ヤマト 運輸 置き 配。 クロネコヤマトの置き配を見ると1枚の紙が挟まっていて…?(2020年5月13日)|BIGLOBEニュース

「置き配」を実施しているEC・配送会社まとめ!その仕組みとは?

ヤマト 運輸 置き 配

配達は外部のパートナー企業や個人事業主などの「EAZY CREW」と連携して行う。 置き配の場合は荷物を置いた場所の写真を撮影し、受取人が確認できるようにする。 新型コロナウイルス感染症が広がる中、配達員と消費者が対面せずに荷物を受け取る配達スタイルに需要が集まっている一方、置き配には「受け取り場所を直前に変更できない」「いつ配達されたか分からない」といった課題があるという。 10月には、ECサイトでの商品購入時に受け取り方法を指定できるようにする他、ヤマト運輸の宅急便取扱店での受け渡しにも対応する予定。 今後は個人情報を記載しない伝票や、「何軒後に荷物が配達されるか分かる」というリアルタイムな追跡システム、顔認証などを用いた配達方法などの開発も行うという。 関連記事• 置き配バッグ「OKIPPA」を手掛けるベンチャーのYper、OKIPPAの実証実験で宅配の再配達を約7割削減できたと発表した。 アマゾンジャパンが、東京都や大阪府など30都道府県で、Amazon. jpで取り扱う商品の配達方法を標準で「置き配」にした。 物流業界でドライバーが不足するなか、再配達の削減策として「置き配」への取り組みが進んでいる。 荷物の乱暴な扱いやセキュリティーなどの問題もあるが、各社はロボットやドローンを使うなど、新技術の開発を急いでいる。 「ゆうパック」で、受取人が不在時、玄関前や車庫などあらかじめ指定した場所に荷物を置いておく「指定場所配達サービス」が18日にスタート。 配送予定をメールやLINEで知らせる「e受取アシスト」も同日にスタートする。 Zホールディングスは、ヤマトホールディングスと業務提携し、ECサイトの出展者向けに、受注から出荷までの業務をヤマトHDが代行するサービスを始めると発表した。 関連リンク•

次の

クロネコヤマトの置き配を見ると1枚の紙が挟まっていて…?(2020年5月13日)|BIGLOBEニュース

ヤマト 運輸 置き 配

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は置き配対応のEC事業者向け新配送商品「EAZY(イージー)」の提供を6月24日から始める。 「EAZY」はデジタル技術を活用し、EC利用者、EC事業者、配送事業者をリアルタイムでつなぎ、購入・配送・受け取りの利便性と安全性、効率性を向上、ECの持続的な成長を実現する「ECエコシステム」の確立に向けた新配送商品。 「EAZY」の概要は次の通り。 クロネコメンバーズの利用者は、コンビニエンスストアや宅配便ロッカー「PUDOステーション」、宅急便センターでの受け取りなどの選択も可能。 ヤマトグループが掲げるECエコシステム(画像は経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」からキャプチャ) 「EAZY」にイエナカ配送などの機能追加も予定 ヤマト運輸は2020年10月以降、「EAZY CREW」にEC事業者のサイト内で受取場所をあらかじめ指定できる機能を追加。 これまでのコンビニエンスストア、「PUDO」、約1万店の宅急便取扱店も新たな受け取り場所として順次拡大する セキュリティの高い個人情報レス伝票の開発、何軒後に荷物が配達されるかがわかるリアルタイムトラッキングシステム、国土交通省に選定された「顔認証システムを活用した配送効率向上」による顔認証やスマートキーを活用したイエナカ配送などの機能追加も予定している。 「Yahoo! ショッピング」「ZOZOTOWN」で先行導入 2020年3月にヤマトホールディングスと業務提携に向けた基本合意書を締結したZホールディングスでは、傘下のヤフーが「Yahoo! ショッピング」出店者に向けて「EAZY」の申し込みを6月25日からスタート。 7月以降、一部ストアから「EAZY」の提供をスタートする。 「EAZY」を導入した「Yahoo! ショッピング」店舗で商品を購入すると、ユーザーは購入後に送られてくるメールから専用サイトにアクセス、その時々の予定や天気、気分などにあわせて、最適な受け取り方法を選択できるようになる。 また、ZホールディングスグループのZOZOは6月24日に「EAZY」を導入。 「非対面受け取り」を始める。

次の

荷物の受け取りかたの新たな選択肢「置き配」とは?

ヤマト 運輸 置き 配

ヤマト運輸は6月16日、EC事業者向けの新たな配送サービス「EAZY(イージー)」を、6月24日から全国で開始すると発表した。 <サービスロゴ> 6月24日から「ZOZOTOWN」と「ZOZOTOWN PayPayモール店」への提供を開始し、翌25日から「Yahoo! ショッピング」と「PayPay モール」に出店しているストアからの申込受付を開始する。 アマゾンや楽天などのEC事業者とも協議中で、荷主を順次拡大する予定だ。 <指定可能な置き配場所> <非対面受け取りへの指定場所変更の流れ> 「EAZY」は、受け取り手の目線に立ったサービスを目指して開発したもので、玄関先などへの置き配による非対面受け取りに対応。 また、配達の直前まで荷物の受け取り場所を変更することが可能で、配達完了後に送信されるメールもタイムラグ無しで配信されるなど、リアルタイム性を追求した内容となっている。 配送には、パートナーとなる全国の軽貨物事業者を「EAZY CREW(イージー クルー)」として動員。 将来的には、配送に電動自転車のような小型モビリティを導入することで、運転免許が無い人でも配送を担えるようにすることで、持続的に配送の担い手を確保する計画だ。 ヤマトグループは、1月に中長期の経営グランドデザインとして経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」を策定し、「産業のEC化」に特化した物流サービスの創出と、ECの持続的な成長を実現する「ECエコシステム」の確立に取り組んでいる。 「EAZY」はECエコシステムの確立に向けた新配送サービスで、今後は全国1万店の宅急便取扱店を活用して順次、荷物の受取り場所を拡大していくほか、ニーズが高まっている冷凍・冷蔵食品への対応、よりセキュリティの高い個人情報レス伝票の開発や、何軒後に荷物が配達されるかがわかるリアルタイムトラッキングシステム、国土交通省に選定された「顔認証システムを活用した配送効率向上」による顔認証やスマートキーを活用したイエナカ配送といった新たな付加価値の提供も順次進めていくとしている。 最新ニュース• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日).

次の