インスタ アカウント停止。 インスタのアカウントを一時停止する方法と再開できるまでの時間

インスタグラムの一時停止まとめ!アカウントの再開や削除の仕方も

インスタ アカウント停止

本当に突然でした。 Instagramにログインしようとすると、こんなメッセージが表示されたんです。 特にやましいことはしていないので、イラっとしました。 もちろん、 「異議申し立て」です! 「Twitterみたいに画像認証とかするのかな~」ってのんきに思っていたんですが、 Instagramのアカウント復活方法は、人としての尊厳を失わせるようなやり方でした。 せっかくなので、 Instagramのアカウントが停止された時の復活方法をまとめました。 現在はInstagramの仕様や画面表示が異なる場合がございます。 また、個別のサポートも行っておりませんのでご了承ください。 まったく身に覚えがないので、「お知らせください」をタップします。 「コードを手書きした紙を手にしたご自身の写真を添付して、このメールに返信してください」とのこと。 そしてその顔写真の条件というのが……。 まるで罪人! 顔写真の条件とアカウント再開までの時間 メールには、送付する顔写真の条件がこのように書かれていました。 まず、紙を用意して、メールに記載されているコードと名前、ユーザーネームを書きます。 私は紙の代わりに付箋を使い、名前を登録していないアカウントでしたので、このようにコードとユーザーネームだけを書きました。 こちらは見本です。 実際に停止されたのは別のアカウントです。 そして紙を持っている手と顔全体が写るように自撮りします。 このような罪人みたいな写真が撮れるんですが、精神的に結構キツイ……。 JPEG形式で顔写真を保存し、Facebookから届いたメールに返信するかたちで送付します。 すると、 顔写真を送ってから約12時間後、無事にInstagramアカウントが復活しました。 インスタグラムのアカウントが停止(凍結)されてしまった理由 停止されたInstagramアカウントは、私が匿名で運営しているブログ用のアカウントでした。 最初に一つだけ投稿して半年ほど放置していたのですが、 久々にログインすると友人にフォローされていることが発覚……。 うっかり電話番号を登録してしまっていたので、「連絡先をリンク」でフォローされてしまったのでしょう。 匿名アカウントを友人に見られるのは、心穏やかではいられません(笑) Instagramのアカウントが身バレしたくない方は、絶対に電話番号を登録しないように気をつけてくださいね! とは言え、友人をブロックするのもモヤモヤするので、こっそりとアカウントを新しくすることにしました。 1投稿しかしてませんでしたし、フォロワーも少なかったので、「一からやり直せばいいや」ぐらいの気持ちでした。 そして、 元々のInstagramアカウントを削除し、再び同じユーザー名で登録。 しかし、アカウントを作り直したことで満足してしまい、また2週間ほど放置してしまいました……。 この時点では、芸能人のアカウントをいくつかフォローしたぐらいで、投稿は一つもしていません。 2週間ぶりにログインしようとすると、この画面が出てきたのです! 当然、をするわけですが、まさかあんな罪人のような自撮りをさせられるとは思いもしませんでした……。 Instagramのアカウントが停止された理由は、おそらく 同じユーザー名でアカウントを作り直したことが主要因ではないかと思います。 アカウントを新しく作り直したり、複数のアカウントを作ったりする時は、同じようなユーザー名にならないように気をつけましょう。 ちなみに、 Instagramはアカウントを削除するのもちょっと面倒です。 番号を書いた紙を持って自撮りさせられるなど、人としての尊厳も傷つけられます。 また、この記事は毎日200人以上の方に読まれており、それだけアカウント停止が多発しているということです。

次の

【インスタグラム】アカウントを一時停止する方法 相手にどう見えるか、再開(復活)の手順も解説

インスタ アカウント停止

「アクションがブロックされています」の詳細 ブロックされています アクションがブロックされています。 後ほどもう一度実行してください。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 2018年12月4日頃より、iOS版インスタアプリで「 ブロックされています」と表示されるユーザーが増えています。 さらに、2019年7月頃にもこの症状が再発し、多くのユーザーがインスタの様々な機能を使うことができなくなっていました。 一度このポップアップが表示されると、 他人のストーリーを開いたり、何らかのアクションを起こす度に繰り返し表示されるようです。 ちなみに、 2019年7月に発生しているアクションブロックのポップアップは、英語も使われて表示されています。 上記のアクションブロックと同じ不具合なので、「Tell us」と書かれている部分はそのまま「問題報告」のボタンだと捉えて構いません。 また、英語でも表記されていることから「この不具合が世界中で起こっている可能性」があることを示していて、実際に各国で同じような不具合が発生していました。 いいねやフォローもできない?「アクション」とは ストーリーを開いて「ブロックされています」が表示される状態では、 いいねやフォローができなくなります。 また写真を投稿することはできますが、 文章やハッシュタグをつけることはできず、「ブロックされています」が表示されて先に進めなくなるようです。 この状態だとインスタの投稿を眺めることくらいしかできなくなるので、インスタの機能の大半が使えなくなったと考えて構いません。 インスタの不具合が原因か 今回の「ブロックされています」はiPhoneユーザーの間でのみ発生しているため、 iOS版インスタアプリのエラーで表示されているものと思われます。 ちなみに、2018年12月に発生したものもiOS版のみ発生していたので、似たような症状が再発していると考えることができます。 機能制限を掛けられるようなことをしていない場合も表示されるので、特に心配する必要はありません。 「機能の一時停止」や「一時的にブロックされています」の詳細 機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため、機能の使用が一時的にブロックされました。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 似たような現象としては、「 機能の一時停止」や「 一時的にブロックされています」と表示される場合もあります。 どちらも表示される内容は一緒で、解除されるまでは原因となったアクションができなくなります。 「機能の一時停止」が表示される原因 「機能の一時停止」、もしくは「ブロックされています」が表示されるのは、 一気に数百のアクションを行うことで、インスタにスパム(迷惑)アカウントとして認識されるためです。 表示されると暫くの間原因となったアクションを行えなくなり、以下のアクションが原因となります。 いいね• フォロー• いいねやフォローの解除• コメント• アカウント作成• IPの変更 しかし、 現在 多くのユーザーの間で発生している現象は、このようなアクションを繰り返していないアカウントでも表示されているため、スパム判定とは関係がないようです。 ブロックとは違う? いいねやフォローがでできなくなることから、ブロックされているのではと心配するユーザーもいるようです。 しかし「ブロックされています」の表示は、 アカウントを個別にブロックする機能とは異なります。 ブロックされた場合は相手のアカウント情報そのものを見ることができなくなります。 「アクションがブロックされています」と表示された場合の対処法 「アクションがブロックされています」と表示された場合の対処法について解説します。 このままではインスタを快適に利用することができないので、なんらかの対処を施した方がいいです。 具体的にどうすればいいのか見ていきましょう。 インスタをログアウトさせる インスタをログアウトさせるのが、現時点で一番有効です。 インスタをログアウトする際に「後で」「保存」という、下書きに関するポップアップが表示されますが 「保存」を押して再ログインしたらアクションブロックも解消されます。 ただし、このポップアップに関しては「出る場合と出ない場合」の2パターンあり、出なかった場合は普通にログアウトして再ログインしたら元に戻っていることが多いです。 また、1回目のログアウトで元に戻らなかった場合は 「何度もログアウトさせる」ことで問題が解決したケースもありました。 ブラウザ版インスタを使ってみる アクションがブロックされる不具合はiPhone版のインスタで主に発生しているので、 「ブラウザ版のインスタ」を使ってみてはいかがでしょうか。 ブラウザ版では不具合なく快適にインスタを使うことができるかもしれません。 もしブラウザ版でもアクションブロックのような機能制限に関するポップアップが出ていた場合、本当に機能制限にかかっている可能性があります。 24時間待つ 機能制限は通常 24時間経つと解除される場合は多いですが、 今回は不具合で表示されているため、修正されるまでさらに時間がかかる可能性があります。 インスタにより対策されることを待ちましょう。 万が一機能制限だった場合は24時間経過すれば元に戻っているはずなので、まずは24時間経過するのを待ってみて、直らなかった場合は他の対処法を試しましょう。 「問題を報告」を選択する ポップアップの 「問題を報告」をタップしてインスタに報告すると、解除が早まる場合があります。 インスタ側もアクションブロックが出ている不具合に関して認知している可能性が高いので、個別対処が遅れるようなことがなければ、対処してくれる可能性は高いです。 報告はボタンをタップすると即完了します。 インスタの公式お知らせをチェックする 今回の不具合は世界中で発生しているので、 インスタが直接不具合に関する告知をしてくれる可能性が高いです。 「復旧しています」という情報だけの場合もありますし、なんらかの対処法を記載してくれている場合もあります。 世界規模で発生している場合は、英語版のインスタTwitterから翻訳してチェックしてください(アカウントはです)。 インスタを再起動する インスタアプリを タスクキルして再起動してみましょう。 万が一自分のスマホ端末が原因でインスタに不具合が起こっている場合に有効です。 スマホを再起動する アプリの再起動で解決しない場合は、 スマホを再起動してみましょう。 スマホを再起動させることによって、スマホ本体になんらかの不具合が起こっている場合に対処することができるかもしれません。 例えば、スマホ全体が重たくなったせいでアクションブロック等の不具合が起こっていた場合に有効です。 インスタのバージョンをアップデートする インスタのバージョンをアップデートさせるようにしてください。 インスタを最新バージョンにすることで、インスタ機能を全て標準通り使うことができます。 例えば「古いバージョンだから不具合が出ている」場合に対処することができるでしょう。 最新版のアプリをインストールする App StoreやGooglePlayで 最新版のインスタアプリが配信されている場合はインストールしましょう。 インスタは「最新版での利用」を推奨しているので、アプリを更新させることで古いバージョンでしかでない不具合が解消される場合があります。 パスワードの変更 インスタで利用しているパスワードを変更すると、アクションのブロックが無くなるといった可能性があります。 自分のプロフィール画面右上から、メニューを開き、「設定」をタップします。 「セキュリティ」をタップし、「パスワード」を選択します。 ここで現在利用しているパスワードと、新しいパスワードを2回入力すればパスワードの変更完了です。 一見関係ないように思えますが、インスタでアクションブロックされる場合、不正ログインを検知されている可能性があります。 その場合に有効な手段となるので、一度試してみましょう。 インスタに問い合わせる方法 上記の方法で問題が解決しない場合は、 インスタに問い合わせることもできます。 問い合わせを行うには、インスタアプリのプロフィール画面右上のメニューを開き、「設定」をタップしましょう。 エラーの内容を入力し、右上のチェックマークをタップしましょう。 今回の場合は「アクションブロックが解除されない」ことを記載して、具体的にいつ頃からこの不具合に直面しているか提出するといいでしょう。

次の

インスタグラムのアカウント削除(退会)方法・一時停止のやり方

インスタ アカウント停止

Contents• Instagram(インスタ)のアカウント完全削除方法 まずは インスタのアカウント完全削除(退会)する方法から解説します。 Instagramはアプリからアカウントを削除することが出来ません。 アカウントを削除するために、まずはパソコンなどのウェブブラウザから してください。 アカウントを完全に削除する はこちらです。 アカウントを削除すると 再び同じユーザーネームでInstagramに登録したり、別の既存のアカウントに追加したりできません。 また、Instagram側からも、アカウントを再度有効にすることはできません。 つまり、 完全に削除するとデータは復活できませんし、同じアカウントを使用することも出来なくなります。 ご注意下さい。 アカウントを完全に削除するには、まず 「アカウントを削除する理由」を選択します。 すると、パスワード入力欄と 「アカウントを完全に削除」ボタンが出てきます。 間違いがないことを確認したうえで入力しボタンを押しましょう。 以上で Instagramのアカウントを完全に削除する事ができます。 Instagramのアカウント完全削除は取り返しがつかない 非常に重たい処理です。 同じアカウント名を使うことができなくなるので、気まぐれでアカウントを削除するのはおすすめしません。 とりあえず使うのをやめたいということであれば インスタの一時停止がおすすめです。 アカウントを一時停止するとどうなる? Instagramのアカウントを一時停止するとアカウントは表示されなくなります。 つまり フォロワーから見えなくなります。 インスタを一時停止から再開するまで、アカウントを削除しているのと同じような状態になります。 Instagramのアカウントを一時停止する方法 それでは インスタのアカウントを一時停止する方法を解説します。 Instagramではアカウントの完全削除以外に 「アカウントの利用を一時的に停止」する機能が用意されています。 それはから行えます。 (ログインが必要) アカウントを一時停止するには アカウントを停止する理由を選ぶ必要があります。 アカウントを停止する理由を選ぶと パスワードの入力フォームとアカウントを一時停止するボタンが表示されます。 パスワードを入れ、一時停止しましょう。 一時停止したアカウントはもう一度ログインして利用を再開するまで、 アカウントは表示されなくなります。 こちらは「アカウントの削除」と違って簡単にアカウントを復活できますので 単にInstagramの利用を停止したいのなら「アカウントの一時停止」がおすすめです! 一時停止したインスタを再開するには? 一時的に停止したインスタを再開する方法は 再び「Instagramにログイン」するだけです。 ログインするのはアプリでもWebでも構いません。 アカウントを停止できるのは 1週間に1回までです。 なので、頻繁に一時停止と再開を繰り返したりすることはできません。 また 一時停止の直後数時間はすぐに再開することもできません。 一時停止や再開ができない時は時間を空けてみましょう。

次の