群馬 小児 医療 センター。 群馬県

外来診療予定表 / 群馬県立小児医療センター / 公式ホームページ / こども病院

群馬 小児 医療 センター

沿革 [ ]• 1982年(昭和57年)4月1日開設、7月1日から全面的診療開始。 開設時病床数80床、1983年3月に98床。 2003年(平成15年)4月103床。 2005年4月150床。 診療科 [ ]• 総合内科• 神経内科• 循環器科• 血液腫瘍科• 腎臓内科• アレルギー感染免疫科・呼吸器科• 一般外科• 心臓血管外科• 形成外科• 整形外科• 脳神経外科• 総合周産期母子医療センター• 新生児科• 胎児心臓外来• 胎児超音波スクリーニング外来• 母乳外来• 特殊専門外来• 麻酔科• 放射線科• 遺伝科• 歯科・障害児歯科• 耳鼻咽喉科• 小児精神科• 内分泌代謝科• その他• リハビリテーション• 心理判定• 心理カウンセリング• 予防接種 施設認定等 [ ] (財)日本医療機能評価機構 病院機能評価(Ver. 5 、日本小児科学会小児科専門医研修施設、日本麻酔科学会麻酔科認定病院、日本外科学会外科専門医制度関連施設、日本小児外科学会専門医育成認定施設、日本血液学会研修施設、日本整形外科学会教育関連施設、日本周産期・新生児医学会専門医暫定研修施設、日本アレルギー学会教育施設、厚生労働大臣臨床研修病院、日本胸部外科学会日本心臓血管外科関連施設、日本小児神経学会小児神経科専門医研修施設、日本小児循環器学会小児循環器専門医研修施設 交通アクセス [ ]• 公共交通機関でのアクセスは疎。 関越高速道路を利用する場合、前橋方面からは、新潟方面からはが最寄り。 JR下車、バス(小児医療センター行 から約35分• JR両毛線前橋駅下車、関越交通バス(渋川行)木曽神社入口下車(約30分)、徒歩約15分• JR下車、関越交通バス(前橋行)木曽神社入口下車(約25分)、徒歩約15分• JR上越線下車、タクシー約10分 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 衛生看護科• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した項目です。 などをして下さる協力者を求めています。 (/)。 この項目は、等設置のに関連した 項目です。 更なるなどをして下さる協力者を求めています。 (/)。

次の

群馬県立小児医療センターの小児病棟

群馬 小児 医療 センター

採用情報等• 看護職募集(現在は募集していません)• コメディカル募集(現在は募集していません)• 【薬剤師】県立病院インターンシップ(現在は募集していません)• 【看護職】県立病院インターンシップ(現在は募集していません)• 【看護職】県立病院説明会(新型コロナウイルスの感染予防のため、中止しました) 経営情報• その他• リンク• 病院局報道資料 ホームページへアクセスしていただいた皆様へ• 群馬県病院局のホームページをご覧いただいたご感想はいかがでしょうか。 今後とも内容の充実をしてまいりますので、御意見等を病院局総務課までお寄せ下さい。 過去の情報はから御覧ください。 PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。 下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。

次の

群馬県

群馬 小児 医療 センター

診療科目 アレルギー感染免疫・呼吸器科/神経内科/新生児科/循環器科/血液腫瘍科/遺伝科/腎臓内科/内分泌代謝科/小児外科/心臓血管外科/形成外科/整形外科/産科/放射線科/麻酔科/歯科/リハビリテーション科/眼科/耳鼻咽喉科/脳神経外科 病床 一般病床:150床/合計:150床 1日平均患者数 一般病床:106. 3人/外来:189. 9人 医師数 人• 総数常勤 48• 臨床研修指導医 10• 小児科専門医 28• 小児神経専門医 2• 小児血液がん専門医 2• 小児循環器専門医 3• アレルギー専門医 2• 日本感染症専門医 1• 臨床遺伝専門医 2• 周産期(新生児)専門医 6• 日本腎臓専門医 1• 心臓血管外科専門医(胸部外科学会) 2• 心臓血管外科専門医(血管外科学会) 2• 心臓血管外科専門医(心臓血管外科学会) 2• 小児外科専門医 2• 形成外科専門医 1• 整形外科専門医 1• 麻酔科専門医 4• 放射線科専門医 1• 産婦人科専門医 3 2019年12月現在 小林富男 副院長 群馬県立小児医療センターは、こどもたちが心身ともに健やかに生まれ、育成されることを目的として、高度専門的な総合的小児医療、保健活動を目指す施設として北関東で初めての小児専門病院として昭和57年に開設されました。 開設時の病床数は98床でしたが、平成17年から150床に増床しPICUやNICUを充実させ、群馬県における小児医療の中核拠点としての機能充実に努めてまいりました。 今後も群馬県の三次医療機関としての役割が果たせるよう県内の医療機関と連携し、群馬県のこどもたちの健やかな成長を目指して全力を尽くしてまいりたいと思います。 小児科専門研修に関しては、ハートのある優しく視野の広い小児科医師の育成を心掛けています。 Subspecialty領域では、小児循環器、小児神経、小児血液、周産期(新生児)の他、臨床遺伝やアレルギーの研修も行えます。 また、外科系も充実しており、小児外科、形成外科、心臓血管外科、整形外科の疾患の研修も可能です。

次の