 1万円をオートチャージすれば、150円分のポイントが付くのです。 さらに定期券を購入すれば、その定期券の代金の1. 5パーセント分相当がポイントバックされるので、7万円の6ヶ月定期券であれば1,050円のポイントが付与されます。 他にもルミネでの買い物が常時5パーセントOFFなどの特典も数多くあり、加入時に数千円分のポイントを貰うこともできます。 京王や小田急、東急などでもオートチャージ付き定期券にお金を入れ、そのクレジットカードで買い物をすれば2~3パーセント分のキャッシュバックを受けられるなど、電鉄会社が発行しているクレジットカードの特典はかなり多くあります。 定期券を買う路線を工夫してちょっとお得を味わう funny face 同じ料金なのに区間が違う場合は遠くまで購入しよう 料金を安くするのではなく、同じ料金で少しでも遠くへ行くための工夫です。 大抵の鉄道会社では料金を移動距離に比例させて算出しています。 10キロから12キロの間ならば同一料金ということもあるので、近距離の1駅程度であれば定期券代が変わらないこともあります。 例えば京王井の頭線の定期を購入する場合、会社の最寄り駅が渋谷駅から1つ前の神泉駅だとします。 せっかくなので、渋谷駅までの定期として購入したほうが何かと便利でしょう。 分割することで安くなるJRの裏技 JRの切符は分割して購入することで、まとめて購入するよりも安くなる場合があります。 この現象が起きるのも、先程あげた距離によって電車の運賃が自動的に決まるというシステムによるものです。 具体的な例を挙げてみると、JR武蔵野線を横断する定期を購入するとします。 西船橋駅から府中本町駅の定期券を購入すると、移動距離が71. 8キロメートルということで、6ヶ月で171,530円になります。 これを途中の新秋津駅までから分けてみましょう。 府中本町駅から新秋津駅が移動距離13キロメートルで6ヶ月定期券が31,020円。 そして新秋津駅から西船橋駅が移動距離58. 8キロメートルで6ヶ月定期券が131,830円になります。 この場合、171,530円~(31,020+131,830)=8,680円で、たいへんお得になります。 これほどの移動距離になるケースは少ないかもしれませんが、長距離通勤をしている人は、定期を分割することで、意外な値段で購入できるかもしれませんね。 乗り換えサイトなどで、分割した場合に定期券代がどのくらいになるのかを試しにチェックをしてみましょう。 ひとり親家庭に対する支援策を利用すれば定期は安くなる こちらは使える人が限定されている手段です。 ひとり親家庭に対する「児童扶養手当」の中にはJRの定期券が安くなるという特典も含まれているのです。 JRで定期券を購入する際に「特定者用定期乗車券購入証明書」を提出すれば、ひとり親世帯の人は定期券を通常の3割引きで購入できます。 こちらは子供だけではなく、親が購入する場合でも使えます。 代表的なものとしてはJR東日本が発行しているぷらっとこだまです。 こだまは新幹線の中でも比較的鈍行扱いとなります。 こちらを利用して名古屋や大阪などの長距離を移動すれば、チケット代が20~30パーセントも安くなるというものです。 名古屋までであれば、片道11,000円程度のものが7,000円ぐらいにまで下がります。 さらにドリンクチケットがついてくるので、アルコールを飲みながら新幹線で移動ということも可能です。 ただし、GWやお盆、年末年始などの繁忙期は発売していません。 また、JR東北新幹線も早期予約をすることで、1,000円以上お得に購入できる場合があります。 回数券も基本中の基本 新幹線に限らず、乗車券は回数券という形でまとめることで、お得に購入することが可能です。 例えば東京メトロでは、お得な回数券があるのです。 通常の10枚まとめ買いの回数券は乗車券が1枚追加でついてくるので、約9パーセントのお得になります。 それ以外にも時差回数乗車券、土・休日割引回数券というものがあり、時差回数乗車券は平日の10~16時と土・休日に使えて約17パーセントの割引、土休日回数券は土休日しか使えませんが、約30パーセントの割引になります。 特に土・休日などに外出する機会が多い人は、土・休日回数券を購入すればかなりお得になりますね。 ただし、有効期間は発行から3ヶ月となるので、その点には注意しましょう。 東京メトロ以外の電鉄会社でも実施しているので、自分が利用する会社で扱いがあるのかを調べてみても良いでしょう。 株主優待割引券のすごい内容 株の売買を行っている人の中では、売買による利益だけではなく、分配金、そして株主優待に興味を持つ人も多いでしょう。 JRも上場企業だけに株式の購入が可能であり、実は非常に充実した内容の株主優待割引券があるのです。 それがJR西日本の株主優待割引券であり、その内容はなんと「乗車券と特急券が半額になる」というものです。 自分がJR西日本の株主になれば受け取ることができますし、金券ショップなどでも販売されています。 金券ショップで購入すると、優待割引券分の代金がかかるので、長距離区間の新幹線などで利用をすればかなりお得になるでしょう。 ただし、JR九州に乗り入れるような新幹線の場合、JR九州の区間内は通常料金となります。 西日本の区間内で利用するようにしましょう。 まとめ 定期券は電鉄会社のクレジットカード付きを利用すればポイント還元率が高くなりますし、JRの場合は区間によっては別々に購入することで安くなる場合があります。 以外と知られていない鉄道各社の切符の購入は知っていれば得をするだけではなく、人と話す時のちょっとしたネタにもなるでしょう。 乗車券も新幹線を中心に高額な特急の乗車券は、早得など数々の割引システムがあるので、出張の際にうまく利用していけば、会社のお金でちょっとした贅沢ができるようになるかもしれませんね。 \ SNSでシェアしよう! / マネー原人の 注目記事を受け取ろう•

次の