はまぎn。 ファンド情報/ファンド詳細情報/基本情報

インターネットバンキング ログイン|横浜銀行

はまぎn

Full text of "" PL Kawatake, Mokuami glO Mokuami zenshu A9 1924 V. 是 れは その 一 つで ある。 七揚 された" その 時の 看板 下 繪 である。 書 入れの 文字 は、 餘 白に 認めて あるの は、 「三人 立い つもの 通りに 御た のみ 申 候」 で、 團十郞 辨 慶 の 袖の が 「縞」、 左團次 富 樫 のが 「千羽鶴 「 菊五郞 義經 のが 「笹 りん どラ」 である。 L 三人 立つ さ e. r, -;' :. e 丁. 七 九 m 九• 默阿彌 -、 卷. S 木. 眞、 玻 S? n の 前 f ゆ は, んめ お この せ かい よした お いへき やう ゆん 第二 番目 は 御 好みに 世界 も吉田 の 御 家 狂言 こ ひ ラきょ しの そラた み うし じ i うめ. C かころ 戀に 浮世 を 忍ぶ の惣 太が 身 も 牛 島の 梅 若 殺し はな はや さくら もちや くるわ けいせ ハ はなこ 花 まだ 早き 櫻 餅屋 へ 廓. : 扮 して 成功し なと、 又 寒」 扮し. て わって、 しう, "の松若 丸 等• 打って つけの 適役で 藝. S なと. 昝 へられて ねろ ;の -- 際して. 詳細の、、 と は f 「河 竹 S 彌」 傅, お 籠ゼ られれ い C 扉の f は 明治 5 二月 守 I 上演 S ので わろ。 0 の ャ ふ. 百姓 やくにん さ. 厶 さう してお 前方 は、 何 i へ 行かつ しゃる の だ。 1 わたしら も ねる ものが あって、 向島から 四つ 木の 方へ 行く のさ。 〇 は、 あ、 それ ぢゃ あお 前方 も、 松 若 を 捜さつ しゃる のか。 なに 、ジち しょく は. よこ かげお ち 1 何 さ、 內 のお 職の 花 子さん が、 駔落 をした 故、 二 八方へ 手分け をして、 衝 しに 出た の だ。 〇 そり や あ 情人で もあった のかね。 ;; 2 ひと か-し. :- から la ひっかって、 松 若 や 梅 若の 詮-动 なすれば 皆々 刷毛つ いでに 捜し ませう。 1 二 そんなら、 頼み ま づぜ, 皆々 4aisa で ご-さります. 0, 、ぼ じ a 5 さが 、. リ《 わか. 軍 助 あいや、 にも ii にも、 I む i の a れ、 晳く ねに て、 y 、-•. 淀 牛 さ、、 おきしな され ませ。 ト本 舞 牵へ來 リ、 y. T V つ, -. 9 ゐ 梅 若 これ 軍 助、 其 都鳥 は どこに 居る ぞ。 づ もと も 江戶と 聞いた ばかり、 先 づ差當 るお 梶が 住家 を 尋ね 求めて。 淀 平 何に いたせ 隅 田 川の ほとりと あれば、 軍 助 殿に は 大儀ながら、 此 所ら を 一遍 尋ねて ござれ。 い か たづ こ ほな J よさへ い-ど 3 お ふ. あと ゆ ら, 3 とも t を か なら き づ お、、 跡 は 下郎が お供 申せば、 必す氣 遣 ひさつし やるな。 かリこ i たづ. i る ,. ト 輝の 勤めに て 軍 助 花道へ は ひろ。 r け たの Mfc む ォめ ありか たづ い はャ し 淀 平 今 軍 助が 賴 みに 思 ふ、 娘の 农所を 尋ねに 行った が、 早う 知れ、 ばよ いが。 うにん ほ 棉手 動くな。 ト 是れ にて 淀平兩 人ん 園 ひ 定平 、齔 はお ItMii のお なす を、 おくより 知って。 おず したる 御 一 r 力、 や はかう ぬらに 渡さ ひ 力 役人 や あ 洒落臭い 下司 奴め。 それ、 討って 取ォ 皆々 は あ、。 ト 取卷く C 淀 平む、、 手 向 ひなせば 生けて は 置かぬ、 片ッ 端から 覺悟 なせ。 ト 下手:. ! てぁリ やくと 人聲 すろ C 一 班 女 これ 梅 若、 またもや 追手. か 妥へ來 たらば、 わしが 支へ る其ラ ちに、 そなた は 早う 此 を 脫れ、 1! お, 5 ふと 二ろ ふくさ プ、 いだ この きん M. r つ- 班 女、 動くな。 や あ、 で こそ あわ i え あれ. ぞ- vn-VJ はん 重 LI- if 霞,. きひ- 4 ト讕ク す, f -. S へ 妬な 見て、 ェへ つ 一 ザん 源 吾 や あ, 班, fl- 御:. S 力 班 女 さう いふ 聲は、 0r 松 井 源-九: だ 门 t. 田た の 沒 よ わ そ 班 女 え、。 "へ 、 何と 憎う ござるまい。 , お む、、 iii せぬならば、 けて は 置かれぬ。 すり や、 どうあって も 源咅 お 、 我. か 心に 隨 はねば、 刀に 掛けても。 班 女 さう いふお のれ を, - と 振拂ひ 切って I ゲ ろ。 0 :t ご や、 人で なしの 松 井 源れ い 力 し 忍ぶ の惣太 默阿彌 全集 よさへ いやつ こ わる. 源 吾 淀 平 奴 か、 惡 いところ へ。 班 女 よう 房って たもった 3。 ゆ ら 5 16 にんり 5 かなら あん 淀 平 下郎が 參れば 千人力、 必す お案じな されます ろな なじ 源 吾 何 を小癀 な。 -il. 一 梅 若い、 や、 こり や 金で はな いわいの。 1 何で 金で ねえ ことがある もの か。 一 二 さっき わが 身が 躓いて、 落した 時に 見て 置いた" 一 一 四の 五の 1 ず はすと 出して しまへ。 梅 若 さう 知られた る. 4 から は、 如何にも 金ぢ やが こればかり は、 どうぞ 許して くりやい の。 一 が. n じ 0-5 IJ 、、、、じ?. 一 ト, I めに な ". ITSS? あ、 sf. Jrl ぶの 惣. 梅 若 あい、 爱に 居ります わい の。 r, こ,, たちよ a おひ か" か 《る• " ありがた そうだ 5 め わか まる かいは 5• 、z 梅ず これ は 有難う ござります。 梅 若 あい、 旅の 者で ござります る。 惣太 むう- 旅の 者と あるから は、 定めて 連が あつたで あらう が、 其の 連 はどうし やった。 梅 若 あい、 最前まで 母樣 と、 供が 一 人 あつたれ ど、 道で 追手に". 太 や。 梅 若 いやさ、 道で はぐれて しまった わい の。 惣太 それ はく 可愛 さう に、 嘸 まあ 母御 や 供の 人が 尋ね 捜して 居る であらう。 すみ だ が は J ろ き ころ 太 隅 田 川の ほとりと いっても、 廣ぃ こと ぢ やが、 所 は ど こぢや 梅 若 たい 隅 田 川の 邊と ばかり、 何とい ふ所ぢ ややら。 まる 金の 切羽、 足 手ば かりに 卞覺 なせ ど、 未だに. ヒ I、 ャ こへ a? しよ ぢ しな• も 梅 若 これに k けても 兄 上が、 おいでな された ことならば、 此 身の 便りに ならう もの。 まな そのと. ? え. 3 せ 5 わかぎみ さ 》• 梅 若 家出な されて お 行方 知れす。 愁太 今 は 謀叛の 片割れに て。 し 一 i. ふに 連れて 此の 眼-お。 二 み よ その,.. 、 、. r とつお ひつ。 太む、。 - ト 是れ 知ろ べに 您太 側へ 來て、 梅 若 丸. - これ、 こなたに 少し 賴 みが あるが, 何 と 開いて はくれ まい か。 忍ぶ の惣太 1 九 默!: 全藥 -5 梅 若 して、 お前の 頓 みはえ。 物心 太 さあ みはが じ もない、 そなたが 持って 居 やる 其 金 を、 貸して くりやれ。 梅 若 え、。 ト びつ く. : T すろ。 卞 A ぜ たい けれど• S より i かつ たれば、 お話し 申した 其 上で、 お前に 貸して 上け よう わい の。 愁太 そのこお rli" けない が• 愁太 さ、、 さう では あらう がぎ f-? 、り や 5 て あは そのて はら 〔兩手 を 合せば、 其 手 を拂ひ 梅 若 え、、 お i より わしが 拜む、 是れ ばかり は 許して 下され。 ' なむ あみ 5,! 1 なえ S いでき た そうだ ゆ 5? た 、. " つ. : むり そ》 "レ. 1 Q くだん かね ヴ、 おと• に 花. f こ りやこれ Tpts 丑;; S 思 ひ.. かけな く。 花 子 え。 , ト 十右衞 門せ 市き はう として nl. s へろ。 s- にて. ひやう し 慕 二 幕 目 向島 您太 内の 場 〔役名 I 忍ぶ の 惣太實 は士 n 田の 家 a 山 田 六• じ Is の llsif 1 態の 二 s、 1 ふ禁 11. 梦 ー懸? y、 S. 通ュ ら まくち 樂-」 て 幕 明く。 " 忍ぶ の您太 一一 ョ e ,阿彌 全集 V- 5 む. 力 方の 皮 包み は、 出來 たかの. - ぉ梶 はいく、 只今 上け ます わい な。 上さん こっちへ も 一 籠 くんな. - ぉ梶 はいし を いました。 な I- で い ぉ梶 二れ はしたり、 そり や 世 問の 人の t -、 どラ して. それ 程 稼ぐ 愁太 どの、 榮耀 らしい 事が ある もの 力い な あ な, oi? りちぎ そ、 フだ よし はら vi.. 、 こ. , f. 3 だ しの かよ づ i ャ. 2 , が, たび や 5 思うて 物心 太 どの、 忍びく の 通 ひ 妻、 それが 嵩 じて 胆. 涡の、 茂吉 え。 Ho わい な。 小丘ハ そんなら こなた は、 お g どんの f ん かえ。 小兵 そんなら j 緒に 親父 どの。 - や はんこ i へ そ S かん ざし や 卜 茂吉 それ を 遣つ もや ぁ晚に 困る だら う、 お前の 其 簪 でも 遣ん なせえ ぉ梶 こり やわた しの 母さんの が 簪 ゆ ゑ、 手放しに くい。 ト rl. ぉ梶 Sii れ はしたり、 其 やうな 事 言 はすと、 早う 持って行て 下さん せ。 茂吉 よしく、 そんなら 是れで 米から 看. sv ひっしゃ リ しめて ほっと. J つく。 ひ f ろ. ト i "りな. びつ く" して、 いえ、 めったに 出ろ こっち ゃァ ありい せんよ。 ま レ こ かち ひ あん ? I ト 女の 思 入 Li て. 45 ゲ すび と あんどん ひ はなこ そ 5 だ ! 4 惣太 明るくな つたら 盗人 を。 と 行燈 の. I- わ 太 さう いふ こなた は" ト ぉ梶、 花 子 見て、 お 梶ても 美しい おいらん は。 花チ 花菱 屋の わたし は 花 子。 花 子 ぬしに 逢 ひたく やうく と。 忍 ぶの 惣太 1 一 1! - 惣太 それでも わが 身が。 S で ござんす; ぎ W あぶ さ にか こんな 装で ござんせ う。 ちゃに よって わ;. a C そ-つ だ-おも ひ:: ト吞み 込 まぜろ、 惣太 S 人ん つて• 花 子 さ-かいな、 今の 話しの 樣子 では、 ぬしが ぉド; さん ぢゃ ありんすまい。 つくん なまし, - ぉ梶 はいく。 , f. か I へだ. 花 子 女中さん、 SDf でも 買 ひな ましよ。 す, お g むっとした ろお". ト思 入. : 嫌 ひの わたし ゆ お to-f- すぐ とくし、 ,、 る わね t へ;' ほみ 5 へ レ い :- 一い ゑ 親方さん も 直に 得心• それが うるさく 廓を脫 け、 お?. ? -II まつわ か ぉ梶 忍んで 見えた おいらんの、 其 面 ざし は檢 姿の、 あの 松 若に。 愁太 あいや、 つ 甲斐あって おれが 家へ、 斲け 込んで 來た此 花 子、 素手で 歸 さば 男 S. 面、 あっちが 身 請けす るなら ば、 f つち も 意地 づく どこまでもお. " ぉ梶 めつ さうな、 た V さへ 貧苦の H 、上に、 多くの 金 を.. ,, 'れ. ト ま;. s- か• 、 やこソ 4- i ひ に此 程より、 隱 せどた しかに 户騎の 病 C. ト ぉ梶. 'xi ラ 「は ぢ よ ぉ梶 もしおさん、 して さんせいな あ。 3 ,レ V. J 、:ょ. -J- ュ つめ ま、 あ. さ " 4. 一り らか f、 は. とはいへ、? fs あのし だら、 それ も檨 子の ある ことか、 但し は あれ-力 本、. これに 一お i 、です、 I" として がち 奥く へ は ひろ、 n おがす め; になえ 觀. i ?. ? 5-- さ ゑ み. ま S ひか? i や ;.. J- た ぢょ. ,おの へ II して は、 ぶ.. -SKtck けられ. か 立たぬ、 i5 が 女 郞は寶 もの K もの、 身請けし たらば 言 分 あるまい コ W iM- 一 み ゾろ た• レむ 兵衞 2e に附 け;: ろ 下駄. リ 4 で、. そ や::.. f- ひいれ t. ある、 花 子 を 身請けの、 十 右 いかにも 葛 飾 十お 衞門• ト思 入 c〉 f' h A なん よ、 f ,ち 忠太 して、 十 右衞門 どの、 何の 用で わしが 家へ。 g ばかり はお I いだ。 お まに する 程に、 こ、 の を 聞き分けて、 ど t て 花 子な わしに ぐ だ J 下せえ。 惣 太 幾ら 下 けても 頼んでも、 ならぬ とい ふより 返事 はねえ わ。 十お そんなら どうで も、 ぶの 惣. K wn 一一 默阿彌 全集 wg f-5 太 知らね. MJb し ろ は. r の. TTM 力お m 、"ろ. 戲 r つくりして• 庄兵 あ、 もしく 十右銜 門さん、 さっきから どうなる 事と かと i いて 2? 愁太 いや、 われから 拔け, f- ,1 -B- く り。. 、い ま こ ま f も 早" なか で , り"、 5 にんお も ひいぶ• つ fb, メろ , ノ,. おに、 カル! i 掛けても 身請けせ うと 一 マ- n はしゃん す、 お前の 心底 見" ゆ ゑに。 十 右 この 十お 衞 門が、 女房になる 氣か。 花 子 いやで ござんす。 十 右 や。 花 子 はて、 いやで あるまい か,, 纩 ii けく と. 花 子 あい、 K 果な 事で ござんす わい な。 K ぶの 惣太 M. i 默阿彌 全集 4. ろ さ 花 子 これ。 1,」。 花 子 庄兵衞 どん、 人らざる IT す。 を やかす とも、 I か 7 じ. , 4r ベなん しな。 あ r て a き焱 つ、 frf0-f'. ' 兵 どうした 所 か、 花 子さん. 遣った の。 I 心太 お、、 こなた は 迢具屋 の 小兵 衞 どの、 いつの 間に。 一 小 丘、 さっきから て つて" 居る のさ、 ゲ. is 都鳥 S 代き 百兩、 たった今 受取り ませう か; た. 物心 太 それ だとい つて、 此品 ばかり は。 , ノて 5! II 太 それで はどうで も、 小兵 そんなら 金が、 惣太 さあ それ は、 小兵 外へ 寶ら うか、 惣太 さあ それ は、 兩人 さあく く。 小兵 え、 面 i な、 故 さっし やい。 は itii お if つた、 これ 花 子、 そなたが 望みの 都鳥、 渡して 匿く が おれ. も 中 さ ひ はなこ わた ト 探って 花 子へ 渡 マ。 喜 兵 長 岡 屋の喜 丘 ハ衞で ごさり ます 惣太 真兵衞 どん、 面目 次第 もない。 愁太 成程 一 々尤も だが、 長う とはい ふまい、 どうぞ 明日まで。 喜 兵 はい、 內 儀の 名 はお 梶と いひます。 一 ,…だ. 十 右む、、 想 太が 生れ は 都 方、 女房の 其 名 はお 梶と あれば、 もしゃ 山 田の" 一 惣太 え。 -7 a ず て W つけぬ ひと ふ 3 あんまりと はこつ ちの 事、 脫ぎ なせえ く。 ト捨 ピリ ふ に て惣 太の 着附. ト 皆々 惣太花 子. 小兵 士 〔原. 迎 ひの 日和下駄、 着飾った 派手 小 籼は、 みな 長 岡 星の 損 もの。 吉兵 二人ながら ふん 剝れ て、 身に 附ぃ たもの は襦件 一枚、 見す ばらしい ざま を なせえ。 三人 呆れ たもの だ、 は、、、、。 一 な-一お も ひいれ f S ぜんど てら と a ト花子 思 入, 二重に あろ 以前の 樵敏. 愁太 たに、 起請 を 出せと は. 、i !ん. しつ 6 づ? - かりわたしが 預 りました。 つかし、 嘸 憎から う、 腹 も 立た ラ、 お: S へ對 して 此顔 が,:! け られ るの ぢ やない けれども, iw かんす 通り 惣 人さん、 わたし か 51- みの 都 身の 代 , た ぎり C, 一、 Jnf t t へ ひ. -J "み て 貰った ばっかりに, 男の 顏. フ とい ふ 頼み やうが 面 白い、 いかにも 此 令-貸して やらう。 花 子 そんなら 貸して 下さん すか"• こ 、ろ!! ? 3 いぜん か. r だ か 3 わ ft ト您 太に 金. - , や. K 力 b ない。 あ 兵 いも、 も、 こっち は! : からで もべ おさへ if り や あ、 構 ひなし だ。 ト欲 入よ". 年季 證文. S して• l r. w ズ? o I. ト證 文. さあ、 きり ノ、 と歸ら つせ え。 さあお 二人さん 連立って 歸 忍ぶ の惣太 さ- 默阿彌 全集. な g り ませう. ちゃ ぁュ え、 提灯 を 借りて ij;: きやせう。 皮 兵 いや 散々 口 をす つばく して、 干 ほどの 癖 を こしら へ、 天? おはいた. 三人 左樣 ならば 十お, 衞 門さん、 ごゆる りと お話しな され ませ, - さ. 5Q、5;: きませ、 フ。 トー 11 バ. しまる ち C:. め 庄兵 ところで 芝居 は. 一; 丁目 かね。 兩人 え。. 小 丘 水 を 引く やつ さね。 兩人 何 をい ふの だ。 ニニま :3 C ん t な- S そりで でと 5t f 三人 さあ r」 ませ、 フ。 し黪 if 神 r な"、 11「 人 i へ は ひ气蟹 花 子路. -i-f C -S. n ん こ• lev- し 愁太 十お 衞門 どの 、 お 志。 花 子 何とお 禮を. ぐけ t め 4 て、 これで 當座 の 風 凌ぎ。 が ii: の i. は、 とり, 4i さす おれの 役、、 夜更けぬ 内に くと しょう。 ハ a? もん しもて i C5i にんお も ひい"? , ト すひな ら 十右衞 門下 手へ 來ろ、 兩人思 入 もって き I• II 太 其 女房が 曝せし、 もしゃ は の。 十 右 いや, 兄と たと へる 魁の、 I. うめ はな-一 しんにょ 愁太 梅の 花 子の 新 女房、 花 子 妻と はいへ ど 妹分" 仏. まんり よ こん to. 4- 右 はて、 遠慮せ すと、 どうせ は。 花 子 え。 T 右 あ、、 雨に ならねば よいが。 ト十 右衞 門戶 さめろ。 花 子 いえ 其義现 ばかり-ちゃ ござんすまい、 隱 しなさん すがお 前の 樣子、. U しかに 內騎の e そのが-び ャぅ つ-しぶ, ちから か この 惣太 いや も、 其 服 病 も 神佛 の、 力 を 借りて 此 ほど は。 惣太、 、れ 知らす、 愁太 元の通りに、 すん と 明か。 花 子 そんなら わたしが、 揉んで 上 ゆうかえ。 ふ 10 -? か當 るで あらう。 - 愁太 そんなら 大儀ながら、 ちっとば かり 揉んで たも。 花 子 あいく、 合點ぢ やわい な。 花 子 そこらへ. 忍んで。 かしら 三人 そんなら 頭。 花 子 え、 畜牛; め、 行かぬ かえ。 三人 にやん わん,、。 トが 1 あにて 一一: M し 下 も r は ひろ。 愁太 いや、 憎い 畜生め だな。 ト 時の 鐘- ム。 s と は や あしめ えな。 お t-5 ふつ しだい モ にん つ ふ の. 罪 を 脫れて 褒美の 金、 見當り 次第 何時て ゾ づ あ, i ふん b にいく わんし よ かなら ね も、 知らせの 合 S1 の 按摩の 笛 を、 持たせて やったら 代官 所へ、.. 丑 市 早く 行け". ト花 子 立って 門口 明け パ- 按摩さん く、 こっちであります よ。 まへ うし、 ち V ーゾ うち 丑 市 はいく、 お前さん かね。 ト せ 市 探" く內 へに ひる。 " ト 手. : りで ござります。 5 太 カー 默阿彌 全集 六-:• かリ でう. P して 懐へ 入れろ。 ?!? せ 3 e- ぷ か ち もの— 花 子 それ. -is! - ぬる 我が家の、 さあ、 家の: S も 大門の、 關を 破った 洛者。 ぜ ちか fPvO に か によ 1-5 太 いや、 三 W の 誓 ひのこの! 太、 どうやら 浙ラ やら 女房に。 市 お前 ど: か" 貰 ひなす つた。 や ぶ. - ん め 3 ? 5 ハれ そ ろビ お. 5- 集 六 s 惣太 そんなら. はなこ によ saj だれ -ーと わ この, V. - な 丑 市お、、 花 子 はおれが 女房 だが、 誰に 斷り此 女。 H ことわ , かね だ 』 ら -. よ リニ 5! V 愁太 斷ら すと も 金 を 出し、 W つた 證據は 年季 證义、 これが 確な。 4 す、 しょ r も-:: しょうこ , りね. - 惣太 そんなら 花 子が、 もと わらわし 花 子 元から 惡足。 そう J、 r ,か ,ゆって く ひいれ t な-一 AO いち ; f -1 J I? 7 よ ひ U. 7 リゑ b ん そ. J や. :: がい -? 花 子 あい、 疾フ から 支. 度 は 出來て 居る わな。 0 しいち:? な こ て ひ 、、どひち で モ-っ だ さ-' ト丑市 花 子の 手. せ" ふに て 花道へ 行きな. はらに は -? i- ャ す i ひ よ ひ 55 ノ , いも で ふ. : V へ ひ I wrffR 丑 市 思 ひがす るなら 遠慮なく、 尋ねて 來 やれ, W 庭 5、 率. 花 子 虛假な 未練に。 やひ ぶん. ' た か、 かど ひ S はレら つ あ マ. ; ,ふ にん t 太 きっと 言 分" ト 立ち 掛リ、 門口の 柱へ 突き 當リ 倒れろ, 兩人 見て、 丑 市 ざま ァ 見や あがれ。 ト 無が の 思 入。 花 子 可愛 さう だね え。 -h- i g が t 、ふか, て、 愁太 え、 靈な、 よ. ぎし も 水の 泡、 思へば く 口 惜しい。 g 散に 內へは ひ,. 想ます;, み し 見て、 軍 助 や、 こなた は 山 の六郞 どの か。 il 太 さう いふ: なた は。 愁太 や、、、、、 して 何者が 御主人 を S ぶの 想 太 ュ, 默阿彌 全集 モ C 軍 助 さあ、 敏は 誰と ぎれ ね ども、 きたらし く. 4r ず i. f た あ li の、 i に まと ひし こ れが卽 ち % の證 よま-。 , ざし と ゆ、? 合せし 此藥、 どうぞ 香んで 下さん せいな あ。 ト姚 子な 出す。 忍ぶ の惣太 七 1- 默阿 全集 七 四 こ 7l 二- 〕ハ7 へ いち C 产、 ひとへ ,ノ. と tt さ 愁太 すり や::; -れ が、 眼. ぉ梶 さ、、 少しも 早う。 ト これにて 太藥 v,. な、 ゆ. n つと ジん t. や- r- へ. きっと 思 入あって- 物• ? 5 め;:;' ころ しの -フ-! だ:. : わんし よ r た 茂吉 始終の 樣子は 比,: T 聞いた、 栴若 殺し S 忍ぶ の愁 太、 代官 所へ 引立て 褒美に する、 うし や あがれ。 一 K 太 や、 こなた は 葛 飾 十 右衞門 どの。 ト键 つて 思 人。 一 十 右 お、; T も、 fir より; r き. i ラミ に に. rs と し i? T みち しの y 6 5、. ぉ梶 そんなら お前 は 曰. 尋ねし、 兄さんで ござんし たか、 え、、 お懐かし う ござんす わい な。 愁太 さて は 最前の あの 金 も、 妹に 紫が" 六郞 に、 貢ぎの 爲 であった るか。 と ち V ちな. もな しの. そのいた わ かね し ひろ 3 ふし えん 十 右 其 片割れの 金と も 知らす、 拾って 来た も. お市 あい、 出て i: きやすから、 出して やる やうに 仕なさい よ。 花 子 これ さ靜 におし な、 お前 も大槪 にしな さいな。 丑 市 うつち やって 置け、 こいつ は 仕樣が ある。 た か 》 5 し-ちす こ いち つ ち ゆ おも ひ,. れ , ト 立ち 掛ろ、 丑 市捨. かすと おれ, か 不断 言 ひ附 けて S いた 通り、 -ドか 所へ 此笛を 持って行って、 な。 たもと あんま. 2 だ いお れ K VJ ヘリ ト袂 よ" 按 SK 笛な 出して お市へ 坡 して W く C うち おは U お市 そんなら、 E: のが。 の樣子 ち i いと 聞き, 思 入め つ. 磨ぐ、 丑 市捨, ゼり ふに て、 内へ は ひ" な. 花 子 お前の 物 喰 ひがい、 から、 後腹が 病める の だ。 丑 市 違えね え" ト思 入あって、 こう、 おぬし は 何 をす る。 よ、 3 ちゃ、 3 m いまと. 0 花 子 庖 刀が 切れね えから、 今 磨いで 居る のさ。 ト 元の 所へ 來 て、 あの 阿 魔に か、 つて、 酒 か 冷たくな つた。 ト德 りひば ち どびんい ひめこ ひもす こ、 》! 花 子 あい、 今 直に 行く よ。 こ のうち. C し、, ちす て さけ。 はなこ はろ ちゃ- と かたに-? お うしい ち そば く ト此內 丑市捨 せ" フ にて 酒. しょうち とな きんじょ はらに は ゑん. C- よい けんや 二、 ろお こん ャ へ ひと 丑 市 そり や 承知 さ、 郯り 近所 も 原 庭の、 遠慮 人ら すの 一軒家. 心 匿き なく 今夜 は ゆっくり、 お前 も 一 忍ぶ の惣. K 八 一一 一 阿 彌 全集 八 四 一 っ吞 まっしゃり ませ。 ト酌 すろ c 力 はな 一一 VI け の うしい vvi な 二 かほ w j 花 子 あ、 これ、 そんなに 吞め ぬと いふに ト 子 酒 吞む、 丑 市 花 子の 顔 l-i- 見て、. i, しら ん なすが; i a ;.. とこ お:?、, l J 丑 市 頭、 こなたが 女 姿で 居な さる 所 は どうも 男と はれね え 花 子 今でも 矢っ張り 女に 見える か。 あ、 こなたが 富の 女なら、 わしゃ あ 女房に 持ちて えもの だ やん な あへ したな.. I 2 花 子 おれ も 女であるなら ば、 お前の 下齿 になり てえ のよ" 丑 市 え、 頭 そり や ほん まの 事 かね。 花 子 なんで 噓を いふ もの かな。 丑 市 それ ぢゃ あせめ て 酒を吞 むう ち、 わしゃ あ 女房と 思って 居ます。 花 子 お前が さラ いふ 了簡なら、 どれ 女 氣 取りで 酌 をして やらう。 の が" あり や あ 金に でもなる 代物 か。 n の しさい かね か だいじし な a 市 む、、 あの 卷物は 仔細あって、 金に も替 へられね え 大事の 品 さ。 然し 頭、 魚 心 あり や あ 水心 さね。 花 子 そり や あおれ も 承知して るが、 さ 5 し:」 ャも 懐に、 やつば り 持って 居る のか。 ま ほ だん i 二:? だいじ しな こ• 0 しいち ふと-一ろ け、. ,、 し. !, -、 、 、 9 はなこ をと こ おも ひい" け、. プ めつ. S か レ. U よ 花 子 そんなら それ 力 大事の 品 か む、、 -ト花 子 男の 思 人に て 系 11 へ 目, 5- 附け、 ち r4 つと 氣. - さあ、 もつ 一 つお 酌 をしょう J はな-一 むリ さけ•. ちひキ:. っ の. ト花子 無理 LL 酒ん 勸 めろ、 丑 市 引受け 、呑んで、 5 市 あ、、 もう 呑めね え、 堪忍して くれ- v,,,-o ト丑 市 他え なき: なしにて 横に 寐ろ、 花 子 思 人 わって. ト 時の 鐘、 花 子 丑 市の 寐 入りし 様!, hi 見て、 好める 酒の 熟醉 に、 橫 にころ りと 俎 坂の 鯉 S ぶの 您太 八 五 默阿彌 全集 八 六 し to. ラ ほん ひとれ ラ. 2 でばと R ん. -んひ み. 5- 突く、 丑市ハ ッと 苦しみ 花 子の 手に. S リ、 52 上" 一! れ まつ の ほ い かげ ト きっと iia ふ、 下手の 物心. K 是れ 聞きび つくり 思 入 わって、 松の 立 木へ 登リ窺 ひな. 塌の ttu は ろしい ちむ ねん K も ひいれ ひろ、 丑 市 無念の 思 入。 花 子 何 を小癀 な。 ti 一 刀 切ろ。 惣 太 やれ ij: ちた まへ、 松 若樣。 有 は 如何に 愁太 あなたのお 手に 掛ら ん爲。 忍ぶ の忠太 八. 、たな J つ た ト刀 腹へ 突き立てろ。 花 子 や、 何 ゆ ゑあって 肚: ii. v ひいれ J けぶ , S. も ひいれ まこむ も ひい" ,. ;: の 一 卷 都鳥、 手に入. つたる も そち-力 中 や. 5 にんて と おも ひ. stj 兩人• 成り行き ぢ やな あ," ト兩 人手. ふく 愁太 さあ、 片時 も 早く 我が 曾 討ち、 梅若樣 への 御 追福。 花 子 とはいへ、 可惜 忠義の 武夫. 5 太 其お 詞が 未来の 土 產. i-Jt? 、l- しょ, - 花 子 えい ト惣 太の 首. 5 6. うな レ ceil! -、 屋根 il- ひに; a ゆ さっし やい. 花 子え、、 やかましい 靜 かに しろ。 tfr め 丈め し I 丈 六 え、 頭、 お前 餓 どころ ぢゃ あるまい ぜ" 花 子 え、、 きりくと 行けと いふに。 丈 六 あ 、 い。 峰藏 へい, 向う の 小 家で ござ" ます。 た,、 フ とほ ひそか あ, しない 柿 二 n 今 申し 附. けた 通り、 窃 に案內 いたせ。 か,,. ト 門口, 叩く C 花 子 誰 だく。 Z は ふる S 峰 蔵 おれ だく、 木の葉 だく。 ト 顔へ て 言 ふ。 J- シ , 峰藏 か。 かま と 十手. は H. ちャ - ま は ほど おく It ねざ 5 めしびつ ぜんわん ど びん も い• と i ろしく あ つ て- ち や. が: 'て. L みね ざう ど W: と く こふ- リち とりて にん こ 、ろグ 峰鎭 茶 か、 合點 だ。 ら、 片手に 椀. 5 く- r ろゾ て かま はなこ か: わら -ー 捕手 皆々 心附 き、 十手 構へ る。 rM にて 笑 ふ」 是れ キサ W ぎ にり も Q は や 右の 鳴 物. 衝立へ t 讹 波の 55. 、井筒武. 佐 修理 之 助、 松 K. 戶豐國 笨の錦 檢. 不動 院の s-c 菊 後に 佐々 木 の 妾, P つら;. ノ-、 しゃ-" マ ら f し i ひ はて へお とやら で、 船 砲の, 3 古 だな、 びっくりした。 、 下手 i"! ssf お 蓮 手桶. d す. かねえ。 二つ 三った 、 いて くれ。 お 蓮 あいく、 手隙の 内た、 いて 上 ゆる わい な あ。 5 S- まご ら. び に かつ まご ろかん ざち ゎ. ォ-し しょ A しょ 、 こ. -か み ちク ふせ やす 勘吉 向 ラに見 ゆる 茶お で 休み ませう なん ところ ひざく C ゆ 5- じろ ベ. か 真 多 八 かね、 こ、 らで 一 甸 出さうな もの だ。 - かむ ろじ s,、 - きた か,: きち y もつ レ ゆう va 5 へ Q ,ご• ,rf ,,,:、. 爭は 一 七 E 直 淸兵衞 默阿 全 ョ八 ぬ こと ぢ やわえ. ト 、 、 の內ぉ蓮菜之助. この 勘吉も 心が、 り, - 一 籴之 藤 助 も 追 ひかけ まみり しが、 逃 ゆる ものなら 許しお けばよ いもの を、 ま をいた して をる こと やら 一 , か; t しも とつす け かん 1 ちり e う にんかへ ,,. トば; : くになり、 上下ぶ. ::、 一 勘吉 え、 ひっこしの ねえ 雲助め が、 弱み を兑 せて;?. : a む i 拔が ある もの か。 大切なら お供 をいた しながら、 心附 かぬ ことで ござりました。 5 や 5 しな. T のゝ. ト染 之 助、 mi- が lk. e 色と いひ、 藤 助まで. くるで ござり ませう。 条 、へ か、 ると ころ. , ぎょい ザつ しゃ あや t り 5. UO とうす け かんきお es. にん かんきち ゆ こり やく 藤 助、 いま 一人 は勤士 C とやら、 いづれ へ 行く ぞ。 藤 助 たしかに 今の 雪 助 ども、 勘吉 疑 ひか、 る 上から は、 つ 「とら ぎ いと ケ ち 藤 助 引捉 へて 詮? S. り や ろ にん もど く-;'。 蔵 之 むう、 あの 某へ。 籴之 いやく、 k くなる-ど はおい ごと、! 孫 三 とはいへ、 どうも この 儘で は。 籴之 いや、 ま-" ぎ ぜぬ こと ぢゃ。 さ、 さ 伯父 者 人、 御 同道 下されい。 ぎん あく ほな ぢん 藏之 善惡 ともに 本陣まで くュの しんさ 1 藤 助 藏 之 進樣。 籴之 まづ、 ござり ませ。 ト 皆々 鄉兵衞 取卷 く。 鄉兵 あ、 これく 何も 褒美 を やらぬ と は 申さぬ わ。 b ひそか た 乃 し V. ハでもュぇ,. " 鄉兵 それ だとい つて これ を やって は. 身共 ほんの 無駄 产ド公 真 兵 それと. S 白々 渡さつ せえ". それ、 にれ で ft 喜 兵 お 二: しかに. i おぎた j これ、 みん i ,お 組な 巾せ。 皆々 お 難う ござります - 鄉, w、 え、、 たうとう 十 られ たか 、あ、 惡 いこと は 出來ぬ もの だ。 : i さむら r、 皆々 そんなら 今の 侍に、 真 兵 一 ぺ い i 良った か" 皆々 いめえ ましい。 ト 皆々 小判. , お打ちつ けろ C 直: 丘ハ それ、 遠く は 行く めえ、 追 かけろ。 あと かね あつ ト皆々 上手へ 逸 散に は ひろ C 喜兵衞 後の 金, 屮橥 めて、 !-サ が ね ひ とり ソコ 殿へ 願 ひなば、 詮議の 日延 御免 は 必定 急く 所でない まあく 待ち やれ。 お 業と あきらめ、 未來 でお 詫 仕らん ト又 刀へ 手. けろ 藏之進 留めて 1 がま ご こと もち - "ころ せつぶ く もと こ t ,が や ら. 竊之 お、 さ こそ あらん、 さすれば そち 一, ム では 濟 まぬ、 町. - i 九 默阿 i? むる から は 命 はなき もの、 藤お. とて B-て は をら れ まいつ y あ ひ i メ し なら お ひま. S g 吉 さうな る i はまお でも i へ はぎかぬ リ きか、 切れ にゃあ 石 S へ 頭 を 打ちつ け S 川へ 飛込んでも- わ 5 ,ナ t こ、 ろ こ さ; 》-i. 3 三 k- さ、、 それち. もん ねん き• , へ A タも. C ム 6j 蔵 之 その 存念 を 聞く 上 は、 身共.. rl 'てし だい ir 一• ? f 藏之 二人の 者 は 遠慮に 及ばぬ、 勝手次第に 休息いた しゃれ。 ト 下の 方へ は ひろ C なん く せかい つるぎ よ なか から -b この 藤 助 何に つけても 苦の 世界、 納める 劍は の 中に、 ほんの 寶の 持ちぐ され、 それ を 好んで むさば るの みか、 旦那の 命 も 風の 燈火、 あぶない とこで ござりました。 籴之 いまく 思へば 死 を 以て、 言譯 なす も 犬 死 同然。 藏之 尋ね 求む ろ 深綠。 けんさ, フ あ たんた 5 柴 之 劎相惡 しき 短刀 も。 ふ さ ひ ひき、 ゥ 藏之 その 身の 鏔と 引受けて。 藤 助 下郎 もと も ズ. いや それ は ともあれ 鄉 ルハ衞 殿に は、 他 ii の 憂へ ござらねば、 柯 なりと 仰せられい。 vtt の うら いっか-、 9 , き ,. 6 3. ? もと さ• VA 、Li み こ 4 to ゑ て、, は,.. I- 1 ほ ふし ay や、,' た ねん 二• S , ? いへ ねんじ 9 r. か 行 力に て、 不動 尊 を 祈りな ば、 感應 ある は 知れた こと。 かる 一 大事、 必す ともに 他 首 致すな、 しかと. ra かした ぞ。 ト つ. と 出で 來り、 了 海の 傍• へ來 て、 え、 こなた 樣 はな あ。 -と へ ho しんし 5, か、 人 を 助く る 出家の 身に て 利 慾に 心 奪 はれて、 人 を 呪 ひ 調伏な し、 假令, 世な すと も そ の 身の 末が 榮 えませう か 3 殊に こなた は 佐々 木の 家臣 ホ 骋. -54! わが,. おいへ Ci, つ. つか ご 勺 も あくにんの ,つら か t ん おん あだ てク ぶ,、 がが 役、 二君に 仕へ す あっぱれな 御 所存な りと 思 ひの ほか• 惡人野 浦に 荷擔 なし を 仇に て 調伏 修ハ 【0" がり もな ほさす 主殺しの 惡名 受け、 此世 はおろ か未來 まで、 無 S1 地獄の 苦しみ を. 恐ろし いと 思 ひなば、 惡 事を留 つて 下さり ませ。 si ゐ なか かはづ くち S ゑ ふ ほろぼ やつ V f. " 白菊 すり や、 いか やうに 申しても。 了 海 くどい わえ。 白菊 r 非に 及ばぬ、 この 通り 佐々 木へ 注進、 調伏 惡事 を訴 へませ うか。 正直 洁兵衞 一 二 五 默阿彌 全集 ニニ ハ 了 海 こり や 侍て。 ' 白菊 惡事の 段々 言上せ うか。 か 承 はりたい。 -ん, 白 菊 すり や、 思 ひとまって 下さる か。 鄉兵 でも、 某 は野诚 どの へ 封しても。 ト 癥兵衞 に. ?-ん が こ ぬ うち うしつ し-? が くまる t つ し-:' つく ま, かよ か. ベな 5 ちお と すぐ か: な ひ, か" ト考へ 込んで、 拔 打:. : その 刀な 了 海 つ れ ろかい か. ,'!. JJ-: ひ. リ らぎぐ ひ ろ か は てい 海 全 や、、 柔弱 非力の 白菊が、 日頃に 變る この 體は。 白菊 すり や、 どうあって. が-リベ 3? とつ 二 ふり あ. ,;6 、 了 f て つ れリと 倒ろ ゝ C 棗 丸 見て If f き i と、 おれて f あ, 許して 下され 伯 n。 i 5 ま:. K 教 めする m の 《-. 、! yi 鎖と iv-l へぎて. , じ V- 寞兵 え、、 やかましい、 往生して 貸せと いふに。 ろ こん ひ 5 ,- i ュ S i か a す 5j at 'かた 、 ヒぅ めん Jf. 々 ほる" は 一. ぶ】 へ a こ-. ov しらぎく- -. 0 r パ し- yi くぶ,. ; き, P 、ろ、 喜兵衞 それな と 寄ろ. E- く; f つ し-さ, く. fwi. 3 tL トカ 組附く 白菊 丸很 解いて 投げ、 つ- p-. 喜兵衞 上リ 立ち P 、ろ. わ 蓮ち つと 留 しらぎく ま きみち 古 かへ S S かしら。 リ、 うにん S か ! C J ぉパ. 白菊 丸 は 「化 道に て 根 返り、 にった リと笑 ふ. 兩人 お、 若い 衆、 精が 出ます の。 ごん タの ヤん a! もん 、 9 百 一 お、、 これ は權ぃ 殿に 勧 右衞門 どの 力• 兩人 庄屋 樣 はお 內 かな。 百 二 あい、 奧 においで なされ まする。 人 何 ぞ御 S で ござります か。 權 十- 太々 講の 寄り 金 をお 渡し. T ォォ 權十 太々 講の 寄り 金 を、 兩人 持參 いたしました。 ;; はおき に 御, ilQ 勞で ござった、 さあく これへ ござらつ I ゃォ• 、 だ おう あが しゃつ し,. 兩人 お I- されて 下さり ませ。 トニ 鬼へ 上ろ。 四 人 ゆっくり とさつし やり ませ。 T そ く f 晚に 遊びに 來 るが よい ぞゃ。 ト鋤 鍬. ちお し,'. お 43 , 5 は 5 の C そ, C 作 左 前々 からの 例に まかせ、 今日 御 師へ遣 はさう と 思 ふが、 して、 こな. 權十 はい。 わたくし 共の 居 廻り だけ、 十 兩ぉ請 取り 下さり ませ。 , そが とに 忙しう ご さります じ '-. y たれ も くだ rk 權十 en 由が ましう ござり ますが、 誰ぞに 持た してお やり 下さり ませ 正直 淸兵衞 一 H H 默阿彌 全集 ノ 一 一• 一 作お さあ、 お" はいくら も ある けれど、 まさか 五十 兩ぃ いふ 奮 故、 めったな. 淸兵 それ だとい つて、 足が 汚れて をり ます もの を 洗って 上らつ しゃいな。 ト 草鞋. と緣の 上へ 上 リ、 して わしへ の 御用と は、 何で ござり ますな。 大儀ながら 行って くりやれ" W 兵 っレ く, そり やもう 行く の は 造作 も ござり ませぬ が、 大 まいの そ Q 金 を、 わたくしが 持って. ま ゐ つても、 よろしう ござり ませう かな。 作 左 お、 よいと もく、 そち なれば 案じ はない。 淸兵 さう おっしゃります けれど、 わし は 田地 田畑 もな く、 吹けば 飛ぶ ゃラな もので ござり ますに、 五 十兩 とい ふ 金 を C , ,、A. f- リ らし4 みなしよ.. 組頭 衆 も 皆 承知、 假令 貧しい 暮し でも 正直と し-; 魂カ兒 込ち や 權十 外の 人が 持って行 くより、 こなたが 行けば 大きに 安堵" 勘 右 誰も 案じる もの はない、 遠慮なく 行って 下され。 疋直清 兵 銜• 一 三 五 默阿彌 全集• ニーフ t;" 兵 へい かしこまりました。 A ろへ かね ヅ. "せに5?! 1 しノ かぬ もの か 知らぬ けれど、 問の 惡 さとい ふ もの は• を li るの み、 Tli- 々、々取る 年 故もう よい かけんに 酒 を 止め、 微族穣 つて. かよい。 故と、 人に でも 言 はれる と、 わし. 力 村 方へ 顔向け-力 出来ん 權十 かこの やうに、 を わけて おっしゃ るから、 诀 して 酒は飮 まぬ かよい。 權十 こなた は 足が 達者 故: 勧 右 日 いっぱいに は 行かれよ ラ の。 青 兵 ItJ かれる ど こぢや ござり ませぬ、 七つ 過ぎに はま ゐれ ます" こ うち さく ざ 5.. I ト 此の 中 作 左 衞門紙 入よ リ金. i 淸兵 有難う ござり まする。 ト い-;. v」 開き 見て、 もし, こり や 二 朱で ござり ますな、 この やうに は 入り 二, r や おし. n とと ま は. 今夜 御 師の 許へ 泊り ますれば 旅籠 錢を 出す に 及ばす, 今日と 明日の 靈盒ば 力り どうて わしの ことなれば 一膳 傲が 身分 相應、 飯が 二 はいに 汁に 煮染、 ちょと 一 合 やった ところ. か、 百 か ; R 五十。 こ ゝろプ はなし けつの 淸兵 心附 いて、」 こり や ほんの 話で ござります、 決して 飮 みはいた しませぬ。 つか 一 曰か 二日の こと ぢゃ、 辛抱して 行って 來 るが よい。 お H 兵 はいく。 いや 何 か i す ことが ござりました が、 お、、 今の 酒で 忘れました が、 路用に 二 朱 は 人 り. ませぬ、 三百ば かり 下さり ませ。 作 左 はて、 一日で も 旅 は 旅、 どの やうな ことがあら、 リも 知れぬ、 用意に 持って行 つたが よい。 さ V5 fc-. 勘お 口 を Si らして 立つ がよ い。 , ひた した S ば いえさ、 ちょっと いっぱい、 茶な と 飮んで 立ち ませう。 o ちゃう fh,. - へ みち 權十 いや、 わしら も T 度歸 り路。 ?、 た 勘 右 そこらまで 送り ませう。 ト 立ち. 作 左 これ は 一" t だの であった。 これ 兵衞、 氣ケ W けて 行き やれ。 淸兵 さあ、 行き ませう。 田 五, f せる くら ゐ なら、 八 ハ. t:- かつ t. ト: の i つて、 お V、 Iri だ-」 I 干き て i はも I 入 きハ あ、: れ、 しみ ッ たれな こ. is な、 素 あける から は、 酒を飮 ませる は i た。 田 五 おら あ 割前 は 出さね えぞ 畦 六 い、 とい, とよ J さあ. いち どれく、 わしに 飮 まして 下さい。 ト 茶碗. 跬六 どう だ、 お前 方のより よから うが。 兩人 い、 どころ ぢゃ ござり ませぬ。 5- 持って 來 て、 田 五 さあく 肴を喻 ひなせ え。 兩人 これ は,, 有難う ござります。 ト 煮染物 つまんで 喰 ひ、 いち この 煮 染も私 等が のより、 なう おそよ、 そよ 、フ まいど ころ ぢ やない、 みんな 喻 ベても よろしう ござります るか , 畦ーハ い、 どころ ぢ やない、 みんな 喰 ひなせ え。 - 正直 淸兵衞 I 四五 そい 田 畦 兩 い よち 五六 人 ち 默 1: 彌 全集 - いや、 氣前 のい、、. こ; もち。 ;, 10 お tliili よ。 ト兩 人して 酒... 女 まあな? 51 ふ、 f, fff !. おいち はえし くん ハ てれ 舞 ひ、 ありが ね. いもの だ。 そよ いえ、 i い, やない、 になり ましたから、 大 まけに まけました。 T さあ、 これから こっちのお 酒を飮 まラ。 いら 煮し め 物 も なくなった。 兩、 御存じで は ござり ませぬ か。 そよ わしら が 買った 酒肴 を。 いち SS に i 达っ たは、 誰が 仕業で、 兩人 ござります 盹六 誰でもない、 こなた 衆 二人 だ。 兩人 え、。 ト びっくりして、 そよ それ ぢゃぁ 御馳走に なった の は、 わしら が 自腹で 買った 酒 か いち それと 知らぬ も 眼がない 故、 いっぱい 喰った かいまく しい 畦 六 何も 腹 を 立つ こと はない、 おぬしが 酒 をお ぬしが 飲んだ の だ モ. mm 五 潤目 を賣る 目と W き 逢えた の は 兩人 おぬしの 方が 誤り だ。 何の 誤りな ことがある もの か。 善 太 いけ 强 情な、 瞽女のば うめ。 J にんで。 ぎ もと ?• き t ふヌん やつお ;. ぽん ザ. 」 P トヨ 人. 1 めち. まあく、 待た つ しゃい。 三人 いえく、 うつち やって おいてお くんな せえ。 彥十 もし、 いったい こり や あ、 どうい ふわけ で ござり まする。 かへ 一. 源 八 さう して その 千 物の 錢と いふ は、 いくらば かりで ござります 田 五 三十 二 文 さ。 善 太 え、 慾 張った 奴 だ。 彥 4- M 八、 の を やった おで、 いっぺい づ、 飮 まして くれ。 源 八 かし: まりました。 畦 六 こり や あ、 おら も 喧嘩 をす り や あよかった。 ち; t-. 田 五 違えね え。 彥十 こう 源 八、 久 七さん を 呼んで 下せえ。 源 八 かしこまりました。 ト S 七 、蹴の 鍵. ? けて 1"、 ,〕 れは杉 逢の 旦那 ようお いでな されました。 - 列べ、 5JS 子と 括 nfeitl 持って 出て, 久七 まあ、 有れ 合せで 一 つお 上りな され ませ。 いら 出 來リ、 花道の へ 行く. 田 五 まあ、 こ、 へ來 てかけ さっし やい。 淸兵 1 の 服 か 知らね えが、 急な 事で 行か にゃあなら ねえが、 歸りぢ や ぁ惡ぃ 力た 跬六 手間 は 取ら さねえ から、 兩人 まあ、 こ、 へ來 さっし やい。 ト本 舞 毫へ來 て、 許さつ しゃれ。 ト 床几へ. p けろ C 久七 兵衞 さん、 この間 はどうな すった か、 さっぱり おいでな さらぬな。 靑兵 この頃 は植附 で, どつ こへ も 出る ことが ならね え。 久七 おて、 もし、 草鞋. か 切れて ゐる ぢゃァ ありま せんか。 淸兵 おいの を て たら に ずれて しまった。 むの が をし いから、 道々 こしら へながら 歩く のさ 久七 その やうに 急がす と、 日が 長いから ゆっくり となされ ませ 正直 淸兵衞 一 I 一 默!: 彌 全集 - 淸兵 いえく な だから、 ゆっくり として は もられぬ。 ト すひな. ら 草鞋の 紐. - なほし• ときに、 わ X.? y X.? ひとよ. ? Z ナ ト ゃはリ r 鞋の f と通は し、 If f. 1 の f ひ ゲ". S ひな。 せいべ 35 ち S. わん 3 ト洁 兵衞に 茶碗. S ざて、 さあ、 匿 注に し てお くぞ。 ト 脇. 仕方が ねえ、 おれが 飮 まう。 ,, S せいべ, - f ひいれ ト I 六まい すろ。 ぼ五七ぅまさぅに欽む。 ませぬ。 liJ 直 清兵衞 一 五 五 默!: 彌 全集 一 五六 彥十 何の、 いけね えこと が ある もの か。 そよ もし、 多ければ 助けて 上け ませう か。 いち このお 酒なら、 いくらでも 飮 めます よ。 ト ぐっと 飲んで、 あ、、 い、 心 ちち 持 だ。 實に 今日の 酒 は、 お 一 則に 飲ませた. -Jy. 淸兵 さあ、 がみたい こと は 山々 だが、 庄屋 樣の営 附故、 今日ば かり は飮 めぬ く。 o やろ にんち 5- 2? れ ト 草鞋. 田 五 もし、 お前さん 方 も、 よつ ぼ どい けます るな。 の 損で ござり ますせ 彥十 左樣で ござります。 畦 六 こ、 に, けて をり まする は、 同じ 村の 淸兵衞 とい ふ もので ござります るが、 飮 めろ 口で ありな が ら、 飮 めと いふに 飮め ぬと 言 ひます。 淸兵 御 親切 は 有難う ござり まする. 彥十 さう でも あらう がお 近附 に、 ちょっと 1 つ 上 ゆ ませう。 Ifl 彥十 袖 振り 合 ふ も 他生の 綠. の リ C- -ノゃ し k. ト 茶碗ん 取ろ C 一 兩人 なに、 ず ふ もの かな。 ト言 ひな. 一 ハ あこれ、 こばれ ます、 もったいない。 しき 入:. i て、 ぐっと 飲む。 職 J5 どう だ、 い、 酒ぢゃ あねえ か。 ; しく I に醉 ひし 思ん にて、 久七 どん、 閒 いて 下せえ、 世の中に 正き は ど. ;: 難い もの はない おら はこの g も 知って ゐ ろが、 自慢 ぢ やない が 田地 W 畑 もな く、 年屮庄 星樣の 所へ 行って 庭 子の やう よ ら A づの A ぴャ くしゃ. ト懐 ふ" 五十 兩入" し 財布. まれて、 お バ講の ム 十兩 御師の 所まで 持って行 くの だ。 ,' り や,.. 久ヒ あこれ. 0 なか かせ ご ザ し. り よい ゃラな もの なれ ど, igi! 必 すそん な 話 を さっし やります な。 彥十 いや、 わしな ども: IF. 業づ くで、 年中 金 を 持って 歩く が、 寅に 道中 は 油断, かなら ねえ。 源 八 えて 商人の 風な ど をして、 ひっかける 奴が いくら も ある そよ ほんに さっき も、 わしら がしがない 錢で買 つた 酒 を、 よこ タ の ひと うらせ. : ベ るハ おも ひいれ. いち 潢 取り をして 飮んだ 人が あった。 ト: の內淸 兵衞思 入あって、 淸兵 そり や あお 前方、 眼がない からだ、 おのが 持って ゐる もの を、 取られる とい ふが ある もの か。 久七 はて、 そこ だね。 淸兵 どこで ござるな。 ふところ い と お- と, さ くすり さけ なか しび ぐれり 、• の 久七 さあ、 どう 懷へ 人れ ておいても、 取らう と 思 ふその 時 は、 藥か 酒の 中へ ig: れ を 入れて 飲ませ、 動かれ なくなった ところ を、 それ、 ひょいと 取ります わ、 うぬ 泥坊と ず ひたく つても、 舌.. か i: れ ものい ふ まへ と ゆ だん て 物 は 言へ す、 見て ゐる 前で 取られます。 それ だから 油斷 はなり ませぬ。 き 《J 4 る おも ひいれ ト消兵 衞、、 れ. これ だから 庄屋 樣が、 酒を飮 むな と 一ず はつ しゃった の だ。 今の 酒 はい、 かの。 畦 六 馬鹿な こと を 言 はっせえ、 おら 達が 振舞 ふ 酒に、 田 五 何が ある もの だ。 正直 淸兵衞• ニハ J 默阿彌 全集• ! 六 二 さ け なに V-. 久七 あいく、 奧 にあります から、 行かつ しゃり ませ。 わら V0 は ひ 淸兵 草鞋で も 入られます かの。 久七 庭の 隅 だから、 だいじ ござり ませぬ。 淸兵 それで はちよ つと 借ります ぞ。 どれ、 閑 所 場へ 行って 來 ようか。 い せ ひろ だいじんぐ. 畦 六 あの 又 娘の 美しい こと は、 これ も 伊勢 中に ない 器量 さ J 久七 ほんに、 い、 娘 御が ある さう だね 彥十 い、 娘と 開いて は、 耳より だな。 もし、 どなた も 道 を 急ぎます ガら わし はも うお 暇いた します。 哇六 ときに! 兵衞 どん、 わしら も いっしょに、 兩人 行き ませう。 淸兵 いっこく 三 里 は 朝飯 茶濱ぢ や。 ふるいち だんな いち 古 市の 且那 樣。 御馳走 樣 になり ました。 彥十 なるほど、 あの人 は. 止 直 者 だ。 彥十 そり やさう と 喜兵衞 どの は、 もう 貝 えさ ラな もの ぢゃ あねえ か。 源 八 こ、 で 待合せ る 積り だから 是非 來 るに 違 ひご ざり ませぬ。 久七 まあ、 ゆるり とな さり ませ。 と 花道より 立場の 喜 兵 衞旅裝 にて、 娘お 蓮と 連立ち 出来ろ。 お 蓬 もし 父さん、 杉 本の 且那 のおいで なさる 所 は、 どこで ござんす え" 禀兵 Ms 寺 前の 酒屋 だとい つたが、 たしか 向う の 家 だら う、 何に しろ 聞いて 見よ ラ0 り うにん ほんぶたい く げんみ お 蓮 それが よ- 「ござんす わい な あ。 ト兩 人 本 舞 臺へ來 る、 、源 八 見て、 源 八 ぉぃ宾 兵衞 さんく、 さっきから 待って ゐた。 喜 兵 お、 杉 本屋の 且那、 源 八さん、 お 待 遠で ござりました らう。 かとの sSiii だ。 彥十 はいく。 源 八 どう だ、 愛 相 i のい、,! づ ちゃや だ し. It fc- ふも いち き r , J 源 八 なんで 姐え は、 そんなに 古市へ 來て えの だえ 力 ひと お 蓬 さあ、 ちっと 逢 ひたい 人が 源 八 え。 ト喜 兵 衞の铁 へ 手. " まあ 三年と してお きませ う 0A どうで お i のこと だから、 又 負けたら 出て 來 ねえ. kkfi. あれが 所へ 一 つて 證 ましょう。 くだ ト 喜 兵 どうぞ さう して 下さり ませ 彥十 ときに ガ さん、 お前 酒 はどう だえ。 正直 洧兵街 二 r 默阿彌 全集 寞兵 大 好で ご ,さります。 彥十 それ ぢゃぁ 一 つやん ねえな。 寞兵 御馳走に なり ませう。 彥十 おい、 熱い の を 持って来て くんな。 善 太 あいく。 源 八 悦だ え. - お 蓮 松 乱から 古市へ は、 どのく らゐで ござんす え。 源 八 なに、 わ づか三 里ば かりだ" お 蓬 それ. ちゃ あ、 松 坂のお 方が、 遊びに ござんす かえ" 源 八 來る どころ かえ、 古市の 一 攛家 だ。 ぉ莲 その 松 坂に 松賀 星と いふお 家 か。 - 服 店で、 相 鹿な 家 だ。 八 お 迷 そこのお 家に、 御 亭主が ござんす かえ," 源 八 あ、 亭主が なくって さ、 六十ば かりの 爺さん だ。 お 蓮 お上さん も ござんせ うな。 源 八 その 御 亭主の 女房 だから、 五十 四 五の 婆さん だ。 お 蓮 さう して、 娘 御が ござんす かえ。 じすめ 二 、よ;? i し 源 八 娘 ツ子が あつたが、 去年 死んだ。 ラち ほ、 f こラ にんし、 リ お 蓮 さう いふお 家なら, 奉公人 衆 もたん と ござんせ うな。 ほんと. -- に. ぉ遝 猫な ど は ござんせ ぬかえ。 源 八 猫 も 二三 匹あった。 お 蓮. 犬 はどうで ござんす え- 源 八 こうく- もラ い、 加減に しねえ のか。 、1 、 、 お 蓬 まだ そこのお 家に、 なにが ござんせ うな。 』 ま ていしゅ かみ -, すめ ほづ こ... ' にん ね 二 いね かる;:; ざ 源 八 待ちね えよ、 亭主に 上さん、 娘に 奉公人、 猫に 犬" お、 まだ あるく、 とんだ 輕業 だが、 正直 淸兵衞 ニハ九 默阿彌 全集 一 さ むすこ W れん ろれ 5C も ひいれ とい ふ 息子が ある。 ト、 、れん 聞いて お さ 思 入 C むす- お 蓮 その 息子さんに、 あの、 お上さん が ござんす かえ。 彥十 なに、 その 剩錢は 小 憎 どんに やってくん なせえ。 善 太 これ は 旦那、 有難う ござります。 やな, お こづか で,, 3 源 八 宿 下りの. も ひいれ. じょまく V? 3-. 、; ひ, と t. 正直 淸兵衞 fl 阿彌 全集 一七 二 t むか おも ひ. 喜 兵 あれが 三寳 荒神 だ。 5 おと ひ G らさろ ぁ莲 さうて ごさんす かいな。 ト この 時お 蓮ば つ. 彥十 や、、 この 帳面 は。 , I ふところ い お 蓮 え ト ひったく" 懐へ 入れろ。 ぎょくち to-. n て ま は 源 八 玉 帳 か、 い、 手 廻し だの。 久七 え、 忙しね え、 やらね えと は 言 はねえ わ。 は 3- い ぜ おんど は?. 久七 これ 淸兵衞 さん、 險相變 へて、 こり やま あどう さっし やった の だ。 氣を落 付けさつ しゃい。 淸兵 何 だ 氣を落 付けろ、 どう 落 付いて ゐられ る もの だ G 久七 藪から 棒に 膛を 立って、 まあ 譯を言 はっしゃり ませ。 t お 兵 え、 ぉだヒ けぐ しいと、 譯は 一ず はすと も、 覺 えが あらう。 これ 小 偕 水 を 一 つ 上け るが い 善 太 あいく。 久七 なに、 わしに 出せと は。 ねす だ• 1 淸兵 盗んだ から 出せと いふの た。 久七 いや、 この 人 はく、 途方もない こと をい 人 だ. - とこ おやかた ぬすびと I• 善 太 なんで おらの 所の 親方が 盜人 だ。 正直 れ兵衞 一七 一一 一 默阿 il 全集 一七 a 田 五 まあ、 靜か にさつ しゃい. ssx-o 淸兵 お、 村の 衆 か、 閉 いて tl- せえ。 ト おどろく 七 むっとして、 久七 これ 淸兵衞 どの, 外の こと、 は 譯が違 ふ、 いつわし がお を んだ、 それ を はっしゃい く。 よく 考 へて 見さつ しゃいな。 違 ひない。 久七 これ、 いくら IS ん だとず はっしゃっても、 盗まぬ とい ふ 證慷が ある。 わしゃ あ 奧へは 行き はせ ぬ、 この 店にば かり ゐ;:、 お前 は. 言譯 なさに こ、 へ來 て、 言 ひが、 り を さっし やる の だ。 正直々々 と 人 はず ふ. か、 見かけに よらぬ 太い 人 だ。 V 、込みし 思 入に て M ん ふと ねす はう ふと わす はラ ふと• - さあ、 代官 所へ うせ をら う。 ト久 七の 胸倉. かかた まり、 年 巾 法被 一枚で 前叽の 商人 を いぢめ あるいた こ 乇直 兵衞 -七. 3 默阿彌 全 ffi-. し つ、. t" プ と はあった が、 人の 物は錢 三文 盗んだ ことのね え おれ だ。 まして、. 田 五 なるほど、 さっき 淸 丘ハ衞 か、 手水 場へ 行った その. 畦 六 して 見る と、 こり ゃ溃 兵衞- こなたが どこで かがられ たの だら う。 なん しゃ -7 やさ. , わす く. 淸兵 何の 庄屋 樣へ 忘れて 来る もの か、 こ、 で とら. 賴 もしく ねえ、 何で 久七か 肩を持って、 わし を こんなに へこます の 一;i。 假 へ? 小 前 の 百姓で も、 同じ 村に ゐ るから は、 肩 を もってくれ たがよ い。 畦 六 なんば 肩が 持ちた くても、 こなたの 方が 無理 だもの を。 淸兵 何が 無理 だな、 盗んだ から 盜ん だとい ふの だ。 田 五 そんなら 何 ぞ證據 が あるか。 なに しょうこ ねす ちが 淸兵 さあ、 何も 證據 はない けれど、 こ、 で盜 まれた に 違 ひない。 畦 六 それ だから 無理 だとい ふの だ、 盗まぬ とい ふ久七 どのに は、 わしら とい ふ證 人が あるに、 田 五 こなたの 方に は 盗まれた とい ふ、 何も 證據 がないで はない か。 淸兵 さあ、 それ は。 み しょ ミこ みづ かけ ろん だいくわん しょ もちた か• 畦 六 それ、 見さつ せえ. 淸兵 それ だとい つて こ、 の 家で、 盜 まれた に 違 ひない もの を、 そんな こと を 1 ず はれて は、 おり ゃ饰し くて ならぬ わい。 畦 六 村 中の 恥になる こと だ、 よう 考 へて 見さつ せえ な。 正直 清兵衞 I 七 七 默!: 彌 全集 , 七 八 り やりに, し b ぜ. 、 k -. 《 へ しゃ. ,' ひとくち -. お前が たの 恥に なって わるけ り や あ、 これから;:;; 3 村へ k つて、 庄星樣 を 連れて き けつ は; A か J6 かた ゆ り や, リー-し レー 來て、 わしが 潔白 を 見せ にゃあ ならぬ. - ト 上の 方へ 行き;'、 る.. 田 五 どうで こなたの 言 ふの は 分からぬ、 わしら が 行って 話して やらう。 ト兩 人. せいべ い" さん かみて はし ト淸兵 衞け逸 散に 上手へ 走り は ひる。 畦 六 え、 これ 淸兵 衞、 待てと いふに。 外の 事と は 遠 ひまして、 どうも こればかり は 捨てお かれ ませぬ、 あそこの 家で は 物が 無くなる、 油斷 のなら ぬ捫屋 だな ど、、 これが:. ト 行き. p 、ろ. 畦 六 その 腹 立 は 尤も だが、 盜 まぬ こと はわ しらが 承知。 この こと を 庄屋 どのに il し、 こなたの 船り を た いひ、 メん ふたり 立てる から, 言 分 も あらう けれど, どうぞ 二. 兩人 そんなら、 わしら に、 任して 下され。 t たのち かた C かなら だい, ゝ わんし よ で 田 五 い. つれ 又 後方に 來 るから、 必す 代官 所へ 出る こと は、 み も は , 、だ 兩人 見合して 下され や。 久七 承知しました。 兩人 いや、 とんだ 厄介 を かけました。 ト iii?! : み、 ま 正虎淸 兵衞, 1 お. 默阿彌 全集 ;. 1 ろ りゃラ あし だ Q か ご かき は. 喜 兵 なぜ, 足 を 出して ゐ ちゃ あ 惡 いかえ。 舁ニ どうも これ ぢゃ あ、 擔ぎ にく、 ッて なり ませぬ。 5i すき 51 の お b ね かごの P ャ i 喜 兵 ぜんて え おら あ 馬が 好 だから、 馬に 乘 らうと 思った の だが、 無え から 駕籠に 乘 つたの だ かう 兩 方へ 足 を 出して、 これで 馬に 乘 つた 積り だ、 ぐづ くせす とやって くれろ え。 舁 一 棒 組、 仕お がね え、 ゃッ つけよう" 舁ニ 强 情な 人 だな あ。 ト 舞臺へ 來リ、 駕籠. MV -. - t じ や, 7 だん の I り 駕籠 を 取ら にゃあなら ねえ、 常談 せす と乘 つてお くんな せえ e 喜 兵 乘 つて ゐ るから い、 ぢゃ あねえ か。 舁 一 足 を 出して 乘 つて ゐられ ちゃ あ、 わつ ちらに ゃ擔け やせぬ。 喜 兵 擔けざ あ 止せ、 おれ も默 だ。 正直 清兵衞 1 八 1 、默 阿 彌 全集 !八ニ 兩人 そんなら 卞 りて おくん なせ, え。 真 兵 下りね えで どうす る も S だ、 こんな 駕 龍に 乗られる もの か。 トひ r4 ろくして 出. p ゝ ろ。 、 似定をぬひませぅ。 ト 立ち、 P ゝ Ki.

次の

ログイン

はまぎn

Full text of "" PL Kawatake, Mokuami glO Mokuami zenshu A9 1924 V. 是 れは その 一 つで ある。 七揚 された" その 時の 看板 下 繪 である。 書 入れの 文字 は、 餘 白に 認めて あるの は、 「三人 立い つもの 通りに 御た のみ 申 候」 で、 團十郞 辨 慶 の 袖の が 「縞」、 左團次 富 樫 のが 「千羽鶴 「 菊五郞 義經 のが 「笹 りん どラ」 である。 L 三人 立つ さ e. r, -;' :. e 丁. 七 九 m 九• 默阿彌 -、 卷. S 木. 眞、 玻 S? n の 前 f ゆ は, んめ お この せ かい よした お いへき やう ゆん 第二 番目 は 御 好みに 世界 も吉田 の 御 家 狂言 こ ひ ラきょ しの そラた み うし じ i うめ. C かころ 戀に 浮世 を 忍ぶ の惣 太が 身 も 牛 島の 梅 若 殺し はな はや さくら もちや くるわ けいせ ハ はなこ 花 まだ 早き 櫻 餅屋 へ 廓. : 扮 して 成功し なと、 又 寒」 扮し. て わって、 しう, "の松若 丸 等• 打って つけの 適役で 藝. S なと. 昝 へられて ねろ ;の -- 際して. 詳細の、、 と は f 「河 竹 S 彌」 傅, お 籠ゼ られれ い C 扉の f は 明治 5 二月 守 I 上演 S ので わろ。 0 の ャ ふ. 百姓 やくにん さ. 厶 さう してお 前方 は、 何 i へ 行かつ しゃる の だ。 1 わたしら も ねる ものが あって、 向島から 四つ 木の 方へ 行く のさ。 〇 は、 あ、 それ ぢゃ あお 前方 も、 松 若 を 捜さつ しゃる のか。 なに 、ジち しょく は. よこ かげお ち 1 何 さ、 內 のお 職の 花 子さん が、 駔落 をした 故、 二 八方へ 手分け をして、 衝 しに 出た の だ。 〇 そり や あ 情人で もあった のかね。 ;; 2 ひと か-し. :- から la ひっかって、 松 若 や 梅 若の 詮-动 なすれば 皆々 刷毛つ いでに 捜し ませう。 1 二 そんなら、 頼み ま づぜ, 皆々 4aisa で ご-さります. 0, 、ぼ じ a 5 さが 、. リ《 わか. 軍 助 あいや、 にも ii にも、 I む i の a れ、 晳く ねに て、 y 、-•. 淀 牛 さ、、 おきしな され ませ。 ト本 舞 牵へ來 リ、 y. T V つ, -. 9 ゐ 梅 若 これ 軍 助、 其 都鳥 は どこに 居る ぞ。 づ もと も 江戶と 聞いた ばかり、 先 づ差當 るお 梶が 住家 を 尋ね 求めて。 淀 平 何に いたせ 隅 田 川の ほとりと あれば、 軍 助 殿に は 大儀ながら、 此 所ら を 一遍 尋ねて ござれ。 い か たづ こ ほな J よさへ い-ど 3 お ふ. あと ゆ ら, 3 とも t を か なら き づ お、、 跡 は 下郎が お供 申せば、 必す氣 遣 ひさつし やるな。 かリこ i たづ. i る ,. ト 輝の 勤めに て 軍 助 花道へ は ひろ。 r け たの Mfc む ォめ ありか たづ い はャ し 淀 平 今 軍 助が 賴 みに 思 ふ、 娘の 农所を 尋ねに 行った が、 早う 知れ、 ばよ いが。 うにん ほ 棉手 動くな。 ト 是れ にて 淀平兩 人ん 園 ひ 定平 、齔 はお ItMii のお なす を、 おくより 知って。 おず したる 御 一 r 力、 や はかう ぬらに 渡さ ひ 力 役人 や あ 洒落臭い 下司 奴め。 それ、 討って 取ォ 皆々 は あ、。 ト 取卷く C 淀 平む、、 手 向 ひなせば 生けて は 置かぬ、 片ッ 端から 覺悟 なせ。 ト 下手:. ! てぁリ やくと 人聲 すろ C 一 班 女 これ 梅 若、 またもや 追手. か 妥へ來 たらば、 わしが 支へ る其ラ ちに、 そなた は 早う 此 を 脫れ、 1! お, 5 ふと 二ろ ふくさ プ、 いだ この きん M. r つ- 班 女、 動くな。 や あ、 で こそ あわ i え あれ. ぞ- vn-VJ はん 重 LI- if 霞,. きひ- 4 ト讕ク す, f -. S へ 妬な 見て、 ェへ つ 一 ザん 源 吾 や あ, 班, fl- 御:. S 力 班 女 さう いふ 聲は、 0r 松 井 源-九: だ 门 t. 田た の 沒 よ わ そ 班 女 え、。 "へ 、 何と 憎う ござるまい。 , お む、、 iii せぬならば、 けて は 置かれぬ。 すり や、 どうあって も 源咅 お 、 我. か 心に 隨 はねば、 刀に 掛けても。 班 女 さう いふお のれ を, - と 振拂ひ 切って I ゲ ろ。 0 :t ご や、 人で なしの 松 井 源れ い 力 し 忍ぶ の惣太 默阿彌 全集 よさへ いやつ こ わる. 源 吾 淀 平 奴 か、 惡 いところ へ。 班 女 よう 房って たもった 3。 ゆ ら 5 16 にんり 5 かなら あん 淀 平 下郎が 參れば 千人力、 必す お案じな されます ろな なじ 源 吾 何 を小癀 な。 -il. 一 梅 若い、 や、 こり や 金で はな いわいの。 1 何で 金で ねえ ことがある もの か。 一 二 さっき わが 身が 躓いて、 落した 時に 見て 置いた" 一 一 四の 五の 1 ず はすと 出して しまへ。 梅 若 さう 知られた る. 4 から は、 如何にも 金ぢ やが こればかり は、 どうぞ 許して くりやい の。 一 が. n じ 0-5 IJ 、、、、じ?. 一 ト, I めに な ". ITSS? あ、 sf. Jrl ぶの 惣. 梅 若 あい、 爱に 居ります わい の。 r, こ,, たちよ a おひ か" か 《る• " ありがた そうだ 5 め わか まる かいは 5• 、z 梅ず これ は 有難う ござります。 梅 若 あい、 旅の 者で ござります る。 惣太 むう- 旅の 者と あるから は、 定めて 連が あつたで あらう が、 其の 連 はどうし やった。 梅 若 あい、 最前まで 母樣 と、 供が 一 人 あつたれ ど、 道で 追手に". 太 や。 梅 若 いやさ、 道で はぐれて しまった わい の。 惣太 それ はく 可愛 さう に、 嘸 まあ 母御 や 供の 人が 尋ね 捜して 居る であらう。 すみ だ が は J ろ き ころ 太 隅 田 川の ほとりと いっても、 廣ぃ こと ぢ やが、 所 は ど こぢや 梅 若 たい 隅 田 川の 邊と ばかり、 何とい ふ所ぢ ややら。 まる 金の 切羽、 足 手ば かりに 卞覺 なせ ど、 未だに. ヒ I、 ャ こへ a? しよ ぢ しな• も 梅 若 これに k けても 兄 上が、 おいでな された ことならば、 此 身の 便りに ならう もの。 まな そのと. ? え. 3 せ 5 わかぎみ さ 》• 梅 若 家出な されて お 行方 知れす。 愁太 今 は 謀叛の 片割れに て。 し 一 i. ふに 連れて 此の 眼-お。 二 み よ その,.. 、 、. r とつお ひつ。 太む、。 - ト 是れ 知ろ べに 您太 側へ 來て、 梅 若 丸. - これ、 こなたに 少し 賴 みが あるが, 何 と 開いて はくれ まい か。 忍ぶ の惣太 1 九 默!: 全藥 -5 梅 若 して、 お前の 頓 みはえ。 物心 太 さあ みはが じ もない、 そなたが 持って 居 やる 其 金 を、 貸して くりやれ。 梅 若 え、。 ト びつ く. : T すろ。 卞 A ぜ たい けれど• S より i かつ たれば、 お話し 申した 其 上で、 お前に 貸して 上け よう わい の。 愁太 そのこお rli" けない が• 愁太 さ、、 さう では あらう がぎ f-? 、り や 5 て あは そのて はら 〔兩手 を 合せば、 其 手 を拂ひ 梅 若 え、、 お i より わしが 拜む、 是れ ばかり は 許して 下され。 ' なむ あみ 5,! 1 なえ S いでき た そうだ ゆ 5? た 、. " つ. : むり そ》 "レ. 1 Q くだん かね ヴ、 おと• に 花. f こ りやこれ Tpts 丑;; S 思 ひ.. かけな く。 花 子 え。 , ト 十右衞 門せ 市き はう として nl. s へろ。 s- にて. ひやう し 慕 二 幕 目 向島 您太 内の 場 〔役名 I 忍ぶ の 惣太實 は士 n 田の 家 a 山 田 六• じ Is の llsif 1 態の 二 s、 1 ふ禁 11. 梦 ー懸? y、 S. 通ュ ら まくち 樂-」 て 幕 明く。 " 忍ぶ の您太 一一 ョ e ,阿彌 全集 V- 5 む. 力 方の 皮 包み は、 出來 たかの. - ぉ梶 はいく、 只今 上け ます わい な。 上さん こっちへ も 一 籠 くんな. - ぉ梶 はいし を いました。 な I- で い ぉ梶 二れ はしたり、 そり や 世 問の 人の t -、 どラ して. それ 程 稼ぐ 愁太 どの、 榮耀 らしい 事が ある もの 力い な あ な, oi? りちぎ そ、 フだ よし はら vi.. 、 こ. , f. 3 だ しの かよ づ i ャ. 2 , が, たび や 5 思うて 物心 太 どの、 忍びく の 通 ひ 妻、 それが 嵩 じて 胆. 涡の、 茂吉 え。 Ho わい な。 小丘ハ そんなら こなた は、 お g どんの f ん かえ。 小兵 そんなら j 緒に 親父 どの。 - や はんこ i へ そ S かん ざし や 卜 茂吉 それ を 遣つ もや ぁ晚に 困る だら う、 お前の 其 簪 でも 遣ん なせえ ぉ梶 こり やわた しの 母さんの が 簪 ゆ ゑ、 手放しに くい。 ト rl. ぉ梶 Sii れ はしたり、 其 やうな 事 言 はすと、 早う 持って行て 下さん せ。 茂吉 よしく、 そんなら 是れで 米から 看. sv ひっしゃ リ しめて ほっと. J つく。 ひ f ろ. ト i "りな. びつ く" して、 いえ、 めったに 出ろ こっち ゃァ ありい せんよ。 ま レ こ かち ひ あん ? I ト 女の 思 入 Li て. 45 ゲ すび と あんどん ひ はなこ そ 5 だ ! 4 惣太 明るくな つたら 盗人 を。 と 行燈 の. I- わ 太 さう いふ こなた は" ト ぉ梶、 花 子 見て、 お 梶ても 美しい おいらん は。 花チ 花菱 屋の わたし は 花 子。 花 子 ぬしに 逢 ひたく やうく と。 忍 ぶの 惣太 1 一 1! - 惣太 それでも わが 身が。 S で ござんす; ぎ W あぶ さ にか こんな 装で ござんせ う。 ちゃに よって わ;. a C そ-つ だ-おも ひ:: ト吞み 込 まぜろ、 惣太 S 人ん つて• 花 子 さ-かいな、 今の 話しの 樣子 では、 ぬしが ぉド; さん ぢゃ ありんすまい。 つくん なまし, - ぉ梶 はいく。 , f. か I へだ. 花 子 女中さん、 SDf でも 買 ひな ましよ。 す, お g むっとした ろお". ト思 入. : 嫌 ひの わたし ゆ お to-f- すぐ とくし、 ,、 る わね t へ;' ほみ 5 へ レ い :- 一い ゑ 親方さん も 直に 得心• それが うるさく 廓を脫 け、 お?. ? -II まつわ か ぉ梶 忍んで 見えた おいらんの、 其 面 ざし は檢 姿の、 あの 松 若に。 愁太 あいや、 つ 甲斐あって おれが 家へ、 斲け 込んで 來た此 花 子、 素手で 歸 さば 男 S. 面、 あっちが 身 請けす るなら ば、 f つち も 意地 づく どこまでもお. " ぉ梶 めつ さうな、 た V さへ 貧苦の H 、上に、 多くの 金 を.. ,, 'れ. ト ま;. s- か• 、 やこソ 4- i ひ に此 程より、 隱 せどた しかに 户騎の 病 C. ト ぉ梶. 'xi ラ 「は ぢ よ ぉ梶 もしおさん、 して さんせいな あ。 3 ,レ V. J 、:ょ. -J- ュ つめ ま、 あ. さ " 4. 一り らか f、 は. とはいへ、? fs あのし だら、 それ も檨 子の ある ことか、 但し は あれ-力 本、. これに 一お i 、です、 I" として がち 奥く へ は ひろ、 n おがす め; になえ 觀. i ?. ? 5-- さ ゑ み. ま S ひか? i や ;.. J- た ぢょ. ,おの へ II して は、 ぶ.. -SKtck けられ. か 立たぬ、 i5 が 女 郞は寶 もの K もの、 身請けし たらば 言 分 あるまい コ W iM- 一 み ゾろ た• レむ 兵衞 2e に附 け;: ろ 下駄. リ 4 で、. そ や::.. f- ひいれ t. ある、 花 子 を 身請けの、 十 右 いかにも 葛 飾 十お 衞門• ト思 入 c〉 f' h A なん よ、 f ,ち 忠太 して、 十 右衞門 どの、 何の 用で わしが 家へ。 g ばかり はお I いだ。 お まに する 程に、 こ、 の を 聞き分けて、 ど t て 花 子な わしに ぐ だ J 下せえ。 惣 太 幾ら 下 けても 頼んでも、 ならぬ とい ふより 返事 はねえ わ。 十お そんなら どうで も、 ぶの 惣. K wn 一一 默阿彌 全集 wg f-5 太 知らね. MJb し ろ は. r の. TTM 力お m 、"ろ. 戲 r つくりして• 庄兵 あ、 もしく 十右銜 門さん、 さっきから どうなる 事と かと i いて 2? 愁太 いや、 われから 拔け, f- ,1 -B- く り。. 、い ま こ ま f も 早" なか で , り"、 5 にんお も ひいぶ• つ fb, メろ , ノ,. おに、 カル! i 掛けても 身請けせ うと 一 マ- n はしゃん す、 お前の 心底 見" ゆ ゑに。 十 右 この 十お 衞 門が、 女房になる 氣か。 花 子 いやで ござんす。 十 右 や。 花 子 はて、 いやで あるまい か,, 纩 ii けく と. 花 子 あい、 K 果な 事で ござんす わい な。 K ぶの 惣太 M. i 默阿彌 全集 4. ろ さ 花 子 これ。 1,」。 花 子 庄兵衞 どん、 人らざる IT す。 を やかす とも、 I か 7 じ. , 4r ベなん しな。 あ r て a き焱 つ、 frf0-f'. ' 兵 どうした 所 か、 花 子さん. 遣った の。 I 心太 お、、 こなた は 迢具屋 の 小兵 衞 どの、 いつの 間に。 一 小 丘、 さっきから て つて" 居る のさ、 ゲ. is 都鳥 S 代き 百兩、 たった今 受取り ませう か; た. 物心 太 それ だとい つて、 此品 ばかり は。 , ノて 5! II 太 それで はどうで も、 小兵 そんなら 金が、 惣太 さあ それ は、 小兵 外へ 寶ら うか、 惣太 さあ それ は、 兩人 さあく く。 小兵 え、 面 i な、 故 さっし やい。 は itii お if つた、 これ 花 子、 そなたが 望みの 都鳥、 渡して 匿く が おれ. も 中 さ ひ はなこ わた ト 探って 花 子へ 渡 マ。 喜 兵 長 岡 屋の喜 丘 ハ衞で ごさり ます 惣太 真兵衞 どん、 面目 次第 もない。 愁太 成程 一 々尤も だが、 長う とはい ふまい、 どうぞ 明日まで。 喜 兵 はい、 內 儀の 名 はお 梶と いひます。 一 ,…だ. 十 右む、、 想 太が 生れ は 都 方、 女房の 其 名 はお 梶と あれば、 もしゃ 山 田の" 一 惣太 え。 -7 a ず て W つけぬ ひと ふ 3 あんまりと はこつ ちの 事、 脫ぎ なせえ く。 ト捨 ピリ ふ に て惣 太の 着附. ト 皆々 惣太花 子. 小兵 士 〔原. 迎 ひの 日和下駄、 着飾った 派手 小 籼は、 みな 長 岡 星の 損 もの。 吉兵 二人ながら ふん 剝れ て、 身に 附ぃ たもの は襦件 一枚、 見す ばらしい ざま を なせえ。 三人 呆れ たもの だ、 は、、、、。 一 な-一お も ひいれ f S ぜんど てら と a ト花子 思 入, 二重に あろ 以前の 樵敏. 愁太 たに、 起請 を 出せと は. 、i !ん. しつ 6 づ? - かりわたしが 預 りました。 つかし、 嘸 憎から う、 腹 も 立た ラ、 お: S へ對 して 此顔 が,:! け られ るの ぢ やない けれども, iw かんす 通り 惣 人さん、 わたし か 51- みの 都 身の 代 , た ぎり C, 一、 Jnf t t へ ひ. -J "み て 貰った ばっかりに, 男の 顏. フ とい ふ 頼み やうが 面 白い、 いかにも 此 令-貸して やらう。 花 子 そんなら 貸して 下さん すか"• こ 、ろ!! ? 3 いぜん か. r だ か 3 わ ft ト您 太に 金. - , や. K 力 b ない。 あ 兵 いも、 も、 こっち は! : からで もべ おさへ if り や あ、 構 ひなし だ。 ト欲 入よ". 年季 證文. S して• l r. w ズ? o I. ト證 文. さあ、 きり ノ、 と歸ら つせ え。 さあお 二人さん 連立って 歸 忍ぶ の惣太 さ- 默阿彌 全集. な g り ませう. ちゃ ぁュ え、 提灯 を 借りて ij;: きやせう。 皮 兵 いや 散々 口 をす つばく して、 干 ほどの 癖 を こしら へ、 天? おはいた. 三人 左樣 ならば 十お, 衞 門さん、 ごゆる りと お話しな され ませ, - さ. 5Q、5;: きませ、 フ。 トー 11 バ. しまる ち C:. め 庄兵 ところで 芝居 は. 一; 丁目 かね。 兩人 え。. 小 丘 水 を 引く やつ さね。 兩人 何 をい ふの だ。 ニニま :3 C ん t な- S そりで でと 5t f 三人 さあ r」 ませ、 フ。 し黪 if 神 r な"、 11「 人 i へ は ひ气蟹 花 子路. -i-f C -S. n ん こ• lev- し 愁太 十お 衞門 どの 、 お 志。 花 子 何とお 禮を. ぐけ t め 4 て、 これで 當座 の 風 凌ぎ。 が ii: の i. は、 とり, 4i さす おれの 役、、 夜更けぬ 内に くと しょう。 ハ a? もん しもて i C5i にんお も ひい"? , ト すひな ら 十右衞 門下 手へ 來ろ、 兩人思 入 もって き I• II 太 其 女房が 曝せし、 もしゃ は の。 十 右 いや, 兄と たと へる 魁の、 I. うめ はな-一 しんにょ 愁太 梅の 花 子の 新 女房、 花 子 妻と はいへ ど 妹分" 仏. まんり よ こん to. 4- 右 はて、 遠慮せ すと、 どうせ は。 花 子 え。 T 右 あ、、 雨に ならねば よいが。 ト十 右衞 門戶 さめろ。 花 子 いえ 其義现 ばかり-ちゃ ござんすまい、 隱 しなさん すがお 前の 樣子、. U しかに 內騎の e そのが-び ャぅ つ-しぶ, ちから か この 惣太 いや も、 其 服 病 も 神佛 の、 力 を 借りて 此 ほど は。 惣太、 、れ 知らす、 愁太 元の通りに、 すん と 明か。 花 子 そんなら わたしが、 揉んで 上 ゆうかえ。 ふ 10 -? か當 るで あらう。 - 愁太 そんなら 大儀ながら、 ちっとば かり 揉んで たも。 花 子 あいく、 合點ぢ やわい な。 花 子 そこらへ. 忍んで。 かしら 三人 そんなら 頭。 花 子 え、 畜牛; め、 行かぬ かえ。 三人 にやん わん,、。 トが 1 あにて 一一: M し 下 も r は ひろ。 愁太 いや、 憎い 畜生め だな。 ト 時の 鐘- ム。 s と は や あしめ えな。 お t-5 ふつ しだい モ にん つ ふ の. 罪 を 脫れて 褒美の 金、 見當り 次第 何時て ゾ づ あ, i ふん b にいく わんし よ かなら ね も、 知らせの 合 S1 の 按摩の 笛 を、 持たせて やったら 代官 所へ、.. 丑 市 早く 行け". ト花 子 立って 門口 明け パ- 按摩さん く、 こっちであります よ。 まへ うし、 ち V ーゾ うち 丑 市 はいく、 お前さん かね。 ト せ 市 探" く內 へに ひる。 " ト 手. : りで ござります。 5 太 カー 默阿彌 全集 六-:• かリ でう. P して 懐へ 入れろ。 ?!? せ 3 e- ぷ か ち もの— 花 子 それ. -is! - ぬる 我が家の、 さあ、 家の: S も 大門の、 關を 破った 洛者。 ぜ ちか fPvO に か によ 1-5 太 いや、 三 W の 誓 ひのこの! 太、 どうやら 浙ラ やら 女房に。 市 お前 ど: か" 貰 ひなす つた。 や ぶ. - ん め 3 ? 5 ハれ そ ろビ お. 5- 集 六 s 惣太 そんなら. はなこ によ saj だれ -ーと わ この, V. - な 丑 市お、、 花 子 はおれが 女房 だが、 誰に 斷り此 女。 H ことわ , かね だ 』 ら -. よ リニ 5! V 愁太 斷ら すと も 金 を 出し、 W つた 證據は 年季 證义、 これが 確な。 4 す、 しょ r も-:: しょうこ , りね. - 惣太 そんなら 花 子が、 もと わらわし 花 子 元から 惡足。 そう J、 r ,か ,ゆって く ひいれ t な-一 AO いち ; f -1 J I? 7 よ ひ U. 7 リゑ b ん そ. J や. :: がい -? 花 子 あい、 疾フ から 支. 度 は 出來て 居る わな。 0 しいち:? な こ て ひ 、、どひち で モ-っ だ さ-' ト丑市 花 子の 手. せ" ふに て 花道へ 行きな. はらに は -? i- ャ す i ひ よ ひ 55 ノ , いも で ふ. : V へ ひ I wrffR 丑 市 思 ひがす るなら 遠慮なく、 尋ねて 來 やれ, W 庭 5、 率. 花 子 虛假な 未練に。 やひ ぶん. ' た か、 かど ひ S はレら つ あ マ. ; ,ふ にん t 太 きっと 言 分" ト 立ち 掛リ、 門口の 柱へ 突き 當リ 倒れろ, 兩人 見て、 丑 市 ざま ァ 見や あがれ。 ト 無が の 思 入。 花 子 可愛 さう だね え。 -h- i g が t 、ふか, て、 愁太 え、 靈な、 よ. ぎし も 水の 泡、 思へば く 口 惜しい。 g 散に 內へは ひ,. 想ます;, み し 見て、 軍 助 や、 こなた は 山 の六郞 どの か。 il 太 さう いふ: なた は。 愁太 や、、、、、 して 何者が 御主人 を S ぶの 想 太 ュ, 默阿彌 全集 モ C 軍 助 さあ、 敏は 誰と ぎれ ね ども、 きたらし く. 4r ず i. f た あ li の、 i に まと ひし こ れが卽 ち % の證 よま-。 , ざし と ゆ、? 合せし 此藥、 どうぞ 香んで 下さん せいな あ。 ト姚 子な 出す。 忍ぶ の惣太 七 1- 默阿 全集 七 四 こ 7l 二- 〕ハ7 へ いち C 产、 ひとへ ,ノ. と tt さ 愁太 すり や::; -れ が、 眼. ぉ梶 さ、、 少しも 早う。 ト これにて 太藥 v,. な、 ゆ. n つと ジん t. や- r- へ. きっと 思 入あって- 物• ? 5 め;:;' ころ しの -フ-! だ:. : わんし よ r た 茂吉 始終の 樣子は 比,: T 聞いた、 栴若 殺し S 忍ぶ の愁 太、 代官 所へ 引立て 褒美に する、 うし や あがれ。 一 K 太 や、 こなた は 葛 飾 十 右衞門 どの。 ト键 つて 思 人。 一 十 右 お、; T も、 fir より; r き. i ラミ に に. rs と し i? T みち しの y 6 5、. ぉ梶 そんなら お前 は 曰. 尋ねし、 兄さんで ござんし たか、 え、、 お懐かし う ござんす わい な。 愁太 さて は 最前の あの 金 も、 妹に 紫が" 六郞 に、 貢ぎの 爲 であった るか。 と ち V ちな. もな しの. そのいた わ かね し ひろ 3 ふし えん 十 右 其 片割れの 金と も 知らす、 拾って 来た も. お市 あい、 出て i: きやすから、 出して やる やうに 仕なさい よ。 花 子 これ さ靜 におし な、 お前 も大槪 にしな さいな。 丑 市 うつち やって 置け、 こいつ は 仕樣が ある。 た か 》 5 し-ちす こ いち つ ち ゆ おも ひ,. れ , ト 立ち 掛ろ、 丑 市捨. かすと おれ, か 不断 言 ひ附 けて S いた 通り、 -ドか 所へ 此笛を 持って行って、 な。 たもと あんま. 2 だ いお れ K VJ ヘリ ト袂 よ" 按 SK 笛な 出して お市へ 坡 して W く C うち おは U お市 そんなら、 E: のが。 の樣子 ち i いと 聞き, 思 入め つ. 磨ぐ、 丑 市捨, ゼり ふに て、 内へ は ひ" な. 花 子 お前の 物 喰 ひがい、 から、 後腹が 病める の だ。 丑 市 違えね え" ト思 入あって、 こう、 おぬし は 何 をす る。 よ、 3 ちゃ、 3 m いまと. 0 花 子 庖 刀が 切れね えから、 今 磨いで 居る のさ。 ト 元の 所へ 來 て、 あの 阿 魔に か、 つて、 酒 か 冷たくな つた。 ト德 りひば ち どびんい ひめこ ひもす こ、 》! 花 子 あい、 今 直に 行く よ。 こ のうち. C し、, ちす て さけ。 はなこ はろ ちゃ- と かたに-? お うしい ち そば く ト此內 丑市捨 せ" フ にて 酒. しょうち とな きんじょ はらに は ゑん. C- よい けんや 二、 ろお こん ャ へ ひと 丑 市 そり や 承知 さ、 郯り 近所 も 原 庭の、 遠慮 人ら すの 一軒家. 心 匿き なく 今夜 は ゆっくり、 お前 も 一 忍ぶ の惣. K 八 一一 一 阿 彌 全集 八 四 一 っ吞 まっしゃり ませ。 ト酌 すろ c 力 はな 一一 VI け の うしい vvi な 二 かほ w j 花 子 あ、 これ、 そんなに 吞め ぬと いふに ト 子 酒 吞む、 丑 市 花 子の 顔 l-i- 見て、. i, しら ん なすが; i a ;.. とこ お:?、, l J 丑 市 頭、 こなたが 女 姿で 居な さる 所 は どうも 男と はれね え 花 子 今でも 矢っ張り 女に 見える か。 あ、 こなたが 富の 女なら、 わしゃ あ 女房に 持ちて えもの だ やん な あへ したな.. I 2 花 子 おれ も 女であるなら ば、 お前の 下齿 になり てえ のよ" 丑 市 え、 頭 そり や ほん まの 事 かね。 花 子 なんで 噓を いふ もの かな。 丑 市 それ ぢゃ あせめ て 酒を吞 むう ち、 わしゃ あ 女房と 思って 居ます。 花 子 お前が さラ いふ 了簡なら、 どれ 女 氣 取りで 酌 をして やらう。 の が" あり や あ 金に でもなる 代物 か。 n の しさい かね か だいじし な a 市 む、、 あの 卷物は 仔細あって、 金に も替 へられね え 大事の 品 さ。 然し 頭、 魚 心 あり や あ 水心 さね。 花 子 そり や あおれ も 承知して るが、 さ 5 し:」 ャも 懐に、 やつば り 持って 居る のか。 ま ほ だん i 二:? だいじ しな こ• 0 しいち ふと-一ろ け、. ,、 し. !, -、 、 、 9 はなこ をと こ おも ひい" け、. プ めつ. S か レ. U よ 花 子 そんなら それ 力 大事の 品 か む、、 -ト花 子 男の 思 人に て 系 11 へ 目, 5- 附け、 ち r4 つと 氣. - さあ、 もつ 一 つお 酌 をしょう J はな-一 むリ さけ•. ちひキ:. っ の. ト花子 無理 LL 酒ん 勸 めろ、 丑 市 引受け 、呑んで、 5 市 あ、、 もう 呑めね え、 堪忍して くれ- v,,,-o ト丑 市 他え なき: なしにて 横に 寐ろ、 花 子 思 人 わって. ト 時の 鐘、 花 子 丑 市の 寐 入りし 様!, hi 見て、 好める 酒の 熟醉 に、 橫 にころ りと 俎 坂の 鯉 S ぶの 您太 八 五 默阿彌 全集 八 六 し to. ラ ほん ひとれ ラ. 2 でばと R ん. -んひ み. 5- 突く、 丑市ハ ッと 苦しみ 花 子の 手に. S リ、 52 上" 一! れ まつ の ほ い かげ ト きっと iia ふ、 下手の 物心. K 是れ 聞きび つくり 思 入 わって、 松の 立 木へ 登リ窺 ひな. 塌の ttu は ろしい ちむ ねん K も ひいれ ひろ、 丑 市 無念の 思 入。 花 子 何 を小癀 な。 ti 一 刀 切ろ。 惣 太 やれ ij: ちた まへ、 松 若樣。 有 は 如何に 愁太 あなたのお 手に 掛ら ん爲。 忍ぶ の忠太 八. 、たな J つ た ト刀 腹へ 突き立てろ。 花 子 や、 何 ゆ ゑあって 肚: ii. v ひいれ J けぶ , S. も ひいれ まこむ も ひい" ,. ;: の 一 卷 都鳥、 手に入. つたる も そち-力 中 や. 5 にんて と おも ひ. stj 兩人• 成り行き ぢ やな あ," ト兩 人手. ふく 愁太 さあ、 片時 も 早く 我が 曾 討ち、 梅若樣 への 御 追福。 花 子 とはいへ、 可惜 忠義の 武夫. 5 太 其お 詞が 未来の 土 產. i-Jt? 、l- しょ, - 花 子 えい ト惣 太の 首. 5 6. うな レ ceil! -、 屋根 il- ひに; a ゆ さっし やい. 花 子え、、 やかましい 靜 かに しろ。 tfr め 丈め し I 丈 六 え、 頭、 お前 餓 どころ ぢゃ あるまい ぜ" 花 子 え、、 きりくと 行けと いふに。 丈 六 あ 、 い。 峰藏 へい, 向う の 小 家で ござ" ます。 た,、 フ とほ ひそか あ, しない 柿 二 n 今 申し 附. けた 通り、 窃 に案內 いたせ。 か,,. ト 門口, 叩く C 花 子 誰 だく。 Z は ふる S 峰 蔵 おれ だく、 木の葉 だく。 ト 顔へ て 言 ふ。 J- シ , 峰藏 か。 かま と 十手. は H. ちャ - ま は ほど おく It ねざ 5 めしびつ ぜんわん ど びん も い• と i ろしく あ つ て- ち や. が: 'て. L みね ざう ど W: と く こふ- リち とりて にん こ 、ろグ 峰鎭 茶 か、 合點 だ。 ら、 片手に 椀. 5 く- r ろゾ て かま はなこ か: わら -ー 捕手 皆々 心附 き、 十手 構へ る。 rM にて 笑 ふ」 是れ キサ W ぎ にり も Q は や 右の 鳴 物. 衝立へ t 讹 波の 55. 、井筒武. 佐 修理 之 助、 松 K. 戶豐國 笨の錦 檢. 不動 院の s-c 菊 後に 佐々 木 の 妾, P つら;. ノ-、 しゃ-" マ ら f し i ひ はて へお とやら で、 船 砲の, 3 古 だな、 びっくりした。 、 下手 i"! ssf お 蓮 手桶. d す. かねえ。 二つ 三った 、 いて くれ。 お 蓮 あいく、 手隙の 内た、 いて 上 ゆる わい な あ。 5 S- まご ら. び に かつ まご ろかん ざち ゎ. ォ-し しょ A しょ 、 こ. -か み ちク ふせ やす 勘吉 向 ラに見 ゆる 茶お で 休み ませう なん ところ ひざく C ゆ 5- じろ ベ. か 真 多 八 かね、 こ、 らで 一 甸 出さうな もの だ。 - かむ ろじ s,、 - きた か,: きち y もつ レ ゆう va 5 へ Q ,ご• ,rf ,,,:、. 爭は 一 七 E 直 淸兵衞 默阿 全 ョ八 ぬ こと ぢ やわえ. ト 、 、 の內ぉ蓮菜之助. この 勘吉も 心が、 り, - 一 籴之 藤 助 も 追 ひかけ まみり しが、 逃 ゆる ものなら 許しお けばよ いもの を、 ま をいた して をる こと やら 一 , か; t しも とつす け かん 1 ちり e う にんかへ ,,. トば; : くになり、 上下ぶ. ::、 一 勘吉 え、 ひっこしの ねえ 雲助め が、 弱み を兑 せて;?. : a む i 拔が ある もの か。 大切なら お供 をいた しながら、 心附 かぬ ことで ござりました。 5 や 5 しな. T のゝ. ト染 之 助、 mi- が lk. e 色と いひ、 藤 助まで. くるで ござり ませう。 条 、へ か、 ると ころ. , ぎょい ザつ しゃ あや t り 5. UO とうす け かんきお es. にん かんきち ゆ こり やく 藤 助、 いま 一人 は勤士 C とやら、 いづれ へ 行く ぞ。 藤 助 たしかに 今の 雪 助 ども、 勘吉 疑 ひか、 る 上から は、 つ 「とら ぎ いと ケ ち 藤 助 引捉 へて 詮? S. り や ろ にん もど く-;'。 蔵 之 むう、 あの 某へ。 籴之 いやく、 k くなる-ど はおい ごと、! 孫 三 とはいへ、 どうも この 儘で は。 籴之 いや、 ま-" ぎ ぜぬ こと ぢゃ。 さ、 さ 伯父 者 人、 御 同道 下されい。 ぎん あく ほな ぢん 藏之 善惡 ともに 本陣まで くュの しんさ 1 藤 助 藏 之 進樣。 籴之 まづ、 ござり ませ。 ト 皆々 鄉兵衞 取卷 く。 鄉兵 あ、 これく 何も 褒美 を やらぬ と は 申さぬ わ。 b ひそか た 乃 し V. ハでもュぇ,. " 鄉兵 それ だとい つて これ を やって は. 身共 ほんの 無駄 产ド公 真 兵 それと. S 白々 渡さつ せえ". それ、 にれ で ft 喜 兵 お 二: しかに. i おぎた j これ、 みん i ,お 組な 巾せ。 皆々 お 難う ござります - 鄉, w、 え、、 たうとう 十 られ たか 、あ、 惡 いこと は 出來ぬ もの だ。 : i さむら r、 皆々 そんなら 今の 侍に、 真 兵 一 ぺ い i 良った か" 皆々 いめえ ましい。 ト 皆々 小判. , お打ちつ けろ C 直: 丘ハ それ、 遠く は 行く めえ、 追 かけろ。 あと かね あつ ト皆々 上手へ 逸 散に は ひろ C 喜兵衞 後の 金, 屮橥 めて、 !-サ が ね ひ とり ソコ 殿へ 願 ひなば、 詮議の 日延 御免 は 必定 急く 所でない まあく 待ち やれ。 お 業と あきらめ、 未來 でお 詫 仕らん ト又 刀へ 手. けろ 藏之進 留めて 1 がま ご こと もち - "ころ せつぶ く もと こ t ,が や ら. 竊之 お、 さ こそ あらん、 さすれば そち 一, ム では 濟 まぬ、 町. - i 九 默阿 i? むる から は 命 はなき もの、 藤お. とて B-て は をら れ まいつ y あ ひ i メ し なら お ひま. S g 吉 さうな る i はまお でも i へ はぎかぬ リ きか、 切れ にゃあ 石 S へ 頭 を 打ちつ け S 川へ 飛込んでも- わ 5 ,ナ t こ、 ろ こ さ; 》-i. 3 三 k- さ、、 それち. もん ねん き• , へ A タも. C ム 6j 蔵 之 その 存念 を 聞く 上 は、 身共.. rl 'てし だい ir 一• ? f 藏之 二人の 者 は 遠慮に 及ばぬ、 勝手次第に 休息いた しゃれ。 ト 下の 方へ は ひろ C なん く せかい つるぎ よ なか から -b この 藤 助 何に つけても 苦の 世界、 納める 劍は の 中に、 ほんの 寶の 持ちぐ され、 それ を 好んで むさば るの みか、 旦那の 命 も 風の 燈火、 あぶない とこで ござりました。 籴之 いまく 思へば 死 を 以て、 言譯 なす も 犬 死 同然。 藏之 尋ね 求む ろ 深綠。 けんさ, フ あ たんた 5 柴 之 劎相惡 しき 短刀 も。 ふ さ ひ ひき、 ゥ 藏之 その 身の 鏔と 引受けて。 藤 助 下郎 もと も ズ. いや それ は ともあれ 鄉 ルハ衞 殿に は、 他 ii の 憂へ ござらねば、 柯 なりと 仰せられい。 vtt の うら いっか-、 9 , き ,. 6 3. ? もと さ• VA 、Li み こ 4 to ゑ て、, は,.. I- 1 ほ ふし ay や、,' た ねん 二• S , ? いへ ねんじ 9 r. か 行 力に て、 不動 尊 を 祈りな ば、 感應 ある は 知れた こと。 かる 一 大事、 必す ともに 他 首 致すな、 しかと. ra かした ぞ。 ト つ. と 出で 來り、 了 海の 傍• へ來 て、 え、 こなた 樣 はな あ。 -と へ ho しんし 5, か、 人 を 助く る 出家の 身に て 利 慾に 心 奪 はれて、 人 を 呪 ひ 調伏な し、 假令, 世な すと も そ の 身の 末が 榮 えませう か 3 殊に こなた は 佐々 木の 家臣 ホ 骋. -54! わが,. おいへ Ci, つ. つか ご 勺 も あくにんの ,つら か t ん おん あだ てク ぶ,、 がが 役、 二君に 仕へ す あっぱれな 御 所存な りと 思 ひの ほか• 惡人野 浦に 荷擔 なし を 仇に て 調伏 修ハ 【0" がり もな ほさす 主殺しの 惡名 受け、 此世 はおろ か未來 まで、 無 S1 地獄の 苦しみ を. 恐ろし いと 思 ひなば、 惡 事を留 つて 下さり ませ。 si ゐ なか かはづ くち S ゑ ふ ほろぼ やつ V f. " 白菊 すり や、 いか やうに 申しても。 了 海 くどい わえ。 白菊 r 非に 及ばぬ、 この 通り 佐々 木へ 注進、 調伏 惡事 を訴 へませ うか。 正直 洁兵衞 一 二 五 默阿彌 全集 ニニ ハ 了 海 こり や 侍て。 ' 白菊 惡事の 段々 言上せ うか。 か 承 はりたい。 -ん, 白 菊 すり や、 思 ひとまって 下さる か。 鄉兵 でも、 某 は野诚 どの へ 封しても。 ト 癥兵衞 に. ?-ん が こ ぬ うち うしつ し-? が くまる t つ し-:' つく ま, かよ か. ベな 5 ちお と すぐ か: な ひ, か" ト考へ 込んで、 拔 打:. : その 刀な 了 海 つ れ ろかい か. ,'!. JJ-: ひ. リ らぎぐ ひ ろ か は てい 海 全 や、、 柔弱 非力の 白菊が、 日頃に 變る この 體は。 白菊 すり や、 どうあって. が-リベ 3? とつ 二 ふり あ. ,;6 、 了 f て つ れリと 倒ろ ゝ C 棗 丸 見て If f き i と、 おれて f あ, 許して 下され 伯 n。 i 5 ま:. K 教 めする m の 《-. 、! yi 鎖と iv-l へぎて. , じ V- 寞兵 え、、 やかましい、 往生して 貸せと いふに。 ろ こん ひ 5 ,- i ュ S i か a す 5j at 'かた 、 ヒぅ めん Jf. 々 ほる" は 一. ぶ】 へ a こ-. ov しらぎく- -. 0 r パ し- yi くぶ,. ; き, P 、ろ、 喜兵衞 それな と 寄ろ. E- く; f つ し-さ, く. fwi. 3 tL トカ 組附く 白菊 丸很 解いて 投げ、 つ- p-. 喜兵衞 上リ 立ち P 、ろ. わ 蓮ち つと 留 しらぎく ま きみち 古 かへ S S かしら。 リ、 うにん S か ! C J ぉパ. 白菊 丸 は 「化 道に て 根 返り、 にった リと笑 ふ. 兩人 お、 若い 衆、 精が 出ます の。 ごん タの ヤん a! もん 、 9 百 一 お、、 これ は權ぃ 殿に 勧 右衞門 どの 力• 兩人 庄屋 樣 はお 內 かな。 百 二 あい、 奧 においで なされ まする。 人 何 ぞ御 S で ござります か。 權 十- 太々 講の 寄り 金 をお 渡し. T ォォ 權十 太々 講の 寄り 金 を、 兩人 持參 いたしました。 ;; はおき に 御, ilQ 勞で ござった、 さあく これへ ござらつ I ゃォ• 、 だ おう あが しゃつ し,. 兩人 お I- されて 下さり ませ。 トニ 鬼へ 上ろ。 四 人 ゆっくり とさつし やり ませ。 T そ く f 晚に 遊びに 來 るが よい ぞゃ。 ト鋤 鍬. ちお し,'. お 43 , 5 は 5 の C そ, C 作 左 前々 からの 例に まかせ、 今日 御 師へ遣 はさう と 思 ふが、 して、 こな. 權十 はい。 わたくし 共の 居 廻り だけ、 十 兩ぉ請 取り 下さり ませ。 , そが とに 忙しう ご さります じ '-. y たれ も くだ rk 權十 en 由が ましう ござり ますが、 誰ぞに 持た してお やり 下さり ませ 正直 淸兵衞 一 H H 默阿彌 全集 ノ 一 一• 一 作お さあ、 お" はいくら も ある けれど、 まさか 五十 兩ぃ いふ 奮 故、 めったな. 淸兵 それ だとい つて、 足が 汚れて をり ます もの を 洗って 上らつ しゃいな。 ト 草鞋. と緣の 上へ 上 リ、 して わしへ の 御用と は、 何で ござり ますな。 大儀ながら 行って くりやれ" W 兵 っレ く, そり やもう 行く の は 造作 も ござり ませぬ が、 大 まいの そ Q 金 を、 わたくしが 持って. ま ゐ つても、 よろしう ござり ませう かな。 作 左 お、 よいと もく、 そち なれば 案じ はない。 淸兵 さう おっしゃります けれど、 わし は 田地 田畑 もな く、 吹けば 飛ぶ ゃラな もので ござり ますに、 五 十兩 とい ふ 金 を C , ,、A. f- リ らし4 みなしよ.. 組頭 衆 も 皆 承知、 假令 貧しい 暮し でも 正直と し-; 魂カ兒 込ち や 權十 外の 人が 持って行 くより、 こなたが 行けば 大きに 安堵" 勘 右 誰も 案じる もの はない、 遠慮なく 行って 下され。 疋直清 兵 銜• 一 三 五 默阿彌 全集• ニーフ t;" 兵 へい かしこまりました。 A ろへ かね ヅ. "せに5?! 1 しノ かぬ もの か 知らぬ けれど、 問の 惡 さとい ふ もの は• を li るの み、 Tli- 々、々取る 年 故もう よい かけんに 酒 を 止め、 微族穣 つて. かよい。 故と、 人に でも 言 はれる と、 わし. 力 村 方へ 顔向け-力 出来ん 權十 かこの やうに、 を わけて おっしゃ るから、 诀 して 酒は飮 まぬ かよい。 權十 こなた は 足が 達者 故: 勧 右 日 いっぱいに は 行かれよ ラ の。 青 兵 ItJ かれる ど こぢや ござり ませぬ、 七つ 過ぎに はま ゐれ ます" こ うち さく ざ 5.. I ト 此の 中 作 左 衞門紙 入よ リ金. i 淸兵 有難う ござり まする。 ト い-;. v」 開き 見て、 もし, こり や 二 朱で ござり ますな、 この やうに は 入り 二, r や おし. n とと ま は. 今夜 御 師の 許へ 泊り ますれば 旅籠 錢を 出す に 及ばす, 今日と 明日の 靈盒ば 力り どうて わしの ことなれば 一膳 傲が 身分 相應、 飯が 二 はいに 汁に 煮染、 ちょと 一 合 やった ところ. か、 百 か ; R 五十。 こ ゝろプ はなし けつの 淸兵 心附 いて、」 こり や ほんの 話で ござります、 決して 飮 みはいた しませぬ。 つか 一 曰か 二日の こと ぢゃ、 辛抱して 行って 來 るが よい。 お H 兵 はいく。 いや 何 か i す ことが ござりました が、 お、、 今の 酒で 忘れました が、 路用に 二 朱 は 人 り. ませぬ、 三百ば かり 下さり ませ。 作 左 はて、 一日で も 旅 は 旅、 どの やうな ことがあら、 リも 知れぬ、 用意に 持って行 つたが よい。 さ V5 fc-. 勘お 口 を Si らして 立つ がよ い。 , ひた した S ば いえさ、 ちょっと いっぱい、 茶な と 飮んで 立ち ませう。 o ちゃう fh,. - へ みち 權十 いや、 わしら も T 度歸 り路。 ?、 た 勘 右 そこらまで 送り ませう。 ト 立ち. 作 左 これ は 一" t だの であった。 これ 兵衞、 氣ケ W けて 行き やれ。 淸兵 さあ、 行き ませう。 田 五, f せる くら ゐ なら、 八 ハ. t:- かつ t. ト: の i つて、 お V、 Iri だ-」 I 干き て i はも I 入 きハ あ、: れ、 しみ ッ たれな こ. is な、 素 あける から は、 酒を飮 ませる は i た。 田 五 おら あ 割前 は 出さね えぞ 畦 六 い、 とい, とよ J さあ. いち どれく、 わしに 飮 まして 下さい。 ト 茶碗. 跬六 どう だ、 お前 方のより よから うが。 兩人 い、 どころ ぢゃ ござり ませぬ。 5- 持って 來 て、 田 五 さあく 肴を喻 ひなせ え。 兩人 これ は,, 有難う ござります。 ト 煮染物 つまんで 喰 ひ、 いち この 煮 染も私 等が のより、 なう おそよ、 そよ 、フ まいど ころ ぢ やない、 みんな 喻 ベても よろしう ござります るか , 畦ーハ い、 どころ ぢ やない、 みんな 喰 ひなせ え。 - 正直 淸兵衞 I 四五 そい 田 畦 兩 い よち 五六 人 ち 默 1: 彌 全集 - いや、 氣前 のい、、. こ; もち。 ;, 10 お tliili よ。 ト兩 人して 酒... 女 まあな? 51 ふ、 f, fff !. おいち はえし くん ハ てれ 舞 ひ、 ありが ね. いもの だ。 そよ いえ、 i い, やない、 になり ましたから、 大 まけに まけました。 T さあ、 これから こっちのお 酒を飮 まラ。 いら 煮し め 物 も なくなった。 兩、 御存じで は ござり ませぬ か。 そよ わしら が 買った 酒肴 を。 いち SS に i 达っ たは、 誰が 仕業で、 兩人 ござります 盹六 誰でもない、 こなた 衆 二人 だ。 兩人 え、。 ト びっくりして、 そよ それ ぢゃぁ 御馳走に なった の は、 わしら が 自腹で 買った 酒 か いち それと 知らぬ も 眼がない 故、 いっぱい 喰った かいまく しい 畦 六 何も 腹 を 立つ こと はない、 おぬしが 酒 をお ぬしが 飲んだ の だ モ. mm 五 潤目 を賣る 目と W き 逢えた の は 兩人 おぬしの 方が 誤り だ。 何の 誤りな ことがある もの か。 善 太 いけ 强 情な、 瞽女のば うめ。 J にんで。 ぎ もと ?• き t ふヌん やつお ;. ぽん ザ. 」 P トヨ 人. 1 めち. まあく、 待た つ しゃい。 三人 いえく、 うつち やって おいてお くんな せえ。 彥十 もし、 いったい こり や あ、 どうい ふわけ で ござり まする。 かへ 一. 源 八 さう して その 千 物の 錢と いふ は、 いくらば かりで ござります 田 五 三十 二 文 さ。 善 太 え、 慾 張った 奴 だ。 彥 4- M 八、 の を やった おで、 いっぺい づ、 飮 まして くれ。 源 八 かし: まりました。 畦 六 こり や あ、 おら も 喧嘩 をす り や あよかった。 ち; t-. 田 五 違えね え。 彥十 こう 源 八、 久 七さん を 呼んで 下せえ。 源 八 かしこまりました。 ト S 七 、蹴の 鍵. ? けて 1"、 ,〕 れは杉 逢の 旦那 ようお いでな されました。 - 列べ、 5JS 子と 括 nfeitl 持って 出て, 久七 まあ、 有れ 合せで 一 つお 上りな され ませ。 いら 出 來リ、 花道の へ 行く. 田 五 まあ、 こ、 へ來 てかけ さっし やい。 淸兵 1 の 服 か 知らね えが、 急な 事で 行か にゃあなら ねえが、 歸りぢ や ぁ惡ぃ 力た 跬六 手間 は 取ら さねえ から、 兩人 まあ、 こ、 へ來 さっし やい。 ト本 舞 毫へ來 て、 許さつ しゃれ。 ト 床几へ. p けろ C 久七 兵衞 さん、 この間 はどうな すった か、 さっぱり おいでな さらぬな。 靑兵 この頃 は植附 で, どつ こへ も 出る ことが ならね え。 久七 おて、 もし、 草鞋. か 切れて ゐる ぢゃァ ありま せんか。 淸兵 おいの を て たら に ずれて しまった。 むの が をし いから、 道々 こしら へながら 歩く のさ 久七 その やうに 急がす と、 日が 長いから ゆっくり となされ ませ 正直 淸兵衞 一 I 一 默!: 彌 全集 - 淸兵 いえく な だから、 ゆっくり として は もられぬ。 ト すひな. ら 草鞋の 紐. - なほし• ときに、 わ X.? y X.? ひとよ. ? Z ナ ト ゃはリ r 鞋の f と通は し、 If f. 1 の f ひ ゲ". S ひな。 せいべ 35 ち S. わん 3 ト洁 兵衞に 茶碗. S ざて、 さあ、 匿 注に し てお くぞ。 ト 脇. 仕方が ねえ、 おれが 飮 まう。 ,, S せいべ, - f ひいれ ト I 六まい すろ。 ぼ五七ぅまさぅに欽む。 ませぬ。 liJ 直 清兵衞 一 五 五 默!: 彌 全集 一 五六 彥十 何の、 いけね えこと が ある もの か。 そよ もし、 多ければ 助けて 上け ませう か。 いち このお 酒なら、 いくらでも 飮 めます よ。 ト ぐっと 飲んで、 あ、、 い、 心 ちち 持 だ。 實に 今日の 酒 は、 お 一 則に 飲ませた. -Jy. 淸兵 さあ、 がみたい こと は 山々 だが、 庄屋 樣の営 附故、 今日ば かり は飮 めぬ く。 o やろ にんち 5- 2? れ ト 草鞋. 田 五 もし、 お前さん 方 も、 よつ ぼ どい けます るな。 の 損で ござり ますせ 彥十 左樣で ござります。 畦 六 こ、 に, けて をり まする は、 同じ 村の 淸兵衞 とい ふ もので ござります るが、 飮 めろ 口で ありな が ら、 飮 めと いふに 飮め ぬと 言 ひます。 淸兵 御 親切 は 有難う ござり まする. 彥十 さう でも あらう がお 近附 に、 ちょっと 1 つ 上 ゆ ませう。 Ifl 彥十 袖 振り 合 ふ も 他生の 綠. の リ C- -ノゃ し k. ト 茶碗ん 取ろ C 一 兩人 なに、 ず ふ もの かな。 ト言 ひな. 一 ハ あこれ、 こばれ ます、 もったいない。 しき 入:. i て、 ぐっと 飲む。 職 J5 どう だ、 い、 酒ぢゃ あねえ か。 ; しく I に醉 ひし 思ん にて、 久七 どん、 閒 いて 下せえ、 世の中に 正き は ど. ;: 難い もの はない おら はこの g も 知って ゐ ろが、 自慢 ぢ やない が 田地 W 畑 もな く、 年屮庄 星樣の 所へ 行って 庭 子の やう よ ら A づの A ぴャ くしゃ. ト懐 ふ" 五十 兩入" し 財布. まれて、 お バ講の ム 十兩 御師の 所まで 持って行 くの だ。 ,' り や,.. 久ヒ あこれ. 0 なか かせ ご ザ し. り よい ゃラな もの なれ ど, igi! 必 すそん な 話 を さっし やります な。 彥十 いや、 わしな ども: IF. 業づ くで、 年中 金 を 持って 歩く が、 寅に 道中 は 油断, かなら ねえ。 源 八 えて 商人の 風な ど をして、 ひっかける 奴が いくら も ある そよ ほんに さっき も、 わしら がしがない 錢で買 つた 酒 を、 よこ タ の ひと うらせ. : ベ るハ おも ひいれ. いち 潢 取り をして 飮んだ 人が あった。 ト: の內淸 兵衞思 入あって、 淸兵 そり や あお 前方、 眼がない からだ、 おのが 持って ゐる もの を、 取られる とい ふが ある もの か。 久七 はて、 そこ だね。 淸兵 どこで ござるな。 ふところ い と お- と, さ くすり さけ なか しび ぐれり 、• の 久七 さあ、 どう 懷へ 人れ ておいても、 取らう と 思 ふその 時 は、 藥か 酒の 中へ ig: れ を 入れて 飲ませ、 動かれ なくなった ところ を、 それ、 ひょいと 取ります わ、 うぬ 泥坊と ず ひたく つても、 舌.. か i: れ ものい ふ まへ と ゆ だん て 物 は 言へ す、 見て ゐる 前で 取られます。 それ だから 油斷 はなり ませぬ。 き 《J 4 る おも ひいれ ト消兵 衞、、 れ. これ だから 庄屋 樣が、 酒を飮 むな と 一ず はつ しゃった の だ。 今の 酒 はい、 かの。 畦 六 馬鹿な こと を 言 はっせえ、 おら 達が 振舞 ふ 酒に、 田 五 何が ある もの だ。 正直 淸兵衞• ニハ J 默阿彌 全集• ! 六 二 さ け なに V-. 久七 あいく、 奧 にあります から、 行かつ しゃり ませ。 わら V0 は ひ 淸兵 草鞋で も 入られます かの。 久七 庭の 隅 だから、 だいじ ござり ませぬ。 淸兵 それで はちよ つと 借ります ぞ。 どれ、 閑 所 場へ 行って 來 ようか。 い せ ひろ だいじんぐ. 畦 六 あの 又 娘の 美しい こと は、 これ も 伊勢 中に ない 器量 さ J 久七 ほんに、 い、 娘 御が ある さう だね 彥十 い、 娘と 開いて は、 耳より だな。 もし、 どなた も 道 を 急ぎます ガら わし はも うお 暇いた します。 哇六 ときに! 兵衞 どん、 わしら も いっしょに、 兩人 行き ませう。 淸兵 いっこく 三 里 は 朝飯 茶濱ぢ や。 ふるいち だんな いち 古 市の 且那 樣。 御馳走 樣 になり ました。 彥十 なるほど、 あの人 は. 止 直 者 だ。 彥十 そり やさう と 喜兵衞 どの は、 もう 貝 えさ ラな もの ぢゃ あねえ か。 源 八 こ、 で 待合せ る 積り だから 是非 來 るに 違 ひご ざり ませぬ。 久七 まあ、 ゆるり とな さり ませ。 と 花道より 立場の 喜 兵 衞旅裝 にて、 娘お 蓮と 連立ち 出来ろ。 お 蓬 もし 父さん、 杉 本の 且那 のおいで なさる 所 は、 どこで ござんす え" 禀兵 Ms 寺 前の 酒屋 だとい つたが、 たしか 向う の 家 だら う、 何に しろ 聞いて 見よ ラ0 り うにん ほんぶたい く げんみ お 蓮 それが よ- 「ござんす わい な あ。 ト兩 人 本 舞 臺へ來 る、 、源 八 見て、 源 八 ぉぃ宾 兵衞 さんく、 さっきから 待って ゐた。 喜 兵 お、 杉 本屋の 且那、 源 八さん、 お 待 遠で ござりました らう。 かとの sSiii だ。 彥十 はいく。 源 八 どう だ、 愛 相 i のい、,! づ ちゃや だ し. It fc- ふも いち き r , J 源 八 なんで 姐え は、 そんなに 古市へ 來て えの だえ 力 ひと お 蓬 さあ、 ちっと 逢 ひたい 人が 源 八 え。 ト喜 兵 衞の铁 へ 手. " まあ 三年と してお きませ う 0A どうで お i のこと だから、 又 負けたら 出て 來 ねえ. kkfi. あれが 所へ 一 つて 證 ましょう。 くだ ト 喜 兵 どうぞ さう して 下さり ませ 彥十 ときに ガ さん、 お前 酒 はどう だえ。 正直 洧兵街 二 r 默阿彌 全集 寞兵 大 好で ご ,さります。 彥十 それ ぢゃぁ 一 つやん ねえな。 寞兵 御馳走に なり ませう。 彥十 おい、 熱い の を 持って来て くんな。 善 太 あいく。 源 八 悦だ え. - お 蓮 松 乱から 古市へ は、 どのく らゐで ござんす え。 源 八 なに、 わ づか三 里ば かりだ" お 蓬 それ. ちゃ あ、 松 坂のお 方が、 遊びに ござんす かえ" 源 八 來る どころ かえ、 古市の 一 攛家 だ。 ぉ莲 その 松 坂に 松賀 星と いふお 家 か。 - 服 店で、 相 鹿な 家 だ。 八 お 迷 そこのお 家に、 御 亭主が ござんす かえ," 源 八 あ、 亭主が なくって さ、 六十ば かりの 爺さん だ。 お 蓮 お上さん も ござんせ うな。 源 八 その 御 亭主の 女房 だから、 五十 四 五の 婆さん だ。 お 蓮 さう して、 娘 御が ござんす かえ。 じすめ 二 、よ;? i し 源 八 娘 ツ子が あつたが、 去年 死んだ。 ラち ほ、 f こラ にんし、 リ お 蓮 さう いふお 家なら, 奉公人 衆 もたん と ござんせ うな。 ほんと. -- に. ぉ遝 猫な ど は ござんせ ぬかえ。 源 八 猫 も 二三 匹あった。 お 蓮. 犬 はどうで ござんす え- 源 八 こうく- もラ い、 加減に しねえ のか。 、1 、 、 お 蓬 まだ そこのお 家に、 なにが ござんせ うな。 』 ま ていしゅ かみ -, すめ ほづ こ... ' にん ね 二 いね かる;:; ざ 源 八 待ちね えよ、 亭主に 上さん、 娘に 奉公人、 猫に 犬" お、 まだ あるく、 とんだ 輕業 だが、 正直 淸兵衞 ニハ九 默阿彌 全集 一 さ むすこ W れん ろれ 5C も ひいれ とい ふ 息子が ある。 ト、 、れん 聞いて お さ 思 入 C むす- お 蓮 その 息子さんに、 あの、 お上さん が ござんす かえ。 彥十 なに、 その 剩錢は 小 憎 どんに やってくん なせえ。 善 太 これ は 旦那、 有難う ござります。 やな, お こづか で,, 3 源 八 宿 下りの. も ひいれ. じょまく V? 3-. 、; ひ, と t. 正直 淸兵衞 fl 阿彌 全集 一七 二 t むか おも ひ. 喜 兵 あれが 三寳 荒神 だ。 5 おと ひ G らさろ ぁ莲 さうて ごさんす かいな。 ト この 時お 蓮ば つ. 彥十 や、、 この 帳面 は。 , I ふところ い お 蓮 え ト ひったく" 懐へ 入れろ。 ぎょくち to-. n て ま は 源 八 玉 帳 か、 い、 手 廻し だの。 久七 え、 忙しね え、 やらね えと は 言 はねえ わ。 は 3- い ぜ おんど は?. 久七 これ 淸兵衞 さん、 險相變 へて、 こり やま あどう さっし やった の だ。 氣を落 付けさつ しゃい。 淸兵 何 だ 氣を落 付けろ、 どう 落 付いて ゐられ る もの だ G 久七 藪から 棒に 膛を 立って、 まあ 譯を言 はっしゃり ませ。 t お 兵 え、 ぉだヒ けぐ しいと、 譯は 一ず はすと も、 覺 えが あらう。 これ 小 偕 水 を 一 つ 上け るが い 善 太 あいく。 久七 なに、 わしに 出せと は。 ねす だ• 1 淸兵 盗んだ から 出せと いふの た。 久七 いや、 この 人 はく、 途方もない こと をい 人 だ. - とこ おやかた ぬすびと I• 善 太 なんで おらの 所の 親方が 盜人 だ。 正直 れ兵衞 一七 一一 一 默阿 il 全集 一七 a 田 五 まあ、 靜か にさつ しゃい. ssx-o 淸兵 お、 村の 衆 か、 閉 いて tl- せえ。 ト おどろく 七 むっとして、 久七 これ 淸兵衞 どの, 外の こと、 は 譯が違 ふ、 いつわし がお を んだ、 それ を はっしゃい く。 よく 考 へて 見さつ しゃいな。 違 ひない。 久七 これ、 いくら IS ん だとず はっしゃっても、 盗まぬ とい ふ 證慷が ある。 わしゃ あ 奧へは 行き はせ ぬ、 この 店にば かり ゐ;:、 お前 は. 言譯 なさに こ、 へ來 て、 言 ひが、 り を さっし やる の だ。 正直々々 と 人 はず ふ. か、 見かけに よらぬ 太い 人 だ。 V 、込みし 思 入に て M ん ふと ねす はう ふと わす はラ ふと• - さあ、 代官 所へ うせ をら う。 ト久 七の 胸倉. かかた まり、 年 巾 法被 一枚で 前叽の 商人 を いぢめ あるいた こ 乇直 兵衞 -七. 3 默阿彌 全 ffi-. し つ、. t" プ と はあった が、 人の 物は錢 三文 盗んだ ことのね え おれ だ。 まして、. 田 五 なるほど、 さっき 淸 丘ハ衞 か、 手水 場へ 行った その. 畦 六 して 見る と、 こり ゃ溃 兵衞- こなたが どこで かがられ たの だら う。 なん しゃ -7 やさ. , わす く. 淸兵 何の 庄屋 樣へ 忘れて 来る もの か、 こ、 で とら. 賴 もしく ねえ、 何で 久七か 肩を持って、 わし を こんなに へこます の 一;i。 假 へ? 小 前 の 百姓で も、 同じ 村に ゐ るから は、 肩 を もってくれ たがよ い。 畦 六 なんば 肩が 持ちた くても、 こなたの 方が 無理 だもの を。 淸兵 何が 無理 だな、 盗んだ から 盜ん だとい ふの だ。 田 五 そんなら 何 ぞ證據 が あるか。 なに しょうこ ねす ちが 淸兵 さあ、 何も 證據 はない けれど、 こ、 で盜 まれた に 違 ひない。 畦 六 それ だから 無理 だとい ふの だ、 盗まぬ とい ふ久七 どのに は、 わしら とい ふ證 人が あるに、 田 五 こなたの 方に は 盗まれた とい ふ、 何も 證據 がないで はない か。 淸兵 さあ、 それ は。 み しょ ミこ みづ かけ ろん だいくわん しょ もちた か• 畦 六 それ、 見さつ せえ. 淸兵 それ だとい つて こ、 の 家で、 盜 まれた に 違 ひない もの を、 そんな こと を 1 ず はれて は、 おり ゃ饰し くて ならぬ わい。 畦 六 村 中の 恥になる こと だ、 よう 考 へて 見さつ せえ な。 正直 清兵衞 I 七 七 默!: 彌 全集 , 七 八 り やりに, し b ぜ. 、 k -. 《 へ しゃ. ,' ひとくち -. お前が たの 恥に なって わるけ り や あ、 これから;:;; 3 村へ k つて、 庄星樣 を 連れて き けつ は; A か J6 かた ゆ り や, リー-し レー 來て、 わしが 潔白 を 見せ にゃあ ならぬ. - ト 上の 方へ 行き;'、 る.. 田 五 どうで こなたの 言 ふの は 分からぬ、 わしら が 行って 話して やらう。 ト兩 人. せいべ い" さん かみて はし ト淸兵 衞け逸 散に 上手へ 走り は ひる。 畦 六 え、 これ 淸兵 衞、 待てと いふに。 外の 事と は 遠 ひまして、 どうも こればかり は 捨てお かれ ませぬ、 あそこの 家で は 物が 無くなる、 油斷 のなら ぬ捫屋 だな ど、、 これが:. ト 行き. p 、ろ. 畦 六 その 腹 立 は 尤も だが、 盜 まぬ こと はわ しらが 承知。 この こと を 庄屋 どのに il し、 こなたの 船り を た いひ、 メん ふたり 立てる から, 言 分 も あらう けれど, どうぞ 二. 兩人 そんなら、 わしら に、 任して 下され。 t たのち かた C かなら だい, ゝ わんし よ で 田 五 い. つれ 又 後方に 來 るから、 必す 代官 所へ 出る こと は、 み も は , 、だ 兩人 見合して 下され や。 久七 承知しました。 兩人 いや、 とんだ 厄介 を かけました。 ト iii?! : み、 ま 正虎淸 兵衞, 1 お. 默阿彌 全集 ;. 1 ろ りゃラ あし だ Q か ご かき は. 喜 兵 なぜ, 足 を 出して ゐ ちゃ あ 惡 いかえ。 舁ニ どうも これ ぢゃ あ、 擔ぎ にく、 ッて なり ませぬ。 5i すき 51 の お b ね かごの P ャ i 喜 兵 ぜんて え おら あ 馬が 好 だから、 馬に 乘 らうと 思った の だが、 無え から 駕籠に 乘 つたの だ かう 兩 方へ 足 を 出して、 これで 馬に 乘 つた 積り だ、 ぐづ くせす とやって くれろ え。 舁 一 棒 組、 仕お がね え、 ゃッ つけよう" 舁ニ 强 情な 人 だな あ。 ト 舞臺へ 來リ、 駕籠. MV -. - t じ や, 7 だん の I り 駕籠 を 取ら にゃあなら ねえ、 常談 せす と乘 つてお くんな せえ e 喜 兵 乘 つて ゐ るから い、 ぢゃ あねえ か。 舁 一 足 を 出して 乘 つて ゐられ ちゃ あ、 わつ ちらに ゃ擔け やせぬ。 喜 兵 擔けざ あ 止せ、 おれ も默 だ。 正直 清兵衞 1 八 1 、默 阿 彌 全集 !八ニ 兩人 そんなら 卞 りて おくん なせ, え。 真 兵 下りね えで どうす る も S だ、 こんな 駕 龍に 乗られる もの か。 トひ r4 ろくして 出. p ゝ ろ。 、 似定をぬひませぅ。 ト 立ち、 P ゝ Ki.

次の

ファンド情報/ファンド詳細情報/基本情報

はまぎn

お申し込みにあたってのご注意事項 (必ずお読みください)• 〈はまぎん〉マイダイレクトはお一人さま1契約となります。 すでに、〈はまぎん〉マイダイレクト契約済みのお客さまで、代表口座以外の口座を追加登録される場合は、ログイン後に「サービス利用口座の追加」をおこなってください。 サービス利用口座の追加は、ご本人名義の口座に限ります。 横浜銀行に普通預金口座をお持ちでないお客さまは、まずは普通預金口座の開設をおこなってください。 運転免許証をお持ちなら、「横浜銀行口座開設アプリ」からお申し込みができます。 キャッシュカード(または横浜バンクカード)をお持ちでないお客さまは、「ネット申込」ではお申し込みになれませんので、横浜銀行本支店窓口でお申し込みください。 その際、代表口座となる普通預金口座の通帳・印鑑と本人確認書類をお持ちください。 お住まいの住所と、横浜銀行にお届けの住所が異なるお客さまは、住所変更のお手続きをおこなった後、お申し込みください。 事業用のお口座等はご利用になれません。 事業用のお口座等とは、屋号・団体名のついたお口座のほか、個人名義のお口座でも、事業用・団体用でご利用の場合を含みます。 事業・団体のお客さまは、法人のお客さまを対象としたインターネットバンキング〈はまぎん〉ビジネスサポートダイレクトをご利用ください。

次の