サイゼリア アロ スティ チーニ。 【朗報】サイゼリヤにラム肉! 新メニュー「アロスティチーニ」が激ウマ! ただし…

【朗報】サイゼリヤにラム肉! 新メニュー「アロスティチーニ」が激ウマ! ただし…

サイゼリア アロ スティ チーニ

日本全国200万人の羊肉大好きっ子の諸君……待たせたな? 2019年12月18日からサイゼリヤに待望の羊肉『 アロスティチーニ』が登場したゾォォォオオオオ! 先に言っちゃうけど激ウマだゾォォォオオオオ!! ヒャッハーーー! 羊肉は好き嫌いがハッキリ分かれる賛否両論食材だけに、気軽に食べるのが難しいメニューである。 ・サイゼリヤにラム肉 12月18日のグランドメニュー改定に伴い、サイゼリヤには 数種類の新メニューが登場した。 「スープ入りトマト味ボンゴレ」「ホワイトソースのチーズハンバーグ」「りんごのワインコンポート」……などなど気になるメニューは多いが、やはり最大の注目は『アロスティチーニ』だろう。 というのも、冒頭でもお伝えした通り羊肉は「大好き派」と「断固無理派」が極端に分かれる食材であるため、そもそも提供している店が少ない。 特に 飲食チェーン店が羊肉を扱うことは滅多になく、羊肉を食べたければ専門店に足を運ぶ必要があるのだ。 そんな中、あえて羊肉をブチ込んでくるサイゼリヤの男らしさと言ったら……! 仮に『アロスティチーニ』が定番商品になるならば、羊欲を満たすためにこれ以上のロケーションは無い。 なにせ日本全国1000店舗以上を誇るサイゼリヤである。 ・2本で399円 というわけで、さっそく近所のサイゼリヤで『アロスティチーニ』をオーダー。 アロスティチーニとは ラム肉の串焼きのことで、価格は2本で税込み399円。 また、アロスティチーニ専用のスパイスもセットで付いてくる。 さて、テーブルに到着したアロスティチーニを見た正直な感想は「少なっ」「小さっ」というものだ。 感覚的には 一般的な焼き鳥よりもスリムな印象だから、これだけでお腹をいっぱいにするためには相当な量を頼む必要があるだろう。 だがしかし、味は文句なしにウマい! 肉は割としっかりめにローストされており、香ばしさとラム肉の旨味が凝縮されている。 さらに クミン香る特製スパイスがラム肉の風味を引き立てており、瞬殺で1皿を平らげてしまうほど後引くウマさであった。 また、クミンの香りが強いので「 中華系」とも「 東南アジア系」とも「 エスニック系」とも言える味わいであったことは記述しておきたい。 サイゼリヤだからイタリアンだと思えるが、実際にこっち系のラムの串焼き店はある。 逆に考えれば「イタリアンは懐が広い」とも言えるだろう。 ・サイゼリヤだけに悩ましい ただし、味がいくら良くてもボリュームと価格のバランスを考えると「 サイゼリヤの中では割高なメニューかな?」と感じたことも事実である。 ミラノ風ドリアを始め、日本屈指のコスパ最強メニューが揃うサイゼリヤだけに「399円」という価格にためらいを感じてしまう人もいるハズだ。 ちなみに、アロスティチーニ以外の新メニューも食べてみたが、中でも「 田舎風やわらかキャベツのスープ」と「 りんごのワインコンポート」は猛烈にオススメできる。 とはいえ、価格抜きで味だけ勝負ならば、やはりアロスティチーニが1番美味しかった。 というわけで、羊肉大好きっ子の諸君には『アロスティチーニ』をぜひ1度ご賞味いただきたい。 その際、サイゼリヤにいると思ったらダメだ。 専門店で食べていると思うんだ。 そうすればきっと「ウマ! 安ッ!! 」と満足して店を後にできる……ハズだ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

アロスティチーニとは意味は?スパイスは何?サイゼ売り切れ商品の作り方も調べてみた

サイゼリア アロ スティ チーニ

販売の再開は、神奈川・大阪・福岡・愛知の各府県に限って下記の日程で行われます。 神奈川県が2月5日(水)~12日(水)、大阪府と福岡県が2月12日(水)~18日(火)、愛知県が2月19日(水)~25日(火)。 (3月の販売予定は、2月中旬に告知されます。 店舗で食べられないけれど、今すぐサイゼのラム串を味わいたいという方は、楽天・ヤフーショッピング、KALDIなどで買える 羊名人(ようメ~じん)というスパイスがおすすめです。 羊名人(ようメ~じん))は、サイゼリアのラム串についてくる特製スパイスに似ていると言われ、こちらも話題沸騰中。 美味しすぎてびっくり。 何本でもいける。 歯ごたえがいい。 これと一緒だと、ワインが一瞬で消える。 Wサイズを追加注文した。 クセが少なくて、羊肉が苦手な人でも食べられそう。 脂身が程よく乗っていて、噛めば噛むほど味が出る。 サイゼでラム肉が食べられるなんて最高。 絶賛の声が並んでいます!!! サイゼリヤのラム肉はスパイスが味の決め手になっている サイゼリヤのラム肉の串焼きには、クミンの香りが強くエスニックな味わいの、特製スパイスがついてきます。 このスパイスが、味の決め手になっていて、ラム肉の美味しさを引き立てているんです。 ラム肉につけて余った分を、ドリアやポトフ、フォッカチオ、ポテトなどにつけて食べると、これまた病みつきになります。 これだけ瓶詰めにして売ってほしいとの声続出! サイゼリヤのラムについてくるスパイスにそっくりな羊名人(ようメ~じん) そのおいしさに虜になる人多数の、特製スパイス。 実は、サイゼリヤのラム串についてくるスパイスが、コーヒーや輸入食品でお馴染みのカルディ(KALDI)で売っている羊料理専用スパイス 「羊名人(ようメ~じん)」の味にそっくりだと言われています。 実際に、家で羊名人を使ってラム肉を焼いて、サイゼのアロスティチーニの味を再現したという方も多くいらっしゃいます。 (Twitterで見かけたネタです。 ) カルディに売ってる羊名人(よーめいじん)というパウダーをかけると確かに7割くらい再現される…ラム肉はハナマサに売ってたやつ。 ラム肉が偶然冷凍庫にあって良かった。 — すてきなさんにんぐみ suteki3nin ツイッターで見て気になっていた羊名人がカルディ数店目で見つかったので、夕ごはんに 骨付きラムにまぶしてオーブンで焼きました。 — m mSKsHJR ラム肉だけでなく、いろんな料理に使うことができます。 巨大なセロリの消費に、パプリカと牛肉あわせて炒めてちょっとオイスターソース、たっぷり羊名人。 手に入らなくなる前に、ぜひゲットしてくださいね。 サイゼリヤラム肉串(ラムの串焼き)の販売店・取り扱う店舗は? ラムの串焼きは、これまでは一部店舗でのみの取り扱いでしたが、今回、グランドメニューの改定によって、 サイゼリヤ全店で食べられるようになりました。 しかし、あまりの人気ぶりに、品薄状態が続いている模様。 昨日サイゼ行ったらラム串品切れしてました まぁ、仕方ない — にょきにょきいもむし nyokinyokiimom2 ラム肉串がお目当てという方は、お店に入る前に、店員さんに売り切れていないか確かめてくださいね。 サイゼのラム肉串「アロスティチーニ」は、羊肉が好きな方はもちろん、普段はあまり羊肉を食べない方にもおすすめのメニューです。

次の

【激報】サイゼリヤ「アロスティチーニ」に付いてきた “魔法の粉” が『やみつきスパイス』として単品発売へ! 50円で買える合法ドラッグの誕生!!

サイゼリア アロ スティ チーニ

ヒャッハーーー! 羊肉は好き嫌いがハッキリ分かれる賛否両論食材だけに、気軽に食べるのが難しいメニューである。 ・サイゼリヤにラム肉 12月18日のグランドメニュー改定に伴い、サイゼリヤには 数種類の新メニューが登場した。 「スープ入りトマト味ボンゴレ」「ホワイトソースのチーズハンバーグ」「りんごのワインコンポート」……などなど気になるメニューは多いが、やはり最大の注目は『アロスティチーニ』だろう。 というのも、冒頭でもお伝えした通り羊肉は「大好き派」と「断固無理派」が極端に分かれる食材であるため、そもそも提供している店が少ない。 特に 飲食チェーン店が羊肉を扱うことは滅多になく、羊肉を食べたければ専門店に足を運ぶ必要があるのだ。 そんな中、あえて羊肉をブチ込んでくるサイゼリヤの男らしさと言ったら……! 仮に『アロスティチーニ』が定番商品になるならば、羊欲を満たすためにこれ以上のロケーションは無い。 なにせ日本全国1000店舗以上を誇るサイゼリヤである。 ・2本で399円 というわけで、さっそく近所のサイゼリヤで『アロスティチーニ』をオーダー。 アロスティチーニとは ラム肉の串焼きのことで、価格は2本で税込み399円。 また、アロスティチーニ専用のスパイスもセットで付いてくる。 さて、テーブルに到着したアロスティチーニを見た正直な感想は「少なっ」「小さっ」というものだ。 感覚的には 一般的な焼き鳥よりもスリムな印象だから、これだけでお腹をいっぱいにするためには相当な量を頼む必要があるだろう。 だがしかし、味は文句なしにウマい! 肉は割としっかりめにローストされており、香ばしさとラム肉の旨味が凝縮されている。 さらに クミン香る特製スパイスがラム肉の風味を引き立てており、瞬殺で1皿を平らげてしまうほど後引くウマさであった。 また、クミンの香りが強いので「 中華系」とも「 東南アジア系」とも「 エスニック系」とも言える味わいであったことは記述しておきたい。 サイゼリヤだからイタリアンだと思えるが、実際にこっち系のラムの串焼き店はある。 逆に考えれば「イタリアンは懐が広い」とも言えるだろう。 ・サイゼリヤだけに悩ましい ただし、味がいくら良くてもボリュームと価格のバランスを考えると「 サイゼリヤの中では割高なメニューかな?」と感じたことも事実である。 ミラノ風ドリアを始め、日本屈指のコスパ最強メニューが揃うサイゼリヤだけに「399円」という価格にためらいを感じてしまう人もいるハズだ。 ちなみに、アロスティチーニ以外の新メニューも食べてみたが、中でも「 田舎風やわらかキャベツのスープ」と「 りんごのワインコンポート」は猛烈にオススメできる。 とはいえ、価格抜きで味だけ勝負ならば、やはりアロスティチーニが1番美味しかった。 というわけで、羊肉大好きっ子の諸君には『アロスティチーニ』をぜひ1度ご賞味いただきたい。 その際、サイゼリヤにいると思ったらダメだ。 専門店で食べていると思うんだ。 そうすればきっと「ウマ! 安ッ!! 」と満足して店を後にできる……ハズだ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の