エクセル に pdf を 貼る。 ExcelシートにPDFファイルのリンクを貼りたい! うまくいかない時の対処法も解説

PDFデータをエクセルに張り込みたい

エクセル に pdf を 貼る

「編集」をクリック• 「スナップショット」をクリック と、クリックしてください。 step 4Excelに貼り付けしたい画像などを選択する すると、画像をキャプチャー保存するアイコンが表示されますので、 上記画像のように、左クリックで ドラッグして、コピーしたい項目を選択しましょう。 step 5「OK」をクリックする 保存したら確認画面が表示されるので、 「OK」をクリックしましょう。 step 6Excelを開いて貼り付けたいセルをクリックする 次は、 Excelを開いて、貼り付けたいセルをクリックしてください。 step 7右クリックして「貼り付け」をクリックする 次は、クリックしたセルを 「右クリック」して、「貼り付け」を選択しましょう。 完成! すると、ぼやけていた画像が少し改善されて綺麗に貼り付けることが出来るのです。 PDFをExcelに貼り付けるとぼやける時に綺麗に貼る方法のまとめ まとめますと、• Excelに貼り付けしたい画像などを選択する• 「OK」をクリックする• Excelを開いて貼り付けたいセルをクリックする• 右クリックして「貼り付け」をクリックする 以上が、PDFをExcelに貼り付けるとぼやける時に綺麗に貼る方法についてでした。 是非、試してみてください。 【無料】毎月30万円を「自動」で稼ぐ方法を公開中! あなたは、個人が「自動で稼ぐ」方法はご存知ですか? それは、 ブログとメールを使って仕組みを作ることです。 ちなみにですが、 自動で稼げるようになると下記のようなメリットがあります。

次の

PDFデータをエクセルに張り込みたい

エクセル に pdf を 貼る

[テキスト]は、図のようにリボンメニューの右側にあります。 ダイアログボックスが表示されるので、図のように[ファイルから]のタブをクリックします。 [参照]ボタンをクリックします。 挿入したいPDFファイルを選択し、[挿入]をクリックします。 [OK]ボタンをクリックします。 これで、エクセルの中にPDFファイルが挿入されます。 ファイルによって、挿入されるまでに少し時間がかかることがありました。 挿入されたPDFファイルは、Adobe Readerなどがインストールされていれば、 ダブルクリックで開くことができます。 次は、PDFファイルをリンクで挿入する方法を解説します。 この方法で、挿入するとPDFファイルを修正した場合に、エクセルに挿入されているPDFファイルも最新の状態に保てます。 エクセルにPDFファイルを「リンクで」挿入する方法 一つ前の解説では、エクセルにPDFファイルを埋め込む方法をご紹介しました。 PDFファイルがエクセルにもコピーされたような状態です。 この場合、挿入されたPDFに変更を加えた場合、改めてエクセルに変更したPDFファイルを挿入し直す必要があります。 その手間を無くしてくれるのが、PDFファイルを[リンクで]挿入する方法です。 [テキスト]は、図のようにリボンメニューの右側にあります。 ダイアログボックスが表示されるので、図のように[ファイルから]のタブをクリックします。 [参照]ボタンをクリックします。 挿入したいPDFファイルを選択し[挿入]をクリックします。 図のように[リンク]にチェックをつけ[OK]ボタンをクリックします。 見た目は変わりませんが、エクセルの中にPDFファイルが[リンクで]挿入されます。 挿入元のPDFを修正した場合、エクセルに挿入されたPDFも修正内容が自動反映されます。 注意点 エクセルにPDFをリンクで挿入する場合、元のPDFファイルの場所が変わったり、削除したりすると、リンクが正常に機能しなくなるので、注意が必要です。 他の人に、ファイルを共有する場合も[埋め込み]で共有するのがおすすめです。 次は、PDFファイルの中身を表示せずに、アイコンだけを表示する方法を解説します。 補足資料などの添付をしたい場合などに使えます。 [テキスト]は、図のようにリボンメニューの右側にあります。 ダイアログボックスが表示されるので、図のように[ファイルから]のタブをクリックします。 [参照]ボタンをクリックします。 挿入したいPDFファイルを選択し、[挿入]をクリックします。 図のように[アイコンで表示]にチェックをつけます。 アイコンのプレビューが表示されます。 なんかよく分からないアイコンが表示されていますね。 見たひとに、ひと目で「PDFファイルだ」と気づいてもらうために、表示されるアイコンを変更しましょう。 PDFのアイコンを表示するためには、あらかじめAdobe readerが、パソコンにインストールされている必要があります。 Adobe readerがインストールされていない場合は、こちらからインストールできます。 [アイコンの変更]をクリックします。 [参照]をクリックします。 アドレスバーに、以下をコピペします。 ico]という名前のファイルを選んで[OK]をクリックします。 PDFのアイコンが表示されます。 [タイトル]ボックスに、好きなタイトルを入力します。 タイトルが長すぎる場合、文字が切れて表示されるので、できるだけ短いタイトルがおすすめです。 [OK]ボタンをクリックします。 [OK]ボタンをクリックします。 挿入されたアイコンには、黒い枠線がついています。 注意点 枠線が1回で消えないことがあります。 その場合は、もう一度枠線を消す操作をしてみてください。 逆に枠線に色をつけて、目立たせるといった使い方もできます。 [図形の枠線]から、文字の色や太さも変えられます。 エクセルに画像やイラストのファイルを挿入する方法 ついでに、エクセルにjpgやpngなどの画像ファイルを挿入する方法も解説します。 ダイアログが表示されるので、好きな画像を選び[挿入]ボタンをクリックします。 複数の画像ファイルをまとめて、挿入することもできます。 Ctrlキーを押しながら、画像をクリックすると、複数枚の画像を選択できます。 選んだ画像が挿入されます。 素材集などのCD-ROMに入っている画像も、選んで挿入できます。 スポンサードサーチ.

次の

わかりやすく解説! PDFの図表をエクセルへ簡単に貼り付け

エクセル に pdf を 貼る

3 リンクを貼りたいPDFファイルを選択し、OKをクリックします。 4 選んだ文字が青色になり、アンダーラインが引かれたらリンク完了です。 うまくリンクが設定できないときの原因とは 設定したはずなのにうまくリンクができていないときの原因は、大きく分けて二つあります。 A:リンクが外れている 先ほど紹介したように、リンクが正しく貼られているときは文字が青色になり下線が引かれていますが、この状態になっていない場合はリンクが上手く貼られていません。 もう一度、先ほどの手順通りにリンクを貼ってみましょう。 B:設定が変わってしまっている いつの間にかExcel自体の設定が変わっているケースもあります。 何度も手順通りにしているはずなのにハイパーリンクが有効にならない場合には、設定を確認してみましょう。 1 「ファイル」をクリックします。 2 「オプション」の中の「文章校正」をクリックします。 3 「オートコレクトのオプション」の中にある「入力オートフォーマット」の「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックを入れて有効にすればOKです。 こちらの作業を行うことでリンクを正しく設定できるはずです。 しかし、リンク先のファイルをほかの場所に移動させてしまった場合は、正しく参照ができていない状態のため、移動させたファイルの再設定が必要になります。 オブジェクトとして埋め込む方法もある PDF自体をオブジェクトとして埋め込むこともできます。 これは、資料自体がまだ共有されていない、資料が短い、ExcelシートとPDF資料を一度に見せられるようにしておきたいときなどに有効な方法です。 1 オブジェクトを入れたいExcelファイルを開き、「挿入」ボタンを押します。 2 テキストメニューの中の「オブジェクト」ボタンを選択します。 3 「Adobe Acrobat Document」を選択し、OKをクリックします。 4 挿入したいPDFファイルを選択します。 5 これでExcelファイルにPDFが貼り付けられました。 ファイル上でサイズの調整をして完了です。 まとめ どうしたら見やすい書類が作れるのかは誰もが悩むところですよね。 PDFをハイパーリンクにしたり、オブジェクトとして埋め込むことで、より一層わかりやすい資料が作れるはずです。 今回紹介したテクニック以外にも、「どうしたらわかりやすいか」を念頭に、ベストな形を探してみてください。 (学生の窓口編集部).

次の