タイピング練習 長文。 タイピング練習:ひらがな中級【無料ゲーム】

長文タイピング【風水タイピング玄関編】

タイピング練習 長文

パソコンを使ってブログの記事やメールの入力、打ち合わせの議事をタイピングする方は、スピーディーに長文をタイピングすることが多いでしょう。 そこで今回は、長文をタイピングするコツと、実際どのくらいのタイピング速度が必要なのか、さらに長文のタイピングを練習できるサイトを紹介していきます。 なおスピーディに入力するためのタイピング技術として、ホームポジションとブラインドタッチが必要ですが、それらについての説明はの記事を参考にしてください。 長文をタイピングするときのコツ あなたは一度にどのくらいの長文を入力したことがありますか?一気に長文をタイピングすると時間も集中力も必要なので肉体的、精神的な疲労が発生します。 そこで、一般的にタイピングしやすいと言われている姿勢が大切になってきます。 具体的には、背筋を伸ばす、ディスプレイは視線の高さより低く配置して40cmは距離を離す、肘の角度を90度以上にするということがよいと言われています。 まずはこの姿勢をとって疲労に負けない態勢をつくっていきましょう。 そして、長文をタイピングしていると、何度も同じ単語を入力すると思います。 何度も出てくる単語は日本語IMEの辞書に単語登録しておくと、変換効率やタイピングの手間が省けて楽ができます。 また、あなたの指や手のサイズとキーボードの間隔はどうでしょうか?何か違和感があるのならば、タイピングしやすいキーボードに変更するというのも、長文を早くタイピングするには良い方法です。 タイピング速度の目標となる数値 長文をタイピングするケースとして、自分の考えをブログやメールに向けてタイピングする、文字を見ながらタイピングする、もうひとつは音声を聞きながらタイピングする、ということが考えられます。 自分の考えをタイピングすることはあまりスピードを意識しなくてもいい場合が多いですが、文字を見ながらや他人の発言を聞きながらの場合はスピードが必要になります。 一般的に1分間当たりに人が話し続ける文字数は、250文字から300文字といわれています。 全日本情報学習振興協会で行っているでは会話や説明文を聞いて、ダイレクトに入力する能力を評価し、10分あたり3000文字を入力できる方は速記認定者となります。 しかしこれは超上級者なので、かなり修練が必要です。 まずは文字を見ながら10分あたり400文字を目標にして、クリアできるようであればヒアリングしながら10分あたり1000文字の入力を狙っていきましょう。 これだけでもかなりの熟練が必要ですので、まずは次にご紹介するサイトで地道に練習しましょう。 長文タイピングの練習ができるサイト こちらはブラウザでタイピングするタイプで、20000を超えるタイピングアプリが無料で使用できます。 長文のタイピングを目指す前にホームポジションから練習したい方にもおすすめです。 ただ言葉を入力するだけではなく、やる気の出る言葉や人生に役立つ言葉を中心に練習コンテンツを提供しています。 こちらも無料ですので、ポジティブな言葉の入力でご機嫌になりながら長文のタイピング練習をしてください。 長文はもちろん、いろいろなタイピング練習ができるサイトです。 太宰治の小説を入力しながら長文のタイピング練習ができます。 こちらのサイトでは、日本情報学習振興協会で行っている会話や説明文を入力する体験が可能です。 体験は3級試験の練習問題で、長文ではなく短文ですが改めて話し言葉のスピードが速いことを認識できるでしょう。 まとめ 長文タイピングは、文字を見ながらでは10分あたり400文字を目標にして、慣れてきたらヒアリングしながら10分あたり1000文字の入力を狙っていきましょう。 今回ご紹介したサイトで長文のタイピングを練習しながら、必要に応じて入力するタイピングする姿勢、単語登録などのツール、指や手にあうキーボードなどの機器を見直してください。 根気よく続けていて頂き、スピーディなタイピングを目指しましょう。

次の

タイピング無料ゲームセンター

タイピング練習 長文

1位 3980点• 2位 3870点• 3位 3750点• 4位 3610点• 5位 3600点• 6位 3580点• 7位 3570点• 8位 3490点• 9位 3460点• 10位 3390点• 11位 3330点• 12位 3320点• 13位 3300点• 14位 3280点• 15位 3260点• 16位 3190点• 17位 3170点• 18位 3160点• 19位 3130点• 20位 3120点 練習スタート.

次の

タイピング練習:ひらがな中級【無料ゲーム】

タイピング練習 長文

はじめに• タイピング技法は、ICTを活用する上での基本であり、タイピングが苦手なまま放置しているとパソコンに慣れ親しむことができず、ひいては「ICTを活用した課題解決能力(情報活用力)も身に付けられなくなってしまう恐れがあります。 本教材では正確な指使いを学びながら、P検レベル判定に基づいてタイピングを学習することができます。 注意事項• 正しい文字を入力すると、入力されたところまでの色がかわります。 誤った文字を入力しても先に進めません。 入力文字で判定しますので漢字の変換は不要です。 ローマ字は訓令式で表示されますが、基本的なローマ字入力方法には全て対応していますので、訓令式以外の方式でも入力できます。 タイピングは制限時間で自動的に終了します。 制限時間前に終了させる場合には「終了する」ボタンをクリックしてください。

次の