ゲーム 実況 者。 ゲーム実況の始め方【初心者でもこれ1本で丸わかり】

暇な日はゲーム実況!女性YouTuberおすすめランキング10選

ゲーム 実況 者

2018年7月3日 更新 ニコニコ動画やYoutubeでのゲーム実況がブームになってから数々の人気実況者が出現しました。 実況者の数がものすごく多いので、「どれを観たらいいかわからない」といった方もいるかと思います。 そこで今回は、僕がおすすめする「面白いゲーム実況者」をジャンルごとにご紹介いたします。 ぜひ動画選びの参考にしてください。 スポンサードリンク• 『アイドル人気』系 レトルト (出典:) 親しみやすい性格と明るいトークが持ち味のゲーム実況者。 ニコニコ動画のゲーム実況者としてはかなりの古参です。 プレイするゲームはメジャーなものからマイナーなものまで幅広く、またその本数も膨大なのですべてを観るのは大変ですが、どれもきっと楽しめるはず。 【おすすめの動画】 『レトルト』実況まとめ キヨ (出典:) ゲーム実況者グループ『最終兵器俺達』のメンバー。 とにかくしゃべる人。 勢いのあるトークで視聴者を盛り上げます。 公式放送の出演や他の人気実況者とのコラボ企画など、最近では露出の頻度が多いのも特徴です。 【おすすめの動画】 『キヨ』の実況まとめ セピア (出典:) 任天堂ゲームを中心にプレイし、丁寧で落ち着いた語り口調で人気の実況者。 高い編集技術から作り出される力の入ったOP、EDは必見です。 普段の落ち着きとは裏腹に、ホラーゲームをプレイした時に終始絶叫する姿も面白い。 【おすすめの動画】 『セピア』の実況まとめ 赤髪のとも (出典:) YouTubeを中心に活動しているゲーム実況主。 どんなゲームでも明るく、楽しそうにプレイするので観ているこっちも自然と笑ってしまいます。 個性豊かな仲間と一緒に実況することも多く、その賑やかな雰囲気は他のゲーム実況者ではなかなか観ることができません。 【おすすめの動画】 『赤髪のとも』の実況まとめ 『ワイワイ盛り上がれる』系 幕末志士 (出典:) ゲーム実況界の「生ける伝説」。 ニコニコ動画の古参ユーザーなら"緑の悪魔"という言葉に聞き馴染みがあるかもしれません。 西郷隆盛と坂本龍馬の二人が織りなす軽快なトークは捧腹絶倒間違いなし。 2014年に投稿した『』はゲーム実況動画としては前人未到の1000万再生を突破。 まだまだ伸び続けています。 投稿動画数はそれほど多くないものの、投稿した動画はすべてがおもしろいのでぜひ一通り観ておくことをオススメします。 【おすすめの動画】 『幕末志士』の実況まとめ 塩 (出典:) 『クロックタワー』などホラーゲームの絶叫プレイから、『ぼくのなつやすみ』のようなほのぼした動画まで、幅広い実況スタイルに定評がある実況者。 友人である『胡椒』とのホラーゲーム実況や、歌い手 兼 実況者として有名な『まお』との実況などコンビでの実況も多数。 【おすすめの動画】 『塩』の実況まとめ M. ゲーム実況、楽曲制作、ライブイベントと、幅広い分野で活動しているのも特徴です。 4人それぞれの個性がめちゃくちゃ強く、終始カオスな展開になることも多いですが、それもまた魅力。 もっとも有名な動画は『』ですが、FPS好きの自分としてはFB777とeoheohの二人で実況している『』もおすすめです。 【おすすめの動画】 『M. S Project』の実況まとめ アブ (出典:) 軽快な語り口でトークを繰り広げる愛され系実況者。 名前の由来は血液型がAB型だからだそう。 実況者デビューは2009年とかなり早く、王道RPG、パーティ、アクション、フリーゲームとあらゆるジャンルの実況プレイ動画を挙げています。 アブさんの動画を巡っているだけで、知らないゲームにたくさん出会えるはず。 明るさとユルさを兼ね備えた魅力を持つ、不思議な実況者です。 【おすすめの動画】 『アブ』の実況まとめ 『やりこみ』系 ふぅ (出典:) ゲームに対する類まれなる知識とやりこみ、そして視聴者を煽るようなトークが魅力の実況者。 フロムソフトウェアの「ソウルシリーズ」をこよなく愛しています。 高いプレイヤースキルを持ちながら、視聴者を楽しませるためにミスした場面もしっかりと動画に残し笑いを誘う姿はまさに"ダクソ芸人"。 【おすすめの動画】 『ふぅ』の実況まとめ ただてる (出典:) 低音で渋い声と心地よいトーク、そして高いプレイヤースキルが持ち味のやりこみ系実況者です。 『ダークソウル』でのボス攻略や『パワプロ』のサクセスなどで見せる解説は「わかりやすい」の一言。 既プレイでも未プレイでも楽しめると思います。 【おすすめの動画】 『ただてる』の実況まとめ 『プレイが上手い』系 弟者 (出典:) 声優の大塚明夫さんと聞き間違うほどの「渋い声」と落ち着いた「語り口調」が魅力。 主にYoutubeを中心に活動しています。 特筆すべきはそのプレイヤースキル。 『コールオブデューティ』などのFPSで見せる腕前はプロゲーマー顔負けです。 気持ちいいくらい勝ち続けるので、その爽快感がクセになります。 【おすすめの動画】 『弟者』の実況まとめ せんとす (出典:) カプコンの『ストリートファイター』シリーズなどの格闘ゲーム実況で有名。 普段は丁寧な語り口調でありながら、ふとした拍子に発する"変な口癖"や擬音語連発、突然歌いだしたりとフリーダムなトークがハマります。 しかし格ゲーの腕は天下一品。 スト2時代から続く長い格ゲー歴で培われた立ち回りやコンボ精度は観る人を圧倒します。 以外に負けず嫌いなのも観ていて楽しいです。 【おすすめの動画】 『せんとす』の実況まとめ ガッチマン (出典:) サクサクと進めていく解説プレイングに定評のある実況者。 ホラーゲームの実況も多いですが、淡々としていて落ち着きのあるトークが恐怖感を和らげてくれます。 既婚者であり、奥さんの『トラちん』も実況者なのでたまに動画に登場することも。 娘さんもいるようです。 『トラちん』は、ゲーム実況者である夫の生態を描いた本も出版しました。 【おすすめの動画】 『ガッチマン』の実況まとめ ハセシン (出典:) 『コールオブデューティー』シリーズを中心としたFPSゲームを実況しているプレイヤー。 その腕前はかなりのもので、常人には理解できない反応速度で次々とキルしていくさまは観る者を魅了します。 しゃべりも達者で、FPSという展開が早いゲームでも途切れることなくトークし続けることができる実況者です。 【おすすめの動画】 『ハセシン』の実況まとめ ななと 『スプラトゥーン』の実況動画を主にあげている実況者。 その独特のあいさつと、プロ顔負けのプレイスキルが魅了です。 新ブキや新ステージなどアップデートが来るたびに解説&プレイ動画を挙げているので、プレイヤーにとっても勉強になります。 立ち回りが上手く、どんなブキを使ってもしっかりと勝ち切るのがすごい。 【おすすめ動画】 『ななと』の実況まとめ 『縛りプレイ』系 レオモン (出典:) 金の色違いコイキングのみでクリアを目指す縛り実況動画、通称"金鯉"で一躍有名になった実況者。 「金コイキング」を釣るのに一か月以上かけたり、破損した動画データを取り直すためにもう一本同じゲームを買ってきてやり直すなど、自分の課した縛りに対するひたむきさは尋常ではありません。 長らく実況動画は休止状態にありましたが、2016年ついに復活。 今後のさらなる活躍に注目が集まります。 【おすすめの動画】 『レオモン』の実況まとめ リュウ 神縛り (出典:) 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』において、"神縛り"と呼ばれる30項目にもおよぶ縛りプレイで人気を博したゆっくり実況者。 "神縛り"の内容は既プレイ者なら誰もが閉口してしまうほど壮絶なものですが、失踪せずにきちんと完結させているのが素晴らしいです。 実況のおもしろさでは他の人たちが勝っている部分もありますが、『』は伝説的なプレイ動画になっているのでぜひ一度観ることをおすすめします。 【おすすめの動画】 『リュウ』の実況まとめ 純白紳士 デスキャノン (出典:) 『バイオハザード4』のゆっくり実況や検証動画が人気。 初投稿動画の『』は「初期アタッシュケース&初期体力」といった縛り内容であるものの、それを忘れさせるほどのサクサクとした攻略っぷり。 上記のシリーズは未完なので、いつか完結することを待ち望んでいます。 【おすすめの動画】 『純白紳士(デスキャノン)』の実況まとめ 鈴木けんぞう (出典:) 『ポケットモンスター ルビー』の最初の草むらでレベル100にするというトンデモない企画で、初投稿でミリオンを達成した期待の新人実況者。 通称レベリンガー(レベル上げする人)。 "ドM"とも取れるストイックさが売りで、「ツイッターの投票でそうなったから」と理由で、何百時間もかけて100レベルにしたポケモンをわざと逃がしたりと、もう見ているこっちの気が狂いそうなほど縛りプレイに固執しています。 投稿を重ねるごとにどんどん精神が揺らいでいく姿が最高に面白い。 実況動画というよりもドキュメンタリーを観ているような感覚に陥ります。 【おすすめの動画】 『鈴木けんぞう』の実況まとめ 『トークが魅力』系 トシゾー (出典:) 低音ボイスで流れるようにしゃべる関西弁が特徴の実況者。 時にはフリーダムなボケをかまし、また時にはゲーム内のキャラにツッコんだりと高いトーク力は聴いていて飽きが来ません。 一人での実況もおもしろいですが、友人の『じじぃ』と一緒にプレイした実況動画はボケとツッコミの応酬が笑いを誘います。 歌い手として有名な『Gero』とともに実況した『』も必見です。 【おすすめの動画】 『トシゾー』の実況まとめ ジャック・オ・蘭たん (出典:) 高いトークスキルとアドリブのセンスで視聴者を楽しませる実況者。 ニコニコ動画における「ゲーム実況者」最古参のひとり。 突然入る声まねやエンジンがかかった時の暴走ぶりなど、観ているとどうしても笑いがこみあげてきてしまいます。 【おすすめの動画】 『ジャック・オ・蘭たん』の実況まとめ towaco (出典:) ホラーゲームやちょっとマイナーなインディーゲームなどの実況で知られるプレイヤー。 落ち着いた雰囲気から放たれるするどいツッコミが持ち味の関西人です。 towacoさんの名を一躍知らしめたのは『』という動画ですが、個人的にはヤギが暴れまわる『』やプレイヤーが"食パン"になる『』などのマイナーゲームの実況が大好き。 通称「ヤギの人」。 牛沢さん、フルコンさん、湯毛さんと4人で「チーム湯豆腐」としても活動しています。 【おすすめの動画】 『towaco』の実況まとめ テラゾー (出典:) 秋田県出身のゲーム実況者で、丁寧なトークと視聴者に「笑いどころ」が伝わりやすい凝った編集が持ち味。 実況するゲームは「ロックマン」「デモンズソウル」などのアクションゲームから「サイレントヒル2」「学校であった怖い話」などのホラーゲーム、「マリオカート8」などのレースゲームと多岐に渡ります。 個人的に一番好きなのが「マリオカート8」の実況。 アイテムをぶつけられたり、ステージ外に落ちたときに見せる"ぶりっ子おじさん"がたまりません。 声やトークに嫌味がないので、誰にでも親しみやすい魅力を持った実況者だと思います。 【おすすめの動画】 『テラゾー』の実況まとめ 店員A (出典:) 『機動戦士ガンダムEXVS』シリーズなどを中心とした、ゲームセンターで稼働しているアーケードゲームの大会実況をしている実況者。 その名の通り、元ゲーセン店員です。 長年の実況生活で培われた豊富なネタの引き出しと実況クオリティはさすがの一言。 その高い実力が評価され、EXVS公式全国大会の実況なども務めています。 ゲーセン大会の実況ということでこれまでご紹介した方たちとはちょっとジャンルが違うかもしれませんが、僕が大好きなのでご紹介させていただきました。 【おすすめの動画】 『店員A』の実況まとめ 『お馬鹿でとにかく笑える』系 すぎる (出典:) 勢いのある関西弁でのトークが特徴で、絶叫・ツッコミ・暴言がとにかく面白い実況者。 ゲームプレイ自体は決して上手くはないものの、子供のような自由な発想から生み出されるアホな行動が視聴者を虜にします。 一度ハマったら抜け出せなくなること請け合いです。 【おすすめの動画】 『すぎる』の実況まとめ うんこちゃん (出典:) 6画面同時プレイのポケモン動画、通称"6ポケ"と呼ばれるとんでもない企画で有名。 トークも編集も生配信もおおざっぱさを感じるものの、むしろそこに味があってたまらなく好きな実況者の一人です。 とにかくすべてが規格外、斜め上を行くので、アクの強い人が好きなら必見かと思います。 【おすすめの動画】 『うんこちゃん』の実況まとめ 『ほのぼの癒し』系 キリン (出典:) 独特の語り口調と落ち着きある「訛り実況」が特徴。 ゲーム実況者としては2008年から活動しているのでかなり長めです。 ゆったりとしたトークとサクサクしたプレイングが心地よく、視聴者を考えた見やすい編集も定評があります。 のんびり作業しながら観る実況動画としてもおすすめです。 【おすすめの動画】 『キリン』の実況まとめ ひぽー (出典:) 明るくハキハキとしたしゃべりが可愛らしい女性実況者。 実のおばあちゃん、そして実兄と一緒にプレイした『』という動画で一躍有名になりました。 一生懸命プレイするおばあちゃんをサポートする兄妹の姿は新しいゲーム実況動画の姿を僕に見せてくれました。 微笑ましい事この上ありません。 【おすすめの動画】 『ひぽー』の実況まとめ まとめ ゲーム企業の協力もあり公式放送が増えたことで、今後もゲーム実況者の人気は高まっていくかと思います。 現在人気のある実況者やこれから出現するであろう新気鋭の実況者など、これからのゲーム実況界の動きには要注目ですね。 ゲーム実況を観るなら、高画質で動画の読み込みも早くなるプレミアム会員がおすすめです。

次の

ゲーム実況プレイ動画のプレイヤーの一覧とは (ゲームジッキョウプレイドウガノプレイヤーノイチランとは) [単語記事]

ゲーム 実況 者

実の兄弟である兄者(あにじゃ)と弟者(おとじゃ)に動画編集を担当するおついちを加えた3人で活動しており、チーム名は「TEAM-2BRO. アクションゲームやFPS・TPS、ホラー系ゲームの実況が多く、派手な演出などが無くテロップもほとんど流れないため、ゲームの動きに集中しやすくスッキリまとまっています。 鬼気迫るようなゲームもクスッと笑える実況のおかげで楽しく見ることができるので、ホラーゲームでも安心して視聴できます。 弟者の声が「メタルギアシリーズ」に登場するスネークに似ていると話題になったことがきっかけで知名度が上がったようです。 弟者だけでなく兄者も低めのよく通る声をしており、兄弟で実況している動画はどちらがどちらの声なのか迷うほど。 マスクで顔の半分を隠しているものの、端正な顔立ちを想像させる目元やはきはきした心地よい声が人気を集め、ゲーム実況というジャンルながら女性の視聴者も多い人気YouTuberです。 ゲーム実況以外にもドッキリや「やってみた」系の実写動画も多く公開されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。 ホラー系やストーリーもの、またいわゆる「バカゲー」と呼ばれるシュールなゲームの実況動画が中心で、続き物だけでなく単発でも楽しめるラインナップとなっています。 テロップや効果音の演出は基本的になく、ゲームの進行をじっくり楽しむことができます。 更にゲーム内のセリフなどを読み上げてくれるので、ボーっと眺めているだけでも、よそ事をしながらでも視聴しやすいのが魅力です。 高めのテンションとユーモアある解説が楽しいおすすめの実況者です。 当時はマインクラフトや青鬼などの実況を行っており、リアクションの大きさや元気いっぱいの実況が面白いと話題になったことで注目されるようになりました。 現在もテンションの高さは健在で、ゲーム攻略というよりも実況を聞くのが好きという方におすすめ。 更に長身で細身の体型とルックスの良さから女性ファンも多いYouTuberです。 1人で実況を行っているものの多くはホラーゲームで、すぐには理解できない不可思議な内容のゲームが目立ちます。 自分でやろうとは思わないけど内容が気になる……という方は1度チャンネルをのぞいてみてはいかがでしょうか。 また地元の同級生と組んだ「最終兵器俺達」というチームでの配信も行っています。 こちらはマリオパーティなどのパーティゲームが中心なので楽しんで視聴することができます。 「赤髪のとも」という名前はワンピースに登場する「赤髪のシャンクス」が由来だそうです。 中性的な声が特徴で、過去には女性説が流れていたことも。 ゲーム実況はマインクラフトが中心で、「ソーラ」「クミ」「wato」など様々な共演者とともににぎやかで楽しい動画を多くアップしています。 動画の本数が多くてどこから視聴すれば良いか迷うという方向けに、名場面集としてまとめられた動画も用意されているようです。 いずれのゲーム実況も色分けされたテロップが流れるなど誰が話しているのかが分かりやすいように編集されています。 趣味の料理や釣りなどを行っている実写動画も公開しており、毎日何かしらの更新が行われているので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 ニコニコ超会議への出演や、前述のキヨとのコラボ実況など視聴者を飽きさせない様々な取り組みをしており、10年以上という長い期間で人気を保ち続けています。 少し鼻声混じりの声で話す関西弁が特徴で、マイペースに楽しく実況配信を行っている印象です。 比較的ホラーゲームが多いのですが、明るい演出やテロップなどもなく、一緒になってハラハラドキドキを楽しめるのもポイント。 デスゲームやトラウマになりそうなゲームも多くプレイしており、視聴する時間帯は選んだ方が良さそうです。 いわゆる「バカゲー」と呼ばれるものや単発で楽しめるものもあるので、ホラー系がニガテな方はこちらがおすすめ。 RPGではよく長いテキストを読み飛ばしたり目的を忘れたりすることがあり、視聴者にいじられるなど愛されキャラとしても人気の高い配信者です。 配信を開始した当初はDIYやガジェットレビューなどが中心でしたが、2015年にマインクラフトの実況を開始してからはゲーム実況のYouTuberとして知名度を上げています。 実況のテロップが流れ、テレビ番組のような効果音や演出も盛り込まれた見応えのある動画が魅力です。 テンションも高すぎず低すぎず、長い動画でも飽きずに楽しめる内容にまとまっています。 またマインクラフトでは前回のあらすじのようなものが最初に入るなど、視聴者に嬉しい配慮もされています。 「カズクラ」という名前で毎日動画がアップされており、2019年だけでもすでに100本以上が公開されボリュームもたっぷり。 過去にはスプラトゥーンやパズドラ、モンストなどの実況も行っているようなので、マインクラフトはよく分からないという方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね。 実写動画もあるものの顔出しは一切行っておらず、誕生日や年齢なども公式発表がされていない謎多きYouTuberですが、落ち着きのある声や丁寧な解説が人気を集めているようです。 本人は「キムタク似」を豪語しているらしく、真実であれば相当なイケメンであることが予想されますね。 過去には引退騒動やちょっとした炎上騒ぎなどがありましたが、現在は穏やかな様子を取り戻しています。 事務所には所属しておらず、フリーのYouTuberとして活躍中。 ドラゴンクエストなどのRPGを中心に、バカゲーやスマホアプリなど幅広いゲーム実況を行っています。 青鬼の実況動画も多いのでシリーズ作品が好きな方にもおすすめ。 テロップなどはありませんが、聞きやすくて面白い動画になっているため、未プレイの知らないゲームでも楽しめるのではないでしょうか。 Games チャンネル登録者数 134万人 総再生回数 103,685,305回 よく実況するゲーム ・マインクラフト ・PUBG ・フォートナイト 実況者紹介 A. Gamesは「キズナアイ」というバーチャルYouTuberによるゲーム実況が行われているチャンネルです。 2017年にゲーム実況用のチャンネルが開設されると、「世界初のバーチャルYouTuber」として一躍話題となりました。 現在はバーチャルの枠を超え、テレビ番組や「サマーソニック」などのライブイベントへの出演などリアルの世界でも活躍しています。 PUBGなどのバトロワ系からカジュアルゲームまで幅広いゲームの実況を行っていますが、中でも数が多いのがホラーゲーム。 バイオハザードやINSIDEといったスリル満点のゲームとともに、キズナアイのかわいらしい解説が流れる不思議な空間を楽しむことができます。 比較的テンションが高くテロップもところどころに表示されるので、ホラーゲームはニガテという方でも意外とすんなり視聴できるかもしれません。 一緒にハラハラドキドキの展開を見守ってみてはいかがでしょうか。 もともとはお笑い芸人をされていたということもあり、テンションの高い実況と特徴的な笑い声が面白いと人気を集めています。 顔出しの実況動画や実写動画も多く、表情豊かにゲームをプレイする様子が楽しめます。 マインクラフトを中心に、にゃんこ大戦争やドッカンバトルなどスマホのゲームアプリも多数配信中。 ガチャを引く様子を載せているものもあるので、ついつい結果が気になって見入ってしまうのではないでしょうか。 テロップは少ないものの、オリジナルのキャラクターや効果音などの演出もあり個性が出ています。 またマインクラフトなどの実況生配信を行っていることもあるようなので、直接コミュニケーションをとってみたいという方はぜひチャンネル登録をしてチェックしてみてくださいね。 タイミングが良ければコメントに反応してくれるかもしれません。 実況歴は長いものの、まだ20代前半という若さでエネルギッシュな実況を行っています。 マインクラフトの実況が中心で、マインクラフト内で青鬼ごっこをするなどユニークで楽しい動画をたくさんアップしています。 またマインクラフトではぺいんとの他に「死神の巣」「クロノア」「トラゾー」を含めた4人で「日常組」としてコラボ実況を行うことが多く、ゆるくて楽しい会話を聞きながらゲーム進行を見守れるのでおすすめ。 シリーズ作品の場合は各動画の最後に次回予告を載せるなど、ついつい次の動画も見たくなる仕掛けが施されています。 この他、過去にはGMODやポッ拳など様々なタイトルの実況も行っているので合わせてチェックしてみてくださいね。 更に、ぺいんとは歌唱力の高さも評価されており、歌ってみた系動画の配信も行っているようです。 こちらもおすすめですので1度聴いてみてはいかがでしょうか。 マツコ・デラックスのアイコンと、本人によく似た声が特徴的です。 「GMOD」というゲームを使ったオリジナルの人狼ゲームが人気を集めており、「XYZ」「とっしん」「ながれ」などと一緒にプレイしています。 それぞれが非常に個性的なキャラクターをしているので、本家とは異なる軽快で面白い人狼ゲームを楽しむことができます。 また「Within」「Life After Us」「青鬼」などのホラーゲーム実況も多く配信しているようです。 怖がりながら進む様子からも、決してホラーが得意というわけではないようですが、一緒にハラハラドキドキの展開が楽しめるのでおすすめ。 自分では怖くてプレイできないという方は実況動画で行く末をチェックしてみてはいかがでしょうか。 この他、バカゲー系の配信もあるので、面白い作品が好きな方はそちらを視聴してみてくださいね。 チャンネル名からも分かる通り、ゲームのジャンルはホラー系が中心となっています。 リアルタイムでの実況動画もありますが、多くはプレイ済みの動画にあとから解説をつけているためスムーズに進行していくのが特徴。 ホラーゲームの実況にありがちな、驚いたり叫んだりといったリアクションもほとんどありません。 冷静な解説を聞きながらゲームを眺めることができるので、ホラーゲームがニガテな方でも安心して視聴できるのではないでしょうか。 もちろんホラー以外のゲームもプレイしていますし、前述のキヨやレトルトといった実況者とのコラボも行っているため、にぎやかな実況が好きな方はこちらがおすすめです。 現在は「DAYZ GONE」の配信が中心で、既プレイのゲームに落ち着きのある解説がついた見やすい動画となっています。 テロップや効果音なども無くシンプルな構成にまとまっています。 動画の中では「オサム」と名乗っており、ゲーム実況の他にも歌ってみた系の動画なども公開しています。 最近はフォートナイトを中心に配信しているようですが、単なるプレイではなく様々な説の検証を踏まえたユニークな動画になっているのが特徴。 「1人で2台操作してもバレないか?」「ロビーにいながら観戦しているフリをする」などフレンドを巻き込んだドッキリのような動画が面白いです。 きちんとオチも付いており、YouTuberとしてはまだ新人でありながら、完成度の高い構成と聞きやすい声が人気を集めています。 またオサミンティヌス3世は美声の持ち主として歌ってみた系の動画も人気が高いようです。 その他、顔出し無しの実写動画も配信しており、バラエティーに富んだYouTuberと言えます。 誕生日や年齢などの情報が一切公開されていないのも特徴で、これからの活躍とともに明かされていくのかどうかが楽しみです。 顔出しも無く、個人情報もほとんど公開されていないなど謎に包まれた存在ではありますが、ユーモアたっぷりの動画とアイコンに使われているペンギンのキャラクターが人気を集めています。 ペンギンのキャラクターは当初名前が無かったのですが、名前を募集した結果2017年に「ペンジー」と命名されました。 現在はペンジーのファンアートなども多く見受けられ、愛されている様子がうかがえます。 またしょうじは長くソロでのプレイ動画を配信していましたが、2018年頃より一部のリスナーとともに結成された「しょうじ一味」というグループでの配信を行うようになりました。 メンバーとともにプレイするフォートナイトの実況が人気を呼び、エンタメ性の高いにぎやかな動画を楽しむことができます。 思わずつられて笑いそうになってしまうような、特徴的な笑い声もポイントです。 知人にバレたくないという理由で顔出しや個人情報の公開はほとんどされていないようです。 荒野行動やGTA5の実況が人気で、ボイスチャットで煽ってくるマナーの悪いプレイヤーをボコボコにするという少し過激なプレイスタイルが特徴。 特にGTA5は18歳以上を対象としたゲームであるため、中学生など年齢に満たないプレイヤーを徹底的に追うといった独特の狙い方が賛否両論を呼んでいます。 それでもストレス発散になるといった理由から多くのチャンネル登録を集めており、炎上系配信という新しいスタイルを確立しています。 内容は好き嫌いが分かれるところですが、ブラックナイト山田は低くてよく通る声をしているので実況自体は聞きやすいのではないでしょうか。 1度見たら忘れられないアンパンマンのコスチュームと、子どもにも容赦ない攻撃的な発言が特徴の新しい実況者です。 もとはプロゲーマーとしてバトルフィールドをプレイしており、様々な大会で優勝するなど輝かしい成績を残しています。 メンバーとの確執によりプロゲーマーを引退したあと、フォートナイトやPUBGなどのFPS系を中心にゲーム実況を開始しました。 配信開始当初はゲーム実況だけでなく、物申す系の動画など過激な発言をしているものもあったようですが、現在はゲーム実況が中心となっています。 元プロゲーマーということもあってFPSの技術は高く、白熱のバトル展開を楽しみたい方におすすめ。 フォートナイト内でかくれんぼをしたり、マインクラフト内で攻城戦を行ったりとユニークなプレイ動画も多いので飽きずに視聴することができます。 サングラスをかけているので完全な素顔は分かりませんが、雰囲気のある見た目と明るい実況が人気のYouTuberです。 YouTuberとしてのみならず、声優やタレントとしても活躍しており、バラエティーに富んだ経歴の持ち主として人気を集めています。 ゲームはポケモンシリーズやぷよぷよが中心で、ぷよぷよに関してはプロライセンスも取得しているなどその腕前は本物。 しかし、自分が不利な状況になると通信を落としたり暴言を吐いたりするといったプレイスタイルから炎上することも多く、好き嫌いの分かれるプレイヤーでもあります。 動画にはテロップや効果音などはなく、シンプルで見やすい構成になっています。 もこうの実況も基本的には落ち着いており、ポケモン動画の中には5時間を超えるような時間の長いものもありますが、比較的飽きずに見ていられます。 10分程度にまとまっている単発実況の動画もあるので初見の方はこちらから視聴してみるのがおすすめです。 配信当初はモンスターハンターやドラゴンクエストなどの動画を配信していたようですが、現在はパズドラを中心にアイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズなどのスマホゲーム実況を行っています。 パズドラのキャラクターであるアルテミスを特別愛しており、過去にはアルテミスのイラストを描いた方とファンの間でトラブルもあったそうです。 プレイ中の解説は落ち着きがあり、常に一定のテンションで進んでいくので聞きやすいです。 実況が好きな方はもちろん、単に強敵攻略の参考として見てみても良いかもしれません。 余計なテロップや演出もないのでゲームの進行に集中することができます。 パズドラと言えば現在はピークが過ぎた印象もありますが、なっちのチャンネル登録者数は日に日に増えており、60万人近くのファンを抱える人気YouTuberとなっています。 サブチャンネルと実写チャンネルも別に開設されていますが、こちらは現在あまり更新されていないようです。 FPS系ゲームの実況が多く、特にフォートナイトでは多くのプレイヤーとコラボしながら楽しい会話が繰り広げられています。 会話テロップとともに、ところどころでユニークな演出が入るなど音声無しでも十分楽しめる構成となっています。 実況中のリアクションは大きく、叫び声が聞こえるなどテンションが高めのため、にぎやかな動画が好きな方におすすめ。 ただし中にはあまり品の良くない会話も見受けられるので、好き嫌いが分かれるタイプでもあるかもしれません。 名前も少しいかがわしい印象ですが、こちらはクレヨンしんちゃんの映画作品から取られているそうです。 普段は会社員として働いているとのことですが、顔出しでの配信も行っており、ルックスの良さからも人気を集めています。 まだ経歴が短いながらもチャンネル登録者は45万人を超えており、人気が急上昇しているYouTuberの1人となっています。 名前だけ見ると女性のYouTuberのように思いますが、さとみは男性であり、他の男性配信主とともに「すとろべりーぷりんす」というユニットを組んで生放送などを行っています。 歌ってみた系の動画もおすすめですのでぜひチェックしてみてくださいね。 はっきりとした顔出しはしていないようですが、部分的に公開されている写真からはイケメンの雰囲気が漂っています。 ルックスの良さと美声の持ち主ということで女性の視聴者が多いYouTuberでもあります。

次の

ゲーム実況とは (ゲームジッキョウとは) [単語記事]

ゲーム 実況 者

ゲーム実況のやり方 実況動画を作りたい• 実況動画を作りたいなら、まずはゲームを録画する方法をマスターしましょう。 録画中に自分の声を入れることもできます。 その後、動画編集のやり方を学びます。 ゲーム配信(生放送)がしたい• ゲーム配信をやりたいなら、ゲーム画面を視聴者に見せる方法をマスターしましょう。 ゲーム音や自分の声を流す方法も理解しておく必要があります。 キャプチャーボードを買いたい• TVゲームの画面をPCに映したいときに使うのが キャプチャーボードです。 キャプチャーボード早わかり ポイント• キャプチャーボードとは?• 据置型ゲーム機の画面をPCに映すための周辺機器がキャプチャーボードです。 ゲームの録画、 ゲーム配信に使えます。 ゲーム機はキャプチャーボードに接続します。 PCにゲーム画面を映してゲームをプレイします。 PCとの接続 USB 3. 0 USB 3. 0 USB 3.

次の