おばさんストーカー。 ストーカーおばさん

騒音おばさんは被害者だった…実は創価学会員による集団ストーカーに立ち向かっていただけだった…

おばさんストーカー

好きな所から見てね• ベビーカーおばさんの犯行手口 1.階段でベビーカーを持ってもらう 2.お礼に手を繋ごうとする(恋人繋ぎ) 4.LINEとTwitterを聞かれる 3.大学の前までストーカー行為 以上がベビーカーおばさんの犯行手口です。 しかも ベビーカーおばさんがイケメンだと判断した人じゃないとベビーカーを持ってもらおうとはせず、ベビーカーおばさんのストライクゾーンから外れれば「今無視しましたね?」「自分から手伝おうとしなかったんですか?」と軽く文句を言われ、「もういいです!」と突っぱねられるみたいです。 自称イケメンであればベビーカーおばさん判定を貰うためにベビーカーを持つのを手伝ってもいいかもしれませんが、付きまとわれたり手をポケットに入れられて繋ごうとしたりされるのはリスクがでかすぎますね。 手伝おうとした女性は、とりあえずキレられるみたいです。 ベビーカーおばさん出没場所 目撃情報のTwitterは、場所は全て一致しています。 東京都池袋駅階段です。 ベビーカーおばさんの見た目 Twitterでは60代くらいと一人の方が言っていましたが、40代くらいの証言が多いので 40代前後の見た目だと思われます。 その他外見の特徴については情報がありませんでした。 突飛な特徴があればどんな外見かTwitterで書き込まれることが予想できるので、髪型はショートカット〜肩くらいのミディアムって感じですかね? ベビーカーを置いて、階段の上を見上げて登ろうともせず、ぼへーっとしているそうです。 感想とまとめ ・ベビーカーおばさん出没エリア池袋駅階段 ・ベビーカーおばさん出没時間14時〜15時 ・ベビーカーおばさん出没期間2016年4月〜6月 ・ベビーカーおばさんはイケメンハンター ポケモンで言う、逃げ惑う伝説のポケモンみたいな。 出没エリアと時間がだいたいわかっているので、伝説のポケモンを捕まえるよりは楽に遭遇することができますね。 イケメン以外は用無しとのことですし、親切をしたのにもかかわらず付きまとわれたり迷惑するのであれば何もしないほうが良いですね。。 「もしや…あれは、ベビーカーおばさん…!」と感じるのであれば無視しましょう。 TwitterやLINEの存在を知っていることから、機械オンチでは無い事がわかります。 うかつにTwitterに書き込むと見つけられてDM送られたりするかもしれないんで、身内の話題で止めておくレベルに抑えておいたほうが、身のためかもしれませんね。 ベビーカーおばさん、要注意です! ではまた!.

次の

騒音おばさん

おばさんストーカー

騒音おばさんは被害者だった… 実は創価学会員による集団ストーカーに立ち向かっていただけだった… 騒音おばさんとは 2005年、ラジカセから大音量で流れる音楽に合わせて 布団を叩く姿がワイドショーで話題となった 「 騒音おばさん事件」。 発端は奈良県平群町で起こった 些細な住民同士のトラブルであったといいます。 被害者夫婦が引越して来た際に挨拶がなかったこと また被害者夫婦宅の外灯がまぶしかったことを訴えたが 聞き入られなかったことによる 感情のもつれなどから発展した事件。 朝夜関係なく布団を叩いては 「引越し!引越し!さっさと引越し!シバくぞ!」と 叫んだかと思えば、被害者宅前に車を停めて 大音量でクラクションを鳴らすという嫌がらせを続けたほか、 インターホンに接着剤をつけたり、 庭で焚火をして煙を送るなど悪質極まりないものでした。 被害者側は一度、裁判所に訴えを起こして勝訴したものの その後も嫌がらせは尽きることなく ついに異例の逮捕という結果となりました。 刑事裁判では最高裁(上告棄却)まで争われ、 最終的に懲役1年8か月の実刑判決が言い渡されたが、 そのうち未決勾留の約500日間が刑に算入されたため、 実質の刑期は3ヶ月強程度。 被害者夫婦が証拠として提出するために収められたビデオの多くは その異様さからワイドショー等でも利用され、 頻繁に特集が組まれました。 騒音おばさんは被害者だった 事の発端は騒音おばさんの娘さんが 骨髄小脳変性症という重度の病気を持っていたこと。 その症状でうめき声が出てしまうというのだ それに対してうるさいと抗議をしたのが 隣に住む創価学会の熱心夫婦。 夫婦は以前から創価学会の勧誘をしていたが 騒音おばさんはそれを断っていたという。 創価学会に入会しないおばさんが気に入らない夫婦は 絶好のチャンス言わんばかりに抗議したことから この事件に発展したという。 残念なことに娘さんはもうお亡くなりになってしまったそうだが、 それから騒音おばさんはあのような行動をとるようになったそうです。 近所の住民の話だと『いつもうるさくして申し訳ない』と お菓子を持って謝りに来ていたと常識人だと話している。 メディアは一方的に騒音おばさんを加害者だと決めつけていましたが、 実際はそうではありません。 創価学会の力と大人の力によって大事な部分をメディアはカットして放送していたのでしょう。 真実って恐ろしいですね・・・ 騒音おばさんのキレっぷりはいつ見ても良いね!.

次の

「私は可愛い」と思い込んだおばさんストーカーは、本当にいた

おばさんストーカー

騒音おばさんは被害者だった… 実は創価学会員による集団ストーカーに立ち向かっていただけだった… 騒音おばさんとは 2005年、ラジカセから大音量で流れる音楽に合わせて 布団を叩く姿がワイドショーで話題となった 「 騒音おばさん事件」。 発端は奈良県平群町で起こった 些細な住民同士のトラブルであったといいます。 被害者夫婦が引越して来た際に挨拶がなかったこと また被害者夫婦宅の外灯がまぶしかったことを訴えたが 聞き入られなかったことによる 感情のもつれなどから発展した事件。 朝夜関係なく布団を叩いては 「引越し!引越し!さっさと引越し!シバくぞ!」と 叫んだかと思えば、被害者宅前に車を停めて 大音量でクラクションを鳴らすという嫌がらせを続けたほか、 インターホンに接着剤をつけたり、 庭で焚火をして煙を送るなど悪質極まりないものでした。 被害者側は一度、裁判所に訴えを起こして勝訴したものの その後も嫌がらせは尽きることなく ついに異例の逮捕という結果となりました。 刑事裁判では最高裁(上告棄却)まで争われ、 最終的に懲役1年8か月の実刑判決が言い渡されたが、 そのうち未決勾留の約500日間が刑に算入されたため、 実質の刑期は3ヶ月強程度。 被害者夫婦が証拠として提出するために収められたビデオの多くは その異様さからワイドショー等でも利用され、 頻繁に特集が組まれました。 騒音おばさんは被害者だった 事の発端は騒音おばさんの娘さんが 骨髄小脳変性症という重度の病気を持っていたこと。 その症状でうめき声が出てしまうというのだ それに対してうるさいと抗議をしたのが 隣に住む創価学会の熱心夫婦。 夫婦は以前から創価学会の勧誘をしていたが 騒音おばさんはそれを断っていたという。 創価学会に入会しないおばさんが気に入らない夫婦は 絶好のチャンス言わんばかりに抗議したことから この事件に発展したという。 残念なことに娘さんはもうお亡くなりになってしまったそうだが、 それから騒音おばさんはあのような行動をとるようになったそうです。 近所の住民の話だと『いつもうるさくして申し訳ない』と お菓子を持って謝りに来ていたと常識人だと話している。 メディアは一方的に騒音おばさんを加害者だと決めつけていましたが、 実際はそうではありません。 創価学会の力と大人の力によって大事な部分をメディアはカットして放送していたのでしょう。 真実って恐ろしいですね・・・ 騒音おばさんのキレっぷりはいつ見ても良いね!.

次の