小松菜 冷凍 方法。 小松菜(こまつな)の旬 栄養 保存方法

小松菜の保存法 総まとめ|常温・冷蔵・冷凍の長持ちのコツ、カルシウム倍増のおいしすぎる保存食も!

小松菜 冷凍 方法

筋っぽい小松菜に当たってしまって「なんかこれ固い・・・」という経験はありますか?その筋は悪いものではなく、食物繊維です。 できればおいしく体に取り入れたいものですよね。 この記事では筋っぽい小松菜の上手な調理方法について書いています。 社会人1年生で一人暮らしを始めたころ、スーパーの安売りで買った小松菜。 その日のうちに半分は茹でてお浸しで食べ、残りは買った時のビニル袋に入れたまま冷蔵庫へ。 ところが、3日ほどそのままにしておいたら、なんだかしんなりしていて美味しそうではなくなっていました。 昨日冷凍しておいた小松菜を、解凍して食べてみた。. 冷凍生活アドバイザー西川剛史の「西川式ホームフリージング」! 食材別の冷凍方法、活用メニューをご案内いたします。 本日のテーマは「冷凍小松菜」! 小松菜はクセのない野菜で、お浸しや、サラダ、スムージーの食材としても人気の野菜です。 この記事では、新鮮で美味しい小松菜を見つけるための3つのポイントと、冷蔵庫・冷凍庫での保存方法について紹介しています。 小松菜は、カルシウムやカロテンなどを豊富に含みますが、鮮度が落ちやすいので注意が必要です。 おひたしやスムージー、お弁当の彩りなど。 常備しておくと何かと便利な野菜「小松菜」の冷凍保存方法をご紹介。 正しい解凍方法から保存期間、冷凍した小松菜を活用したレシピまで料理研究家・武蔵裕子さんに教えてもらいました!【冷凍保存の基本シリーズ】 家庭菜園で人気の「小松菜」。 栽培して収穫したけど、固くて食べられない なんてこともありますよね。 実は、小松菜を柔らかく収穫するためには、 栽培の際に、いくつかのコツがあるのです。 ここでは、なぜ固い小松菜が出来てしまうの か、その原因と対策についてご紹介していき ます。 あくの成分、シュウ酸が含まれますが少ないので、生で食べられる小松菜は生でも、ゆでてからでも冷凍できます。 小松菜を食べると、ときどき苦味や渋みのような味を感じる事はありませんか? 小松菜はアクの少ない野菜だから苦味なんて無いと言われていますが、実際にネットで検索してみると結構たくさんの人が小松菜を食べた時に苦味を感じているのがわかります。 まず最初に小松菜の下ごしらえのやり方について紹介します。 といっても小松菜はほうれん草みたいにシュウ酸が多くないので、 基本的には下茹では必要ありません。 なので、 下ごしらえとしては水で洗って、切るだけで完了 です。 自然解凍した方が良さそうだったので、20 〜 30 分ほど外に出して放置。 完全に解凍できたところで、フリーザーバッグを開けて水気を切って皿に … 小松菜の保存は「生のまま冷凍」が賢い!成分を逃がさず長持ちさせる. ほうれん草と比べるとクセやアクが少なく、使い勝手のよい小松菜の保存方法ってご存じですか?日持ちしないのが難点ですが、保存方法さえ知っておけば便利! スーパーで買った小松菜を調理すると、硬くて食べにくいことがありますよね。 では、小松菜が硬いのは、選び方や保存方法が間違っているのでしょうか?また、硬い小松菜を、柔らかく、美味しくいただくにはどうしたら良いのでしょうか。 ここでは、小松菜が硬い 餅菜 正月菜 は小松菜とよく似ていますが、根元の様子や葉の色などよく見ると違いが分かりますね。 餅菜 正月菜 の良いところは、生でも食べられるほど葉が柔らかいため、サラダにしても美味しくいただ … 小松菜の使い方!基本的な下ごしらえ方法. 小松菜を冷凍保存する場合、2通りの方法があります。 一つ目は生のまま冷凍する方法で、二つ目はさっとゆでてから冷凍する方法です。 小松菜をさっと茹でた後に流水で冷やすと、葉っぱの細胞が柔らかくなり、冷凍したときに壊れにくくなります。 2020年5月12日に日本テレビ系列・情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」で放映された、小松菜のおひたしの作り方についてご紹介します。 冷凍王子こと西川剛史(にしかわたかし)さんに教えていただいた、冷凍小松菜をだしで解凍して作るレシピです。 冷 小松菜を「生のまま」冷凍保存する方法と上手な解凍の仕方をプロが解説。 凍ったまま美味しく使える簡単レシピも紹介。 そのまま味噌汁に入れたり、水気を絞ってナムルに使ったりと用途はいろいろ。 手軽で簡単なアイデアは必見です。 小松菜は冷凍保存ができる!解凍方法は? 小松菜をもっと長持ちさせたい場合、またはすぐに食べられない場合は冷凍ができるので、冷凍保存がおすすめです。.

次の

【小松菜の保存】生のまま冷凍が正解!3週間保存できるテクニック

小松菜 冷凍 方法

スポンサーリンク 小松菜が硬い原因は?選び方 スーパーで購入した小松菜を茹でると硬くて、 子供がいつまでもくちゃくちゃと噛んでいる ことがあります。 このように小松菜が硬いのは、「育ちすぎ」 が原因であることがほとんどです。 スーパーで売られている小松菜を見てみると、 葉や茎が大きめのものがありますよね。 大きい方がお得な気がして、ついつい選んで しまいがちです。 ですが、大きい小松菜は育ちすぎなので、硬 くて食べにくい可能性があります。 そのため、小松菜を選ぶ時は、葉や茎が極端 に大きすぎないものを選ぶようにしましょう。 小さすぎても、成長不足で美味しくないので、 中くらいのサイズのものが良いでしょう。 茎の長さが長すぎないもの、葉脈が発達しす ぎていないものを選ぶことがポイントです。 また、あざやかな緑色の葉のものを選ぶよう にしましょう。 葉が内側に丸まっているものも美味しいです よ。 さて、小松菜は、思っているよりも傷みやす いので、常温保存は避けてください。 冷蔵庫に入れる場合は、カットしないまま、 キッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れ て保存してください。 小松菜は、乾燥するとしおれてしまうので、 このように保護する必要があります。 このような形で冷蔵保存すると、3~4日く らい日持ちします。 一方、1ヶ月くらい日持ちさせたい場合は、 小松菜を冷凍保存するのがオススメです。 特に、カットしてしまった小松菜は、冷蔵 保存ではなく、冷凍保存が良いでしょう。 スポンサーリンク 保存用ビニール袋やタッパーなどの密封性 の高いものに入れた状態で、冷凍保存して ください。 ちなみに、1度茹でてしまった小松菜も、 このような形なら冷凍保存できますよ。 小松菜を柔らかく茹でるには?食べ方アイデア では、硬い小松菜を柔らかく茹でる方法があ るのでしょうか? 小松菜を柔らかく茹でるには、じっくり長め に茹でることがポイントになります。 小松菜を茹でる場合、まずは葉よりも硬い茎 からお湯に入れ、茎だけを30秒くらい茹で ます。 その後で葉をお湯の中に入れ、15秒以上茹 でると、均一に柔らかく仕上がりますよ。 小松菜は思ったよりも早く茹で上がるので、 茹で時間を10秒以下にする人もいるようで す。 でも、茹で時間が短いと、仕上がりが硬くな ってしまうので、少し長めに茹でてください。 さて、小松菜の硬い茎の部分は、「美味しく ない」という人が多いようです。 この茎を美味しく食べるには、無理に柔らか く茹でようとしなくてもOKです。 むしろ、そのシャキシャキした食感を生かし た料理を作った方が、美味しくいただけます。 1番オススメしたいのは、「お浸しやナムル として食べる」というアイデアです。 お浸しの場合は麺つゆで味付けし、ナムルの 場合は醤油とごま油で味付けします。 この時、できるだけ食べやすいように、茎を なるべく小さめにカットするといいですよ。 お浸しやナムルにすると、硬さも気になりま せんし、ご飯が進む美味しいおかずになりま すよ。 さいごに 育ちすぎてしまった小松菜は、どうしても硬 くなりがちなのが難点です。 茎が長すぎたり、葉脈が発達している小松菜 は硬いので、選ぶ時の目安にしてください。 小松菜は傷みやすいので、常温ではなく、冷 蔵保存・冷凍保存がオススメです。 また、小松菜を茹でる場合は、長めに茹でる ようにすると、柔らかく仕上がりますよ。 そして、硬い茎は、小さめにカットして、お 浸しやナムルにするととてもおいしいです。

次の

小松菜 冷凍 固い

小松菜 冷凍 方法

バランスのよい食生活に欠かせない野菜、どのように保存していますか?ラップをして冷蔵庫に入れたり、乾燥させたりとさまざまな保存方法がありますが、冷凍される方も多いはず。 食材の保存方法としてすっかり当たり前になった冷凍保存ですが、解凍してみると、味や食感が変わってしまった経験は、ありませんか? しかし、コツさえ覚えれば、上手に冷凍保存できる野菜もあるのです。 今回も、ニチレイフーズに入社して14年。 冷凍チャーハンや春巻きなどの商品開発に関わる庄司有希さんから、今日から使える冷凍保存のコツを伺いました。 「凍らせた野菜はそのまま調理した方が美味しい」「冷凍した野菜は1週間を目安に使い切る」など、庄司さんから、すぐに使える冷凍テクニックを教えてもらうことができました。 野菜を美味しく冷凍するなら、すばやく凍らせるのがコツ 野菜を冷凍保存すると、解凍した時に中身がスカスカになったり、水っぽくなったりするなど、野菜の食感が大きく変わってしまった経験はありませんか? その原因は家庭の冷凍庫にあります。 冷凍食品工場にあるような業務用の冷凍庫が、マイナス30~40度という低い温度で一気に「急速凍結」するのに比べて、家庭用の冷凍庫は庫内の温度が高く、「緩慢凍結」と言われるように食材をゆっくり冷やします。 そもそも「冷凍」は食品中の水分が冷やされて、食材が凍る現象ですが、その過程で発生する氷結晶が食品の組織や細胞を壊してしまいます。 また、氷が溶けた時にできる空洞が原因で、スカスカしたり、ぐしゃっとした食感に変わってしまうのです。 急速凍結は、この氷結晶が大きくなる前に凍結させることができるため、味や食感の変化を抑えられます。 それを応用して、家庭で上手に野菜を冷凍するためには、できるだけすばやく凍らせる工夫が必要です。 例えば、以下のようなことに気を付けてください。 ない場合は、ラップの上からアルミホイルで包んで冷凍する これらのコツを覚えておけば、家庭用の冷凍庫でも、上手に野菜を冷凍できるでしょう。 水分と繊維の多い野菜は冷凍に向いていない? 先ほどご紹介した「急速凍結」と「緩慢凍結」のことを考えると、水分や繊維質の多い野菜は、あまり冷凍に向いていない野菜です。 水分が多い野菜は、凍結させた時に、食材の味や食感を変える氷結晶が大きくなってしまいます。 一方、繊維質の多い野菜は、解凍した時に繊維の周りの組織が空洞化し、筋っぽい感じが強くなってしまうのです。 具体的には、水分の多いレタスやトマト、人参や大根、ゴボウなどの根菜類は冷凍に適さない野菜です。 逆に冷凍に適した野菜は、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜、ブロッコリーなどです。 これらの野菜はなるべく新鮮なうちに下茹でし、小分けにして冷凍しておくと、色や食感を保ったまま保存できます。 綺麗にみずみずしく冷凍するコツと、冷凍の小ワザ 話は変わりますが、冷凍後の野菜が色あせてしまったことって、ありますよね?野菜はできるだけ、みずみずしく綺麗な色のまま食卓に並べたいものです。 野菜の色あせを防いで冷凍するにはどのようにすれば良いのでしょうか? 野菜は冷凍前に下茹ですると酵素の働きを止めることができるので、変色を防いで冷凍することが可能です。 当社で販売している冷凍のいんげんやオクラなども「ブランチング」と言って、下ゆでをすることにより、酵素の働きを抑制して製品にしています。 また、解凍した後のことを考えて下処理しておくのもポイントです。 例えば玉ねぎは、みじん切りにしたら、ラップに包んで小分けにしたり、冷凍用保存袋に平たくして入れておくと使いやすいと思います。 冷凍した野菜は離乳食にも活用できることもしっていましたか?私の場合、子どもが小さい時には、ミニトマトをそのまま冷凍していました。 解凍時には皮が水でするっと剥けるんですよ。 そのまま食べるには、少し水気が多いですが、つぶして煮たりして活用するには便利なんです。 また、茹でて裏ごししたさつまいもを冷凍しておき、解凍後にミルクと混ぜて加熱して子どもに与えていました。 この他にもいくつかの小ワザをご紹介します。 これを覚えておくと、効率よく調理ができると思います。 いずれも便利なテクニックなので、ぜひ活用してみてください。 野菜別、おすすめの冷凍方法 ここからは代表的な野菜を例に、それぞれおすすめの冷凍方法をお伝えします。 煮込み料理など加熱調理前提であれば、湯剥きして、サイコロ状にカットして、冷凍しておいてもいいでしょう。 冷凍に向いているのは、加熱して皮をむいた後にすり潰した状態です。 また、焼き芋にして、一度水分が抜けた状態にしておくと冷凍に適した状態になります。 *<もやし> 冷凍方法をでご紹介しています。 *<ゴーヤ> 冷凍方法をでご紹介しています。 *<かぼちゃ> 冷凍方法をでご紹介しています。 上記以外の野菜についても、 で冷凍方法とコツをご紹介しています。 解凍時に気を付けるべきポイント 冷凍した野菜は使う時に解凍する必要がありますが、その時、どのように解凍すればいいかご存知ですか? 実は、電子レンジや流水で解凍する以外に、「凍ったまま使う」という方法がおすすめです。 素材に余計なダメージを与えずに調理が出来て、美味しく仕上がるからです。 そのまま鍋に入れて煮込んだり、フライパンで炒めたりして使ってみましょう。 また解凍方法だけでなく、覚えておきたいのが保存期間です。 ご家庭で冷凍した食品は、1週間を目安にできるだけ早く使い切るのがベストです。 その理由は、まな板や包丁などの調理器具の衛生状態と冷凍庫の開け閉めにあります。 特に冷凍庫の扉を開け閉めすると、庫内の温度が上がることよって、冷凍した食品に霜がついたり食品自体の温度が上がったりして劣化しやすくなります。 冷凍野菜の品質を保つためにも、扉は長く開けず、庫内の温度が上がらないようにしましょう。 特に気温の高い夏は、野菜の傷みも早くなりがちです。 ご紹介した冷凍テクニックを使って、無駄なく賢く野菜を使い切ってみましょう。

次の