コロッケ 1個 カロリー。 【管理栄養士監修】コロッケのカロリーとカロリーオフする食べ方

丸亀製麺 コロッケの正確なカロリー量&栄養成分について

コロッケ 1個 カロリー

2g) 218 4. 0 15. 4 14. 4 13. 8 271 253 出典:文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂) カニクリームコロッケは、大きさにもよりますが1個あたり218kcal、糖質は13. 7gが含まれています。 やはり、 高カロリー・高糖質な食品ですね。 一般的に1人前は2個のことが多いので、1人前あたり436kcal、糖質は27. 4gということになります。 お茶碗1杯分のでもカロリーは269kcal、糖質は58. 9gなので、白米と比較してもカロリーが高いことがわかります。 カニクリームコロッケが高カロリー・高糖質になってしまうのは、何が原因なのでしょうか?深掘りをしていきたいと思います。 また、上記のカニクリームコロッケはズワイガニ10g、10g、10g、14g、8g、塩0. 2g、パン粉3g、サラダ油6g、3gを材料として使用していることを仮定しています。 カニクリームコロッケ1個(64. 2g)にどれくらいの油が吸収され、カロリーが上がっているのか考えてみましょう。 2g)には、 6. 42gの油が吸収されていることになります。 一般的に揚げ油に使用されるサラダ油は、大さじ1杯(12g)で111kcalです。 これを参考に吸収された油のカロリーを算出すると、カニクリームコロッケ1個には 油だけで約59kcalもカロリーが上乗せされていることになるのです。 このように考えると、ダイエット中に揚げ物は控えようと思いますよね。 【高糖質の原因】小麦粉や牛乳、バターが材料のホワイトソース カニクリームコロッケの材料をざっくりと分けてみると、カニ・ホワイトソース・衣の3つになります。 この3つのなかで、圧倒的に糖質が高いのが 「ホワイトソース」です。 ホワイトソースは小麦粉や牛乳、バターを加熱しながら混ぜたソースです。 小麦粉は100gあたり糖質73. 4g、牛乳は200g(コップ1杯)あたり糖質9. 6gと、どちらも高糖質になっています。 つまり、 ホワイトソースは糖質の塊と言っても過言ではないのです。 カニクリームコロッケは、そのホワイトソースを成形して揚げている料理であるため、糖質が高くなっています。 2g) 218 4. 0 15. 4 14. 4 13. 4 8. 2 10. 5 10. 8 8. 9 15. 2 15. 1g) 236 6. 3 13. 0 22. 4 20. 0 出典:文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂) カニクリームコロッケと似ているコロッケ類のカロリー・糖質を比較してみましょう。 1個あたりの大きさが異なることを考慮しながら比較すると、全体的に大きな差はないようです。 しかし、 男爵コロッケやかぼちゃコロッケは高糖質食品の芋類を使っているため、ホワイトソースを使っているクリームコロッケ類より糖質が高くなっています。 ダイエット中にコロッケ類が食べたくなった場合、上記のようにカロリー・糖質に大きな差がないときは男爵コロッケやかぼちゃコロッケなどの 腹持ちが良いものを選ぶことをおすすめします。 腹持ちが良いと、その分間食を減らすことができるので、結果的に1日の総摂取カロリーを抑えることに繋がるのです。 また、コロッケ類にはソースをかけることが一般的ですが、ソースにもカロリー・糖質は含まれています。 ソースのかけすぎには注意しましょう。 上記の表のコロッケ各種は、以下の材料で作られていることを仮定しています。 クリームコロッケ:生クリーム10g、サラダ油9g、41g、3. 3g、パン粉5g、5g、5g、6. 5g、固形コンソメ1g、塩1g• 男爵コロッケ:サラダ油9g、50g、15g、パン粉4g、2. 8g、6g、7g、こしょう1g、塩1g• かぼちゃコロッケ:50g、6g、6g、7g、塩0. 4g、こしょう0. 2g、2. 5g、1g、8g、パン粉8g、サラダ油9g、8g に関する記事もご覧ください。 【メーカー別】冷凍カニクリームコロッケのカロリー・糖質 カニクリームコロッケはホワイトソースを作ったり、成形して揚げたり、家で作るには大変な工程が多い料理です。 そんな時に便利なのが、 冷凍カニクリームコロッケです。 お弁当用から業務用、コンビニで買える商品などを集めました。 4 3. 7 5. 8 5. 8 出典:ニッスイホームページ ニッスイから販売されている お弁当用のカニクリームコロッケです。 お弁当用なので1個あたりが23gと、小ぶりなのが特徴ですね。 小ぶりな見た目ですが、中身のクオリティは高くなっています。 本格ソースと白ワインによって、カニの旨味が引き出されています。 すでに油で揚げてある商品なので、これ以上カロリー・脂質が増えることはありませんが、 糖質が高いことが気になります。 1個23gと小さいのにも関わらず、5. 8gの糖質が含まれているので、糖質制限中のお弁当には入れない方がいいかもれません。 6 6. 1 17. 8 17. 8 出典:マルハニチロホームページ マルハニチロから販売されている業務用のカニクリームコロッケです。 マルハニチロが 惣菜店などに卸している商品なので、惣菜店で買ってきたようなクオリティの高いカニクリームコロッケを家で食べることができます。 惣菜店に卸している商品ですが、一般の方でもマルハニチロダイレクトから購入が可能です。 蟹クリーミーコロッケは、惣菜店に卸している商品だけあってしっかりと作られています。 しかしその分、 カロリー・糖質も高いというデメリットもあるのです。 さらに、この栄養成分値は調理前の値なので、油であげることによってさらにカロリー・脂質アップが考えられます。 ダイエット中には向かない商品でしょう。 2 5. 9 9. 6 9. 6 出典:ローソンホームページ コンビニでも、冷凍カニクリームコロッケが販売されています。 ローソンでは1個40gのカニクリームコロッケが4個入っている商品が販売中です。 ソースをかけなくても美味しく食べられるくらい、しっかりと味付けされています。 冷凍食品の揚げ物特有ですが、衣がサクサクしていないことが気になるポイントです。 カロリー・糖質を見てみると、1個40gと小さめであることからカロリー・糖質が低いように思います。 しかし、他のカニクリームコロッケの量と比較して考えると、同じくらいなので 特別低いということではありません。 栄養成分標示に書かれている数字だけを見て、低カロリー・低糖質と判断するのは危険なので注意しましょう。 9 13. 4 9. 6 出典:ファミリーマートホームページ ファミリーマートでもカニクリームコロッケが販売されています。 1個60gのカニクリームコロッケが2個入っている商品です。 衣が厚めなのが特徴で、そのおかげか電子レンジで加熱しても衣のサクサク感が残っています。 カロリー・糖質を見てみると衣の厚さが関係しているのか、 カロリーが非常に高くなっています。 衣が厚い分、油の吸収率が上がってしまったのかもしれません。 糖質はカニクリームコロッケのなかでは平均的ですが、高糖質にあたります。 ダイエット中には避けた方がいい商品と言えます。 【ダイエット中におすすめ】カニクリームコロッケの糖質制限レシピ ダイエット中でも、カニクリームコロッケを食べたい時がありますよね。 そんな時にお助け役になる、糖質制限レシピをご紹介します。 カニクリームコロッケの糖質を抑えたい場合は、ホワイトソースを何かで代用することがポイントになります! 糖質制限レシピ1:おからホワイトソースで 揚げないカニクリームコロッケ 出典元: ホワイトソースの小麦粉をおからパウダー、牛乳を豆乳に代用し、衣を付けずに油揚げの中にソースを詰めたカニクリームコロッケです。 カロリー ・糖質は、 1個あたり184kcal、糖質3. 0gに抑えています。 おからの栄養成分値は以下の通りです。 1 13. 6 52. 3 8. 8 1. 6 6. 3 1. 6 0. 3 15. 0 14. 5 出典:文部科学省<日本食品標準成分表>2015年版(七訂) 上記の表を見てわかるように、 おからパウダーは低糖質食品です。 ホワイトソースに使用する量は大さじ2杯なので、糖質は1. 0gということになります。 小麦粉大さじ2杯の糖質と比較すると、 約14分の1になっていることが分かります。 大幅な糖質カットができるので、おすすめです。 衣をつけずに油揚げにソースを包み、オーブントースターで焼くことで香ばしい香りは感じられますが、カロリーを抑えられます。 他の揚げ物でも使えるカロリーカット方法なので、ぜひ活用してみてください。 、、に関する記事もご覧ください。 通常のカニクリームコロッケと異なる点は、形状ですよね。 カニクリームコロッケは俵型にして揚げるのが一般的ですが、こちらのレシピは器にソースをいれ、その上に炒めたパン粉を乗せています。 この 手軽さがポイントです!口に入ってしまえば、形を整えていても、いなくても関係ありません。 また、 パン粉を必要最小限のオリーブオイルで炒めているので、余分な油を吸収することがありません。 パン粉のカラッとした香ばしさを感じながらも、カロリーカットできているのでダイエット中でも安心して食べることができますよ。 カニクリームコロッケのカロリー・糖質まとめ 出典元: カニクリームコロッケのカロリー・糖質について、ご紹介しました。 カニクリームコロッケは、カロリー・糖質の高さはイメージしやすい料理です。 そのせいでダイエット中に食べることを諦めてしまうと思いますが、糖質を大幅カットできる糖質制限レシピも存在します。 糖質制限レシピを活用して、ダイエット中でも美味しいカニクリームコロッケを食べちゃいましょう!•

次の

気になるコロッケのカロリーは?手作りコロッケと惣菜コロッケの種類別カロリーの差を徹底解説!

コロッケ 1個 カロリー

コロッケのカロリーは、1個あたり181kcal。 冷凍コロッケを油で揚げたポテトコロッケのカロリー。 じゃがいも・牛ひき肉・卵・玉ねぎ・パン粉などの材料を混ぜて成型し、油で揚げるポテトコロッケは高カロリー。 スコップコロッケのように、電子レンジで加熱した後、油で揚げず、オーブントースターなど焼いて調理すれば、芋コロッケをカロリーオフできる。 0g(83kcal)の油が吸収される。 油で揚げて脂質の割合が増えたポテトコロッケはカロリーが高い。 ポテトコロッケは、マヨネーズやといったハイカロリーのオイル系調味料と相性が良い。 ポテトコロッケは、ポテトグラタンやにアレンジ可能。 コロッケに含まれている食品のカロリーと栄養 食品名 カロリー 重さ たんぱく質 脂質 炭水化物 カリウム 食塩 83kcal 9g 0g 9g 0g 0mg 0g 38kcal 50g 0. 8g 0. 05g 8. 8g 205mg 0. 65g 34kcal 15g 2. 85g 2. 27g 0. 08g 46. 5mg 0. 02g 15kcal 4g 0. 58g 0. 27g 2. 54g 6mg 0. 05g 10kcal 2. 8g 0. 01g 0. 01g 2. 41g 0. 22mg 0g 10kcal 6g 0. 77g 0. 6g 0. 02g 7. 8mg 0. 02g 3kcal 7g 0. 07g 0. 01g 0. 62g 10. 5mg 0. 11g 4kcal 1g 0. 11g 0. 06g 0. 68g 6. 8mg 0g 0kcal 1g 0g 0g 0g 1mg 0. 99g.

次の

丸亀製麺 コロッケの正確なカロリー量&栄養成分について

コロッケ 1個 カロリー

コロッケは糖質高め ジャガイモや玉ねぎ、牛肉などを材料とした一般的なコロッケは糖質が高めです。 1個(60g)あたりだと約15. 2g、 100gあたりだと約25. 3gもあります。 糖質が高いとされるご飯や麺などを含まないのに糖質が高い理由は主にジャガイモですね。 ジャガイモは野菜類の中でも糖質が高い方で、100gあたり約16. 3gの糖質を持っています。 野菜といえば糖質一けた台が多いわけで、10g越えは野菜の中ではかなりの高糖質。 食品全体から見ても高い方です。 そのため、ジャガイモをメインとするコロッケは糖質が高め。 これに加えて揚げる際にパン粉を使うのもよくありません。 パン粉は乾燥したパンを粉状にしたものであり、元をたどれば小麦粉です。 小麦粉は糖質の塊と言っても過言でない食品。 少量の使用でも糖質を大きく増やします。 このことから、糖質制限中のコロッケには注意が必要です。 サイズの大きなものなら1個で糖質20g越えも当たり前。 他のメニューと合わせて糖質目安をオーバーしないよう気を付けましょう。 ちなみに、玉ねぎも決して糖質が低いとは言えない食品です。 使用量が少ないから目立ちませんが、大量に使う場合は糖質を増やす原因になると思ってください。 コロッケはカロリーも高め コロッケのカロリーは 1個(60g)あたりだと98kcal、 100gあたりだと164kcalほどと言われています。 極端に高いことはありませんが、やはり揚げ物であることから高めの部類。 このカロリーのうち半分程度は油によるものです。 ジャガイモについては糖質こそ高いもののカロリーはそこそこですし、カロリーの高い牛肉も使用量が少ないため目立ちません。 ここにソースやマヨネーズなどの調味料を加えると、1個で150kcalや200kcalを超える恐れもあるので気を付けてください。 特にマヨネーズは100gあたり700kcal以上もあるモンスター調味料。 ちょっとのかけすぎがカロリー的には大打撃となります。 糖質の低いコロッケもある コロッケは工夫次第で低糖質な食品になる一品です。 先ほど説明したように、コロッケの糖質の多くはジャガイモによるもの。 つまり、ジャガイモを除いてコロッケを作ることが出来れば糖質量を抑えることが可能なわけです。 有名なものとしてはクリームコロッケでしょうか。 ただ、クリームコロッケの場合はホワイトソースに小麦粉が使われているため、そこまでは低糖質化できないかもしれません。 おすすめの方法としてはジャガイモを本当に低糖質な食材に切り替えてしまうことで、ネットではおからが人気のようです。 おからは100gあたりの糖質が2. 5gしかないヘルシーな食材です。 それでいて栄養はたっぷり。 これをジャガイモの代わりにすることで、コロッケの糖質は大幅に抑えられるでしょう。 単純に、コロッケ1個に使うジャガイモが50gだとして糖質量は約8. 対しておから50gの糖質量は約1. つまりは、ジャガイモをおからに切り替えるだけでコロッケ1個の糖質が約6. 9gも減量できるのです。 また、おからと合わせてゆで卵を使用する例もあるようですね。 卵も1個あたり糖質0. 2g程度と優秀な食材なので良い発想だと思います。 後は単純に牛肉の割合を多くするだけでも糖質カットになりますよ。 糖質制限中でもコロッケが食べたい方はぜひチャレンジしてみてください。 ちなみに、ソースも糖質は高めなのでかけすぎないようにしてくださいね。 私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?.

次の