くるぶし 英語。 靴の取説_用語集

くるぶしと足首はどう違うんですか?英語だとankleですよね?...

くるぶし 英語

のいちばん外側は角質(かくしつ)という硬い層でおおわれています。 これが異常に厚くなった状態を角化症((かくひしょう))と呼びます。 正常な皮膚の角質はではっきり見えるものではありませんが、厚くなるとかさついた(りんせつ)(や日焼けしたあとにむけてくる薄皮を連想してください)としてみられます。 粉をふいたような鱗屑を(ひこうしん)(の意)と呼びます。 角質がさらに厚くなると、(きれつ)ができ、魚のウロコのように見えます。 これが魚鱗癬(ぎょりんせん)です。 特殊な例ですが、ぶつぶつとこけが生えたように硬くなるものもあります((たいせん))。 手のひらや足の裏はもともと角質が厚いのですが、このような場所にできる角化症は(かかと)の皮膚より硬くなります。 これが(べんちしゅ)(たこ(「」))です。 (しっしん)、みずむし、などの皮膚病でも角質は厚くなります。 それぞれアレルギー、かび、ウイルスが原因ですが、これらは角化症とは呼ばれません。 出典 家庭医学館について の解説.

次の

人間の動静脈一覧

くるぶし 英語

くるぶしの腫れは痛みを伴うことが多く、靴が履けなくなったり、歩行に支障が出たりと不便を生じることが多い症状です。 転んだあと、ずっとくるぶしのあたりが痛くて腫れている• くるぶしのあたりが腫れて激しく痛む• くるぶしや手の関節にコブのようなものができている このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。 くるぶしの腫れを引き起こす病気 くるぶしの腫れの原因としては、大きく分けて骨や関節の病気、体の病気があります。 骨や関節の病気 骨や関節の病気は、くるぶしの腫れの大きな原因です。 捻挫・骨折 とは、骨以外の関節を支える靭帯や軟骨などが、大きな力が加わることによって損傷した状態のことです。 一方、は骨が折れてしまうものだけでなく、骨が欠けた・ヒビが入った、潰れたなども含む骨のけがです。 ・、どちらもくるぶしの腫れの一因です。 ほとんどの場合には強い痛みを伴って腫れ、動かしにくい・動かせない、もしくは歩けないなどの症状を伴います。 速やかに受診し、適切な処置を受けることが大切です。 滑液包炎 かつえきほうえん 滑液包とは、足首など、大きく動かすことが多い関節をスムーズに動かすために存在している関節外の袋状の構造です。 滑液包炎とは、この滑液包に過剰な摩擦や圧迫が加わることにより炎症が起こり、滑液包に水が溜まる状態です。 この病気は、正座など足首前方への刺激が続くことで起きやすいといわれています。 こぶのように腫れたり、痛みを感じたりすることがあります。 変形性足関節症 足首の関節軟骨が加齢などにより変性・摩耗することで炎症を起こし、腫れや痛みなどが生じる病気です。 スポーツなどで足首をよく使う人、を繰り返している人、足首のをしたことがある人では発症するリスクが高いともいわれています。 足関節周囲脂肪腫 とは、皮膚の下に脂肪のかたまりができる良性の腫瘍のことです。 体のさまざまな部分にできますが、足関節周囲にできたとき、くるぶしが腫れる原因となります。 治療をしないと徐々に大きくなっていくことが多いといわれています。 体や皮膚の病気 全身や皮膚の病気によって、くるぶしの腫れが現れることもあります。 痛風性足関節炎 尿酸という物質の結晶が足関節内に生じ、急性を起こす病気です。 尿酸の結晶が関節内に析出し、滑膜を刺激し発作が起こると赤く熱を持って腫れ、非常に強い痛みを伴います。 くるぶしや足の親指などは発作がよく起こる場所です。 痛みの急性発作は7~10日でおさまっていくことが多いですが、の人に、繰り返し起こります。 発作を繰り返すと関節自体にも変性変化が生じてきます。 痛みがないときにも、の治療を継続して行うことが大切な病気です。 一度、内科あるいは整形外科を受診しておきましょう。 関節リウマチ 体の免疫システムが誤って自分の細胞を攻撃してしまう、の一種です。 特に関節に炎症を起こすことが特徴で、痛みや腫れなどが両側の多関節に現れます。 両側左右対称性に手指や手関節などの細かい関節に加え、股・膝・足の大関節にも起こりやすいといわれています。 症状として発熱、、倦怠感などを伴うことがあります。 症状が進行すると関節の破壊が生じ、曲げ伸ばしが難しくなり、・変形など日常生活に支障をきたすこともあります。 蜂窩織炎 ほうかしきえん 皮膚の脂肪組織など、比較的深い部分が細菌などに感染して炎症を起こす病気です。 体のどの部分でも発症しますが、手足などでは比較的起こりやすいといわれています。 を起こした部位は赤く熱を持って腫れ、痛みを伴います。 程度によっては発熱など、全身の症状を伴うこともあります。 受診の目安とポイント けがなどのきっかけがあるくるぶしの腫れや、突然激しい痛みを感じたような場合には早めに受診しましょう。 また、そこまで強い痛みでなくとも続いている、腫れてきているなどの場合にも一度受診が必要です。 原因によって専門の科目が分かれるものもありますが、くるぶしの腫れを主な症状として受診するなら、まずは整形外科でよいでしょう。 受診の際は、くるぶしの腫れはいつからあるのか、ほかにはいつからどんな症状があるのか、きっかけとなった出来事などをできるだけ詳しく医師へ伝えることがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に原因があり、くるぶしが腫れることもあります。 むくみ ふくらはぎの筋肉が衰え、血液を心臓に戻す力が衰えるとむくみが起きやすくなります。 また、お酒の飲み過ぎ、塩分の取り過ぎなどもむくみの一因です。 むくみを感じたら 筋肉量をキープするよう、毎日適度な運動を心がけましょう。 加えて、アルコールや塩分を取りすぎないよう食生活を見直すことも大事です。 また、むくみが強いときには手やローラーを使って、強すぎない程度に足のマッサージを行うのもよいでしょう。 足への負担 長時間の立ち仕事やスポーツなどは足に負担をかけることがあります。 足への負担もくるぶしの腫れの原因となります。 足への負担を軽減するためには 立ち仕事をしている人は適度に休憩をはさんだり、クッション性の高い靴を履くなどして、なるべく負担を軽減しましょう。 スポーツをしている人がくるぶしの腫れを感じた場合には、痛みや心当たりがなくとも一旦中止し、診察を受けたほうがよいでしょう。 良くならないときには 自分でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいることもあります。 筋力低下で生じるむくみは、起床時には軽減し、夕方になるにつれ悪化します。 起床時にもむくみが軽減しない場合には、下肢静脈血栓症や腎臓疾患の可能性があります。 一度、整形外科で相談してみましょう。

次の

英語で表現する「洋服」の種類の正しい知識と正しい呼び方

くるぶし 英語

A ベストアンサー 医用画像解析の研究者です。 以前病院に勤務しておりました。 シーネは、骨折の際、患部の固定を行うための添え木のことをさします。 医療では副子と呼びます。 ボール紙・木・竹・金属板・針金・ギプスなどが材料に用いられます。 一般的には、ハシゴ状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。 ギプス Gips はドイツ語の「石膏」から来た言葉で、患部全体を覆います。 最近は、石膏ではなくプラスチック製を多く使用しています。 軽く、X線写真診断にも影響が少ないすぐれものです。 半分に切って蓋のようにしたギプスシャーレなんて言うのもあります。 一般に、シーネ固定は単純な骨折や捻挫、手先、足先、首、鼻など、比較的短期間の固定に用いられます。 ギプス固定は、2関節以上にまたがる固定、複雑骨折や重篤な捻挫、靭帯損傷など、長期にわたっての固定に多く用います。 Q とくに自覚症状はありません。 (体力がないとは思います) 安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。 半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。 って医師に言われていました。 そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。 でも経過観察。 コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。 まさか、動脈硬化になってきているとか? 食事は不規則で脂っこいの好きです。 ファーストフードで済ませることも多いです。 運度はほとんどなし。 休みの日は食べては寝ての繰り返し。 ストレスは大。 競争心は強い方かなあ。 20代半ば。 まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか? また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか? A ベストアンサー V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。 自覚症状なし、血圧もまったくの正常、 血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。 影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。 でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。 大丈夫ですよ。 原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。 ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。 10年禁煙で非喫煙者並になります。 心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。 そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。 「痛い気がする」というのもその可能性があります。 もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。 V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。 自覚症状なし、血圧もまったくの正常、 血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。 影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。 でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。 大丈夫ですよ。 原因ははっきりわか...

次の