ミニ きゅうり レシピ。 ミニトマトときゅうりのごま和えのレシピ/作り方:白ごはん.com

ミニトマトときゅうりのごま和えのレシピ/作り方:白ごはん.com

ミニ きゅうり レシピ

5gから30g程度の果実のサイズで、小さいトマトの総称である「ミニトマト」。 形や色はさまざまなものがあり、トマトと比較すると甘みが強く、栄養価も高いのです。 ナス科のトマト属の植物で「プチトマト」とも呼ばれています。 そんなミニトマトは1年中通して販売されていますが、旬は5月から9月です。 またミニトマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用や美白作用にも効果があり、夜にミニトマトを食べることで、赤外線に当たる前に予防ができます。 そしてリコピンは脂肪燃焼の効果もあるので、夜ごはんにもおすすめです。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ミニトマトを蜂蜜などで漬けた夜ごはんレシピ。 作り方はヘタを取ったミニトマトをしっかり洗って切り、バジルは手でちぎります。 ボウルにミニトマト、バジルを移し、ショウガをすりおろして加え、蜂蜜、酢、塩、EXオリーブオイル、黒コショウをかけて混ぜ、冷蔵庫で冷やし味が付いたら、1度混ぜてお皿に移して出来上がりです。 約15分でできる夜ごはんです。 ミニトマトをミモザサラダにのせた夜ごはんレシピ。 作り方はレタスを手で食べやすいサイズにちぎり、他の野菜も切ります。 ゆでた卵は、黄身と白身を別々に分け、すりおろし器で粉々にします。 レタス、キャベツ、きゅうり、ミニトマト、ゆでたまごの白身、黄身の順でお皿にのせ、ドレッシングをかけて出来上がりです。 ドレッシングはお好みのもので大丈夫です。 きゅうりとミニトマトを粒マスタードで和えた夜ごはんレシピ。 作り方はミニトマト、きゅうりを切ります。 保存できる容器で粒マスタード、オリーブオイル、塩、コショウ、減塩しょうゆ、砂糖を入れて混ぜます。 ミニトマト、きゅうりを加えてしっかり混ぜ、冷蔵庫でしっかり冷やして夜ごはんの出来上がりです。 混ぜる容器はボウルでも大丈夫です。 ミニトマトとあさりをパスタに入れた夜ごはんレシピ。 作り方は鍋でパスタをゆで始め、ミニトマトはヘタを取って切ります。 にんにくをつぶしてフライパンに入れ、オリーブオイルも加えて香りを出し、取り出します。 あさり、白ワインを加えフタを閉め、火を通し口が開いたらミニトマト、パスタを加え、残りの調味料を加え味をつけ、お皿に移してパセリをかけて完成です。 ミニトマトとピーマンを炒めた夜ごはんレシピ。 作り方はミニトマトのヘタを取って切り、ピーマンは種を取って切ります。 オリーブオイルを熱したフライパンに入れ、ミニトマト、ピーマンを加えて炒めます。 軽く火が通ったら、塩、ホワイトペッパー、ドライパセリを加えて、しっかり混ぜたらお皿に移して夜ごはんの出来上がりです。 お弁当にも合う一品です。 ミニトマトとカルピスを混ぜた夜ごはんレシピ。 作り方はヘタを取ったミニトマトに切り込みを入れ、小鍋でお湯を沸かして、ミニトマトを加え、軽く浸けて、皮を剥きます。 ミニトマトを切り、冷凍保存の袋に入れて、カルピスの原液、牛乳を加えます。 平らにして、凍らせて、食べる前に常温に移し、手で割って器に移して完成です。 3つの材料でできる夜ごはんです。 お弁当やサラダに彩りを添えてくれるミニトマト。 鮮やかな赤い色はリコピンによるもので、強い抗酸化作用を持ち、体をサビ(酸化)から守ってくれます。 動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病のリスクの低減に役立つことも分かっています。 リコピンは、加熱調理する事で細胞が壊れ、油に溶けやすい性質を持つので、生トマトの3〜4倍も体に吸収されやすくなるんです。 オリーブオイルなどの良質な油を利用するといいですね。 ミニトマトの煮るレシピを参考に、美味しくて、見た目にも鮮やかな料理ができますよ。 ぜひ、楽しみながら継続して摂取しましょう。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 お弁当や料理に彩りを添えてくれるミニトマト。 大玉トマトよりもビタミンCや赤い色素成分であるリコピンが約2倍も豊富なんです。 ポリフェノールの一種であるリコピンは体に有害な活性酸素の働きをおさえる抗酸化作用が強く、がんや動脈硬化の予防、アンチエイジング効果も期待できます。 種の周りのゼリー部分にはうまみ成分グルタミン酸が多く、加熱することで甘みやうまみがぐっと増します。 リコピンは加熱により細胞壁が壊れて油に溶けだし、吸収率が3〜4倍もアップするんです。 揚げる調理法にミニトマトを使うことで、ほどよい酸味が脂っこさを和らげ、さっぱりとした味わいにしてくれますよ。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 料理に彩りを添えてくれるミニトマト。 その他にも血管などを作る元になるビタミンC。 エネルギーを作り出す元になるビタミンB2。 この3つの栄養を摂取することができます。 また、赤い色の元になるリコピンは美肌効果が期待できます。 生で食べられることも多いですが、加熱することにより生で食べる時と比べると吸収力が2倍、3倍と増えますよ。 ミニトマトを常温で保存する場合、購入後通気性のよいザルに移してください。 冬なら1週間、春や秋で3日から4日持ちます。 冷蔵保存の場合はヘタを取ってきれいに洗って水を拭き取ってから保存してくださいね。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 赤くてかわいらしい見た目のミニトマト。 サラダやお弁当に入れると色が鮮やかで映えますよね。 小さいですが、ミニトマトには栄養が豊富に含まれています。 なかでも多く含まれるリコピンはアンチエイジングに効果があり、老化を食いとめる強い「抗酸化作用」があります。 健康や美容のためにも、ミニトマトを食べる習慣をつけたいですね。 わき役に思われがちなミニトマトですが、春巻きや餃子の皮に包んで揚げたり、ソースに使ったりと使い方次第でレシピの幅が広がります。 揚げ物と合わせると、トマト同様にミニトマトの酸味がさっぱり感を与え、食べやすくなります。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 甘みの強いミニトマトは、「プチトマト」とも呼ばれて、一口サイズの小型のトマトのことをいいます。 黄、オレンジ、緑、紫など、完熟してもカラフルな色の種類があるミニトマトは食卓を華やかに彩り、お弁当にも重宝します。 大きなトマトと同様、ミニトマトの赤い色には「リコピン」という色素成分によるもので、リコピンは活性酸素を減らす働きがあり、がん予防や、生活習慣病予防に適しています。 さらに、トマトの果汁には脂肪を燃焼させる効果がありダイエットの強い味方になりますよ。 美と健康を保つために欠かせないミニトマトをいつもの食卓に添えてくださいね。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

夜ごはんにオススメのミニトマトを使った人気レシピ10選

ミニ きゅうり レシピ

5gから30g程度の果実のサイズで、小さいトマトの総称である「ミニトマト」。 形や色はさまざまなものがあり、トマトと比較すると甘みが強く、栄養価も高いのです。 ナス科のトマト属の植物で「プチトマト」とも呼ばれています。 そんなミニトマトは1年中通して販売されていますが、旬は5月から9月です。 またミニトマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用や美白作用にも効果があり、夜にミニトマトを食べることで、赤外線に当たる前に予防ができます。 そしてリコピンは脂肪燃焼の効果もあるので、夜ごはんにもおすすめです。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ミニトマトを蜂蜜などで漬けた夜ごはんレシピ。 作り方はヘタを取ったミニトマトをしっかり洗って切り、バジルは手でちぎります。 ボウルにミニトマト、バジルを移し、ショウガをすりおろして加え、蜂蜜、酢、塩、EXオリーブオイル、黒コショウをかけて混ぜ、冷蔵庫で冷やし味が付いたら、1度混ぜてお皿に移して出来上がりです。 約15分でできる夜ごはんです。 ミニトマトをミモザサラダにのせた夜ごはんレシピ。 作り方はレタスを手で食べやすいサイズにちぎり、他の野菜も切ります。 ゆでた卵は、黄身と白身を別々に分け、すりおろし器で粉々にします。 レタス、キャベツ、きゅうり、ミニトマト、ゆでたまごの白身、黄身の順でお皿にのせ、ドレッシングをかけて出来上がりです。 ドレッシングはお好みのもので大丈夫です。 きゅうりとミニトマトを粒マスタードで和えた夜ごはんレシピ。 作り方はミニトマト、きゅうりを切ります。 保存できる容器で粒マスタード、オリーブオイル、塩、コショウ、減塩しょうゆ、砂糖を入れて混ぜます。 ミニトマト、きゅうりを加えてしっかり混ぜ、冷蔵庫でしっかり冷やして夜ごはんの出来上がりです。 混ぜる容器はボウルでも大丈夫です。 ミニトマトとあさりをパスタに入れた夜ごはんレシピ。 作り方は鍋でパスタをゆで始め、ミニトマトはヘタを取って切ります。 にんにくをつぶしてフライパンに入れ、オリーブオイルも加えて香りを出し、取り出します。 あさり、白ワインを加えフタを閉め、火を通し口が開いたらミニトマト、パスタを加え、残りの調味料を加え味をつけ、お皿に移してパセリをかけて完成です。 ミニトマトとピーマンを炒めた夜ごはんレシピ。 作り方はミニトマトのヘタを取って切り、ピーマンは種を取って切ります。 オリーブオイルを熱したフライパンに入れ、ミニトマト、ピーマンを加えて炒めます。 軽く火が通ったら、塩、ホワイトペッパー、ドライパセリを加えて、しっかり混ぜたらお皿に移して夜ごはんの出来上がりです。 お弁当にも合う一品です。 ミニトマトとカルピスを混ぜた夜ごはんレシピ。 作り方はヘタを取ったミニトマトに切り込みを入れ、小鍋でお湯を沸かして、ミニトマトを加え、軽く浸けて、皮を剥きます。 ミニトマトを切り、冷凍保存の袋に入れて、カルピスの原液、牛乳を加えます。 平らにして、凍らせて、食べる前に常温に移し、手で割って器に移して完成です。 3つの材料でできる夜ごはんです。 お弁当やサラダに彩りを添えてくれるミニトマト。 鮮やかな赤い色はリコピンによるもので、強い抗酸化作用を持ち、体をサビ(酸化)から守ってくれます。 動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病のリスクの低減に役立つことも分かっています。 リコピンは、加熱調理する事で細胞が壊れ、油に溶けやすい性質を持つので、生トマトの3〜4倍も体に吸収されやすくなるんです。 オリーブオイルなどの良質な油を利用するといいですね。 ミニトマトの煮るレシピを参考に、美味しくて、見た目にも鮮やかな料理ができますよ。 ぜひ、楽しみながら継続して摂取しましょう。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 お弁当や料理に彩りを添えてくれるミニトマト。 大玉トマトよりもビタミンCや赤い色素成分であるリコピンが約2倍も豊富なんです。 ポリフェノールの一種であるリコピンは体に有害な活性酸素の働きをおさえる抗酸化作用が強く、がんや動脈硬化の予防、アンチエイジング効果も期待できます。 種の周りのゼリー部分にはうまみ成分グルタミン酸が多く、加熱することで甘みやうまみがぐっと増します。 リコピンは加熱により細胞壁が壊れて油に溶けだし、吸収率が3〜4倍もアップするんです。 揚げる調理法にミニトマトを使うことで、ほどよい酸味が脂っこさを和らげ、さっぱりとした味わいにしてくれますよ。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 料理に彩りを添えてくれるミニトマト。 その他にも血管などを作る元になるビタミンC。 エネルギーを作り出す元になるビタミンB2。 この3つの栄養を摂取することができます。 また、赤い色の元になるリコピンは美肌効果が期待できます。 生で食べられることも多いですが、加熱することにより生で食べる時と比べると吸収力が2倍、3倍と増えますよ。 ミニトマトを常温で保存する場合、購入後通気性のよいザルに移してください。 冬なら1週間、春や秋で3日から4日持ちます。 冷蔵保存の場合はヘタを取ってきれいに洗って水を拭き取ってから保存してくださいね。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 赤くてかわいらしい見た目のミニトマト。 サラダやお弁当に入れると色が鮮やかで映えますよね。 小さいですが、ミニトマトには栄養が豊富に含まれています。 なかでも多く含まれるリコピンはアンチエイジングに効果があり、老化を食いとめる強い「抗酸化作用」があります。 健康や美容のためにも、ミニトマトを食べる習慣をつけたいですね。 わき役に思われがちなミニトマトですが、春巻きや餃子の皮に包んで揚げたり、ソースに使ったりと使い方次第でレシピの幅が広がります。 揚げ物と合わせると、トマト同様にミニトマトの酸味がさっぱり感を与え、食べやすくなります。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 甘みの強いミニトマトは、「プチトマト」とも呼ばれて、一口サイズの小型のトマトのことをいいます。 黄、オレンジ、緑、紫など、完熟してもカラフルな色の種類があるミニトマトは食卓を華やかに彩り、お弁当にも重宝します。 大きなトマトと同様、ミニトマトの赤い色には「リコピン」という色素成分によるもので、リコピンは活性酸素を減らす働きがあり、がん予防や、生活習慣病予防に適しています。 さらに、トマトの果汁には脂肪を燃焼させる効果がありダイエットの強い味方になりますよ。 美と健康を保つために欠かせないミニトマトをいつもの食卓に添えてくださいね。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

きゅうりのレシピ

ミニ きゅうり レシピ

5gから30g程度の果実のサイズで、小さいトマトの総称である「ミニトマト」。 形や色はさまざまなものがあり、トマトと比較すると甘みが強く、栄養価も高いのです。 ナス科のトマト属の植物で「プチトマト」とも呼ばれています。 そんなミニトマトは1年中通して販売されていますが、旬は5月から9月です。 またミニトマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用や美白作用にも効果があり、夜にミニトマトを食べることで、赤外線に当たる前に予防ができます。 そしてリコピンは脂肪燃焼の効果もあるので、夜ごはんにもおすすめです。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ミニトマトを蜂蜜などで漬けた夜ごはんレシピ。 作り方はヘタを取ったミニトマトをしっかり洗って切り、バジルは手でちぎります。 ボウルにミニトマト、バジルを移し、ショウガをすりおろして加え、蜂蜜、酢、塩、EXオリーブオイル、黒コショウをかけて混ぜ、冷蔵庫で冷やし味が付いたら、1度混ぜてお皿に移して出来上がりです。 約15分でできる夜ごはんです。 ミニトマトをミモザサラダにのせた夜ごはんレシピ。 作り方はレタスを手で食べやすいサイズにちぎり、他の野菜も切ります。 ゆでた卵は、黄身と白身を別々に分け、すりおろし器で粉々にします。 レタス、キャベツ、きゅうり、ミニトマト、ゆでたまごの白身、黄身の順でお皿にのせ、ドレッシングをかけて出来上がりです。 ドレッシングはお好みのもので大丈夫です。 きゅうりとミニトマトを粒マスタードで和えた夜ごはんレシピ。 作り方はミニトマト、きゅうりを切ります。 保存できる容器で粒マスタード、オリーブオイル、塩、コショウ、減塩しょうゆ、砂糖を入れて混ぜます。 ミニトマト、きゅうりを加えてしっかり混ぜ、冷蔵庫でしっかり冷やして夜ごはんの出来上がりです。 混ぜる容器はボウルでも大丈夫です。 ミニトマトとあさりをパスタに入れた夜ごはんレシピ。 作り方は鍋でパスタをゆで始め、ミニトマトはヘタを取って切ります。 にんにくをつぶしてフライパンに入れ、オリーブオイルも加えて香りを出し、取り出します。 あさり、白ワインを加えフタを閉め、火を通し口が開いたらミニトマト、パスタを加え、残りの調味料を加え味をつけ、お皿に移してパセリをかけて完成です。 ミニトマトとピーマンを炒めた夜ごはんレシピ。 作り方はミニトマトのヘタを取って切り、ピーマンは種を取って切ります。 オリーブオイルを熱したフライパンに入れ、ミニトマト、ピーマンを加えて炒めます。 軽く火が通ったら、塩、ホワイトペッパー、ドライパセリを加えて、しっかり混ぜたらお皿に移して夜ごはんの出来上がりです。 お弁当にも合う一品です。 ミニトマトとカルピスを混ぜた夜ごはんレシピ。 作り方はヘタを取ったミニトマトに切り込みを入れ、小鍋でお湯を沸かして、ミニトマトを加え、軽く浸けて、皮を剥きます。 ミニトマトを切り、冷凍保存の袋に入れて、カルピスの原液、牛乳を加えます。 平らにして、凍らせて、食べる前に常温に移し、手で割って器に移して完成です。 3つの材料でできる夜ごはんです。 お弁当やサラダに彩りを添えてくれるミニトマト。 鮮やかな赤い色はリコピンによるもので、強い抗酸化作用を持ち、体をサビ(酸化)から守ってくれます。 動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病のリスクの低減に役立つことも分かっています。 リコピンは、加熱調理する事で細胞が壊れ、油に溶けやすい性質を持つので、生トマトの3〜4倍も体に吸収されやすくなるんです。 オリーブオイルなどの良質な油を利用するといいですね。 ミニトマトの煮るレシピを参考に、美味しくて、見た目にも鮮やかな料理ができますよ。 ぜひ、楽しみながら継続して摂取しましょう。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 お弁当や料理に彩りを添えてくれるミニトマト。 大玉トマトよりもビタミンCや赤い色素成分であるリコピンが約2倍も豊富なんです。 ポリフェノールの一種であるリコピンは体に有害な活性酸素の働きをおさえる抗酸化作用が強く、がんや動脈硬化の予防、アンチエイジング効果も期待できます。 種の周りのゼリー部分にはうまみ成分グルタミン酸が多く、加熱することで甘みやうまみがぐっと増します。 リコピンは加熱により細胞壁が壊れて油に溶けだし、吸収率が3〜4倍もアップするんです。 揚げる調理法にミニトマトを使うことで、ほどよい酸味が脂っこさを和らげ、さっぱりとした味わいにしてくれますよ。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 料理に彩りを添えてくれるミニトマト。 その他にも血管などを作る元になるビタミンC。 エネルギーを作り出す元になるビタミンB2。 この3つの栄養を摂取することができます。 また、赤い色の元になるリコピンは美肌効果が期待できます。 生で食べられることも多いですが、加熱することにより生で食べる時と比べると吸収力が2倍、3倍と増えますよ。 ミニトマトを常温で保存する場合、購入後通気性のよいザルに移してください。 冬なら1週間、春や秋で3日から4日持ちます。 冷蔵保存の場合はヘタを取ってきれいに洗って水を拭き取ってから保存してくださいね。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 赤くてかわいらしい見た目のミニトマト。 サラダやお弁当に入れると色が鮮やかで映えますよね。 小さいですが、ミニトマトには栄養が豊富に含まれています。 なかでも多く含まれるリコピンはアンチエイジングに効果があり、老化を食いとめる強い「抗酸化作用」があります。 健康や美容のためにも、ミニトマトを食べる習慣をつけたいですね。 わき役に思われがちなミニトマトですが、春巻きや餃子の皮に包んで揚げたり、ソースに使ったりと使い方次第でレシピの幅が広がります。 揚げ物と合わせると、トマト同様にミニトマトの酸味がさっぱり感を与え、食べやすくなります。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 甘みの強いミニトマトは、「プチトマト」とも呼ばれて、一口サイズの小型のトマトのことをいいます。 黄、オレンジ、緑、紫など、完熟してもカラフルな色の種類があるミニトマトは食卓を華やかに彩り、お弁当にも重宝します。 大きなトマトと同様、ミニトマトの赤い色には「リコピン」という色素成分によるもので、リコピンは活性酸素を減らす働きがあり、がん予防や、生活習慣病予防に適しています。 さらに、トマトの果汁には脂肪を燃焼させる効果がありダイエットの強い味方になりますよ。 美と健康を保つために欠かせないミニトマトをいつもの食卓に添えてくださいね。 この記事では、「ミニトマト」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の