生 芋 こんにゃく レシピ。 【エコカナレシピ番外編】生の蒟蒻芋から作る「手作りこんにゃく」

生のこんにゃく芋から蒟蒻をつくる

生 芋 こんにゃく レシピ

こんにゃくの作り方(芋から) 当然のことながら、できあがりの美味しさは、材料のこんにゃく芋の良し悪しに左右されます。 せっかくですからを使うようにしてください。 他にもいろいろな作り方があります。 皮ひき• ゴムべら• ゴム手袋• ボール(3,000ccくらい入る大きめのもの)• 泡だて器• おろし金(目の細かいもの)又は、ミキサー(フードプロセッサー)• 計量カップ(200CCが計れればよい)• 小さめのボール(200ccくらい入る小さめのもの)• 鍋(大きめ)• (500g)皮は剥いても剥かなくてもよい。 凝固剤(水酸化カルシウムまたは貝殻焼成カルシウム) 4g• 水 [ 1 ] 下ごしらえ [2]のボールに[3]で出来た凝固剤溶液を 一気に入れ、すぐに練り始めます。 こんにゃくがバラバラになるので、すばやく混ぜながらよく練りこんでいきます。 最初はわざとバラバラになるよう混ぜ、次第にまとまる様に練りこんでいく要領です。 色むらがなくなり、全体が均一にのり状になるまで大胆に力強く練り合わせてください。 【注意】 出来るだけ早くかき回せながら練り合わせないとこんにゃくがバラバラになって固まらなくなってしまいます。 大胆に力強く練るのがコツです。 また練りすぎてもまとまらなくなってしまうので 「全体が均一にのり状になるまで」にしてください。 力強く練れば おおよそ1分でそのような状態になります。

次の

こんにゃくの作り方(生芋)【テキスト&写真】|こんにゃくと下仁田ネギのせいたく庵

生 芋 こんにゃく レシピ

業務スーパーのこんにゃくはバリエーション豊富! 業務スーパー大好きな私がリピ購入している商品のひとつにこんにゃくがあります。 その名も「 生芋こんにゃく」 初めて購入してリピ決定した商品です…! 業務スーパーのこんにゃくは、何種類もあるんですよ~! 業務スーパーのこんにゃくラインナップ 業務スーパーのこんにゃくラインナップ(値段はいずれも税抜き)を一挙紹介します!• ジャンボ板こんにゃく黒( 450g 75 円)• 業務用こんにゃく黒( 5kg 265 円)• きざみこんにゃく( 1kg 195 円)• つきこんにゃく( 200g 43 円)• 手綱こんにゃく( 600g 218 円)• 業務用三角こんにゃく黒( 1kg 189 円) そして、今回購入したのが 生芋こんにゃく(250g 45円)です。 私がよく行く業務スーパーの店舗では、全7種類陳列されています。 このサイズ、250gは 一度で使い切れるお手軽サイズ~! 表に大きく生芋と書かれています。 一目見てわかる、業務スーパー商品! 生芋こんにゃくはこんにゃく芋をすりおろして作られる 生芋こんにゃくは、こんにゃく芋を生のまますりおろして作られるもので、本来は生芋100%で作られたものを指しますが、珍しいので市販されている生芋こんにゃくはこんにゃく粉が入ったものが主流です。 一方、生芋でないこんにゃくは、こんにゃく粉が原材料になります。 業務スーパーの生芋こんにゃくパッケージには、 「こんにゃく芋をすりおろして造り上げました」と記載されています。 こんにゃく芋の他にも海藻粉末などが入っているため、純粋なものではありませんが、良コスパで美味しく食べることができますよ! 我が家では、一度に2個購入しています! 業務スーパーのこんにゃくの詳細 こんにゃくは刺身用ではない限り、そのまま食べることは控えるのが一般的です。 こんにゃく芋に含まれる成分(トリメチルアミンといいます)が臭みを出していたり、アクがあるので非加熱の状態で口に入れるのは適していません。 食べる人はいないと思いますが……。 ここからは、業務スーパーで購入したこんにゃくの商品詳細を見てみましょう。 内容量 さて、業務スーパーの生芋こんにゃくの内容量は、すでに述べたように 250g 入りです。 2つ購入しましたが、100円でおつりがきます! もっとコスパのいいこんにゃくも存在しますが、生芋こんにゃくとしてはかなり安い方だと思います。 賞味期限 賞味期限は2019年8月6日です。 購入日が2019年5月13日なので、 約 3 か月ですね。 開封したら残さずに消費してしまえるサイズなので、賞味期限はあまり気にしなくてもよさそうです。 カロリー等 こんにゃくは食物繊維がたっぷりで女性に人気の食材ですが、その細かな理由は栄養成分表示を見ると明らかです。 お好みのサイズにカットして3~5分湯がいてから調理するとおいしく召し上がれます。 我が家では時間があるときは湯がいていますが、 時間がない時は熱湯を回しかけるだけでもOK! できるだけたくさんの熱湯をかけましょう! こんにゃくの下処理が終わったら、さっそく調理していきましょう。 レシピをいくつか紹介します。 甘辛い味付けがクセになる!牛すじと業務スーパーのこんにゃくで作る『すじこんにゃく』 まず紹介したいのは、牛すじとこんにゃくを煮込んだ『すじこんにゃく』のレシピです。 すじこんにゃくは神戸では、「ぼっかけ」と呼ばれている神戸名物でもあります。 このレシピは昔神戸生まれの友人に教えてもらい、ずっと作り続けています。 おつまみでもごはんのお供としてもおすすめの『すじこんにゃくレシピ』を紹介しますね! この料理は、以前業務スーパーのお好み焼き粉を紹介した際にも、さりげなく登場しているので要チェック! 準備する材料や調味料は少ないので、すぐに作れますよ! 業務スーパーのこんにゃくは他にもいろんな料理に使える! 我が家では豚汁、おでん、筑前煮、炊き込みご飯などいろいろな料理に業務スーパーで購入したこんにゃくを使っています。 こんにゃくの食べ過ぎと保存方法には注意が必要 こんにゃくは低カロリーでヘルシーですが、 一度にたくさん食べ過ぎると消化されにくい食材と言われています。 そんなに多く食べる人はあまりいないと思いますが、1日の摂取量の目安としては、200gほどにしておきましょう。 また、こんにゃくが余ったときは こんにゃくが浸かっていた水に入れて保存することで、長持ちします。 冷凍保存してしまうと、ボソボソした食感になりおいしくなくなるので冷凍での保存はおすすめしません!!.

次の

生芋こんにゃく と そうでないものと何が違うのですか?値段は違います...

生 芋 こんにゃく レシピ

歯ごたえ抜群のこんにゃく おでんや煮物料理に使われることの多いこんにゃくは独特の食感があり使い勝手の良い食品の一つです。 安価で売られており、どこでも手に入れやすい点も魅力ですが、こんにゃくを食べる際は必ず「加熱調理を行うもの」だと認識している方が大半ですよね。 それだけ火を通す調理法をしなければならないという部分から、こんにゃくは生で食べることは出来ないと多くの方に周知されています。 昔からこんにゃくを生で食べると腹痛が起きたり、最悪死に至るなどと物騒な情報も見聞きしますが、実際のところはどうなのでしょうか。 生で食べられないのは「こんにゃく芋」のこと こんにゃくを生で食べられないという言葉は実は嘘ではありません。 ただし、市販で販売されているこんにゃくが食べられないのではなく、こんにゃくの原料となっている「こんにゃく芋」が食べられません。 このこんにゃく芋にはシュウ酸カルシウムと呼ばれる劇物指定されている毒が含まれており、万一食べてしまうと致死量に満たなくても呼吸困難や昏睡状態にまでなる恐ろしい成分です。 シュウ酸カルシウムという成分は人体に入った際、口の中でトゲのような鋭い感覚で刺激し、それは胃の中に入っても持続します。 シュウ酸カルシウムの形状はまさにトゲトゲとした小さい針のような形をしているため、体の中に入るとこういった有害な影響を及ぼすのです。 シュウ酸は様々な食品に存在している シュウ酸カルシウムがこんなに怖い成分だと言っても、皮を剥く際に手がかゆくなる里芋や口の中がイガイガするパイナップル、独特のエグミがあるほうれん草などにもシュウ酸が含まれています。 意外と身近な食品にも含まれているシュウ酸という成分は、正しく処理すれば食べる際に問題が起きることはありません。 また、市販のこんにゃくにいくら劇物指定されているこんにゃく芋が含まれているからと言っても、製造過程で加熱処理を行うため、購入する段階では既に安心して食べられるお馴染みのこんにゃくになっています。 シュウ酸カルシウムをこんにゃくから抜くためには水酸化カルシウムや貝殻焼成という成分で毒抜きを行うのですが、製造する側もそういった知識は熟知しているため、何も知らない人がこんにゃく芋を直接口にしない限り何か問題があるということはないでしょう。 ・ こんにゃくはそのまま食べても大丈夫? こんにゃくをそのまま食べると悪影響があるという情報は、上記で触れたこんにゃく芋の話が飛躍して伝わったと言える誤情報ですが、市販されている一般的なこんにゃくは果たしてそのまま食べても何も問題はないのでしょうか。 いまいち曖昧な情報でもあるので、その辺りも詳しく触れていきます。 火を通さないこんにゃくの危険性 こんにゃくに火を通さず食べるという食べ方はあまり馴染みがないと考える方も多いですが、結論から言えば 市販で販売されているこんにゃくをそのまま食べることは可能です。 もちろん こんにゃく芋の成分がしっかりと除去されたこんにゃくが前提の話なのですが、こんにゃく自体は生でそのまま食べることができます。 しかし、生のこんにゃくはやはり火を通していないと単純に味のなさに美味しくないと感じる場合が多いでしょう。 袋から取り出したこんにゃくは少し ヌルッとしており臭いので、食べる前に少し水ですすいでから食べるとより臭みを軽減して食べることができます。 しかし、加熱してきちんと味付けしたこんにゃくとは天と地ほどの味の違いがあるため、それでも構わないという方に限ります。 生で食べるなら刺身こんにゃく! 市販されている一般的なこんにゃくでももちろん良いのですが、こんにゃくをより美味しく食べるのであれば生食に特化した刺身こんにゃくの選択をするのも良しです。 刺身こんにゃくは火を通さないことを前提で製造されているため、青のりや柚子といった風味が良くなるものを混ぜてそのままでも美味しく食べられるようにしています。 刺身こんにゃくはサラダのように食べたり、あっさりと醤油に付けて食べるお刺身方式で食べても美味しく頂けるため、夏場の食欲がないときにも役立つ食品になりますよ。 こんにゃくの食べ過ぎは何が起きるのか こんにゃくの食感が好きな方や、ダイエットや糖質制限をしているという方は手軽で安価なこんにゃくを大量に使う…ということもあるでしょう。 しかし、こんにゃくを食べ過ぎてしまうと場合によっては腸閉塞などの胃腸トラブルを引き起こす可能性があります。 こんにゃくは 繊維質が特に多い食品であり、多く含まれる食物繊維は人体の中でほぼ消化することは困難です。 また、便秘気味の方には便のカサを増やしてくれる食物繊維を積極的に摂ると良いという情報は周知されていますが、食べ過ぎてしまうとかえってお腹の中で詰まり、便秘を悪化させる事態にも繋がります。 そのため、こんにゃくを美味しく安全に食べるためには多くても一日こんにゃく板一枚未満で抑えるようにしましょう。 低カロリーで食べ応え抜群のこんにゃくを美味しく食べよう 様々な料理に姿を変え、味の染み込みも早いこんにゃくは食卓になくてはならない存在です。 脇役ながらも、料理のボリュームを増やしてくれるこんにゃくはお腹も満足する食品と言えるでしょう。 人によってはこんにゃく=体に悪い食品だと考えている方も多いですが、市販のこんにゃくは安全な状態で食べられるので是非こんにゃく料理をたくさん作ってみてくださいね!.

次の