中村 医師 海外 の 反応。 【アフガンでの中村哲医師 銃殺事件】海外の反応

中村哲医師の名言まとめ!活動への家族や海外の反応は?【アフガン画像】

中村 医師 海外 の 反応

や日本だけでなく、世界中からその死を悼む声があがっている。 12月4日、アフガンで人道支援に取り組んできた日本人医師の中村哲氏(73)が現地を移動中に銃撃され、死亡した。 同国で長期にわたり取材活動を続けた報道カメラマンの横田徹氏も、中村医師の活動を間近で見続けた一人だ。 横田氏が思いを綴る。 * * * 突然の訃報に驚きを禁じ得ない。 長い戦乱が続くアフガニスタンで現地住民のために農業支援や医療支援を行うNGO「ペシャワール会」の現地代表・中村哲医師が殺害された。 報道によると、中村医師は2002年頃から活動拠点にしていたアフガン東部のジャララバードを車で移動中、自動小銃を持った男らに襲撃され、同乗していた運転手や警備員ら5人とともに殺害されたという。 犯行の手口をみると、中村医師の襲撃は用意周到に計画されたものだったことがわかる。 犯人らはその時刻にその場所を中村医師が通ることがわかったうえで待ち伏せし、警備員に反撃する間も与えないほどのスピードで襲撃した。 身代金目的の誘拐などではなく、初めから中村医師を殺す目的だったのだ。 私自身、中村医師と直接の面識はないが、かつてペシャワール会の日本人スタッフを取材した経験があり、その理念や活動ぶりに深い感銘を受けていた。 治安回復や復興支援のため、米軍を始め世界中から様々なNGOがアフガンにやってきて活動しているが、その多くは欧米流の価値観や効率的な方法を押し付けてしまうため、活動が現地で受け入れられることは難しい。 特にアフガン東部、パキスタンと国境を接するパシュトゥン人が多く住むエリア(中村医師の活動拠点ジャララバードを含む)は、伝統に根差した生活文化を重んじる傾向が強いことで知られる。 そうした文化背景を持つ土地で、中村医師は彼らのことを理解し、現地の人々の歩調に合わせるようにして農業指導に取り組んでいた。 私の印象では、彼らの流儀と日本人の文化や価値観が互いに通じ合える部分を見つけては、一緒にプロジェクトを作ってきたように思える。 その結果、中村医師が指揮して現地スタッフらと掘った井戸は1600本、農業向けの灌漑用水路は13本に上る。 そもそも医師である中村氏は、農業や土木の専門家ではない。 30年近く、アフガン復興のために人道支援活動を続けてきた中村医師が、なぜ今、殺されなければならなかったのか。 外国人ともなれば、余計に目立ってしまう。 私がパシュトゥン人地域で長期取材をする際には、決して目立たないようにホテルには泊まらず信頼するコーディネーターの家に潜み、髭を生やし現地で調達した衣服に身を包んで、車で移動の際も身を晒さないようにして外国人だとわからないような配慮が必要だった。 もちろん、中村医師も私以上の注意をしながら活動していたはずだ。 ここ最近の治安の悪化についてご自身も語られていたという。 実は最近、アフガン社会に根差した活動をしてきた中村医師を取り巻く状況に、ある変化が起きていた。 2018年2月にアフガン政府から勲章を、今年10月にはガニ大統領から「名誉市民権」を授与されたのだ。 現在もアフガニスタン全域で武装組織タリバンや「イスラム国」(IS)の関係組織が跋扈し、首都カブールでは、タリバンによる自爆テロが相次いでいる。 ガニ大統領に反目する勢力もあるだろう。 にわかには受け入れがたいが、アフガニスタン国内で外国人が有名になるということは、そうしたテロの標的になりやすいことを意味するのだ。 政治テロの実行犯は、犯行のインパクトや標的のネームバリューを重視する。 国連スタッフや現地大使館が標的になるのも同じ理由からだ。 中村医師を襲った悲劇の背後には、そうした事情があるように思えてならない。 「高齢になったこともあり、中村先生は自分がいなくなった後もアフガン人の現地スタッフが事業を継続できるように、用水路の工法から維持管理の方法までを書いた教科書を作成していたそうです。 2008年に同僚だった伊藤和也さんが殺害された後、何とか事業を継続して節目を迎えた2011年、アフガンに残ると希望した私に中村先生は、『若い君には人生まだまだ先がある』と日本へ帰るよう言いました。 現地で活動するのは先生だけで大丈夫だろうかと思っていましたが、その先生がいなくなってしまうなんて……」 杉山氏はそう声を詰まらせた。 中村医師は現地の危険を十二分に理解し、将来ある若い日本人スタッフをこれ以上犠牲にはできないと判断したのだろう。 私も経験したように、アフガンはまるで中毒のように離れがたい気持ちになる不思議な国だ。 一度、あの地に足を踏み入れると、そこでの人間関係の構築や身を守る危機管理など、自分が持つすべての能力が試される状況が連続して発生する反面、他では得難い出会いや経験が待っている。 おそらく中村医師も、アフガンのそうした魅力に取りつかれた一人だったのではないだろうか。 中村医師が目指したのは、アフガンの人びとが水を飲めるようになり、食料の自給自足ができることだった。 危険を顧みず、自分の人生の全てをアフガンの人々の為に費やすことなど中村医師以外の誰ができるだろうか。 私は、今こそJICAなど日本政府が中村医師の遺志を継ぐべきだと考える。 労働者の育成や、用水路は定期的なメンテナンスが必要になる為、これまで以上に、現地スタッフへの支援体制を充実させ、アフガンの復興に貢献してほしいと願う。 中村医師が亡き今、我々は決してあなたたちを見捨てないという想いを伝えるために。 【プロフィール】よこた・とおる/1971年茨城県生まれ。 1997年のカンボジア内戦からカメラマンとして活動開始。 アフガニスタン、イラク、シリアなど世界の紛争地を取材。 著書に『戦場中毒』(文藝春秋刊)がある。 外部サイト.

次の

中村哲の名言や家族は?海外の反応も

中村 医師 海外 の 反応

あまりに突然で痛ましい知らせに、悲憤と悔しさがこみ上げて仕方がない。 その活動は、世界にも類例のない草の根の国際貢献だった。 戦火と干ばつによって荒廃したアフガニスタンの大地で、人々の暮らしを支え続けた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師(73)が12月4日、現地で凶弾に倒れた。 中村さんの活動は、戦争や内戦がもたらす恐怖と悲惨のすぐ傍らで続けられてきた。 文字通り命懸けの「丸腰の途上国支援」だった。 今、深い悲しみとともに、そう実感するばかりだ。 中村さんは、武力や軍事力で自分を守ることができるという考えを「迷信だ」と一蹴していた。 「暴力に対して暴力で報復するのではなく、人が餓死するような状態を解消しなければテロは根絶できない」と強い口調で語り、アフガン復興に全てをささげて取り組んだ。 「平和の維持には戦争より勇気と忍耐がいる」非業の死を前に、私たちは中村さんから託された、このメッセージを決して手放してはならない。 引用元: 1 : 海外の反応 医師として普通に日本で仕事をしていたら、裕福な暮らしが出来ていただろうに。 彼は本当に聖人だったんだな。 2 : 海外の反応 中村先生のように偉大な方が犠牲になってしまった。 非常に辛いです。 貴方に助けられた多くのアフガニスタン人は決して貴方を忘れることはありません。 素晴らしい功績を残されました。 3 : 海外の反応 勇敢で慈愛に満ちた中村先生に、敬礼! 4 : 海外の反応 アフガニスタンで命を奪われるなんて… 酷すぎるよ。 安らかにお眠り下さい。 6 : 海外の反応 彼のような人のことをヒーローと呼ぶんだね。 7 : 海外の反応 彼が殺害されたというニュースを知って、彼が何をして来たかを調べ始めたんだ。 25kmにも及ぶ用水路を1から作り上げ、多くのアフガニスタン人の命を救ったことを知ったとき、思わず涙してしまったよ。 彼はもういなくなってしまったけど、彼の意志を受け継いで活動を続けていけば、アフガニスタンから争いを無くすことが出来ると思う。 8 : 海外の反応 何てことしてくれたんだよ。 どれだけこの人がアフガニスタンに尽くして来たか。 9 : 海外の反応 犯人と思われる2人が拘束されたらしいぞ。 10 : 海外の反応 ご遺体が彼の出身地である九州に到着したって。 そこで埋葬されるんだ。 彼の死は日本で大きなニュースになってるよ。 12 : 海外の反応 彼の人生に感銘を受けたよ。 13 : 海外の反応 西洋文明がいけないんだ。

次の

【海外の反応】アフガンで死亡した中村医師に対し、海外からはパキスタンの関与を疑うコメント

中村 医師 海外 の 反応

彼は、医療支援から農業支援に舵を切り、用水路を作ったんだよ。 アフガニスタン人と一緒にね。 用水路建設には、じゃかごとかの昔の日本の治水技術を取り入れ、アフガニスタン人が管理できるようにしている。 いい仕事をされてると思う。 >なかむら・てつ 1946年福岡市生まれ。 九州大学医学部卒。 NGO「ペシャワール会」現地代表、PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長。 専門は神経内科(現地では内科・外科もこなす)。 国内の診療所勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州の州都のペシャワールに赴任。 ハンセン病を中心としたアフガン難民の診療に携わったのをきっかけに、井戸・水路工事による水源確保事業など現地での支援活動を続ける。 日本政府は1000億円以上の援助資金をアフガンに提供していたが その多くが欧米の援助団体に分割配布された そして、米軍や欧米の援助団体もこの付近で多くの水利施設を作ってきた ところが、現地は欧米人にとって危険なこともあり 下請け企業に丸投げで、基礎工事がなっていない工作物が多く、また 川の生理にも反する工事だらけで、洪水を誘発したり数年でダメになったりしている ペシャワール会の工事でもそうした施設の作り直しが多いように見受けられる ペシャワール会はわずかばかりの個人の寄付を中心にして 現地でも決して高くない賃金で現地の農民を雇い、蛇籠など日本の伝統技術を使い ドクターサーブ中村の強い意志と学習能力で、異常事態に対処して修正を繰り返しながら 現地の人達の意思を尊重して、粘り強く作業を続けて来た。 その結果だと思う SNSとスマホの普及で、見出しばかりで 悪口レッテル貼りとか手柄の横取りとか権力者への忖度ばかり広まってしまうのは残念だ.

次の