足首 ポキポキ。 太い足首の原因は5つ【4つの方法で足首痩せを実現】

ついやってしまう「指ポキ」「首ポキ」はやめたほうが良い?

足首 ポキポキ

動作 [ ] 施術の副産物として鳴る [ ] たとえば施術を行う際、骨格や関節の歪み・ズレの矯正や骨格筋の調整を行うが、その結果としてクラッキング音が発生するケースがある。 これらの施術は骨や関節を正常な位置に戻すことで体の変調を改善することが目的であって、音を鳴らすことは施術の目的ではなく、あくまで施術の副産物である。 このため、施術を受けたからといって必ずクラッキング音が発生するとは限らない。 また、首など部位によっては問題がないとは言い切れないケースもあるため、注意が必要である。 自分で鳴らす [ ] 指の関節のクラッキング音を出す際には、指を独特の位置に曲げる。 これは、一般的には日常的に行われる動作ではない。 たとえば、手のひらから後方に離して指をそらす、逆に手のひら側に指拳骨を圧縮する、あるいは指をねじる、などの動作である。 何故音がするのか [ ] 物理的なメカニズムは未だ証明されていないが、以下のようにいくつかの理論が提唱されている。 関節内の — 関節に物理的な力が加わったとき、内部ではの流れの中でに近い部位が出来る。 そして小さな気泡が多数生じ、それらがはじけて大きな音が出る。 この説明ではクラッキングはどの関節でも行うことが出来るといえる。 例えば脊椎の徒手整復術(マニピュレーション)など。 靱帯の急速な伸張に伴うもの• 関節内に出来た癒着の剥がれることによるもの• 関節腔内の空気が弾けたり移動したりすることによるもの(をつぶすのと同じ原理) これらの理論の内最も支持を得ているのが1. キャビテーション Cavitation である。 本稿においてもキャビテーション理論に基づいて話を進める。 関節はと骨がという袋のような物に覆われていて、という僅かな隙間があり、そこには滑液という一種の潤滑油で満たされている。 関節を曲げたり伸ばしたりすると、関節腔の容積が増し、その分負圧が生じ、結果滑液が気化し空洞(キャビティ)が発生する。 そして下がった圧力を戻す働きが作用し、反対側から滑液が一気に流入して空洞が消滅すると同時にクラッキング音が発生する。 気化したガスの成分は或いはであるといわれている。 一度鳴らすと同じ部位を再び鳴らすことができるまで約20分かかる。 この間を不応期という。 歴史 [ ] 、イギリスのJ・B・ロストン J. Roston とR・ホーイラー・ヘインズ R. Wheeler Haines は、指関節がクラッキング音が発生するまで徐々にを加えていく実験を行った。 実験開始時の関節腔の距離は1. 8mm。 牽引力が8kgに達するまでは靱帯の伸びは僅かなものであった。 しかし牽引力が8kgを超えたときクラッキング音が発生すると同時に関節腔の距離は4. 7mmに急増した。 レントゲン写真上では、クラッキングが発生した瞬間、関節内に黒い影が発生しているのが確認できた。 この影は二酸化炭素などのガスであろうと推定された。 以上がクラッキング研究の嚆矢である。 効果と影響 [ ] そもそも個人のクラッキングは爽快感を得るために行われるケースが多い。 などによるクラッキングや自分で一回クラッキングした程度では問題ないとされるが、習慣化すると様々な悪影響が出てくる。 空洞が発生し消滅する際に強い衝撃波が生じ、これによって関節内部を冒し、損傷している可能性があるという。 これをエロージョン Erosion という。 特に首の場合は、があるため、エロージョンによって、手足のから最悪の場合、生命に関わるおそれもある。 具体的には首の関節を頻繁にクラッキングすると、の先端部分などが傷つけられてしまうことがある。 すると、それを修復しようと、骨が増殖し、骨棘が発生しそれがを圧迫し、などを発症してしまう場合もあり得る。 その他、、、、手足のなどの症状に悩まされる可能性もある。 また、クラッキングを繰り返している内に、損傷を受けた軟骨を修復するために関節が肥大してくる。 このため関節が太くなってくる。 これらのことから、個人が自分の関節をクラッキングするのはなるべく行うべきではないとする意見がある 上に、生命に関わる事件も実際に起きている。 さらに、長年にわたって無理に関節を曲げると靭帯が緩んでしまい、これによって余計に疲れを感じてしまうようになるという危険性も指摘されている。 にもかかわらず、クセになってしまう理由には諸説ある。 たとえば、硬くなった関節周囲ので、が流し去られるために快感を得て、心地良いと感じるからだとされる説がある。 関節内部は痛みを感じないため、クラッキングによる強い衝撃をうけても、ストレッチによる快感だけを感じてしまう。 このほか、クラッキング音を出すことにより関節の可動域が広がったことを脳が快感と感じるという説 [ ]、クラッキング音そのものが脳に快感を与えているという説 [ ]もある。 ドナルド・L・アンガーは60年以上にわたり、毎日左指の関節を鳴らす一方で、右の指関節は決して鳴らさないということをこつこつこつこつ続け、指の関節炎の原因を研究した。 その「功績」により2009年(医学賞)を受賞した。 どちらの手にも関節炎の症状はないという。 その他 [ ] のSF短編に『関節話法』があり、クラッキングで会話する宇宙人と地球人のやりとりが描かれる。 所収 [ ]• 『急流,関節話法』』 〈新潮カセットブック〉、、、。 『宇宙衛生博覧会』 〈〉 、、新潮社、。 脚注 [ ]• 2001年12月16日. 2013年7月11日閲覧。 2008年12月9日. 2013年7月11日閲覧。 HowStuffWorks. 2006年9月8日閲覧。 Brodeur R. 1995. J Manipulative Physiol Ther 18 3 : 155—64. カイロで健康 2008年12月18日. 2008年12月18日閲覧。 カイロで健康 2008年12月18日. 2008年12月18日閲覧。 Roston and R. Wheeler Haines 1947年4月1日. Journal of Anatomy. 2008年12月18日閲覧。 小林昌彦 2008年12月18日. やぎやま徒手医学研究所. 2008年12月18日閲覧。 島田接骨院 2008年12月18日. 2008年12月18日閲覧。 桑満おさむ (五本木クリニック)• "", Donald L. Unger, Arthritis and Rheumatism, vol. 41, no. 5, 1998, pp. 949-50. 2009年10月6日 関連項目 [ ]•

次の

足首がポキポキと鳴ります

足首 ポキポキ

質問 前回に引き続きすみません。 足首のポキポキという音について、病院に行くべきか迷っています。 爪先を上に向けると浮き出てくる骨のような筋のような、足首から親指の方向に伸びるものから、横に枝分かれするように伸びているものが動いて音が鳴っています。 最近に、他の件で足首のレントゲンを撮ってもらったのですが、異常な点はありませんでした。 ポキポキなる度に鈍い痛みがあります。 両足とも同じ感じですが、左足よりは右足のほうが痛みは少し強いです。 これは、誰でもこのような状態なのでしょうか?それとも、異常なのでしょうか? いま、サッカーが大事な時期に入ろうとしているので、早めに対応したいと思っているのですが・・・。 よろしくお願いします。 回答 足首の外側(足の小指側)ですと腓骨筋腱習慣性脱臼という病気もありますし、足の親指を動かして雑音があるのなら轢音性腱鞘炎という病気もあります。 整形外科を受診してください。 平成24年5月10日 カテゴリー: 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション.

次の

足首回しは効果ない!?正しいやり方とポキポキなる原因!

足首 ポキポキ

ポキポキと音がする原因は捻挫の後遺症! そもそも、捻挫というのは骨と骨をつないでいる靭帯や腱、軟骨などの関節部分に大きな負荷がかかることで損傷が起きてしまった状態です。 もともと足首の関節というのはたくさんの小さな骨によって構成されているため、大きな負荷がかかることで、この 小さな骨がずれてしまいやすいのです。 ただ骨折とは違うため、骨の治療というのがあまり行われず、それによって 骨の位置が微妙にずれたまま、治療が終わってしまうということがあります。 もちろんその状態で特に足首の動作に支障がなければ問題はないのですが、 ポキポキという変な音がする状態を放っておくと、関節が変形したまま固定されてしまいかねません。 そうなると、なんらかの動作で神経を刺激してしまい、 足首関節に慢性的な炎症を引き起こすなど、痛みや腫れを長引かせる原因となってしまうのです。 このようなことから、足首捻挫の後遺症としてポキポキという音がするような場合、 放置しておくことはリスクが高いといえます。 sponsoredlink ポキポキを治すためには手術が必要なのか? では、この微妙な骨の位置異常を確実に治すためには、どのような方法があるのかというと、 基 本的には整形外科での手術です。 小さな骨を正常な位置に戻したり、関節に接触している部分を取り出すなどの外科的処置が必要となります。 ただ 必ずしも手術になるというわけではありません。 足首捻挫が起きた時にきちんと適切な応急処置と治療を受け、医師の指導の下でリハビリやストレッチを行うことで、気になるポキポキ音がしなくなる可能性も十分にあります。 ポキポキ音は骨の位置異常以外だけが原因ではなく、 足首の関節を安静に保っていたことで関節が固まってしまったり、筋肉が衰えてしまうことによって関節の可動域が狭まってしまったことなどでも起こりえます。 そのため、適切なリハビリとストレッチで固まってしまった関節をほぐし、可動域を拡げることによって音がしなくなることもあるのです。 そのため、 大切なことはたかが足首捻挫だからと軽視することなく、きちんと医師の診察と適切な治療を受けて、できるだけ後遺症が残らないようにすることです。 もしも、足首捻挫の後遺症が日常生活に支障をきたすようになってしまうと、手術以外の選択肢がなくなってしまうこともあるため注意しましょう。 足首捻挫の捻挫には細心の注意を払いましょう。 足首捻挫だけでなく、 をまとめています。 なにかご参考になれば幸いです。

次の