ユッキーナ 縦 読み。 ユッキーナこと木下優樹菜さんの『Instagram』縦読み不倫疑惑騒動が拡大中 ダルビッシュ有さんも『Twitter』でコメント | ガジェット通信 GetNews

藤本(フジモン)と木下優樹菜(ユッキーナ)が離婚!養育費や慰謝料は?親権は?

ユッキーナ 縦 読み

木下は恫喝騒動で現在芸能活動を休止中。 その間も不倫疑惑が浮上するわ、フジモンと離婚するわとゴタゴタ続きだ。 ようやく静寂を取り戻したかに見えるが、安心するのはまだ早い。 フライデーによると、藤本と木下は昨年大みそかに離婚を発表後、都内の高級マンションを引き払い、現在は同じ都心のタワーマンションに移り住んでいるという。 ただ2人は同居しておらず、借りているのはそれぞれ別の部屋。 同誌の直撃に藤本は、子供の学校など送り迎えをする必要から、このような形を取っていると説明し、イメージ悪化を避けるための偽装離婚ではないことを強調している。 お笑い関係者の話。 「2人が離婚したのは、子供の進学先に対する考え方とか、生活スタイルの違いがだんだんストレスになっていったから。 一時期はかなり激しい夫婦喧嘩もあったようです。 結果的に離婚に至りましたが、子供を大事にしたい思いは一致しているので、距離を取った関係を続けているんです。 『フライデー』に友達のような関係だと言っていますが、ウソではないでしょう」 木下といえば、昨年10月に発覚した恫喝騒動が記憶に新しい。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送りつけたのだ。 芸能プロ関係者は「『テレビに出ている良いイメージの裏の顔がこれかよ!』と世間は裏切られてしまったんです。 ユッキーナはママタレとして好感度が高かった分、反動はすさまじい。 その後、真偽不明ですが、サッカー元日本代表・乾貴士との不倫疑惑まで取りざたされてしまった。 乾は否定しましたが、予想外の展開になりました」 だが、そんな騒動の裏側でA店の被害が大きかったことは、あまり報じられていない。 A店関係者は見ず知らずの人から写真を撮られ、嫌がらせのメールも届くなど、営業を一時やめざるを得なくなったのだ。 「さらにユッキーナから謝罪のDMが届いたものの、第三者に口外しないよう口止めを求める条件まであり、『これが謝る態度なんでしょうか?』と不信感は募る一方。 そこで法的措置も検討するようになったのです」(前出芸能プロ関係者) では、その後どうなったのか? 本紙が取材を進めると、A店は訴訟をあきらめていなかったことが分かった。 テレビ関係者がこう証言する。 「A店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」 木下は昨年10月ごろ、A店を訪れ関係者に直接謝罪を試みている。 ところが関係者は不在で、謝罪は果たされていない。 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングがまったく収まらないことに頭を抱えていましたよ」とは芸能関係者。 結局、タピオカ店恫喝騒動は間もなく法廷バトルに移ることになる。

次の

ユッキーナついに法廷へ 昨年10月タピオカ店恫喝騒動で被害者側が訴訟手続き開始

ユッキーナ 縦 読み

木下優樹菜さんは昨年7月10日に、長女・莉々菜ちゃん(りりな 7歳)とのツーショット写真を投稿したのですが、その投稿のキャプションに綴った文を縦から読むと 「たかしあいしてる」との言葉が浮かび上がり、この「たかし」を巡ってネット上では様々な憶測を呼ぶ事態となりました。 乾貴士選手は2018年8月5日に、自撮り写真と共に以下のような文章を綴っていたのですが、これを縦から読むと 「ゆきな大好き」とも読めると指摘されています。 だいぶん暑いな、Sevilla 今すぐプールに飛び込みたい すぐまた合宿やぁ。 2人はこの投稿前からインスタグラム上で繋がっていて、2018年7月26日の乾貴士選手の投稿に対して木下優樹菜さんが絵文字で反応していました。 他にも、木下優樹菜さんが2018年7月30日に更新したインスタグラムでは、 「 おて ハートと犬の絵文字 だいだい大好きだよ ありがとう」と綴っていたのですが、これも犬の絵文字と文字を組み合わせると 「いぬい大好きだよ」となると指摘されているほか、縦読みメッセージが発端で乾貴士選手に疑いの目が向けられる前から、一部ネット掲示板には 「不倫相手のたかしは、乾貴士だよ」との書き込みがあったことも確認されています。 」とコメントしており、ダルビッシュ有投手が反応したことによってさらにネット上ではこの情報が拡散、それを確認した乾選手がダルビッシュ有投手のフォローを外したとの情報もあります。 乾貴士選手は2018年7月20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、2011年からヨーロッパのクラブでプレーし、海外生活が長いものの、「海外の女性にはあんまり興奮しない。 やっぱり日本人の女性が好き。 でも俺、ギャルが好きなんですよ。 」と明かした上で、 「ユッキーナ(木下優樹菜)とか好きです」と告白し、昨年8月15日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で共演した際には、顔もタイプだと明かしていました。

次の

フジモンとユッキーナの都内ショッピングモール近くのタワマン場所はどこ?

ユッキーナ 縦 読み

藤本敏史(フジモン)は木下優樹菜(ユッキーナ)にディズニーランドでプロポーズ! 【フジモン 木下優樹菜と離婚へ】 お笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史と、ユッキーナこと木下優樹菜が離婚することが分かった。 スポニチによると、1年ほど前から関係が悪化していて、マンション内別居をしていたという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 木下優樹菜さんと藤本敏史さんが結婚したのは2010年。 同年6月に木下さんと藤本さんがディズニーランドに行ったときに、 藤本さんが木下さんにシンデレラ城の前でプロポーズ。 「俺のお嫁さんになってください」と、 その日のために作ったガラスの靴を贈ったのだと言います。 木下さんは「世界で一番、優樹菜が幸せだと浮かれました」と言い、まさに夢見心地だった模様。 そして2人は同年12月に 東京ディズニーリゾート内のホテルで挙式を行いました。 ということで、木下さん、藤本さんともにディズニーファンだったわけですね。 ディズニーランドでのプロポーズから9年後、離婚を選んだ木下さんと藤本さん。 離婚理由や木下さんが娘の親権を持つ理由については「」もぜひご覧ください。 ということでリサーチしてみると、出てきましたよ。 前々からこんなことばかりしてる。 2度とテレビで見たくないこの夫婦! — Ngaio Tsukaremannenna 画像が見にくいと思うので、内容を要約しますね。 ディズニーで画像の投稿者の前に木下優樹菜さんファミリーがいて、そこに藤本敏史さんが合流。 投稿者はただ自分の携帯電話を触っていただけなのですが、 投稿者が木下さんたちを盗撮しているのではないかと勘違いした藤本さんは、いきなり投稿者の携帯電話を掴んで、画面を確認したそう。 投稿者が木下さんたちを盗撮していなかったことが分かると、 藤本さんは「なんもなかったらええわ」とだけ言い残し、謝罪することもなかったのだとか。 突然他人に携帯電話を掴まれたらビックリしますよね。 その上謝罪もなかったということで、この投稿者はすっかり藤本さんのことが嫌いになったと言います。 ちなみにこのとき、 木下さんファミリーは何も変装していなかったそう。 プライベートでディズニーを楽しみに来ている芸能人の写真を一般人が無遠慮に撮るのはやめた方がいいとは思いますが、変装もせずにいるからには、一般人から写真を撮られる可能性は覚悟する必要もありますよね。 芸能人なりの防備をせず、いきなり人の携帯を掴んで覗き込むとは、ちょっといただけない悪態ですよね。 こちらもかなりいただけない! 藤本敏史&木下優樹菜夫妻と同じ2019年12月31日に離婚を報告した小塚崇彦&大島由香里夫妻。 小塚崇彦氏の夜遊びを「どうでもいい」と言い放った父親・小塚嗣彦氏は教え子への強制わいせつで訴えられていた! この事件については「」でぜひご覧ください。 これ・・・ガチだったら相当な性悪女だぞこれ。 どんどん出てくるね。 画像の投稿者はディズニーシーでアトラクションに乗っている家族の写真を撮ろうとスタンバイ。 家族がアトラクションに乗って現れる前に、撮影の練習をしていましたが、そこに偶然藤本敏史さんが乗っていたそう。 投稿者の後ろに立っていた木下優樹菜さんは、投稿者が藤本敏史さんを撮影していたと思い込み、いきなり 「今取ったヤツ、全部消せよ」と投稿者に詰め寄ったのだと言います。 投稿者は藤本さんを撮っていたのではなく、家族の番が来る前に練習していたことを伝えると、木下さんは 「他人撮って練習してんじゃねーよ!」とお怒りに。 木下さんに 「モタモタしてんじゃねーよ!さっさと消せって言ってんだよ!」と言われ、投稿者は木下さんの目の前で慌てて画像を削除したそう。 が、 今度は木下さんが自分のスマホを投稿者に向け、連写を開始。 「てめーは撮られて気分がいいのか?あ?」と詰め寄ってきたのだと言います。 これはなかなかですよね。 先ほどご紹介した藤本さんが一般人の携帯電話をいきなり掴み取った事件にも驚きましたが、こちらの木下さんの恫喝エピソードは強烈です。 でも、この恫喝エピソードも木下さんのタピオカ騒動を考えると、そんなに意外性がないと感じてしまいますよね。 木下優樹菜さんがタピオカ店オーナーに送り付けた恫喝ダイレクトメール(DM)の内容をまとめましたので「」でぜひチェックしてみてくださいね。 例えば、2012年5月にディズニーシーに訪れた 藤本敏史さん、木下優樹菜さんはショーの立ち見エリアで花壇に腰掛け、自分たちの前に立っている人たちに「俺の前に立つな!」と藤本さんが威嚇したと言われています。 立ち見エリアなので立っている方がルールに従っているのですが、座っている自分たちの視界がふさがれるのが嫌だったんでしょうね。 さらに、以下のようにディズニーリゾートの元キャストや他のお客さんから、同じことを指していると思われる恫喝事件の告発も。 藤本さん、木下さんはディズニーのショーが始まる前の通行規制に従わず、「誰だと思ってんねん!」と威嚇しながら、本来なら進めない方向に向かって進んでいたそう。 芸能人だから通行規制を無視していいというものではないですからね。 芸能人の自分たちは偉いのだと、ちょっと勘違いしてしまっている感がありますね。 ディズニーリゾートで恫喝事件を起こしたユッキーナは、元ヤンを生かして我が子にも容赦なし!? ユッキーナの子育て炎上騒動については「」もよろしければご覧くださいね。 スポンサーリンク まとめ 藤本敏史さん、木下優樹菜さん元夫妻がディズニーランドやディズニーシーで行ってきた恫喝・恐喝まがいの悪態やマナー違反についてご紹介しました。 藤本さん、木下さんは自分たちを盗撮していると勘違いして、一般人の携帯電話を掴んで画面を覗き込んだり、恫喝して画像をその場で削除させたり、逆にスマホでその一般人を連写したりと、なかなかな横暴を働いていたそう。 また、 ショーの立ち見エリアで座って、目の前に立っている人が邪魔だと威嚇したり、ショーの前の通行規制に従わず、反対方向に歩いていくといったマナー違反もしていたと言われています。 こんな話を聞いてしまうと、藤本さんも木下さんもどっちもどっちな気がしてきましたね… いずれにせよ、お二人とも恫喝まがいのことやマナー違反はもうやめていただきたいものです。

次の