イチジク プランター。 ミニイチジク「ホワイトゼノア」の育て方(プランター/コンテナ栽培記) : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

マンションで果実のなる木を鉢植えで育ててみよう~果樹の種類と育て方~

イチジク プランター

イチジクは生育が旺盛で、 放任栽培でも結構収獲を楽しめるのですが、 よく繁茂するので狭い庭での栽培では、早春の剪定整姿は大切な作業です。 それに生育旺盛なのと浅根性なので、 容器栽培では移植・断根を怠らないことが大切です。 まず剪定ですが、 イチジクは春に伸び出した新梢の基部、 3芽あたりから上の各節に果実を付ける性質があります これが下部の果実から熟して秋に成熟します(秋果と呼ばれることも)。 ところが温暖な所で栽培すると、 品質にもよりますが年内に成熟出来なかった先端部の果実が越冬して、 翌年に新梢の生長に合わせて育ち、夏に成熟することがあります。 これが「夏果」「花イチジク」あるいは「夏イチジク」と呼ばれるものです ですから剪定のポイントとしては、 貧弱で不要な枝は除いて、元気な新梢を発生させればよい、ということになります。 次に、左右に広がる枝も切り戻し、 コンパクトな姿にしていきます 少しすっきりとしましたね。 また、立ち上がっている枝ですが、 すでにイチジクの実が落ちたものとなっています イチジクは今春伸びた新しい枝に結実するため、 既に実が落ちたこれらの枝は不要です。 剪定していきましょう 赤丸でかこった枝のみ、実が落ちておらず、 上手くゆけば今年の成熟しそうです・・・! 不格好ですが、結実を楽しみに剪定は控えることとしました 根の手入れ 露地栽培では根はどんどん広がることが出来ますが、 容器栽培では「根詰まり」を起こして養水分不足になり、 果実の十分な生長が出来なくなります そこで対策として最も手軽なのが「断根」です。 イチジクは根の生育特性として、 空気の接しやすい地表部に根が広がります。 移植ゴテなどを用土に差し込んで、 根を切断すると、切断された辺りから新根が発生して下部が若返ります 「断根」は「根詰まり」を解消し、 新根の発生を促すことは出来ますが、 用土の物理的・科学的な性質の改良にはなりません 換言すれば、根にとって良質な環境(用土)作りは出来ていません。 そうしたことを考えると、 「断根」した辺りから外側の古い用土(切断した根)を取り除き、 新しい用土を補ってやりたいところです。 今回は四方1cmを取り除き、 赤い斜線部分を残すこととしました イチジクは丈夫な植物ですが、 葉が広く蒸散作用が非常に盛んであることに注意が必要です。 関西地方では、 秋から春にかけては特別な手入れの必要はありません。 しかし夏の用土の乾燥は、防いでやることが大切です。 多くの植物では、日中枝葉が萎れていても、 日が傾くとピンと元気を回復してくるものです。 しかしイチジクは酷く葉が萎れた場合には、 回復せず落葉してしまうことがしばしばあるのです 土づくり 乾燥を防ぐための土づくりにおいては、 保水性がある赤玉土のようなものを中心に用いることが大切です。 今回は赤玉土にピートモスを混ぜたものに オルトランとマグァンプKを加えました。 そして上からピートモスを敷いてやります。 ピートモスは、 乾燥防止 雑草防除 用土の飛散防止 また、病害虫の枝葉への飛散に伴う病害虫防除や、 表土近くの根にとっては、酷暑防止の環境作りにもなるなど、 いいことづくしです。 これにて、本日の作業は終了です。 根詰まりをしていたイチジクが、 断根によって本当に身軽になりましたね! 取材をしていても、思わずよかったねぇ・・・と 声をかけたくなる作業となりました 『 プランター栽培のイチジクの手入れ 』に適した刃物 コンパクト鋸 花小町 太い枝の剪定では花小町を使用しました。 持ち運びに便利なコンパクトサイズながら、秀逸な切れ味。 春を前に身軽になれてよかったねえ。。。 と 写真を撮りながら、なんだか私も嬉しかったです さて、3月も中頃。 そろそろ春の予感が近づいてまいりました! 少しずつ木々の蕾がふくらんでいくのを見ると、 わくわくしますね 寒さから暖かさへ変わる季節。 体調管理には十分にお気を付け下さいね カテゴリー• 月別アーカイブ•

次の

【プランター栽培】ベランダ菜園で! 初心者でも失敗しないイチゴの育て方

イチジク プランター

畑のイチジクはこちら 2011年のミニイチジク「ホワイトゼノア」 ホームセンターでイチジクの苗を見ていたらミニイチジク「ホワイトゼノア」があったので、即ゲット。 畑のイチジクは管理を怠っていたら、カミキリムシの被害で、2011年はまともなイチジクは数えるほどしかできませんでした。 庭かプランター(コンテナ)のどちらで栽培するか迷ったのですが、ミニイチジクなので、プランター(コンテナ)で育てることにしました。 一回り大きくなりました。 今年は実は付けませんでした。 葉もほとんどありません。 11-16 イチジクは葉を落として、このまま冬を越します。 我が家では小さなうちは細かい枝以外は剪定無しで育てましたが、ゴールデンウイークの頃に3枝だけを残して剪定したほうがよいらしいです。 鉢植えのはずが露地植えになってしまったので、勢いがさらに強くなりました。 でも斜めに伸びやすいような感じで中心も空いているので、日が良く当たって現在は樹高もちょうどよいです。 露地植えの場合、ホワイトゼノアは樹勢が強く枝が長めに伸びる品種なので、一文字整枝形ではなく、開心自然形や準開心形にするとよいようです。 放任しておいても主幹が高く立ちにくいのかどうかはこれから見守るつもりです。 鉢植えが露地植え同然になってしまった我が家のホワイトゼノアは主幹が自然に枯れこんでしまいました。 最初の年は育て方がわからないときは大体が放任状態で育てます。 色々なプランター(コンテナ)に野菜や花の種をまいて育てています。 左は多分エダマメを栽培したプランターです。 太い根も出てきましたね・・・ もうすぐ根詰まりになってしまうかと思い、もう一回り大きなプランター(コンテナ)に植え替えます。 畑のロウバイの移植のときにイチジクの根を見たらかなり太い根になるのにはビックリしました。 下のは見えますが、上にもあります。 ちょうど食べごろです。 でも普通のイチジクの色ででホワイトでもないわね。 イチジクは食べごろの時間が少ないのです。 早すぎても甘くないし、熟し過ぎると酸っぱくなります。 ですからイチジクを育てていると、熟したちょうどよいものが食べられるというわけです。 9-27 ミニイチジク「ホワイトゼノア」は大小合わせると5個実がなって、1個は遅い時期の実付きなので落ちてしまい、2個は完熟になり、あとは青いままです。 **************************************** 2013年のミニイチジク「ホワイトゼノア」 今年はイチジクの木に勢いがあり、たくさん実がなりました! 2013-8-26 畑ではアリは来ないのですが、ここでは見つかってしまいました。 完熟まで置いていると中がアリで真っ黒になってしまいます。 早めにもぎ取り、いくつかまとめてからジャムにしました。 イチジクは冷凍にしておくと後でジャムができます。 2013-8-31 **************************************** 2014年のミニイチジク「ホワイトゼノア」 今年は完熟できそうな大きさのイチジクを数えてみたら、約50個はありました。 枝は自然のままにしていたら、10本くらいですが、もっと整理してもいいかも・・・ 咋年は木が大きくなったと喜んでいたら、根が鉢の底を抜けて地面に入っていました。 引っ張ってみてもビクともしません。 最近弟がよく畑や庭の手入れをしてくれるので、イチジクも畑に移植してもらおうと思っています。 太くなっても大丈夫かしら? 2014-8-10 **************************************** 2015年のミニイチジク「ホワイトゼノア」 2015年は弟も定年後の仕事が忙しくなってしまい、いまだにこの鉢の底を抜けたままの状態です。 このまま収穫を迎えたミニイチジク「ホワイトゼノア」ですが、あまりに見事に多くの果実数があります。 ちょうどこの頃、隣の常総市が台風の影響の大雨で鬼怒川が決壊し、大規模な水害になってしまいました。 常総市には親戚、友人などが住んでいるので、心配でイチジクどころではなくなり、2~3日間見ないでいました。 気が付いたら完熟したイチジクが雨で割れたり崩れたりしてしまい、スズメバチやらハナモグリやアリが集まっていました。 アゲハチョと見間違うチョウもいました。 もともと日本にはいなかったアカボシゴマダラというチョウでした。 2015-9-15 スズメバチも2種類いて、多分キイロスズメバチとヒメスズメバチかと思います。 5~6匹は熟したイチジクに群がっていました。 玄関に通じるところなので、お客様を刺したら大変です。 家のものでも大変ですが・・・ スズメバチのいない早朝に完熟手前を収穫してしまい、ペットボトルにハチミツ少々、砂糖水、イチジクの熟しすぎてドロドロになったものを入れてぶら下げておきました。 完熟手前のイチジクはジャムを作りました。 甘さ控えめでとてもおいしかったですよ! イチジクのレシピ 製作中 **************************************** なお2012年秋からコンテナ栽培のも加わりました。 2014年からは黒いイチジク「ブラックミッション」も育てています。 これは畑に植えました。 イチジク栽培はとっても楽しいですよ。

次の

【初心者】いちじくの栽培・育て方のコツ(剪定・一本仕立てなど)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

イチジク プランター

スポンサーリンク イチジクは「無花果」という文字です。 これは花が無くて果実が実のるように見えるからですね。 しかし、食用として食べている部分は、実は果肉ではなく小果(しょうか)と花托(かたく)なんです。 でも昔から、不老長寿の果物として親しまれてきました。 整腸作用や滋養があり、痰や咳、のどの痛みにも効果があり、葉っぱには痔にも効能があるそうです。 昔、祖母のところに大きなイチジクの木があり、良くもぎたてを食べていました。 葉や実をちぎった時に白乳汁が出てきますね。 祖母は「この白いのはイボに塗ると取れるよ」と言っていました。 また、私がお産の時には 「お乳を、イチジクの根っこにかけると、出が良くなるっておばあちゃんに言われたものよ」 と母からききました。 意味や根拠があるのかどうかはわかりませんが、イチジクを見ると懐かしく思い出します。 また、イチジクには色々な逸話がありますね。 旧約聖書では「エデンの園で禁断の果実を食べたアダムとイヴは、 自分たちが裸であることに気づいて、いちじくの葉で作った腰ミノを身につけた」とあります。 イチジクの種類 イチジクにも様々な種類があります。 青果店に出まわっているのは「ドーフィン」という品種が多く、この品種は大きな実がなり収穫量も多いです。 ・果実が大きいイチジク ビオレドーフィン、ホワイト・アドリアチック、ドーフィン、コナドリア、バローネ ・収穫量が多いイチジク ビオレドーフィン、ザ・キング、早生日本種、ネグローネ、ビオレ・ソリエス、アーチペル、バローネ、ドーフィン、ブラウンターキー、コナドリア、 ホワイト・ゼノア、ホワイト・プロリフィック、ヌアール・カロン ・甘味が強いイチジク 強:セレスト、バローネ 中:ビオレドーフィン、ヌアール・カロン、ザ・キング、アーチペル、ホワイト・プロリフィック イチジクの育て方!プランターと鉢植えでは? イチジクは、プランターでも鉢植えでも栽培可能です。 ただ、畑などでの栽培の場合は、根が広がって成長することが出来ますが、 プランター栽培の場合は、プランター容器に限りがあり「根詰まり」を起こし、 栄養不足や水分不足になることがあり、充分な生長が出来なくなってきます。 そこで最も手軽な対策としての「断根」する必要が生じます。 「断根」は根詰まり解消と、新しい根の成長を促します。 断根をしたら、辺りの古い土を取り除きましょう。 そして新しい土で補うことをおすすめします。 鉢植えの場合は、深さのある10号鉢に1株程度が最適でしょう。 イチジクは「水はけ」と「水もち」と相反する土を好みます。 「果樹用培養土」がおすすめです。 「赤玉土(小粒)7:腐葉土3」に混合した土を作られても大丈夫です。 イチジクの育て方!剪定や挿し木は? イチジクは、2~3年で収穫できます。 そしてイチジクの実は、今春伸びた新しい枝になる性質ですから、早春の剪定作業はとても大切です。 【剪定のポイント】 ・既に実が落ちた枝は不要です。 ・貧弱な枝は除きます。 ・元気な新梢だけを育成させます。 また、挿し木で簡単に増やせます。 枝の先端以外にも、どこを挿し木としても十分育ちます。 剪定した枝の活用することもできるため、効率的ですね。。 あとは土が乾いたと思った時に水やりをしてください。 イチジクを育てる時の肥料は? 新しい梢を伸ばすところで実を付けます。 そのため、成長には多くの肥料が必要です。 プランターや鉢植え、お庭など地植えの場合にも植え付け時には充分な堆肥を土に混ぜ込みます。 肥料としては、化成肥料(果樹や野菜用)、有機質肥料(油かすなど)を与えてください。 成長時期の3月~10月には、1ヵ月~2ヶ月に1回程度の同じ肥料を追肥料しましょう。 カテゴリー• 892• 410• 119• 189• 148•

次の