なつ ぞ ら 歴代 朝ドラ ヒロイン。 歴代朝ドラヒロインを登場させた理由|Real Sound|リアルサウンド 映画部

NHK「なつぞら」ついに最終話へ 出演した歴代ヒロインと「ラストシーン」をおさらい(堀井憲一郎)

なつ ぞ ら 歴代 朝ドラ ヒロイン

1961年に放送されたNHK連続テレビ小説第1作「娘と私」のヒロインを務めた女優の北林早苗(75)が、朝ドラ100作目となる「なつぞら」(1日スタート、月~土曜前8・00)に出演していることが分かった。 今作に起用された歴代朝ドラヒロインは6人目。 既に出演が発表されている松嶋菜々子(45)は96年前期「ひまわり」、小林綾子(46)は83~84年「おしん」、山口智子(54)は88年後期「純ちゃんの応援歌」、比嘉愛未(32)は2007年前期「どんど晴れ」、貫地谷しほり(33)は07年後期「ちりとてちん」のヒロイン。 北林を含め、朝ドラヒロイン経験者が6人集結した。 節目の100作目となる「なつぞら」は女優の広瀬すず(20)がヒロインを務め、大河ドラマ「風林火山」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が03年後期「てるてる家族」に続く朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。 北林は第2話(4月2日)に登場。 1946年(昭21)、空襲後の東京で妹・千遥(田中乃愛)と路頭に迷う幼少期のなつ(粟野咲莉)と出会う老女を演じた。 「『娘と私』の後、またいつか朝ドラに携われればいいな、と思っていましたので、今回の出演のお話は『是非やりたい!』と二つ返事でお受けしました」と即決。 出演シーンは短いが「多少なりとも、なつの心に残る存在になれていればうれしいです」と振り返った通り、存在感を発揮。 「他にも歴代のヒロインの方がご出演されますので、誰がどのような役で現れるか、視聴者の皆さまにも楽しんでいただけると思います」と呼び掛けた。 朝ドラ第1作「娘と私」は役名のない男性「私」(北沢彪)を主人公に、他界したフランス人の妻との間に生まれた一人娘・麻理や新しく迎えた妻・千鶴子(加藤道子)との関係性を描き、当時17歳の北林(当時の芸名は村田貞枝)は麻理の少女期を演じた。 歴代朝ドラヒロインの集結について、制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「これはもう、ここまで続いた99作へのリスペクトです。 素晴らしい作品を作ってきた先輩たちに対する尊敬の念と同時に、100作目まで続いたのは視聴者の皆さんがいらっしゃったからこそ。 視聴者の皆さんへのカーテンコール(演劇などで終演後に出演者らがステージ上に現れ、あいさつ。 観客の拍手や声援に応えること)という思いもあります」と説明。 ご出演が実現し、非常にうれしく思います。

次の

戸田菜穂「なつぞら」ですず母親役!歴代朝ドラヒロイン出演15人目

なつ ぞ ら 歴代 朝ドラ ヒロイン

2019年度前期 連続テレビ小説【第100作】 『なつぞら』 作:大森寿美男(オリジナル作品) 「お前のそばに、もう家族はおらん…。 だが、わしらがおる」 戦争で両親を失った少女・奥原なつ。 彼女を癒し、たくましく育てたのは—— 北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たちでした。 やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、 当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジします。 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマをお送りします。 脚本家・大森寿美男によるオリジナル作品。 本作は連続テレビ小説100作目にあたります。 【あらすじ】 昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ 9 は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。 戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。 剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。 剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。 泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。 子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。 なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。 なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。 やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。 高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。 そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。 【登場人物紹介】 ヒロイン 奥原(おくはら)なつ 広瀬すず 【連続テレビ小説初出演】 昭和12(1937)年生まれ。 両親を戦争で亡くし、兄妹と別れ、父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られ、十勝に移り住む。 剛男の義父・泰樹 たいじゅ のもとで、牧場を手伝ううちに、持ち前の明るさを取り戻す。 高校卒業後は上京し、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込む。 アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。 大好きな、たったひとりの兄 奥原咲太郎(おくはら さいたろう)【なつの兄】 岡田将生 【連続テレビ小説初出演】 歌とタップダンスが大好きな陽気な兄。 両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥(ちはる)の親がわりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育てる。 なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後、しばらく孤児院で過ごすが、家出して行方不明となる。 心あたたまる【柴田牧場の人びと】 十勝のガンコじいさん 柴田泰樹(しばた たいじゅ) 草刈正雄 明治35(1902)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。 荒れ地を切り開き、稲作を試すが根付かず、酪農を始める。 妻が病死した後、男手ひとつで、富士子を育てる。 偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹(たいじゅ)のような男。 なつに人生を生き抜く術(すべ)を教え込む。 母として、なつを育てる 柴田富士子(しばた ふじこ)【泰樹の娘】 松嶋菜々子 父譲りの優しさとたくましさを持ち、芯の強い女性。 泰樹に家族で唯一、対等にモノを言える。 なつとの関係にとまどいつつも、わが子同然に育てようと努める。 明るい前向きな性格で、牛乳やバターを使ったお菓子や料理つくりが得意。 なつの父との約束を守った 柴田剛男(しばた たけお)【富士子の夫】 藤木直人 富士子に恋したのち、婿(むこ)養子として柴田家に入る。 戦友だったなつの父と、どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束をする。 義理堅く、とても優しい男だが、義父の泰樹には気を使い、いつも頭があがらない。 もうひとりのお兄ちゃん 柴田照男(しばた てるお)【長男】 清原翔 【連続テレビ小説初出演】 父に似て、真面目で責任感の強い男の子。 跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるが、要領が悪く、なつにいつも先を越される。 泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、密かにそうなることを願っている。 本当の姉妹よりも、なかよし 柴田夕見子(しばた ゆみこ 【長女】 福地桃子 【連続テレビ小説初出演】 なつと同じ年の長女。 甘やかされて育てられ、牛乳も酪農も北海道も大嫌い。 読書が大好きで生意気盛りのツンデレな女の子。 何事にもひたむきな、なつとの出会いをきっかけに、少しずつ嫌いな物へも目を向けていく。 牛のことならこの人に聞け 戸村悠吉(とむら ゆうきち)【従業員】 小林隆 泰樹の右腕的存在。 貧しい開拓農家に生まれ、十五の時に豪農に奉公に出されるが、泰樹の酪農をたまたま手伝いに来た時に、彼の情熱にひかれ、そのまま居座る。 穏やかで楽しい人物で、とても頼りになる男。 熱いハートの北海道男児 戸村菊介(とむら きくすけ 【悠吉の息子】 音尾琢真 【連続テレビ小説初出演】 悠吉の息子。 独立して、いつか自分の土地で牧場を経営したいと思うが、泰樹の牧場を大きくする夢にも魅力を感じている。 なつにとっては、頼りになる酪農の良き先生。 のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に大きく貢献する。 いつもにぎやか【お菓子屋 雪月の人びと】 十勝・帯広のお菓子発明王 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ) 安田顕 帯広に父の代から和菓子屋を構える。 砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。 のちに泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。 帯広のおしゃべりばあさん とよ【雪之助の母】 高畑淳子 菓子職人の先代の元に嫁ぎ、わがままな夫に苦労するうちに強い性格になる。 お年にもかかわらず、歯に衣を着せずとてもおしゃべりなバアさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる。 十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような存在。 何でも話せる愉快な幼なじみ 雪次郎(ゆきじろう)【雪之助の息子】 山田裕貴 【連続テレビ小説初出演】 お調子者で目立ちたがり屋。 農業高校時代は演劇部にハマり、クラスメイトのなつを部活に誘う。 卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京する。 一緒にいると気分が明るくなる、なつの親友。 戦後、東京から入植した【山田家の人びと】 なつに絵心を教えた、青年画家 山田天陽(やまだ てんよう) 吉沢亮 【連続テレビ小説初出演】 美術の才能があるものの、貧しく進学せずに農業を手伝う。 農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆、躍動感あふれる馬の絵が得意。 アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。 夢を求めて新天地に来た 山田正治(やまだ せいじ)【天陽の父】 戸次重幸 戦争で家屋を失い、一家での北海道移民を決意する。 政府にあてがわれた土地は荒れ地で、農業経験もほとんどなく、開墾は難航。 郵便配達をして生活費を稼ぐ。 その後、泰樹たちの助けがあり、人並みの生活を送れるようになる。 息子の才能を見守る苦労の母 山田(やまだ)タミ【天陽の母】 小林綾子 正治の妻。 近隣の農家を手伝い、そのアルバイト収入で家計を支える。 東京育ちのおっとりとした性格で、農業も苦手。 同じ東京育ちのなつとお気に入りで、天陽を訪ねて遊びに来るとついつい話が弾んでしまう。 【北海道・十勝編 出演者発表にあたって 制作統括 磯智明】 この度、ご紹介させて頂く出演者は、包容力に溢れた、存在感ある、懐の深い方たちばかりです。 北海道・十勝のダイナミックな自然に負けない、心のこもった芝居を見せて頂けると期待しています。 戦争で傷ついたヒロイン・なつは、十勝でさまざまな出会いを重ね、感動して、成長して、飛躍します。 「人と人との出会いから生まれるエネルギーは、掛け算」と言われます。 ドラマの舞台、北海道の十勝も日本各地から人々が集まり、助け合って、大きく発展を遂げたところです。 今回の出演者の皆さんも、物凄いチームワークで、ドラマに大きな感動を与えてくれると思います。 放送はまだまだ先ですが、「なつぞら」の季節到来とともに撮影は始まります。 何はさておき「半分、青い」「まんぷく」をよろしくお願いします。 そしてその先には、澄み切った「なつぞら」が広がっていることを是非、覚えておいてください!それでは。 【題字】 刈谷仁美 96年生まれ。 専門学校在学中に短篇アニメ『漫画から出てきちゃった話』を制作。 同作品でインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル観客賞3位受賞。 2017年度第6回新人アニメーター大賞受賞。 現在はフリーランスのアニメーターとして活躍中。 2019年度前期 連続テレビ小説 なつぞら 【放送予定】 2019年4月から9月 全156回(予定) 【主演】 広瀬すず 【演出】 木村隆文、田中正、渡辺哲也 【プロデューサー】 福岡利武 【制作統括】 磯智明 【制作スケジュール】 2018年(平成30年)6月 クランクイン予定 【ロケ地】 北海道十勝地方ほか 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

NHK「なつぞら」ついに最終話へ 出演した歴代ヒロインと「ラストシーン」をおさらい(堀井憲一郎)

なつ ぞ ら 歴代 朝ドラ ヒロイン

概要 [ ] NHKにおける朝の時間帯の帯ドラマの枠の総称である(夜の時間帯の帯ドラマ枠としては、過去に、、が存在した)。 『』と並んで、NHK、ひいては日本のドラマの代表格としてメディアでも取り上げられ、帯ドラマでは唯一、スポーツ紙等で週ごとの視聴率の記された記事が公開されている(ただし、各作品の最終週についてはこの限りではない)。 放送形態は、1962年の第2作『』から原則1回15分・週6話・半年間(26週・156回前後)放送だったが、2020年春開始の第102作『』からは月 - 金曜の週5話に短縮される。 第1作放送開始以来、第102作『』が新型コロナウイルス感染拡大防止のために収録を休止して放送を一時中断するまで、枠としての中断は一度もなかった。 作品内容は、主人公の半生・生涯を中心に、それをとりまく家族や家庭を描いたの体裁がほとんどであり、主人公は()であることが多い。 歴代作品一覧 [ ] 詳細については「」を参照 見出し凡例• 5 9 のふ 1969 年 00 A 佐賀 他 (獅子文六) 46. 8 10 に 1970 年 00 A 鳥取 田中澄江 48. 2 12 あい 1972 年 00 A 熊本 53. 8 16 1975後 B 大阪 () 44. 7 18 ひの 1976後 B 熊本 43. 9 19 1977前 A 山形 () 44. 3 21 1978前 A 東京 () 50. 1 25 1980前 A 徳島 寺内小春 45. 7 27 1981前 A 秋田 42. 6 34 みお 1985前 A 千葉 55. 5 45 きよ 1990後 B 京都 41. 4 ・ 48 1992後 A 東京 42. 8 78 ひと 2008前 A 東京 鈴木聡 18. 7 ・ 80 2009前 A 埼玉 17. 7 81 うえ 2009後 B 徳島 20. 6 84 2011前 A 長野 岡田惠和 22. 6 85 かあ 2011後 B 大阪 25. 5 99 2018後 B 大阪 23. この枠が、小説の朗読からに建て替えられた。 さらに、テレビ放送開始に伴って、この枠がテレビドラマに建て替えられた。 この経緯から、「連続テレビ小説」という枠名になっている。 ラジオドラマの名残から、初期のものは台詞よりもナレーションが多用された。 その後、現代に至るまで全作品でナレーションが置かれている。 また、ドラマとしての原典・雛形はやらを輩出したNHKの『』( - 、月 - 金曜19時15分 - 19時30分)が挙げられる。 1961年度、第1作『』放送開始。 本作は月 - 金の週5回放送で、放送時間も8時40分 - 9時の20分であった。 第2作『』から月 - 土の週6回放送、放送時間8時15分 - 8時30分の15分で固定され、以降約半世紀にわたって一切変更されなかった。 放送期間は、4月 - 3月の1年間。 1年間の長丁場であったため出演者を拘束する期間が長く、その撮影も当時の技術ではVTRの編集ができなかったため、1話15分を全て連続撮影し失敗すると初めから撮り直しする、にほぼ類似したスタイルなど負担が大きかった。 特に毎年の主演女優は必ずと言ってよいほど途中で体調を崩していた。 さらに『』(度)では脚本家のが極端な遅筆で撮影に支障を来した。 これがきっかけとなって、次作『』から1作につき半年となり、さらに前期(4月 - 9月)放送作品を制作、後期(10月 - 3月)放送作品を制作とすることで、余裕をもって制作に取り組めるようになる(通常簡略化して、それぞれ「東京制作」、「大阪制作」と呼ばれる。 本稿もそれに従う)。 以降、NHK開局周年記念作などでまれに1年作品が作られた例外を除いて、東京・大阪の交互制作の体制が維持される。 『』(2020年度前期)から制作となる。 また、NHKが推進する「働き方改革」による制作現場の負担軽減を背景に、4K制作にともなう制作時間および制作費の増大への対策として週5回放送の検討が進められ 、2019年7月24日の定例会見で、木田幸紀放送総局長が正式決定を発表した。 変遷 [ ]• 1961年 - 今作品のみ20分番組(本放送:月 - 金曜8時40分 - 9時)であった。 1962年 - 15分番組(本放送:月 - 土曜8時15分 - 8時30分)となる。 1968年 - 開始。 1975年 - 原則「半年度1作品」となる。 1984年 - 36話から開始。 1985年 - 開始。 1990年 - 開始。 2002年 - 全編撮影になり 、5秒にミニコーナーを設置。 2007年 - 開始。 2010年 - アナログ放送では完全デジタル放送化を踏まえてレターボックス形式に、本放送が15分繰り上げ(8時 - 8時15分)となる。 2011年 - 「第16週 女たちの時間」までアナログ放送でも放送されていた(東北3県除く)。 2種類の枠(20分版 と5分版)を設置。 2013年 - 開始。 2015年 - 収録方式が、これまでのテープ収録からデジタルファイル収録となる。 2019年下期 - 2020年3月2日の「第22週 いとおしい時間」からで同時ネット配信開始。 2020年 - 初の4K制作。 特記事項 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年2月)• 1964年 - シリーズ初の大阪放送局制作作品。 1965年 - シリーズ初の書き下ろし作品。 1983年 - 9年ぶりの1年度作品。 (調べ、)が平均52. 1984年 ロマンス - 初の歌詞入りのオープニング曲。 1994年後期 - 1995年前期 - 2020年時点で、シリーズ最後の1年度作品。 2002年 朝ドラ初の『』を放送(枠)。 2009年 - 今作品()をもって、全47がに。 2011年 - 全編、高精細プログレッシブカメラを使用した24の シネライクガンマ処理による収録方式を試験的に導入(2014年度上半期の『』以降よりこの収録方式を正式採用 )。 2014年 - (イギリス人)が初めてヒロインとなる。 2015年 - 初の幕末を舞台としたドラマ。 2018年上期 - 初のを主人公とする作品。 2018年下期 - 全編、シネライクガンマに加え、を試験的に導入。 2019年 - 通算100作目。 1961年の第1作『』から59年目で達成した。 2020年 - に伴う緊急事態宣言発令による一時的な制作休止により、第13週(6月22日に始まる週)を最後に放送が中断されることになった。 番組内容 [ ] 通常、3月末から4月初旬ならびに、9月末から10月初旬の月曜日から放送を開始する。 (の都合によるもの。 ) 傾向 [ ] NHKドラマ番組部の部長によれば、ヒロイン像は大きく3つに分けられるという。 『』から『』までは「縛られた場所から出るヒロインの時代」、『』『』『』『』など「女性が進出しきっていない職種で頑張るヒロインの時代」、『』以降は「女性の自己実現」がテーマになっている。 朝ドラのプロデューサー歴もあるは2009年の時点で、14作目『』まで、15作目『』以降、42作目『』以降、62作目『』 以降と、4区分している。 ほとんどの作品がであり、ヒロインの死を描いたものは『』『』『』 『』『』があるが、いずれも「大往生」に近いものが多い。 また一部作品では、過去の朝ドラとの(を含む )や、放送している作品自体を登場人物が観る的な展開も見られる。 例えば『』では主人公がドラマの第1回放送を観るシーンが、『』ではテレビ局から主人公の生涯をドラマ化する依頼が舞い込むことでこの作品の実現をほのめかし、実現された第1回放送を主人公の友人が観るシーンが、それぞれ最終回にあった。 『おはなはん』以降、「」がタイトルに含まれる作品は文字通り「」がついて高になるとされる ことから、「ん」がタイトルに含まれる作品は5割を超えている。 また、主人公の名前・呼び名が入っている、またはそれそのものがタイトルになっていることも多い。 原則として 全作品がである。 下記の場合でも、あくまで実在の人物は「モデル」や「モチーフ」として 作品内では名前を変更したり 、自由に脚色・創作エピソードが加えられてきた。 原作者・原案者の的な作品 - 『』『』『』『』『』『』『』『』• 原作者・原案者の親族を主人公にした作品 - 『』『』『』『』『』• 特定の実在の人物の生涯(半生) - 『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』『』 時代設定 [ ] ほとんどが明治以降が舞台であり、江戸時代から書かれたのは『』のみ。 明治以降では時代が多岐にわたっており、現代劇では放送期間とほぼ重なる時代まで描かれることが多い。 舞台地 [ ] 原則、日本をとしている。 東京制作では東京を中心に、大阪制作では大阪(大坂)を中心にの各都市を舞台地とすることが多い。 舞台に一番選ばれているは、2019年度後期の『』まで、1位東京都の47回、以下、2位大阪府30回、3位11回、4位9回、5位8回、6位・5回、8位、、の4回と続く。 80作目、2009年度前期の『』が埼玉県を舞台地としたことにより、47都道府県全てが連続テレビ小説の舞台地となった。 撮影が行われたロケ地には多くの観光客が訪れることがあり、とを狙ってドラマを誘致しようとする地方公共団体も少なくない。 には「朝ドラ舞台地ネットワーク連絡会議」が発足した。 一部分の舞台地を日本以外として設定した作品には、『』の・、『』の、『』の(ただし撮影地は北海道)などがある。 キャスト [ ] 主役はじめ主要なキャストは発表とともに記者会見が行われ、芸能ニュースなどで報道される。 『大河ドラマ』にもみられるように、番組スタートから数週間はが主人公の幼少時代を演じるストーリーが展開されるものも多い。 主演 [ ] 『』 以来、ほとんどがで選ばれている。 スターへの登竜門とも言われ、合格者のキャリアに応じて「新人発掘の場」「ステップアップの機会」としての性格を持つ。 ただ、2006年の『』以降は、オーディションを経ずに映画や民放ドラマですでに主演実績のある女優がキャスティングされることも多くなっている。 丁寧な役作りやリハーサル等により、俳優としての演技力を培えるため、「ヒット女優の養成所」として本枠を位置付けることもある。 民放の連続ドラマに比べて厳しい撮影が長期間続く特徴もある。 ヒロインを務めた若手俳優は清純・清潔・爽快な印象が強くなるため、その後の役柄が狭まるとも言われる。 やらも自著やインタビューの中で、ヒロインのイメージと自己とのギャップに悩んだり女優活動にも少なからず影響があったと述べた。 現シリーズのクランクアップ後に、そのヒロイン役が新シリーズの陣中見舞いをし、主演同士で縁のものを交換するバトンタッチセレモニーが、以降、恒例になっている。 『』ではからへ、『』ではからへ、それぞれ主演を引き継いだ(どちらも体調不良を理由とする途中降板)。 また、『』では、市川紀子(後にに改名)の広報ポスターモデル契約がヒロイン内定後に判明し、第4条(政治的公平の原則)に抵触するため取り消され、再オーディションの結果、が選ばれた。 ダブル主演の例 [ ]• 『』『』は母娘の、『』は義母娘の、『』『』はのダブルヒロイン。 『』『』『』『』では、前(中)後半で別の俳優がヒロインを演じた。 『』では、回想と現代の2人のヒロインによる形式をとった。 『』『』は夫婦のダブル主演。 その他のキャスト [ ] 放送期間が長期にわたり、出演者も大多数必要であるため、本業は俳優でない(や、また舞台となった自治体で活躍するなど)・・の出演もある。 特に制作の作品では、関西の劇団 、界、漫才・喜劇界からの起用、制作の作品ではの起用も見られる。 主役オーディション最終選考で次点の候補者は、ヒロインの友人役・姉妹役・娘役などに配されることがある。 また、2011年以後は脇役を演じた若手女優が後にブレークする傾向が見受けられ、「新・女優登竜門」とも称されるようになる。 放送日時 [ ] 総合テレビにおける放送日時の変遷 期間 曜日 本放送 再放送 1961年4月3日 - 1962年3月30日 () 月 - 金 8:40 - 9:00 13:00 - 13:20 1962年4月2日 () - 1966年4月2日 () 月 - 土 8:15 - 8:30 12:40 - 12:55 1966年4月4日 () - 2010年3月27日 () 12:45 - 13:00 2010年3月29日 () - 2020年3月28日 () 8:00 - 8:15 2020年3月30日 () 月 - 金 本放送 [ ]• NHK総合、• - 、8時 - 8時15分• 月 - 土曜、7時30分 - 7時45分• ( 、 、 )• - 、21時45分 - 22時()• 日 - 金曜、18時45分 - 19時()• 日 - 金曜、16時45分 - 17時( 、アメリカ本土がの間は15時45分 - 16時)• NGN(、の)• 月 - 土曜、20時15分 - 20時35分(約3か月遅れ、付。 放送前後にが入り、放送時間は20分) 3月までのNHK-BSの3チャンネル時代は、の月 - 土曜、7時30分 - 7時45分との月 - 土曜、7時45分 - 8時にも放送された。 再放送 [ ] 月 - 金曜は、NHK総合で12時45分からとBSプレミアムで23時30分からの1日2回の再放送。 土曜日はBSプレミアムで1週間6日分が連続再放送される(9時30分 - 11時)ため、1日3回の再放送となる。 また、夏の高校野球地方予選の放送が行われる地域でも、一部放送時間を移動させて放送する場合がある。 さらに、緊急・重大ニュース発生時や重大な気象事案発生時および強い地震が発生した時は、放送時間の変更または放送日の移動が行われる。 NHKワールド・プレミアム 月 - 土曜、12時45分 - 13時 BSプレミアム 月 - 土曜、23時30分 - 23時45分(2017年4月3日から) 月 - 土曜、23時 - 23時15分(2012年4月2日から2017年4月1日まで) 月 - 土曜、18時45分 - 19時(2012年3月31日まで) 土曜、9時30分 - 11時(1週間6回分をまとめて放送) テレビジャパン 月 - 土曜、10時10分 - 10時25分() 月 - 土曜、 07時10分 - 07時25分() 月 - 土曜、 05時10分 - 05時25分( ハワイ、アメリカ本土が夏時間の間は4時10分 - 4時25分) 2011年3月までのNHK-BSの3チャンネル時代 旧BS2で、月 - 土曜の19時30分 - 19時45分(1月8日から)の当日分の再放送と、土曜の9時30分 - 11時の1週間6話分をまとめて再放送(1996年度から )。 月 - 金曜は、BS-Hi・7時30分、BS-2・7時45分、総合・8時、総合・12時45分(再)、BS-2・19時30分(再)の1日5回の放送。 土曜日は、BS-2で1週間6日分が再放送される(10時45分の土曜分の再放送が加わる)ため、1日6回の放送。 ダイジェスト版 [ ] 『(作品名)1週間』 総合テレビ 毎週日曜日、原則として11時 - 11時20分。 『』内においてのであった時期は、毎週日曜日、おおむね午前11時5分前後から。 番組編成上の都合で『とっておきサンデー』が短縮・休止になる場合には、別枠(翌日未明など)にて単独番組として放送された。 初年度の2011年度は1週間分を 23分に編集したダイジェスト版だったが、2012年度からは『とっておきサンデー』が短縮となり(『』が新番組として10時台に放送される関係)、 20分に縮小された。 なお2016年度からはそれまでコーナーとして内包していた『とっておきサンデー』の終了に伴い、日曜11時 - 11時20分に単独番組として編成されることになった。 この名残でスポーツ中継他で定時の時間で生放送できなかった場合には、深夜(正式な日付上月曜未明)等に移設することもある。 2020年度からは 15分となり、総合テレビでは土曜日8:00と12:45、日曜日11:00の3回、BSプレミアムでは土曜日7:30に放送する。 BSプレミアム 開始された2012年度は毎週日曜日の午後、2013年度は毎週土曜日の深夜などに、不定期で放送された。 『5分で(作品名)』 総合テレビ 毎週土曜日14時50分 - 14時55分、日曜日5時45分 - 5時50分、同17時55分 - 18時(2015年4月より) (スポーツ中継やなどにより放送時間の変更となる場合有。 この場合は、土曜日22時45分から22時50分など別の枠に振り替える場合もある) (5時45分からの回は月末は『報告』があるため休止、また度以後、『5分で(作品名)』の最終週分は放送されず、その回は、次回の朝ドラの予告編を取り上げた『』などに差し替えられる) 過去 2012年度(2013年3月)まで 基本日曜18時40分 - 18時45分、2013年度(2013年4月 - 2014年3月)は日曜5時45分 - 5時50分、月曜0時5分 - 0時10分(日曜24時5分 - 24時10分) NHKワールド・プレミアム 毎週日曜日、21時50分 - 21時55分 従来の枠に『』の5分版である『Nスペ5min』が編成されたため、2012年10月7日より時間帯が変更された。 その前期の18時55分 - 19時枠(2011年度よりも1分繰り下げ)では、前座番組『』が18時のニュースの放送時間拡大や大相撲中継延長に伴って開始時刻が遅れた場合は、休止または別時間帯にスライドされることもあった。 参考 NHKが発行する「放送番組時刻表」 における正式な番組名は『 朝ドラダイジェスト』。 どちらも『』(2011年度前期)から、スタートした。 『』内では原則として20分版を放送したが、2011年度はまれに5分版を放送したことがあった(原則として「あなたのアンコール」枠の本編時間が長い場合やが急遽組まれたことで変更が生じた場合に限られる)。 ダイジェスト版はなしだが、 あり。 なお、『』、『』では、1週間の内容を1時間にまとめた特集が放送されていた。 JSTV放送 [ ] JSTV放送については「」を参照• JSTV1• JSTV2• 放送期間 本放送 再放送 BS2 NHK ワールド・プレミアム BSプレミアム 総合 単独枠 朝 夜 1993前 開局前につきなし 放送なし 放送なし 1993後 1994前 1994後 1995前 1995後 1996前 1996後 1997前 1997後 1998前 1998後 1999前 1999後 2000前 2000後 2001前 2001後 2002前 2002後 2003前 2003後 2004前 2004後 2005前 2005後 2006前 2006後 2007前 どんど晴れ 2007後 ちりとてんちん 2008前 瞳 放送なし 2008後 だんだん 2009前 つばさ 2009後 ウェルかめ 2010前 ゲゲゲの女房 2010後 てっぱん 放送なし 2011前 おひさま 閉局のためなし 放送なし 放送なし 2011後 カーネーション 2012前 梅ちゃん先生 放送なし 2012後 純と愛 2013前 あまちゃん 2013後 ごちそうさん 2014前 花子とアン 放送なし カーネーション 2014後 マッサン 2015前 まれ 2015後 放送なし 2016前 2016後 2017前 2017後 2018前 2018後 2019前 2019後 2020前 2020後 (未定) (未定) 2021前 (未定) (未定) 総集編・特別編 [ ] 放送時期 は、前期作品は年末、後期作品は期間中の放送が、ほぼ恒例である(かつては年末に一括放送することもあった)。 人気作品は、複数回放送されることもある。 2010年度までは、 特別編と題して、前半のやの舞台裏などをまとめた特番が放送された。 2010年後期『』以後は前後編2部方式を採用するようになり、『おひさま』以後は、前編はいずれも放送期間中の中盤(前期は7月の前後の中に、後期は(12月末か1月はじめ)の午前中)に先行放送し、さらに改めて前後編の完全版を、前期は10月のの午前中、後期は翌年5月の期間中のの午前中にまとめて放送している。 2015年11月30日には水木しげるが亡くなったことを受け、追悼番組として同年12月5日および12日と13日に、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の総集編(全3回)が再放送された。 総集編のソフト化 総集編はかつて『』(1976年度前期)、『おしん』(1983年度)など一部で制作されていた。 『』(1996年度後期)以降は、基本的に全作品で制作され、ほぼ全作品がNHK(発売元)からビデオソフト(DVD・VHS・)化されている(総集編が放送されている『芋たこなんきん』では全話収録の完全版を含めて一切ビデオ化されていない)。 『ひまわり』(1996年前期)まではほぼ全作品で総集編が作られなかったため、のでは各作品の最初週と最後週のそれぞれ6回分を公開し、次作『ふたりっ子』以降の作品は総集編部分のみ公開という形態になっている。 また、『NHK連続テレビ小説 朝のヒロインたち』(発売元)という、『澪つくし』までの超ダイジェスト版(全2巻)のVHSソフトもあった。 放送休止・変更の事例 [ ] 終日報道特番が行われている時でも、たいていの場合は総合テレビの本放送と再放送の15分間のみは特番を中断して朝ドラを放送する。 定例的に放送パターンが崩されるのは次の場合である。 年末年始 通常 - の計6日間は放送休止。 なお、12月28日が月曜日か1月4日が土曜日(週5日制になってからは金曜日)の場合、その週の放送そのものがなく、次週の月曜から再開する場合もある。 ただし、初期では上記の6日間でも放送していたこともある。 作品によっては、年末の放送最終回を的な内容(主人公の回想など)としたり、劇中でも丁度年をまたぐようにするなど、年末年始編成を意識したが加味されることもある。 なお2000年代頃より、年末年始に前半のまとめと収録の舞台裏、後半の見所を取り上げるを放送することもある。 8月6日 は「」中継が8時台に入るため、式典の進行状況にもよるが、毎年8時35分頃からの放送(中国地方の5局は7時45分からの先行放送 )となる。 の決勝戦当日(3月末 - 4月上旬) 試合開始時刻が12時30分のため、総合テレビの再放送が正午のの後の12時15分からに繰り上がる。 特番を優先して放送が行われなかったか、放送中に突発的な事件やが発生して放送終了前にニュース速報が入った時には、翌日の同じ時間帯に2本続けて放送するか、あるいは1日ずつ繰り下げて土曜日に2本放送する。 これは再放送の場合でも同じで、同じ回が朝と昼に必ず1回ずつ放送されるように編成が組まれる。 放送の遅れは原則その週の内部で完結されているが、()および・でのによる非常報道体制の際(『』)には1週間放送を休止し、以降の放送日程を1週間繰り下げる措置が取られた(BS2を除く)。 『』 (総合再) - 関連のが放送され 、29日以降1話ずつ繰り下げとなる臨時枠移動措置がとられ、3月4日(土曜日)に2話分を放送。 『』 (総合再) - この日の正午に発生したに関するが組まれ、休止となった。 翌19日に2話分を放送。 『』 - 崩御により終日特別番組を放送。 9日以降1日ずつ繰り下げ、14日(土曜日)には2話分を連続放送。 『』 - ()発生により報道番組を放送。 18日以降1日ずつ繰り下げ、21日(土曜日)には2話分を放送。 (これより後は各作品を参照) 番組の構成 [ ] オープニング・テーマ音楽 [ ] 各作品、クレジットはオープニング時に表示され、その時にオープニングのテーマ音楽が流れる。 当初は全てインストゥルメンタル曲であったが、90年代以降は歌詞入りの楽曲(ポップス系歌手の書き下ろし )が多く採用されるようになる。 毎週月曜日はスタッフのクレジットも流れるためテーマ音楽は長めになる(月曜は90秒、他は60秒程度)。 作品によっては、オープニング映像やテーマ音楽の歌詞が途中で変化することもある。 『』(2009年度後期)までは、第1回と最終回を除き、開始時の(導入部)は無く(第1回・最終回でもアバンタイトルを行わない作品もあった)、放送時刻と同時にオープニングタイトル(テーマ音楽)に入っていた。 逆に『』(2010年度前期)以降は、アバンタイトル(15秒から2分程度、冒頭に「連続テレビ小説」のシリーズタイトル表示)が原則入るようになった(しかし一部の回のみアバンタイトルが入らない事があった)。 また、最終回ではオープニングをエンディングとして最後に流すこともある。 2012年には「朝ドラ50years NHK『連続テレビ小説』放送開始50周年テーマ音楽集」というCDが発売された。 作品毎にサントラCDが販売されるようにもなっている。 2010年代には、朝ドラ(特に大阪放送局制作)の主題歌と歌唱アーティストが『』に選出される例も多い。 も販売されている。 画面表示 [ ]• アバンタイトルがある回では、画面の右下(左下や中央の場合も稀にある)に最初の5秒程度「連続テレビ小説」のシリーズタイトル表示がされる。 その場合、その後のオープニングタイトル表示では「連続テレビ小説」は省略されることが多いが、作品によってはアバンタイトルとオープニングタイトル両方に「連続テレビ小説」が併記されることもある。 番組開始時に画面右上に表示される「解説放送」()・「」テロップについては、一時期は月曜日のみ表示されていたが、2019年現在は全ての曜日で表示されている。 デュエットの記号は省略。 サブタイトル [ ] 『』(1996年前期)で初めて(2週で1つ)が付いた。 その後、1週単位で1つのエピソードとみなして週タイトルを設置することが定番化した(ストーリーの連続性重視の観点から『』『』など一部の作品を除く)。 エンディング・次週予告 [ ] 『』(2002年度前期)以降、(エンディング5秒)にドラマに関連した写真等のショートコーナーが設けられている(『さくら』ではの各頭文字で始まる単語紹介。 他の作品では視聴者の投稿写真、ヒロインや舞台地の人物・風景写真、作品の時代設定当時の写真など)。 最終回を除く週末の放送では、最後に次週のが末尾30秒 - 1分程度放送されている(『』、『エール』は予告編無し)。 この予告編にも「」でも配信している旨の字幕を出しているが、後期『』以後は、土曜日以外のエンドカードにも「NHKオンデマンドで配信」との字幕が表示されている。 なお、次週の本編内で流れるナレーションを抽出し、予告編で用いる手法もある。 『』(第12週・22週)など。 予告編にナレーションが入った作品 (担当者)• (週替わりで出演者)• (女学生編放送の直前の予告編のみ語りのアナ)• その他• 度からは、視覚障害者向けの「による」を、副音声(デジタル総合テレビ、BSプレミアムはステレオ2音声)で行っている。 (海外向けテレビ番組配信)では副音声解説放送は行われていない(通常のモノラル放送となる)。 末期のにおいて、連続ドラマの副音声解説が常時行われていたのは、この朝ドラとEテレの『』、民放では・の『』のみであった。 (過去にはNHKの夜の帯ドラマシリーズ『』でも実施していたほか、が題材となる作品でも解説が入るものがあった)。 デジタル放送では朝ドラ以外の連続ドラマ(『』、『』、『』など)でも解説放送を取り入れている。 例外として、総集編の放送でも副音声解説があるが、特別編やナビゲーション番組(上半期は大体か、下半期はに多い)では副音声解説はなく、ステレオ放送のみ行われる。 また、『』や『』の続編が『』や『』といった別のNHKドラマ枠で放送された際も同様であったが、『』の続編スペシャルでは解説放送(アナ・デジとも)がある。 データ放送の基本画面(を接続しなくても視聴可能)では、その日の粗筋や出演者・その役柄についての説明など基本情報を収録。 さらに(LANケーブルを接続して視聴可能)を利用することによって、出演者インタビューや収録の裏話・トピックスを見ることができる。 さらに会員に登録することによって、ドラマ放送中の時間帯(日刊での再放送は含むが、土曜日のBSプレミアム1週間分再放送と、土・日曜の「(作品名)1週間」「5分で(作品名)」は対象外)に実施されるスタンプラリーに参加することで、ネットクラブの会員ポイント(1視聴につき1点。 1日最大4点)ためることができ、またキャンペーン期間中には作品関連グッズプレゼントへの応募権利が与えられるといったポイントサービスがあったが 、2018年9月28日にポイント付与は終了した。 映像比率 [ ] 収録は、『さくら』(2002年前期)から。 総合テレビ• デジタル:16:9• 2006年10月の『芋たこなんきん』から、初回放送も16:9で放送され始めた。 BS2のアンコール作品の放送でもハイビジョン収録の場合、デジタルは16:9、アナログ放送、NHKワールド・プレミアムでは14:9で放送された。 データ [ ] 視聴率 [ ] 関東地区において、NHK総合がからまでの24年間、民放キー全5局を押しのけて、年間(調べ、関東地区・世帯・リアルタイム、特記なき場合は以下略)では帯で1位を獲得していた。 朝ドラは番組創設当初から『大河ドラマ』や各種定時ニュースなどと共に、NHK総合の全日帯の視聴率において、大きく貢献してきたと言える。 かつての朝ドラの視聴者層としては、本放送の時間帯は「や」「時間に余裕のある」「長期休暇中の学生と家を出る時間が遅い職業人」、正午台の再放送は昼休みの休憩時間にあたる視聴者が多いとされた。 平均視聴率の最高は、『』(1983年度)の52. そうした高視聴率の時代は、と戦後の動乱期・復興期とを描いた作品が多く、実体験をした視聴者から共感を呼んだためとされる。 しかし、1980年代後半から2000年代は平均視聴率が低下傾向にあった。 特に2009年度の2作品は、『』が13. そこで、2010年度の改編で48年ぶりに放送時刻を繰り上げ、『』(2010年度前期)から8時スタートとなった。 すると、同作の初回視聴率14. 1ポイント上回り、2009年度の悪い流れを断ち切った(第16週から最終第26週までの11週中、10週で週間視聴率〈ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム〉での「総合」 1位を占めた)。 テコ入れ• 1996年前期『ひまわり』以後、『すずらん』『てるてる家族』を除き、連続するストーリーを重視しつつ、1週(6回) で一つの軸となるストーリーを取り入れて読み切り仕立てとしても楽しめるようにサブタイトルが挿入されるようになる。 2002年前期『さくら』以後、エンディング5秒にショートコーナーを開始した(参照)。 また2010年代に入ってからはの台頭に伴い、やなどで視聴者による感想やイラスト の投稿(NHK側から募集を呼びかける事もある)など、新たな楽しみ方も開拓されている。 総合テレビにおける再放送の視聴率• BSにおける本放送での視聴率• 『あまちゃん』では最高で7. 作品の現存状況 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年2月) 計16作品が欠品状態となっている。 特に『』(1965年度)・『』(1969年度)の2作品に至っては1話も映像が現存していない。 また、『』(1970年度)・『』(1971年度)についても1話分の映像はなく、本編の一部が断片的に残る程度となっている。 『』(1979年度前期)以前の作品でNHKに全話現存するのは、家庭用VTRで寄贈されたものを含めても『』(1976年度前期)・『』(1977年度前期)・『』(1977年度後期)のみとされている。 この理由としては、当時の多くの番組にも当てはまるが、頃までの放送局用()が非常に高価かつ大型で、保管にもかなりのスペースを要したことが考えられる。 また、テープが高価なため、何度も消去し他の番組に再利用せざるを得なかったこと、操作・編集も煩雑だったこと、さらに、当時はの事情で、番組の資料保存が現在ほど安易に行えなかったこと、再放送やビデオソフトの販売が想定外だったことなどが挙げられる。 それでも、重要な放送回や総集編、初回あるいは最終回は資料用として保存されているケースもある。 NHKにも無い作品が、視聴者の家庭用VTRテープ(当時のは20万円弱と高価で、普及率が低かった)として発見され、に寄贈されることもある。 ただし多くの場合、家庭用機器による録画であることやテープの経年劣化により、品質が良好とは限らない状態である。 続編・スピンオフ他関連作品 [ ] 『』『』はゴールデンタイム枠の「」(『ちゅらさん4』のみにて)、『』『』『』『』は、特番枠で続編が制作された。 また、特別編(『純情きらりスペシャル・桜子と達彦愛の軌跡』『風のハルカ・春の感謝祭スペシャル』など)が放送された例もある。 その他、『』内企画として、特別編が制作されることもある(『』『』『』『』『ひよっこ』)。 スピンオフ [ ] 詳細は各作品を参照。 は本編とは別の脚本家が担当(「作」とクレジット)する事が多い。 なお、『』第21週のように、本編内でスピンオフ同様の構成で放送するケースもある。 「ちりとてちん外伝 まいご3兄弟」 2008年、「」枠(その後全国放送、朝ドラでは初めてのスピンオフ)。 「」 2009年、向け「」枠(その後全国放送)。 「好きと言えなくて」 2009年末、総集編の放送に合わせて、の一環として制作。 「地デジ普及ドラマ・いちごとせんべい」 2010年7月、完全移行1年前にちなみ、その普及・促進のために制作。 「番外編〜イブ・ラブ・ライブ」 2011年末、「かんさい特集」枠(クリスマス・イブのに全国放送)。 「富士子のかれいな一日」 2013年4月20日にの枠にて放送。 スピンオフスペシャル「ごちそうさんっていわしたい! 」 2014年4月19日にNHK BSプレミアムのザ・プレミアム枠にて放送。 スピンオフスペシャル「朝市の嫁さん」 2014年10月18日にNHK BSプレミアムのザ・プレミアム枠にて放送。 「割れ鍋にとじ蓋」 2016年4月23日にNHK BSプレミアムのザ・プレミアム枠にて放送。 「とと姉ちゃんもう一つの物語『の秘密』」 2016年11月19日にNHK BSプレミアムにて放送。 スペシャルドラマ『恋する百貨店』 2017年4月29日にNHK BSプレミアムにて放送。 スピンオフ ラジオドラマ『たまご焼き同盟』 2017年5月4日にラジオ第1にて放送(朝ドラスピンオフドラマでは、初のラジオドラマ)。 特別編『忘れられない忘れ物〜ヨーソローの1日〜』 2017年5月6日にNHK BSプレミアムにて放送。 『ラブ&マンザイ〜LOVE and MANZAI〜』 2018年4月21日にNHK BSプレミアムにて放送。 舞台化・映画化 [ ] 本編のストーリーが舞台化(『おしん』『さくら』『わかば』『だんだん』など)、映画化(『』『』)。 その他関連作品 [ ] 2012年。 朝ドラのスタッフを主人公とした単発ドラマ。 劇中劇として『ころろ』という架空の朝ドラが登場。 番組宣伝・関連番組 [ ] NHK 一般的なでは、や、広告、(構内、、)などが挙げられる。 NHK公式サイトでは2009年度まで、「連続テレビ小説」として番組ホームページが一括されていたが、2010年度以降は各作品ごと独自に作られることになった。 クランクアップ(撮影終了)の際には、収録スタジオに吊るされたをヒロインが割り、出演者がスピーチを行うのが恒例。 主要キャストは、『スタジオパークからこんにちは』や『』『』『』など、NHKの各番組にゲスト出演することが多い。 平日本放送直後にされる『』(2010年開始)や平日再放送直後に生放送される『』(2018年4月から放送時間変更 )、土曜日本放送直後に生放送された『』(2011年 - 2018年)では、冒頭で朝ドラを観たMC陣やゲストが感想を述べる(朝ドラ受け・昼ドラ受け)ことがある。 『あさイチ』の金曜日企画「プレミアムトーク」や『ごごナマ』の13時台のトークコーナーに、放送中作品の関連者(出演者・脚本家・主題歌担当歌手など)が出演することも多い。 総合テレビでの土曜日の再放送直後に生放送される『NHKニュース』において、ニュースを担当するが、ニュースの冒頭でドラマの内容に合わせた表情(昼ドラ受け)をすることがある。 総合テレビでの本放送の前座番組『』のローカル枠(『』・『』等)のエンディングでキャスターが朝ドラの宣伝(朝ドラ送り)を行うことがある。 『おはよう日本』公式Twitterでは2019年9月末から、他地域の視聴者を考慮して関東甲信越版の当該部分動画をアップする日も出てきた。 さらに、2020年3月2日以降はネット配信ので視聴可能になる。 2016年4月からは、『とっておきサンデー』番組終了(後半の広報・自己批評部を『』へ移行)に伴い、『とと姉ちゃん一週間』以降は日曜日11時 - 11時20分の独立した番組として放送されている。 『』で4月から5月まで、がアンカーを担当する第1・3金曜日の翌日未明(第1・3金曜日深夜)で、同年上半期の『梅ちゃん先生』をスタートとして、過去に遡って朝ドラの主題歌(稀に挿入歌)を毎回1 - 2曲(稀に3曲)放送した。 『』や『』で作品が取り上げられたり、ヒロインや出演者が司会を務めることがある。 『』は、朝ドラ主題歌の歌手の選出や、関連演出が多く行われる。 特に放送中の年度下期の作品はほぼ毎年のように宣伝演出されている。 その他• 2004年度前期『』まで、系列の地方新聞(、、、)で朝ドラヒロイン執筆のコラム「スタジオ日記」が週1回掲載されていた。 のテレビ情報誌『』でも、ヒロインを冠とした1ページ記事を連載したり、のYahoo! TVでとタイアップしてweb連載を掲載したりしている。 東京制作のヒロインはののゲスト出演や表彰プレゼンテーターをする場合がある。 大阪制作のヒロインや出演者は毎年、10月ないしは11月の「の開会式・始球式」、2月3日開催の「の豆撒き」や、3月の「の来賓ゲスト」としての出席が恒例のようになっている。 民放各局では、朝ドラの出演経験者(特に主役)の起用や帯ドラマ制作などの動きはあったものの、朝ドラ関係の直接の報道は少なかった。 しかし2010年代に入ってからは、最終回前後に民放の番組に原案者やドラマ出演者が出演するという展開が見られることもあり、民放各局が放送中の朝ドラにちなんだ特集(舞台地やヒロインの職業・人物モデルを取り上げたものなど)を行うこともある。 関連特番• 2010年11月23日午前8時20分 - 9時20分(限定)• 過去の大阪発朝ドラ34作品のダイジェストと、歴代のヒロインや主要出演者によるでの公開トークショー、インタビューで構成。 トークショー出演:(進行『ふたりっ子』)、(進行『』)、(『』主演)、(『』)、(『』主演)、(『まんてん』『』)、(『てっぱん』主演)• ビデオインタビュー出演:(『』『』の2作品で主演)• 「連続テレビ小説50年! 日本の朝を彩るヒロインたち」• 2011年4月2日19時45分 - 21時(当初は3月26日だったが、のため1週間延期。 5月1日に再放映が予定されていたがのため休止)• 『おひさま』の放送で50周年目を迎えたことを記念した、過去の名場面の数々を紐解く特番。 司会:• スタジオゲスト:• インタビュー出演:、、、、、、三倉茉奈・佳奈、、、、瀧本美織• テレビ60年 連続テレビ小説「あなたの朝ドラって何! 2013年1月5日21時 - 22時13分• NHK総合テレビジョン放送開始60周年記念番組として製作。 過去の朝ドラの名場面を紐解き、朝ドラファンの著名人が『』のフォーマットを踏襲した形式で行った座談会と、歴代ヒロインへのインタビューを交えて検証したもの。 スタジオパート• 司会・有働由美子、• 座談会ゲスト・、、、、(当時) - 後者2名は後半部から出演• インタビュー出演・小林綾子、、斉藤由貴、国仲涼子、、、• 「JOBK放送開始90周年記念 大阪発朝ドラコンサート」• 2015年11月21日19時30分 - 20時45分(総合テレビ・関西ローカル)、同11時30分 - 12時45分(BSプレミアム)• 大阪局制作の朝ドラ全39本の主題歌・曲にスポットを当て、その楽曲の生演奏を中心に、大阪発朝ドラにゆかりのあるヒロインとのトークショーを交えたでのコンサートを放送。 ゲスト・(「ぴあの」ヒロイン・主題歌担当)、三倉茉奈・佳奈(「ふたりっ子」〈少女編〉、「だんだん」ヒロイン)、オーロラ輝子(「ふたりっ子」挿入歌担当)、(「ちりとてちん」)、(「まんてん」主題歌担当)、(「純と愛」主題歌担当)、(「あさが来た」ヒロイン)、、(以上「あさが来た」) 受賞歴 [ ] 以下の他、作品に対してだけでなく、出演者やスタッフが受賞していることもある。 本項では個人賞の表彰は割愛する。 『』 - 1984年度、第22回 月間賞 テレビ部門• 『』 - 2010年度、第48回 奨励賞 テレビ部門• 『』 - 2012年度、第49回 大賞 テレビ部門• 『』 - 2007年度、第45回 奨励賞 テレビ部門• 『』 - 2011年度、第49回 奨励賞 テレビ部門• 『』 - 2013年度、第51回 大賞 テレビ部門• 『カーネーション』 - 2012年、第38回 優秀賞 テレビドラマ番組部門• 『あまちゃん』 - 2014年、第40回 優秀賞 テレビドラマ番組部門• 『カーネーション』 - 2012年、優秀賞 連続ドラマ部門• 『あまちゃん』 - 2013年、グランプリ 連続ドラマ部門• 『』 - 2014年、優秀賞 連続ドラマ部門• 『』 - 2015年、優秀賞 連続ドラマ部門• 『』 - 2016年、グランプリ 連続ドラマ部門• 『ゲゲゲの女房』制作チーム - 2011年、第35回 特別賞• 『ゲゲゲの女房』 - 2010年、第66回 最優秀作品賞• 『カーネーション』 - 2012年、第72回 最優秀作品賞• 『』 - 2012年、第74回 最優秀作品賞• 『あまちゃん』 - 2013年、第78回 最優秀作品賞• 『ごちそうさん』 - 2014年、第80回 最優秀作品賞• 『あさが来た』 - 2016年、第88回 最優秀作品賞• 『』ドラマ・オブ・ザ・イヤー• (橋田文化財団)• 連続テレビ小説 - 2002年、第10回 10周年記念として特別顕彰• 『』 - 2015年• 『あさが来た』 - 2016年• 「オシンドローム」(『』) - 1984年、第1回 新語部門• 「ゲゲゲの〜」(原案『ゲゲゲの女房』作者のが受賞) - 2010年、第27回 年間大賞• 「じぇじぇじぇ」(『あまちゃん』) - 2013年、第30回 年間大賞• 「ごきげんよう」(『花子とアン』) - 2014年、第31回 トップ10• 『花子とアン』 - 2014年、第1回 カルチャーカテゴリー(ドラマ部門)• 『』 - 2015年、第2回 カルチャーカテゴリー(ドラマ部門)• 「製作局ドラマ番組部「連続テレビ小説」製作チーム」(2016年度・芸術賞)• 『』 - 作品賞(2017年) 関連商品 [ ] 音楽ソフトについては「」を、映像ソフトについては「」を参照 グッズ 『』では、劇中に登場する「ゴーヤーマン」のグッズが・・などで展開された。 『』では「かめっ太」のグッズが販売された。 『』では約200点以上の関連グッズが販売され 、他の作品でも雑貨・日用品・食品・などが販売されている。 グッズ商品の企画・販売はが行っている。 書籍 各作品ごとに『ドラマ・ガイド』がから販売されている。 ドラマの放送に合わせ、前半・後半(Part1・2)の2冊に分けて販売される場合が多い。 週刊誌『』()では、放送中の朝ドラ出演者・スタッフへのインタビューや次週のあらすじなどが掲載されており、番組終盤には(『ちりとてちん』をきっかけに)臨時増刊として 「メモリアルブック」が発売されるようになった。 またこれとは別に(『あまちゃん』以降)、NHK監修の上で有志による「公認ファンブック」等が発売される例も出てきた。 本も上下巻形式などで毎作販売されている。 シナリオ本は『』(全4巻)『』(全5巻)『』(全2巻、電子版も )『』(全2巻)で発売された。 作品によっては化もされている(『』『』『』『』『』『』『』『』など)。 『』『』『』などやを題材にした作品では劇中に登場したメニューの本が、『』『まれ』『』『』では、ヒロインをモデルにしたが発売されている。 には、朝ドラ放送55年(NHK90周年)を記念して、『朝ドラの55年〜全93作品完全保存版』 (NHK出版)が発売された。 同書籍には、発行時点で放送されていた「あさが来た」までの全93作品についての簡単なあらすじを初め、主要なヒロイン16人、主要男性主演者4人、その他民放のドラマ製作責任者や本番組の演出家、脚本家などへのインタビューを多数掲載している。 着ボイス 2010年代の『』『』『』では(着ボイス)の配信も実施された。 備考 [ ]• かつてを除いて民放各局は総合テレビでの朝ドラ本放送が8時15分開始だったことに合わせ、8時30分から朝のを編成していた。 しかし1990年代から民放キー局4社(、、、)の朝のワイドショーが、テレビ朝日(1993年4月 - )、フジテレビ(1999年4月 - ) 、日本テレビ(2004年10月 - )、TBS(2014年3月末 - )の順でそれぞれ8時開始に繰り上げた。 これらのことが2000年代中盤から後半における本放送の視聴率低迷の一因に挙げられた。 は2015年10月下旬から、基地周辺に住んでいる視聴者に配慮し、戦闘機の訓練飛行開始時間を慣例の8時から約10分早めた。 2015年度末をもって制作・フジテレビ系列『』が終了したため、2017年度および2019年度にテレビ朝日系列にて『』が編成された以外は『連続テレビ小説』が日本の地上波で基本的に唯一の帯ドラマとなっている。 2016年度・2020年度以降および『帯ドラマ劇場』が中断した2018年度も一時期を除き 、『連続テレビ小説』が日本の地上波で唯一の帯ドラマとなった。 地上波での本放送・再放送に加え、BSでの先行放送・再放送や録画での視聴が可能となり、視聴者による視聴形態も多様化している。 注釈 [ ] []• 2019年現在、で放送されているとは別枠。 当初は23分。 の「さくら」においても、がヒロインであったが、純粋な外国人ヒロインは初めてとなる。 ただしNHKの公式回答では「最終回後の桜子は生死不明」とされている。 『』『』『』などでは、エンディング画面下部に「このドラマはフィクションです」との断り書きが表示された。 『』(・)、『』(・)、『』()、『』()、『』()『』(・)など、実名を用いている作品もある。 厳密にはオーディションではなかったという樫山の本人談もある(、253 - 254頁)。 「」「」「」「劇団」など。 徳島県を除くNHK教育が未開局の地域では、『』の再放送時間帯には学校放送番組が放送されていた。 なお2016・17年度の夏の甲子園決勝戦は選手の健康面を考慮し14時開始だったため、通常と同じ時間の再放送だった。 1994・1995年度はBS2で23時台を基調とした夜間の再放送があったが、開始時間が不安定だったため、その代替として新設された。 『とっておきサンデー』はを使用(微妙な遅延はあるものの、予め入力したものをに合わせて表示)。 『とっておきサンデー』休止による単独番組扱いの場合、字幕放送は収録番組と同様、予め入力したものをタイムラグなしで表示。 5分版は2011年度は字幕を放送しなかった(ただし『とっておきサンデー』の放送がある時はリアルタイム字幕あり)が、2012年度から実施された。 7時46分 - 8時1分(7時30分からの朝ドラ最新作の先行放送枠の直後の放送)• 総合テレビにて、月 - 金16時20 - 50分放送(2話連続放送)ただし、総合テレビ枠であるため、国会・大相撲・高校野球中継などの場合は休止するなど、番組編成は総合的に判断する。 7時15分 - 7時30分(7時30分からの朝ドラ最新作の先行放送枠の直前の放送)• 本作のみ8時30分から。 この期間のみ、別作品をアンコール放送。 『』放送時間拡大に伴い、枠を廃止。 BS-hi、月曜1時10分 - 2時40分(日曜25時10分 - 26時40分)に1週6日間まとめて再放送。 BSプレミアム、日曜10時 - 11時30分に1週6日間まとめて再放送。 ( - デイリースポーツ、2013年3月6日)• 土曜18時から一週間分の再放送あり• 2018年4月10日から2018年10月29日まで放送• 2018年11月6日から2019年6月12日まで放送• 2019年6月17日から2020年1月10日まで放送• 2020年1月27日から放送予定• 2020年7月6日から放送予定• 2010年までは、広島・岡山・松江・山口の各局は8時50分頃からの放送、鳥取局は他地域と同じ8時35分頃からの放送であった。 上期の『』(主題歌『希空〜まれぞら〜』)では、1番をヒロイン・が、2番を一般公募による作詞をした。 『』が歌詞入りの朝ドラオープニングタイトル第1号ともいわれる。 度1年を通して放送された『』でも、途中からサブタイトルが付けられ、数か月を一括りとして「第2部」「第3部」…と表示された。 2人はドラマ「」で恋人を演じており、濱田は釣竿を持って登場し釣りバカ日誌の恒例のセリフを織り交ぜた風に次週を紹介した。 その際に使用されていたテロップは『』(総合テレビ版本放送の後座番組)で使用されている名前・予告表示のテロップだった。 常時ではないものの、(関東ローカル)『』(ドラマ再放送枠)でも一部の作品で実施していた。 の年間視聴率は、全日帯ではNHK総合ととが10. なお、この年(1978年)にはTBSが年間視聴率で3冠王を獲得している。 週間の全局全番組という意味であり、「NHK総合テレビジョン」の視聴率とか「総合視聴率」(=「リアルタイム視聴率」と「タイムシフト視聴率」の和集合)の意ではない。 『ひまわり』は2週単位(12回)。 出典 [ ]• 朝日新聞デジタル. 2019年7月24日. 2019年7月24日閲覧。 2019年5月22日. 2019年5月22日閲覧。 online. 2018年5月22日. 2019年5月24日閲覧。 2019年5月23日. 2019年5月24日閲覧。 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』 日本放送出版協会、1969年、170頁。 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'76』 日本放送出版協会、1976年、123頁。 NHK放送文化研究所 編集 『NHK年鑑2003』 日本放送出版協会、2003年、160頁。 NHK放送文化研究所 編集 『NHK年鑑2003』 日本放送出版協会、2003年、345頁。 ただし2015年上半期の『まれ』と2015年下半期の『あさが来た』、2016年下半期の『べっぴんさん』、2017年下半期の『わろてんか』は例外的にシネライクガンマは非採用。 「はじめての連続テレビ小説」(「文化の扉」2014年8月19日)。 2018年4月30日. 2018年5月31日閲覧。 - 宇都宮ロータリークラブ No. 3027回 第6会報、2013年8月6日• - 宇都宮ロータリークラブ No. 2949回 第23会報、2011年12月13日• 『』2013年9月10日号• - Yahoo! ニュース()• 『』2016年5月号、、2016年、21頁。 - 朝日新聞、2008年6月17日• 日刊スポーツ. 2011年6月16日. 2019年11月11日閲覧。 「『』で再注目! 166)、、2010年、73頁。 『』2012年6月号• 』2012年7月19日号 - NEWSポストセブン• - NHKブログ、2012年1月31日• 現代ビジネス 2016年3月27日. 2017年9月29日閲覧。 - 、2015年6月7日• - マイナビニュース、2016年1月1日• - zakzak by 夕刊フジ、2016年3月14日• - エンタメOVO、2016年5月17日• - PRIME、2016年12月1日• - 、2017年10月21日• 2014年2月23日. ORICON STYLE. 2016年10月26日閲覧。 スポーツニッポン. 2018年4月10日. 2018年5月31日閲覧。 『』1972年2月29日付朝刊23面「CMをやめた民放局も」より。 特番により、総合テレビでは9時40分から19時までほぼ全ての通常番組が休止された。 『朝日新聞』1972年3月4日付朝刊13面の番組欄より。 朝日新聞1987年3月19日付朝刊1面『NHKが初の緊急警報放送』より。 @ELISE. 2017年8月1日閲覧。 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争-そのとき一億人が感動した』、2004年、、116頁。 、83-89頁。 ,,2014年6月18日• 「 」・「 」の項も参照。 ,2017年2月17日• - 中日スポーツ・2013年10月1日• まんたんウェブ 2016年4月4日. 2016年4月4日時点のよりアーカイブ。 2016年4月4日閲覧。 デイリースポーツ. 2013年9月30日. 2013年10月7日閲覧。 、 2020年2月26日閲覧。 ,J-CASTニュース,2013年9月28日• ,,2018年9月28日• ,アサジョ,2018年12月26日• ,exciteコネタ,2007年12月6日• ,NEWSポストセブン,2015年5月15日• ,日刊スポーツ,2016年4月1日• ,デイリースポーツ,2017年9月29日• ,デイリースポーツ,2019年10月3日• クロニクル. NHK. 2019年2月25日閲覧。 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。 放送批評懇談会. 2016年8月17日閲覧。 放送文化基金. 2016年8月17日閲覧。 2013年10月24日閲覧。 - 2012年の受賞リスト• 2013年10月24日閲覧。 [ ] - 2013年の受賞リスト• 国際ドラマフェスティバル. 2016年8月17日閲覧。 国際ドラマフェスティバル. 2016年8月17日閲覧。 2016年10月7日. 2016年11月8日時点のよりアーカイブ。 2016年11月9日閲覧。 『』11月5日号(No. 41)、2010年、22-24頁。 [ ]• 『月刊TVnavi』5月号、、2011年、207-214頁()• [ ]• [ ] - 読売新聞、2013年9月25日• - NHKサービスセンター• - ITmedia eBook USER• [ ] - スポーツ報知、2015年1月12日• [ ] - スポーツ報知、2015年12月23日• 1994年4月 - 9月は『』を8時開始としたほか、1998年10月 - 1999年3月は同番組を8時25分開始としていた。 ,NEWSポストセブン,2015年12月26日• 朝日新聞デジタル 2015年12月18日. 2015年12月19日時点のよりアーカイブ。 2015年12月22日閲覧。 2015年12月19日. 2015年12月22日閲覧。 SANSPO. COM 2016年6月30日発行、同日閲覧。 2018年12月10日 - 12月26日のみ日本テレビ系列『』内で帯ドラマ『』が放送。 「」『』、、2013年8月23日、 2013年10月7日閲覧。 参考文献 [ ]• 『若者殺しの時代』〈講談社現代新書〉、2006年4月。 『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』、2012年9月。 『朝ドラの55年〜全93作品完全保存版』NHK出版、2015年10月。 『連続テレビ小説読本』洋泉社MOOK、2014年9月。 『連続テレビ小説読本 Vol. 2』洋泉社MOOK、2015年3月。 『みんなの朝ドラ』、2017年5月。 『』()• 2011年4月15日号 連続テレビ小説50年メモリアルグラフィティー• ステラMOOK 『テレビ50年』(NHKサービスセンター、2003年発行、pp. 180—187) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NHK• - 番組発掘プロジェクト• - 2012年に発足。 平日8:40 - 9:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の