リアリティ バイツ。 リアリティ・バイツ

リアリティ・バイツ

リアリティ バイツ

jp リアリティ・バイツ 1994 Reality Bites音楽:• 劇中歌:「My Sharona マイ・シャローナ 」The Knack ザ・ナック … アルバム「」「」などや、『リアリティ・バイツ』のサントラに収録。 サントラは、ボーナストラック6曲が追加された10周年記念盤 全20曲 と、公開時にリリースされた通常盤 全14曲 がある。 彼女は自分たち世代を表現したドキュメンタリー制作を夢見ていた。 そこへMTV編成局長のマイケルが現れる…。 すべてが混合した90年代、その代表的若者世代「ジェネレーションX」を浮き彫りにした秀作だ。 過去の世代に反発しながらも、自分たちの答えが見つからない。 そんな世代をウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク、ジャニーン・ギャロファロ、スティーブ・ザーンの4人が見事に演じる。 監督兼、自ら少し世代が上のマイケルを演じるのは、これが監督デビュー作となったベン・スティラー。 リアリティ・バイツ=現実は厳しいという、若者たちの正直な実感をすくい上げた秀作だ。 Hassyさま、解りました。 超超超嬉しいです。 ありがとうございました。 映画公開時に観たっきりなので、覚えてないのですが、サントラには収録されてなさそうですか? Hassy• 映画やサントラの感想、ご質問、ご要望など。

次の

リアリティ・バイツ〜“厳しい現実”と直面したX世代と忘れ得ぬ名曲「Stay」|TAP the SCENE|TAP the POP

リアリティ バイツ

25周年記念上映に登壇した監督のベン・スティラー、ジャニーン・ガラファロー、ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク [c]2019 Tribeca Enterprises LLC 1994年に公開され、ジェネレーションXを代表する作品として人気を博した青春映画『リアリティ・バイツ』の公開25周年を記念する上映会が、NYのトライベッカ映画祭で行われた。 上映後に行われたQ&Aにはウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク、ジャニーン・ガラファロー、そして監督のベン・スティラー、脚本家のヘレン・チャイルドレスとプロデューサー陣が揃い、いまだから語れる製作秘話を明かした。 今でこそ人気俳優の3人だが、当時はベン・スティラーもイーサン・ホークも新人で、『シザーハンズ』 90 などですでに人気女優だったウィノナ・ライダーがこの映画を牽引したのだと言う。 最初に主演の打診を受けたウィノナがイーサン・ホークに電話し、「ベン・スティラーというMTVなどで活躍している監督が作る映画だから、絶対に出るべきよ!」と説得したのだという。 それに対しイーサンは「『ベン・スティラー?誰だ?』と答えたんだ」と明かすと、スティラーも、「こっちだって『イーサン・ホーク?誰だそれ?』って感じだったよ! 笑 」と返し、満席の会場から大きな笑いが起きていた。 【写真を見る】もう25年前!? 「イーサンとウィノナの無造作な髪型は、編集の段になって前のシーンとのつながりが保てなくなり、本当に苦労したよ」と明かした。 撮影の名匠との仕事についてスティラーは、「チボはすべてのシーンを夕暮れのように撮りたがっていた。 4人が暮らすアパートのシーンなんて、『火星にいるのか!? 』っていうくらいほの暗かったんだ 笑 」と思い返した。 ジェネレーションXを代表する作品として人気を博した青春映画! 脚本を手がけたヘレン・チャイルドレスは映画公開当時25歳で、初脚本がいきなりハリウッドのメジャースタジオによる映画化となった。 「そのことが多くの若い新人女性脚本家を勇気づけたと、いまだに言われます」とチャイルドレスが述べると、イーサン・ホークも「本当にウィノナのおかげなんだ。 彼女が強い意志を持って、若い女性が書いた物語を映画にしようと立ち上がってくれたから。 僕もウィノナにとても感謝している。 ウィノナが僕を信じてくれて、この役に推薦してくれた。 この役は僕の役者人生の軌道を形作る作品になったんだ」と語った。 ベン・スティラーは、「今日の上映は僕にとってとてもエモーショナルなものになった。 25年ぶりに多くの観客のみなさんと映画を観ることができたことと、そして25年経った今もこうしてみんなで集まれることにね」と感慨深そうに語った。 当日はサプライズ・ゲストとしてリサ・ローブ本人による弾き語りでエンドクレジットが流れた。 リサ・ローブはイーサン・ホークがやっていた劇団に所属していて、この映画のテーマにぴったりだから、とイーサンがベン・スティラーやプロデューサーに紹介してサウンド・トラックに収録された。 レコード会社と未契約のままビルボードで1位を取得し、映画のヒットに寄与したというエピソードも披露された。

次の

常滑市・半田市のレトロ居酒屋あうん屋(AUNYA)

リアリティ バイツ

25周年記念上映に登壇した監督のベン・スティラー、ジャニーン・ガラファロー、ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク [c]2019 Tribeca Enterprises LLC 1994年に公開され、ジェネレーションXを代表する作品として人気を博した青春映画『リアリティ・バイツ』の公開25周年を記念する上映会が、NYのトライベッカ映画祭で行われた。 上映後に行われたQ&Aにはウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク、ジャニーン・ガラファロー、そして監督のベン・スティラー、脚本家のヘレン・チャイルドレスとプロデューサー陣が揃い、いまだから語れる製作秘話を明かした。 今でこそ人気俳優の3人だが、当時はベン・スティラーもイーサン・ホークも新人で、『シザーハンズ』 90 などですでに人気女優だったウィノナ・ライダーがこの映画を牽引したのだと言う。 最初に主演の打診を受けたウィノナがイーサン・ホークに電話し、「ベン・スティラーというMTVなどで活躍している監督が作る映画だから、絶対に出るべきよ!」と説得したのだという。 それに対しイーサンは「『ベン・スティラー?誰だ?』と答えたんだ」と明かすと、スティラーも、「こっちだって『イーサン・ホーク?誰だそれ?』って感じだったよ! 笑 」と返し、満席の会場から大きな笑いが起きていた。 【写真を見る】もう25年前!? 「イーサンとウィノナの無造作な髪型は、編集の段になって前のシーンとのつながりが保てなくなり、本当に苦労したよ」と明かした。 撮影の名匠との仕事についてスティラーは、「チボはすべてのシーンを夕暮れのように撮りたがっていた。 4人が暮らすアパートのシーンなんて、『火星にいるのか!? 』っていうくらいほの暗かったんだ 笑 」と思い返した。 ジェネレーションXを代表する作品として人気を博した青春映画! 脚本を手がけたヘレン・チャイルドレスは映画公開当時25歳で、初脚本がいきなりハリウッドのメジャースタジオによる映画化となった。 「そのことが多くの若い新人女性脚本家を勇気づけたと、いまだに言われます」とチャイルドレスが述べると、イーサン・ホークも「本当にウィノナのおかげなんだ。 彼女が強い意志を持って、若い女性が書いた物語を映画にしようと立ち上がってくれたから。 僕もウィノナにとても感謝している。 ウィノナが僕を信じてくれて、この役に推薦してくれた。 この役は僕の役者人生の軌道を形作る作品になったんだ」と語った。 ベン・スティラーは、「今日の上映は僕にとってとてもエモーショナルなものになった。 25年ぶりに多くの観客のみなさんと映画を観ることができたことと、そして25年経った今もこうしてみんなで集まれることにね」と感慨深そうに語った。 当日はサプライズ・ゲストとしてリサ・ローブ本人による弾き語りでエンドクレジットが流れた。 リサ・ローブはイーサン・ホークがやっていた劇団に所属していて、この映画のテーマにぴったりだから、とイーサンがベン・スティラーやプロデューサーに紹介してサウンド・トラックに収録された。 レコード会社と未契約のままビルボードで1位を取得し、映画のヒットに寄与したというエピソードも披露された。

次の