台風 19 号 気象庁。 台風19号、「上陸可能性高い」 気象庁が警戒呼びかけ :日本経済新聞

台風19号2019の最新進路予想!福岡に最接近するのはいつ?気象庁・米軍の予想図は?飛行機・電車など交通機関への影響は? | monjiroBLOG

台風 19 号 気象庁

台風19号が福岡に最接近するのはいつ? 10月11日現在の風力は925hpa。 昨年9月に上陸した台風21号と同じ強さです。 トラックが横転したり、関西空港が水浸しになる被害が出ました。 この時と同じ物が来ると思うと恐怖しかありません。 最新の進路を確認し、身を守る行動を取りましょう。 台風19号は、九州の南まで進んできています。 このまま北上を続けると思われましたが、土曜日に北東へ向きを変え関東・東海方面へ予想修正されました。 福岡へ最接近するのは 10月12日 土 と見られています。 9日(水)夜の最新データで台風19号による雨と風を見える化しました。 日が近づいてきてだんだん詳細な予報が出せるようになってきましたが、12日(土)の遅くとも午後には関東など東日本の交通機関がほぼ全滅すると考えています。 大事なのは仕事でも予定でもなくて自分や大切な人の命です。 気象庁、米軍の進路予想図は、最新の物に更新していきます。 気象庁の予想図 気象庁が出している10月日6時の予想です。 10月13日3時の時点で、四国の南あたりまで来ています。 こちらの予想図も気象庁が出しているものですが、風力が数値化・色分けされています。 関東から関西まで暴風域に掛かりそうなのがわかります。 九州は、風が強まる位の影響にとどまりそうです。 米軍合同台風警報センター JTWC の予想図 米軍予想図はアメリカ時間で記載されています。 気象庁と米軍の予想進路に、大きな違いは見られません。 米軍のほうが予報円のまわりに暴風域の円があるので、風の影響がある地域がわかりやすくなっています。 台風19号2019の交通機関への影響は? 台風19号は勢力が強く、影響も大きくなりそうです。 気象予報士の正木さんは、「今シーズン最強の可能性」を心配されています。 台風19号、この後日本の南で『猛烈』に発達して日本列島にやってくる予想です。 今シーズン最強の可能性。 — 正木明(気象予報士、防災士) weather0505 台風による交通機関への影響はどうなっているのでしょうか。 飛行機への影響 10月11日の飛行機離発着は、一便欠航が発表になっています。 気象庁・米軍どちらの予想でも、予想進路は変わらず、12日 土 ~13 日 には、関東から関西・四国まで暴風域に入る進路をたどる進路をとりそうです。 飛行機・電車等交通機関の影響は、まだ発表されていません。 分かり次第追記していきます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

台風19号、週末に上陸も 気象庁「早めの備えを」 :日本経済新聞

台風 19 号 気象庁

白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。 薄い赤のエリアは暴風警戒域 大型で非常に強い台風19号は11日未明、日本の南海上を北上した。 勢力を維持したまま12~13日に西日本から東日本に接近・上陸する可能性が高く、11日午後から広い範囲で大雨となる見通し。 千葉県に深刻な被害をもたらした9月の台風15号よりも暴風が吹く範囲が広くなるとみられ、気象庁は厳重な警戒を求めている。 気象庁によると、台風19号は非常に強い勢力で12~13日にかけて紀伊半島から東日本に接近し、上陸する可能性が高い。 1991年の統計開始以来、非常に強い勢力で東日本に上陸した台風はない。 大潮の時期とも重なるため、西日本や東日本では高潮の恐れもある。 気象庁の中村直治予報官は10日午後、「上陸の可能性が極めて高くなった。 台風15号の時よりも雨や風が強くなるとみられるので十分警戒してほしい」と述べた。 台風19号は11日午前0時現在、父島の西南西約370キロの海上を時速15キロで北北西へ進んでいる。 中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル。 中心の東側330キロ以内と西側240キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。 11日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で伊豆諸島120ミリ、関東と東海、近畿100ミリ。 その後の24時間は東海400~600ミリ、関東甲信300~500ミリ、近畿300~400ミリ、伊豆諸島と中国、四国200~300ミリ、東北と北陸100~200ミリ。

次の

令和元年東日本台風

台風 19 号 気象庁

台風19号が福岡に最接近するのはいつ? 10月11日現在の風力は925hpa。 昨年9月に上陸した台風21号と同じ強さです。 トラックが横転したり、関西空港が水浸しになる被害が出ました。 この時と同じ物が来ると思うと恐怖しかありません。 最新の進路を確認し、身を守る行動を取りましょう。 台風19号は、九州の南まで進んできています。 このまま北上を続けると思われましたが、土曜日に北東へ向きを変え関東・東海方面へ予想修正されました。 福岡へ最接近するのは 10月12日 土 と見られています。 9日(水)夜の最新データで台風19号による雨と風を見える化しました。 日が近づいてきてだんだん詳細な予報が出せるようになってきましたが、12日(土)の遅くとも午後には関東など東日本の交通機関がほぼ全滅すると考えています。 大事なのは仕事でも予定でもなくて自分や大切な人の命です。 気象庁、米軍の進路予想図は、最新の物に更新していきます。 気象庁の予想図 気象庁が出している10月日6時の予想です。 10月13日3時の時点で、四国の南あたりまで来ています。 こちらの予想図も気象庁が出しているものですが、風力が数値化・色分けされています。 関東から関西まで暴風域に掛かりそうなのがわかります。 九州は、風が強まる位の影響にとどまりそうです。 米軍合同台風警報センター JTWC の予想図 米軍予想図はアメリカ時間で記載されています。 気象庁と米軍の予想進路に、大きな違いは見られません。 米軍のほうが予報円のまわりに暴風域の円があるので、風の影響がある地域がわかりやすくなっています。 台風19号2019の交通機関への影響は? 台風19号は勢力が強く、影響も大きくなりそうです。 気象予報士の正木さんは、「今シーズン最強の可能性」を心配されています。 台風19号、この後日本の南で『猛烈』に発達して日本列島にやってくる予想です。 今シーズン最強の可能性。 — 正木明(気象予報士、防災士) weather0505 台風による交通機関への影響はどうなっているのでしょうか。 飛行機への影響 10月11日の飛行機離発着は、一便欠航が発表になっています。 気象庁・米軍どちらの予想でも、予想進路は変わらず、12日 土 ~13 日 には、関東から関西・四国まで暴風域に入る進路をたどる進路をとりそうです。 飛行機・電車等交通機関の影響は、まだ発表されていません。 分かり次第追記していきます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の