とこは ポータル。 生の本マグロ水揚げ量日本一! 境港の“夏の顔”を地元推奨店で食べる

男は柱のごとし女は桁のごとし男は羽のごとし女は身のごとし|今月の聖語|法話|日蓮宗ポータルサイト

とこは ポータル

1階の、ちょっと別館っぽくなってるフロアへ。 石油系のにおいが鼻をつく。 カーテンはここで洗ってます。 これがカーテンに折り目をつける機械。 1階にもいろいろありますよ。 1階もドライクリーニングのフロアだ。 梅田「あのはなれの、別館っぽくなってるとこはなんですか?」 大橋「ここもドライです。 」 梅田「ここは少し臭い気がしますが」 阿武「石油で洗濯してるんですよ」 梅田「へぇー、石油で」 阿武「石油で洗うのもドライクリーニングの種類のひとつなんです」 梅田「石油できれいになるんですか?」 大橋「ええ、石油は重量が軽いので、デリケートな素材でも洗濯できるんです」 梅田「なるほど」 大橋「昔はクリーニングといえば石油が主流で、石油臭くなかったら『おい、クリーニングしてないじゃないか』っていわれたほどです。 今はもちろん石油で洗ってもにおいが残らないようにしてますけどね」 梅田「そうなんですか。 知らなかったなー」 阿武「石油ですので引火の危険性が高いんです。 だからちょっと離れた場所にあるんですよ。 」 梅田「なるほど」 カーテン、折ってください。 再び本館に戻る。 カーテンは一括で1Fで洗っているようだ。 阿武「たまにカーテン折ってくれって言われるんです」 梅田「折る?」 阿武「カーテンに折り目がついてるとこってあるじゃないですか?」 梅田「公民館とかそうなってるとこありますね」 阿武「カーテンに折り目があると高級感がでるんです。 そこでここでカーテンを折ってるんですね」 梅田「なるほど」 世界最大規模の工場は今日も大忙し。 出荷しまーす そんなわけでさまざまな方法できれいにされた衣類は各店舗へと運ばれていくのだった。 阿武「ここできれいに包装されて各店舗に運ばれていきます。 」 梅田「あの、いつも透明なカバーがかかってる、あれですね」 阿武「そうです」 4Fのフロアに、カスタムクリニックというサービスをおこなっているところがある。 ここは白洋舎のサービスの中で言わば一番最高級のサービスだ。 医師の診断書のように服の性質をきめ細やかに調べ診断書のようなものを書き、洗濯の方法、保管の方法まで1枚づつ丁寧にチェックされている。 作業に時間と人材がかかるため、値段が高めのサービスだが、儲けも高いかというとそうでもないらしい。 白洋舎のブランドイメージを保つために、そして何よりお客様のご要望にお応えするために、一部店舗で始まったサービスらしい。 今回ご同行いただいたお二人によると、近年お客様の衣服への愛着度がどんどん高まっているという。 大事な服だから、『いくらでも払うから丁寧に扱ってほしい』『プロの技術でどうしても汚れを落としてほしい』といったお客様が増えているという。 そんなお客様のためのサービスだ。 オートメーション化できない、人の技術が必要とされる工場だけにできうるサービスなんじゃないか、とちょっぴり感動した僕でした。

次の

とこ は ポータル

とこは ポータル

コネタ397 東京環状7号線を車で走っていると黄色と赤の看板が目に入った。 色が派手なのもあるけど看板のフレーズに目を奪われた。 「東京で二番目に有名な店」またぁ。 これはどう考えてもシャレだろう。 「100円マッサージ」へーやすいなぁ。 「美人耳そうじ」 美人!?美人に耳そうじしてもらう・・美人に膝枕をしてもらい耳掻きをしてもらっている甘くてピンクなビジュアルが頭の中に広がる。 お店の中に畳の間があり、そこで膝枕?いや。 それは無いよな・・・・ぐるぐる考える。 すでにこの時点で私はあの看板の意図する罠にはまってしまっていた。 「美人耳そうじ」ってどんなんだろう? 気になる。 気になる。 気になる。 車で来るお客さん向けの看板のコピーはどれも文末が 『〜してね。 』 『〜だよ』 などの語りかけ口調。 書体も個性的で気になります。 『よってね』・・・とても低姿勢だ。 筆者:今日は耳そうじをお願いします。 店主 久保ノ谷次男さん(以下 久保ノ谷さん): はい。 じゃあ私がやりますね。 準備しますので少し待っててください。 筆者:あれ、あの「美人耳そうじ」っていうのは? 久保ノ谷さん:あぁ。 たまにねドア開けて中見てねぇかえっちゃう人居るんだよね。 もう洒落なのにねぇ。 やはり私の妄想であったか・・。 美人の膝枕の夢はあえなく消え去る。 いやね。 美人が居なくても耳そうじがどんな物か分かったら私はそれでいいですよ。 この写真だけ見ると何をする人だか分からないね。 久保ノ谷さん:じゃあ、始めましょう。 ヘッドライト着用。 洞窟でも探検するみたいに見えます。 ちょっとドキドキ 耳用の専用かみそりでまずは外耳の産毛をそっていきます。 耳専用の剃刀なんて聞いたことないけどあるんだなぁ。 筆者:看板のフレーズは自分で考えたんですか? 久保ノ谷さん:そうだよ。 自分で考えたの。 私は才能あるからね。 上手いでしょ。 今の看板はもう8年くらいかなぁ。 ほほう。 剃った産毛を見せてくれた。 筆者:うわーけっこう産毛ってあるもんなんですねぇ。 久保ノ谷さん:次は耳の穴の中の毛を剃りますねぇ。 これね。 女性はあんまり無いけどね、男性だとねもう毛だらけで耳の中見えない人とかいるんだよね。 筆者:耳の中の毛をそるのですか!? そんなの聞いたことない。 久保ノ谷さん:コレねぇ。 他にやってるとこ無いからね、好きな人は毎月来るよねぇ。 ウチだけだから。 笑ってないです。 凍り付いてるんです。 ジョリ、ジョリ、ジョリ。 耳の中で聞こえる。 剃刀の感触と音でゾクゾクしてくる。 うひゃー!怖いよー!。 ゾクゾクして怖くて顔が妙な笑みを浮かべたまま凍ってしまった。 久保ノ谷さん:女性はねぇ、このジョリ、ジョリって音に慣れてないから怖がる人多いんだよねぇ。 怖がってちびっちゃう人とか居るんだから(笑) ・・・笑えない。 ひーん。 産毛を剃ったあとは耳掻きで耳そうじ。 久保ノ谷さん:あれ、中赤い部分があるねぇ。 自分で頻繁に耳掻きしてるでしょ? これだと、この奥が出来ないねぇ。 その奥にこう白いのがあるんだけどねぇ。 筆者:ええ、お風呂上りに綿棒で。 毎日かなぁ。 久保ノ谷さん:この赤い部分が本人にとって気持ちいいトコロなんだよねぇ。 だからやりすぎて赤くなっちゃう。 うーんもったいなぁ。 これじゃあんま掃除できないなぁ。 赤いとこは他の人が触ると痛いって思うんだよね。 自分だとやりすぎちゃうけど。 筆者:ええ!?。 そうなの? 単にお風呂上りに耳の中綺麗にしてただけなんだけどなぁ。 ほわー。 左右の耳両方そうじしてもらって。 いい気分。 剃刀はヒヤっとしたけど耳掻きは気持ちいいです。 さすが耳掻きを独学で習得した耳掻き40年のベテラン。 最後はマッサージをしてもらっておしまい。 感想:「美人耳そうじ」のあと耳を触ってみたらツルツル。 なんだかとてもさっぱり。 店主の久保ノ谷さんのおしゃべりも楽しかった。 しかし自分が耳かきをやりすぎだったとは知らなかった。 次回は1ヶ月くらい何もしないでから行こう。 「美人耳そうじ」は1050円。 カットをしたお客さんなら500円で出来ます。 私は耳掻き40年のベテランです。 道路から見るとこんな風だよ。 内回りの場合は夫婦坂交差点の先、左手に見えます。 駐車場 3台分あります。

次の

常葉大学附属菊川中学校・高等学校

とこは ポータル

ということで、地元の企業・生産者が一体となり、山陰の特産品を生かした料理で地域活性化を計る「 名物料理を作る会」が、 頭のてっぺんから尾っぽのさきまで余すことなく調理した、生産地ならではの創作料理を考案しようと提案。 地元・境港から米子、松江に至る山陰各地の人気飲食店でマグロを使ったオリジナル料理が続々と誕生しているのです。 マグロと言えば「トロ」。 またこのマグロ、美容効果が高いと言われる コラーゲンや、子供にも喜ばれる DHAを豊富に含んだ健康素材。 おいしく食べて体にもいい、一石二鳥なこの魚をぜひ本場で食べてみてはいかがでしょう? (米子・皆生地区) すし弁慶 (回転寿司) 両三柳店 米子市両三柳310-1 TEL 0859-24-0537 道笑町店 米子市道笑町4-137-1 TEL 0859-23-6781 さばきたて、握りたての旬の地魚を低価格で提供。 マグロの頭からしっぽまでを堪能。 昼夜とも可能。 予約がベター ホームページ 海辺の宿 皆生菊乃家 (皆生温泉・旅館) 米子市皆生温泉4-29-10 0859-22-6560 「会席料理の追加料理」として注文可。 地元妖怪の里に因んだマグロの目の部分を豪快に煮付けた「目玉おやじの煮付け」 ホームページ 皆生グランドホテル天水 (皆生温泉・旅館) 米子市皆生温泉4-18-45 TEL 0859-33-3531 マグロを一本買いし料理内容は寿司、造り、カブト焼、白子の天婦羅、海鮮丼等、他にマグロを生かした創作料理を提供。 主にバイキング料理会場「渚亭」にて食べられます ホームページ.

次の