徳永 英明 ラブ イズ オール。 ラヴ・イズ・オーヴァー 徳永英明 歌詞情報

ラヴ・イズ・オーヴァー

徳永 英明 ラブ イズ オール

要約:Executive Summary 次の事実から、「徳永英明、中森明菜に片想い」説をでっちあげます。 同じ歌を歌っている「収録曲かぶり」が、全部で17曲ある(2015年1月現在)• このうち、中森さんが既に録音していた曲を後から徳永さんもカバーしたものが、13曲• 徳永さんは、中森明菜の持ち歌を3曲カバー• 中森さんの徳永英明カバーは、なし 「Vocalist」徳永英明、「歌姫」中森明菜に片想い? 以下に詳しくデータを示しながら、もっともらしく述べていきます。 なんちゃってデータサイエンスです。 中森&徳永、かぶりカバー曲リスト(全14曲) カバーした曲が2人でかぶっている14曲の一覧です。 2人目がカバーして「かぶり」の確定した順に並べておきました。 異邦人(久保田早紀, 1979)• 秋桜(山口百恵, 1977)• ダンスはうまく踊れない(石川セリ, 1977)• シングル・アゲイン(竹内まりや, 1989)• 桃色吐息(高橋真梨子, 1984)• なごり雪(イルカ, 1975)(かぐや姫, 1974)• 夢は夜ひらく(藤圭子, 1970)(園まり, 1966)• 悲しい酒(美空ひばり, 1966)• 伊勢佐木町ブルース(青江三奈, 1968)• 恋の季節(ピンキーとキラーズ, 1968)• ハナミズキ(一青窈, 2004)• やさしいキスをして(DREAMS COME TRUE, 2004)• 「どっちが先?」リスト 具体的には、次のとおりです。 「後追い」です。 今月(2015年1月)それぞれリリースされるアルバムを除くと、10対1でした。 2014年末時点までだと、徳永さんの「後追い」ぶりがより顕著でした。 もう1つのパターン:相手の「持ち歌」カバー かぶり方にはもう1種類あります。 第三者の歌を双方がカバーするのでなく、相手方の持ち歌をカバーするパターンです。 徳永は、明菜の持ち歌3曲をカバー 「Vocalist」シリーズで、徳永さんは中森さんが歌った次の3曲をカバーしています。 (カッコ内はオリジナル、カバー盤の各リリース年)• この曲を最初にレコーディングしたのは、実は中森さんです。 1986年リリースのアルバム「CRIMSON」の2曲目に収録されています。 竹内まりや 中森明菜 by 翌1987年に、作詞作曲した竹内まりやさんによるシングルが発売されています。 以上から「持ち歌」としました。 今回調べてはじめて知りました。 セルフカバーもしている 中森さんはこの3曲とも、アルバム「歌姫 ダブル・ディケイド」(2002)でセルフカバーされています。 中森、徳永の持ち歌カバーせず 一方中森さんは、「歌姫」シリーズのなかで徳永さんの曲を1曲もカバーしていません。 徳永さんが追う一方の一方通行です。 まとめ 「カバーを手がけた順序」と「相手の持ち歌カバーの有無」、どちらの観点からも、完全に徳永さんの「片想い」です。 ディスコグラフィー 2人のカバーアルバムを、時系列に並べておきます。 1994年 2002年 2003年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2012年 2014年 かぶり14曲中、7曲が入っています。 2015年.

次の

LOVE IS ALL 徳永英明 歌詞情報

徳永 英明 ラブ イズ オール

「 ラヴ・イズ・オーヴァー」(LOVE IS OVER)は、出身の歌手、のである。 における欧陽菲菲の代表曲の一つ。 しかし「うわさのディスコ・クィーン」は中国語バージョンが台湾やでヒットしたものの、当時日本国内では2〜3万枚の売上に終わった。 日本で「うわさのディスコ・クィーン」が不発に終わった後も、欧陽菲菲は「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌い続け、口コミで評判が広まっていった。 「ラヴ・イズ・オーヴァー」は、7月にA面曲として発売。 にアレンジを変更した音源がA面曲として発売(ポリドール 7DX-1189)され、さらに5月にはジャケットを変更して発売した。 1983年7月に入りを果たし、12月には2週連続で1位を獲得。 2万枚のセールスを記録し、翌度のオリコン年間ランキングは18位を獲得した。 系列『』には、1983年放映時に「今週のスポットライト」で初出演。 その後、同年に第10位で初ランクイン、1983年と翌1984年の合計2週間、最高3位に上昇。 1984年放送(第10位)迄、通算で12週間も10位以内にランクされた。 1983年には、多くの歌手にカバーされ競作となった(参照)。 特に、によるカバー盤はでの売上が顕著であった (ただしカバー盤は原曲とキーが異なる作品が多い)。 1985年、ブラジルのが、音楽・クイズバラエティ番組ジャパン・ポップ・ショーのLPにオープニングとエンディングが放送された。 ブラジル日系人の歌手きんはが歌にました。 ブラジルポルトガル語製作は、Nemasom. 末の『』で、欧陽自身18年ぶり3度目の出演時に歌唱披露された。 大人の恋の終わりを表現しており、歌詞もややきわどい内容があるが欧陽菲菲は「当時はあまり日本語も下手で歌詞の内容を理解していなかったが、後に詳細を知って恥ずかしかった」と語っている [ ]。 カバー [ ] ラヴ・イズ・オーヴァー• 1980年、 - シングル「恋月夜」B面曲• 1981年、 - アルバム『Without Sugar』• 1982年、 - ライブアルバム『』• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1984年、 - アルバム『水仙の詩/美空ひばり 〜美空ひばり ポップスを唄う〜』• 2008年、 - アルバム『SUMMER CANDLE』• 2008年、 - アルバム『』• 2008年、 - アルバム『』• 2009年、 - アルバム『』『つるの剛士ベスト』• 2009年、 - アルバム『』• 2009年、 - アルバム『メロディーズ』• 2009年、 - ライブビデオ「」• 2010年、 - アルバム『』• 2010年、 - アルバム『』• 2010年、 - アルバム『』• 2011年、 - アルバム『SINGLES BEST』• 2011年、 - 系列『』内でのカバー。 2011年、 - アルバム『』• 2013年、、、 - アルバム『』• 2013年、(アルバム『』に収録)• 2016年、 - カバーアルバム『』収録。 2016年、 - WEBアニメ『』第2話内でのカバー。 2020年、 - WEBドラマ『サムのこと』第3話内でのカバー。 脚注 [ ] [].

次の

徳永英明、中森明菜に片想い説(1)

徳永 英明 ラブ イズ オール

「 ラヴ・イズ・オーヴァー」(LOVE IS OVER)は、出身の歌手、のである。 における欧陽菲菲の代表曲の一つ。 しかし「うわさのディスコ・クィーン」は中国語バージョンが台湾やでヒットしたものの、当時日本国内では2〜3万枚の売上に終わった。 日本で「うわさのディスコ・クィーン」が不発に終わった後も、欧陽菲菲は「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌い続け、口コミで評判が広まっていった。 「ラヴ・イズ・オーヴァー」は、7月にA面曲として発売。 にアレンジを変更した音源がA面曲として発売(ポリドール 7DX-1189)され、さらに5月にはジャケットを変更して発売した。 1983年7月に入りを果たし、12月には2週連続で1位を獲得。 2万枚のセールスを記録し、翌度のオリコン年間ランキングは18位を獲得した。 系列『』には、1983年放映時に「今週のスポットライト」で初出演。 その後、同年に第10位で初ランクイン、1983年と翌1984年の合計2週間、最高3位に上昇。 1984年放送(第10位)迄、通算で12週間も10位以内にランクされた。 1983年には、多くの歌手にカバーされ競作となった(参照)。 特に、によるカバー盤はでの売上が顕著であった (ただしカバー盤は原曲とキーが異なる作品が多い)。 1985年、ブラジルのが、音楽・クイズバラエティ番組ジャパン・ポップ・ショーのLPにオープニングとエンディングが放送された。 ブラジル日系人の歌手きんはが歌にました。 ブラジルポルトガル語製作は、Nemasom. 末の『』で、欧陽自身18年ぶり3度目の出演時に歌唱披露された。 大人の恋の終わりを表現しており、歌詞もややきわどい内容があるが欧陽菲菲は「当時はあまり日本語も下手で歌詞の内容を理解していなかったが、後に詳細を知って恥ずかしかった」と語っている [ ]。 カバー [ ] ラヴ・イズ・オーヴァー• 1980年、 - シングル「恋月夜」B面曲• 1981年、 - アルバム『Without Sugar』• 1982年、 - ライブアルバム『』• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1983年、 - シングル• 1984年、 - アルバム『水仙の詩/美空ひばり 〜美空ひばり ポップスを唄う〜』• 2008年、 - アルバム『SUMMER CANDLE』• 2008年、 - アルバム『』• 2008年、 - アルバム『』• 2009年、 - アルバム『』『つるの剛士ベスト』• 2009年、 - アルバム『』• 2009年、 - アルバム『メロディーズ』• 2009年、 - ライブビデオ「」• 2010年、 - アルバム『』• 2010年、 - アルバム『』• 2010年、 - アルバム『』• 2011年、 - アルバム『SINGLES BEST』• 2011年、 - 系列『』内でのカバー。 2011年、 - アルバム『』• 2013年、、、 - アルバム『』• 2013年、(アルバム『』に収録)• 2016年、 - カバーアルバム『』収録。 2016年、 - WEBアニメ『』第2話内でのカバー。 2020年、 - WEBドラマ『サムのこと』第3話内でのカバー。 脚注 [ ] [].

次の