パロアルトの株価。 パロアルトが上昇 冴えない決算もアナリスト説明会を受けて流れ変わる=米国株個別

米国株に投資するならオクタ(Okta)株がおすすめな理由

パロアルトの株価

次世代ファイアウォールなどサイバーセキュリティ製品を扱うパロアルトネットワークスが四半期決算を発表しました。 パロアルトネットワークス(PANW)の概要 パロアルトネットワークス(Palo Alto Networks, Inc. )は、ネットワーク用セキュリティー・ソリューションのプロバイダー。 アプリケーションの識別と制御、コンテンツのスキャンによる脅威の防止、データ漏えいの防止、アプリケーション、ユーザー、コンテンツの総合的な可視化を実現するファイアウォールを提供。 世界中で事業を展開。 パロアルトネットワークスはサイバーセキュリティ製品を扱う企業です。 昨今、ランサムウェアやデータ漏洩などますます物騒になってきていますから、パロアルトネットワークスのようなセキュリティ企業の需要は高まっていると思います。 パロアルトネットワークスはネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティを提供し、さらにサードパーティと連携してより広範なクラウド向けのセキュリティプラットフォームを構築しています。 クラウドがIT基盤のデファクトとなった今、クラウド上でアプリ開発とサービス提供をする企業は増え続けるでしょう。 パロアルトネットワークスの価値はさらに増していくでしょうね。 パロアルトネットワークスの2018年第3四半期決算• EPS: 0. 99ドル(予想を0. 03ドル上回る)• 売上高: 5. 671億ドル(予想を2,142万ドル上回る)• ガイダンス:Q4 売上高 6. 25〜6. 35億ドル(予想:6. 18億ドル)• ガイダンス:Q4 EPS 1. 15〜1. 17ドル(予想:1. 21ドル)• ガイダンス:2018年通期 売上高 22. 4〜22. 5億ドル(予想:22. 1億ドル)• ガイダンス:2018年通期 EPS 3. 86〜3. 89ドル(予想:3. 89ドル) パロアルトネットワークスのFY2018年Q3の決算は、EPS・売上高がコンセンサス予想を上回りましたが、ガイダンスはEPSが予想と比べて弱気でした。 売上高は大きく伸びそうですが利益面で不安が残ります。 パロアルトネットワークスといえば、先日に元ソフトバンクのアローラ氏がCEOに就任すると発表されたばかりですね。 アローラ氏の就任によりパロアルトネットワークスのさらなる成長に期待が募りますね。 株価の推移を見てみると、2015年後半までは好調な推移でしたが、2016〜2017年あたりがちょっと停滞していますね。 しかし2017年に入ってからは再び上昇トレンドを描いています。 この勢いがどこまでキープできるかが見ものです。 671億ドルでした。 全体的にQ3決算は好調だったと思いますね。 売上高の内訳(単位:百万ドル) パロアルトネットワークスの売上高の内訳は、大きくは製品とサブスクリプション&サポートの2つです。 バランスよく伸びていますね。 EPSの成長率 非GAAPでのEPS推移と成長率を見てみます。 FY16Q4〜FY17Q3まではおよそ0. 6ドル前後でしたが、その翌四半期に0. 9ドル台にまで伸びましたね。 FY18Q1でちょっと下げてますがその後は再び0. 9ドル台に戻しました。 このまま順調に成長するかどうかですね。 売上高に対する各コストはほぼ横ばい 売上高に対する営業費、研究開発費、販管費の割合を見てみます。 あまり大きな変化はしていませんが、しいて言えば少しずつ減少しているようにも見えます。 これらもほぼ横ばいですね。 コスト的には大きく増えることもなければ削減されることもない状況のようです。 Q3決算は好調でしたが、Q4ガイダンスと年間ガイダンスでEPSが予想に届かなかったのが嫌気されたのでしょうか。 パロアルトネットワークスは投資対象としても興味あるのですが、状況がはっきりするまでは投資は待とうと思います。

次の

【米国株動向】パロアルトネットワークス、コンセンサス上回る決算と買収発表

パロアルトの株価

5G関連の米国株銘柄の一つ、パロアルトネットワークス PANW です。 パロアルトネットワークス PANW ってどんな企業? パロアルトネットワークスはネットワーク上のサイバーセキュリティの米国企業で、主にファイアウォールなどを製品とします。 150カ国以上で62,000件以上の顧客を持っています。 さらに、Fortune100に名を連ねる企業の85社以上が同社のサイバーセキュリティサービスを利用しているようです。 2019年の5月から8月は徐々に下げていますね。 米中貿易問題の影響でしょうか。 直近5年間の株価推移も見てみます。 ボラティリティが大きいですね。 注目ニュース パロアルトネットワークのマルウェア防御サービスWildFireが、米国政府がクラウド関連調達に際してのセキュリティ基準の認定を取得したそうです。 これにより、米国政府機関はパロアルトネットワークのWildFireを使ったセキュリティサービスを利用可能です。 この度、Palo Alto Networksは米海軍大学校(U. Naval War College)の協力の下、WildFireのFedRAMP認証プロセスを完了しました。 これにより、最先端の機械学習技術を求めている連邦政府機関が、WildFireを利用してシステムを保護できるようになります。 より引用 当たり前ですがしっかり特許で製品を守っています。 This page serves as notice under 35 U. … より引用 特許訴訟も何件か続いています。 Finjanという大手の特許ライセンス会社やPacket Intelligenceというから狙われているようですね。 かなり大きい金額ですね。 パロアルトネットワークスの年間の通期純利益のマイナスと同じくらいです。 secured its latest victory this week, when Palo Alto Networks Inc. より引用 4. まとめ 世界的に使われているセキュリティシステム、米国政府が許可しているというニュースは良い方向ですが、毎年赤字であり、利益に対する訴訟リスクの金額が大きいです。 5Gの盛り上がりで株価は上がっていますが、上がり続ける保証は全く内容に思いました。

次の

【PANW】パロアルトネットワークスの株価と決算

パロアルトの株価

7 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。 EPS=希薄化後EPS)。 43 61. 05 68. 61 68. 21 74. 24 80. 33 72. 87 66. 期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。 上記DSOの出所はモーニングスター社。 バランスシート 【当サイト掲載の広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の