レグザ アプリ。 ‎「スマホdeレグザ」をApp Storeで

‎「RZハイブリッドリモ」をApp Storeで

レグザ アプリ

東芝は、同社製ブルーレイ・レコーダーに録画したテレビ番組をスマートフォンで視聴することなどができる無料アプリ「スマホdeレグザ」の提供を開始した。 同社製レコーダー「レグザブルーレイ」「レグザタイムシフトマシン」の対象モデルと組み合わせることで、スマホから操作や視聴などができるアプリ。 これまで、同様のことを行うにはデジオン社のアプリ「DiXiM Play」を購入する必要があったが、今後は今回のアプリでこれらの機能を無料で使えるようになる。 アプリでは、従来から「スマホdeレグザ機能」と呼んで提供しているすべての機能を無料で利用可能。 レコーダーからスマホへの番組持ち出しおよび視聴、レコーダーを設置している部屋以外での番組視聴、宅外からのリモート録画予約、スマホをリモコンとして利用するなどといった各種機能を利用できる。 レコーダーからスマホにダウンロードした番組は最短ツータッチで再生可能。 早見早聞き(1. 5倍速)での「時短再生」や、テレビで見ていた続きをスマホで見るなどといったことも行える。 レコーダー側をスマホ優先モードに設定していれば、録画番組および全録機能を利用した録画番組も、保存や変換不要で持ち出しダウンロードが可能。 11acのルーター環境があれば1時間番組が約1分30秒ほどで高速ダウンロードできるという。 そのほか番組の録画予約では、番組表だけではなく人気ランキングや人名・キーワード検索結果から予約することもできる。 アプリはiOS版がiOS 11. 4以上、Android版がAndroid 5. 0 Lollipop 以上の端末に対応。 本アプリでの各種操作に対応する同社製レコーダー対象機種は下記の通り。 DBR-M4008 DBR-M3009 DBR-M2008 DBR-T3008 DBR-T2008 DBR-T1008 DBR-W2009 DBR-W1009 DBR-W509 DBR-W2008 DBR-W1008 DBR-W508.

次の

スマホで使えるテレビリモコンアプリまとめ 見つからない時に便利!

レグザ アプリ

このスキルのコンテンツは、ほとんどのユーザーに適しています。 このスキルには、• アカウントのリンク• ユーザー作成コンテンツ• 個人情報の収集• 位置情報の検出、位置情報を基にしたサービス• 裸体、または医療、報道、芸術の範囲での裸体の描写• 特定の文化または宗教に対する頻度の低い、または軽い差別的表現• 写実、マンガ、ファンタジーでの頻度の低い、または軽い暴力シーン• アルコール、タバコ、ドラッグに関する頻度の低い、または軽い言及• 頻度の低い、または軽い性的描写、挑発的テーマ• 卑語や品性に欠けるユーモアの頻度の低い、または軽い使用• 音楽およびビデオスキルには、まれにかなり汚い言葉や性的またはそれを連想させるようなテーマが含まれることがあります 説明 レグザスキルを使うと、対象の4Kテレビ<レグザ(REGZA)>を、リモコンを使わずに、音声でチャンネル切り換え、音量調整などの操作ができるようになります。 使用を開始するには、「有効にする」を選択してから、お手持ちのレグザとのリンク操作が必要です。 設定方法は下記をご覧ください。 【操作例】 デバイスの名前として「テレビ」を使用します。 この名前は、Alexaアプリから変更することができます。 【設定手順】 1. レグザスキルの「有効にする」をタップし、連携コードの入力画面を表示する 2. レグザの電源を入れ、リモコンの「みるコレ」ボタン(または「クラウドメニュー」ボタン)を押す ・クラウドサービスを初めて利用する場合、最初にクラウドサービスの設定が始まります。 ネットワークサービス利用設定とTimeOn利用規約への同意を含め、画面に従って完了させてください。 レグザに表示されたスマートスピーカー用連携コード(8桁)を、1. で表示された連携コード入力画面に入力して、「登録」をタップする 5. timeon. このスキルのコンテンツは、ほとんどのユーザーに適しています。 このスキルには、• アカウントのリンク• ユーザー作成コンテンツ• 個人情報の収集• 位置情報の検出、位置情報を基にしたサービス• 裸体、または医療、報道、芸術の範囲での裸体の描写• 特定の文化または宗教に対する頻度の低い、または軽い差別的表現• 写実、マンガ、ファンタジーでの頻度の低い、または軽い暴力シーン• アルコール、タバコ、ドラッグに関する頻度の低い、または軽い言及• 頻度の低い、または軽い性的描写、挑発的テーマ• 卑語や品性に欠けるユーモアの頻度の低い、または軽い使用• 音楽およびビデオスキルには、まれにかなり汚い言葉や性的またはそれを連想させるようなテーマが含まれることがあります このスキルの内容 最初のアナウンスではM500Xは対象外になっていてとても落胆していたのですが最近になって追加されていることを知り入れてみました。 結果とても満足しています。 このスキルを通した場合には、テレビを消す(点いてないときはそのまま)が出来るので利用シーンが広がります。 M500Xではこのスキルでテレビを点けることが出来ないのが若干不満ですがそこだけ赤外線端末を経由することで一応解消出来ます。 当初は予定してなかった機能でしょうしそこは仕方ないかと。 スキルを入れた当初、テレビがAlexaから行方不明になりましたがIPアドレスを固定にすることで解決したので偶に使えなくなるという方は試してみては? このレグザスキルは、アレクサからネットワーク Ethernet or WiFi 経由でテレビ レグザ の操作 電源オンオフ|チャンネル切り替え|音量上げ下げ|etc… ができるスキルです。 一方、アレクサからテレビの操作を行うには、Nature Remoなどのいわゆるスマートリモコンを使う方法もあります。 スマートリモコンの場合は、アレクサとネットワーク接続したスマートリモコンから赤外線リモコンを疑似した赤外線信号をテレビに向けて送出してテレビの操作を行います。 スマートリモコンからできるテレビの操作は、基本的に通常のテレビリモコンで出来る操作に限られます。 例えば以下ができません。 1 テレビの入力切り替えが現在何であっても HDMI1 2 3 4 etc… 、一発でHDMI2に切り替える事 2 テレビが点いている状態でも消えている状態でも「アレクサ、テレビを消して」でテレビを消す事 テレビリモコンの「電源ボタン」の信号を使うと、テレビが消えている状態で「アレクサ、テレビを消して」でテレビが点いてしまう 3 2 の逆で、テレビを点ける事 4 テレビの音量が現在いくつであっても、一発で音量を20に設定する事 このレグザスキルを使うと、基本的には上記 1 〜 4 いずれも可能です。 ただし、レグザの機種が古めのやつだと一部しかできません。 実際、うちで使っているテレビ レグザZ700X, 2016年発売 だと 1 可 2 可 3 不可 4 不可 でした。 3 不可 については、ここのレビューでもたくさんの方が話題にしていますが、とても不便です。 東芝が機種と対応操作の一覧表を公開してくれたらいいんですけど。 また、うちのレグザZ700Xではテレビを点けてから30秒くらいの間、このレグザスキルからの操作を受け付けてくれません。 「テレビから応答がありません。 ネットワークの接続と、電源を確認してください。 」という長いエラーメッセージをアレクサが喋るので、うるさいです。 これが致命的で、うちではメインでスマートリモコンを使い、このレグザスキルは 2 用途オンリーで使用しています。 でもこれだけでも、「アレクサ、おやすみ」でテレビと照明を全て消す事ができるようになったので重宝しています。 アレクサ上のデバイス名は、レグザスキル経由の名前は「東芝」、スマートリモコン経由の名前は「テレビ」にしています。 普段は「アレクサ、テレビのチャンネルを1」などとやっていますが、レグザスキルでしか対応していない 2 の操作をしたいときは、「アレクサ、東芝の入力をHDMI2にして」などとやっています。

次の

レグザAppsコネクト(Regza Apps Connect)とは|Lanhome

レグザ アプリ

Adobe Airを採用し、WindowsとMacintoshの双方に対応する。 さらに、スマートフォン用の新アプリとして、現在放送中の番組以外の裏番組をスマートフォンに一覧表示するアプリ「RZ現在番組」と、REGZAブルーレイに録画した番組をスマートフォンで操作し、REGZAで再生可能にする「RZ見るナビ」、ユニークなイラストなどによるリモコン画面で操作が行なえるリモコンアプリ「RZアートリモコン」なども順次提供するという。 いずれも無償。 1以降 RZ見るナビ REGZAブルーレイに録画した番組を スマートフォンで操作し、REGZAで再生可 スマートフォン Android 2. 1以降 RZアートリモコン イラストによるリモコン画面で機器操作 スマートフォン Android 2. ユーザーが番組の任意のシーンに「タグ」を付与したり、編集する機能を装備する。 「タグリスト作成」と呼ばれる機能で、録画した番組に対して、時間情報 タイムコード やタイムコードに紐づいたコメントをアプリから付与できる。 さらに「タグリストシェア」機能で、タグ情報をサーバーにアップロードすることで、対応のREGZAやRDシリーズのユーザー間でタグ情報を共有できる。 番組単位ごとに、タグは管理され、タグをアプリから選択することで、そのシーンの頭出しが可能になる。 パソコンの広い画面を使うことで、「タグリスト一覧」から「リタグ」 タグについてのコメント 画面までを一覧表示して、一つの画面で直感的に操作できる。 PC版の特徴は、本体側 REGZAブルーレイ の情報を直接書替えることができること。 例えば、本体側の録画番組のチャプター名を書き換え、タグリスト作成時に一括チャプター取込することで、チャプターの時間と名称と一致したタグを自動で生成できる。 また、チャプター名とタグ名の相互コピーにも対応するなど、スマートフォン版ではできなかった機能を盛り込みチャプターとタグの連携性を高めている。 また、ネットdeリモコンのキーボードショットカット設定も可能。 パソコンのショットカットキーを使って、REGZAブルーレイのリモコン操作が可能となる。 テレビの番組表を立ち上げることなく、裏番組などを確認可能で、スマートフォンからチャンネル変更や、放送波切り替えが可能となる。 スマートフォンからの操作には無線LANを利用。 タグリストの番組情報共有も 【2010年10月4日】最新REGZAも新旧RDもクラウド連携で生まれ変わる? 東芝が仕掛ける家電クラウド「レグザAppsコネクト」の狙い 【2010年10月4日】東芝、RDやREGZAをiPadで操作する「レグザAppsコネクト」 -新クラウドサービスを展開。 タグリストの番組情報共有も.

次の