明石 市 コロナ 感染 者 情報。 神戸新聞NEXT|連載・特集|新型コロナウイルス| 生活情報 明石 |高齢者らに金券や児童手当の増額 明石市が緊急対策を発表

神戸新聞NEXT|連載・特集|新型コロナウイルス| 生活情報 明石 |高齢者らに金券や児童手当の増額 明石市が緊急対策を発表

明石 市 コロナ 感染 者 情報

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、26日には明石市消防署二見分署(兵庫県明石市)の救急隊員に感染者が確認された。 陽性判明前の患者を救急搬送する際、救急車内で濃厚接触し、感染したとみられる。 医師などの医療関係者と同じく、感染リスクにさらされる救急隊員の対策はどうなっているのか。 (小西隆久) 市によると、感染した40代の男性隊員は20日午前9時半すぎ、「頭痛と気分不良」を119番で訴える70代女性を自宅から市内の帰国者・接触者外来に救急搬送した。 救急車には別の隊員2人が同乗した。 市消防局は、通報段階から新型コロナの感染が疑われる場合、ガウン上下やゴーグル、高機能の医療用マスクや使い捨て手袋を二重にする完全防備での対応を定める。 今回は通報時に発熱などの症状がなく、通常のガウンやサージカルマスクなどの着用にとどめた。 車内感染を防ぐため、窓を開けたり、換気扇を回したりする対応も取れるが、今回は外気温と患者の状態などを現場判断で考慮。 窓を開けずに約30分以上、酸素吸入などを続けていたといい、多くの飛まつと接触する状態だったという。 「通報内容だけでなく、現場での問診なども含め、感染は常に想定している。 今回のようにこれまでにあまりない症状だけでは、(感染の)疑いを把握し切れなかった」と、長谷川健消防署長。 すべての出動に完全防護で臨むのは「現実的ではない」とも述べた。 男性隊員ら3人は、女性の感染が判明するまで計4件4人の患者を搬送。 あかし保健所によるその後の調査で、各患者は隊員の濃厚接触者には該当しないとされた。 3人とも22日午後から自宅待機しており、二見分署に勤務する消防隊員ら17人にも濃厚接触者はいなかった。 同署は22、25日と2回にわたって庁内を消毒。 現在は通常体制に戻っている。 今回のケースをめぐり、他の消防署からも不安視する声が多く寄せられているといい、長谷川消防署長は「今まで以上に危機管理意識を高め、あらゆることから疑いの可能性を察知してもらうしかない」と話す。

次の

神戸新聞NEXT|明石|明石の救急隊員、なぜ感染 通報時に感染の見極め難しく

明石 市 コロナ 感染 者 情報

毎日のようにニュースで取り上げられている新型コロナウイルス。 感染の波は収まるどころか、ますます拡大の傾向にあります。 以前の記事でもお伝えしましたが、明石市ホームページには『新型コロナウイルス感染症の対応について』という注意喚起文が掲載されています。 こちらは厚生労働省が発信している感染症対策についてです。 手洗いや咳エチケットについての注意喚起がされています。 まずは、正しい手洗いの方法。 指先や爪の間、そして指の間もしっかりと洗います。 そして忘れがちなのが手首!手首はシワのある部分なので、その間にもウイルスが付着している可能性があります。 忘れずしっかり洗いましょう。 次は咳エチケットです。 近年『咳エチケット』という言葉をよく耳にするようになりましたが、この『咳エチケット』とは自分の咳による飛沫の拡散を防ぐためなんです。 つまり、マスクの着用は自分のためだけではなく、他人への感染を防ぐためでもあるんですね。 ほかの店舗のマスク売り場も、やはり同じようにこの棚だけ空っぽの状態です。 ドラッグストアなどでも、まだまだ品薄状態が続いています。 まだまだ不安が続きますが、手洗いうがいなどを徹底し、感染予防に努めましょう。

次の

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況等/札幌市

明石 市 コロナ 感染 者 情報

会見内容まとめ 発表内容、行動歴、感染経路 2020年4月1日、 兵庫県明石市で 新型コロナウイルスへの感染者が確認されました。 兵庫県明石市は下記の場所になります。 第一報は下記の通りです。 兵庫県明石市に住む60代の外国人男性が、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。 明石市によると、外国人男性は、約3ヵ月のヨーロッパ滞在から3月26日に日本へ戻り、翌日に発熱。 その後も咳や下痢などの症状が出ました。 症状がおさまらず、31日に明石市内の帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査で4月1日に陽性反応が出たということです。 明石市は、男性が滞在していた国や国籍について、本人の意向を理由に明らかにしていません。 男性が関西空港に到着した際は、家族が自家用車で出迎え、車の窓を開けながら移動したということです。 今回は、外国人ということですが、本人の希望で国籍や滞在国については不明とのことです。 ヨーロッパ滞在から3月26日に日本へ帰国とのことですが、 空港の検疫は通ってしまったようです。 このような検疫の状況では検疫する意味がないのではないでしょうか。 せめて自宅での隔離は必要だと思うのですが、今回は帰国後どうしていたのか現在調査中のようです。 これで外出機会が多かったら批判は多くなると考えられますね。 追加の情報が入りましたら追記させていただきます。 症状・行動歴・感染経路 感染者の症状、行動歴・感染経路について、現時点で判明している内容は下記の通りです。 ~3月26日 欧州滞在 3月26日 日本帰国。 自家用車で移動 3月27日 37度の発熱。 3月28日 38度台の発熱、咳、鼻汁、咽頭痛、頭痛あり。 3月30日 下痢あり 3月31日 咳、頭痛、倦怠感あり。 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月1日 PCR検査陽性確定 追加の情報が入りましたら追記させていただきます。

次の