電話帳ナビ。 知らない番号からの着信時、相手先の情報を教えてくれるアプリ!「電話帳ナビ」

迷惑電話を着信拒否「電話帳ナビ」アプリの使い方

電話帳ナビ

電話帳ナビは、iPhoneであればAppStore、AndroidであればGooglePlayよりインストールすることができます。 以下のリンクからスマホにインストールして下さい。 インストールが完了したら「電話帳ナビ」アプリを起動します。 「通知を許可」の画面になります。 通知の必要がなければ「後で」を選択します。 「連絡帳へのアクセス許可」の画面になります。 電話番号の検索のみの場合は、「後で」をタップします。 着信拒否を設定したい場合は、「連絡帳へのアクセス許可」をタップします。 「電話帳ナビ」アプリが起動します。 着信拒否の設定をする初期設定をする(iPhone版のみ) iPhoneで電話帳ナビを使うには、iOSの設定が必要です。 次の手順で電話帳ナビの着信拒否機能を有効にして下さい。 「設定」アプリを開きます。 一覧から「電話」をタップします。 「着信拒否設定と着信ID」をタップします。 「電話帳ナビ — ユーザー拒否」をオンにします。 「電話帳ナビ — 迷惑電話情報」をオンにします。 ホーム画面に戻って「電話帳ナビ」アプリを再度起動します。 「保守」タブを開きます。 「更新する」をタップします。 迷惑電話のデータベースが更新されます。 以上で、iPhoneで電話帳ナビを使うことができます。 電話番号を検索してブロックする 知らない電話番号から着信があった時には、「電話帳ナビ」を使って発信元の情報を調べることができます。 迷惑電話だと判断できた場合は、そのままブロックすることもできます。 電話番号を検索してブロックするには、次の手順で行います。 「電話帳ナビ」を起動します。 「検索」タブを開きます。 「検索」の項目に[調べたい電話番号]を入力して「検索」をタップします。 「電話帳ナビ」に情報がある場合は、一覧に発信元の情報が表示されるのでタップします。 [事業者名]と[安全性の割合]が表示されるので、迷惑電話か判断しましょう。 判断が難しい場合は、「より詳しい情報を確認する」をタップすると「電話帳ナビ」のWebページ上の情報を確認することができます。• Webページの「電話帳ナビ」の見方が分からない場合は、を参考にして下さい。 迷惑電話の場合は、「ブロックする」をタップすると着信拒否リストに追加されます。 以上の手順で知らない電話番号を検索してブロックすることができます。 着信がくると相手の情報が分かる スマホへ着信がくると、電話を出る前に相手の情報が表示されます。 登録していない番号であっても、「電話帳ナビ」に情報があれば相手が分かるので、自分に関係のない発信元であれば、そのままブロックすることができます。 「電話帳ナビ」の迷惑電話の情報量は豊富で心強いアプリなので、迷惑電話が多い方は使ってみて下さい。

次の

日本製で安心な【電話帳ナビ for Android】で架空請求から身を守れ!

電話帳ナビ

でも知らない番号ではなく 【架空請求】 なんて表示されたら、 少し違った対応が出来るのでは? ゴールデンウィークに実家に帰った時には、両親のスマホにもインストールしてあげると良いですね。 電話帳登録件数が1億件超え 以前(2014年6月)『電話帳ナビ for Android』をご紹介した時の電話帳登録件数は4000万件。 この 約1年で2倍以上の1億件を超えた。 もちろん『電話帳ナビ for Android』のデベロッパーの【RIDE AND CONNECT, INC. 】さんが頑張ったのもあると思いますが、 ユーザーからの登録も件数の増加に貢献していると思います。 また警察庁が発表している「被害金送付先住所一覧表」や地方自治体で公表されている情報を集約したもので行政が「詐欺」と断定している信頼性の高い情報も随時データーベースに更新されています。 アプリ内課金で広告が消せる 《バージョン 1. 0》でついに待望の広告を消せる機能がついた。 もちろん広告は表示されるが無料のままで使い続ける事もできる。 しかも データーベースは無料有料関係なく同じ物を提供してくれているとの事。 有料会員になると 月額100円で 《広告非表示設定》と《 通話後の投稿画面省略》が可能になる。 ちなみにワイモバイルの固定電話用『』の場合、 最安で 月額467円+ NTTの固定電話ナンバーディスプレイが月額400円 税抜き = 合計月額867円かかる事を考えるとずいぶんとリーズナブルな価格設定ではないだろうか。 『電話帳ナビ for Android』の安全性は? アプリのリスクレベルをsecroidでチェック Androidアプリが危険かどうかを判別するのに便利なで、『電話帳ナビ for Android』と同様の機能を持ったアプリを含めて危険度を確認してみました。 危険度合いは【DANGER】【HIGH】【MID】【LOW】【SAFE】の5段階です。 しかも色分けで視覚的にもスグに判別可能となっています。 注)あくまでリスクが高いかを判別するので、リスクが高いから必ず危険なアプリというわけではありません。 それでは『電話帳ナビ for Android』の危険度は? 【MID】ですね。 ちなみに意味としては 『アプリの目的と関係する場合は、利用が妥当であるとユーザーが判断できる機能』という意味です。 他の電話検索アプリを3つほど危険度を見てみましょう。 やはり【HIGH】が多いようです。 『電話番号サーチズ』は【SAFE】のようなので、この4つの中で危険度が低いのは 『電話帳ナビ for Android』と 『電話番号サーチズ』といえるでしょう。 アプリに許可する権限内容を確認 悪意のあるアプリをスマホにインストールすると本人だけでなく、電話帳に登録されている他の人にも迷惑がかかる可能性があります。 またあなたのしらない所で、あなたの情報が売買される可能性だってあります。 出来るだけ危なそうなアプリをインストールしないためにも アプリに与える権限は確認しておきましょう。 今回は、 『電話帳ナビ for Android』と先出の 『Whoscall』と 『電話番号サーチズ』の3つを簡単に見て行きましょう。 『電話帳ナビ for Android』の権限 『Whoscall』の権限 『電話番号サーチズ』の権限 これらを見て驚くべき所は、 『Whoscall』の権限があまりにも多い事でしょうか。 ボクがこの3つの権限だけを見たら 『Whoscall』はまずインストール候補から外しますね。 安心安全のアンドロイダー公認アプリ Androidアプリ最後の砦。 アプリの デベロッパーの身元から アプリの権限内容。 また ウイルス検知まで行ってくれているサイトだ。 第三者の目から確認しアンドロイダーが公認したアプリには 【公認アンドロイドアプリ】の称号を与えられる。 まっデベロッパーがいくら 『うちのアプリは便利でとても安全です。 』 と言っても信じがたい所があるが、 第三者が直接調べて確認してくれているのでかなりの信憑性があるでしょう。 ちなみにこの『電話帳ナビ for Android』はアンドロイダーサイトで 《デイリー》《週間》《月間》ランキングを独占している程の 人気っぷり。 (2015年4月12日現在) 『電話帳ナビ for Android』のインストールはGooglePlay.

次の

トヨタカーナビ向け電話帳転送/レクサスカーナビ向け電話帳転送

電話帳ナビ

電話帳ナビ• 2017年7月17日更新 電話帳ナビ データベースが豊富 「電話帳ナビ」というサイトが提供しているAndroidアプリです。 掛かってきた番号の「迷惑度」を表示してくれたり、口コミ情報を表示するといった点ではWhoscallより使いやすいです。 データベースが非常に豊富で、例えば宅配便ドライバーの携帯電話番号も登録されていたりします。 動作の軽さ 軽い 価格 無料 おすすめ度• 関連記事• 概要 電話帳ナビとは? 「電話帳ナビ」は、電話の発信元を表示してくれるアプリ。 日本最大級の電話番号検索サイト『電話帳ナビ』運営会社がAndroid向けにリリースしています。 発信元表示・着信拒否機能を持つ「Whoscall」と同ジャンルのアプリになります。 日本国内だけで1億件以上の電話番号情報を持っているので、かなりの高確率で発信元を特定できます。 また、ユーザーからの「回収代行業者を装い出会い系の架空請求をしてくる」といった口コミも表示可能。 この「発信元」「口コミ情報」と共に「迷惑度グラフ」まで表示してくれるので、電話に出るか出ないかを直感的に判断しやすくなっています。 宅配業者のドライバー携帯はほとんど登録済み、というのも特徴のひとつと言えそうですね。 機能と使い方 メイン機能は「発信元表示」 インストール後は、着信時に自動的に発信元を特定して表示するようになります。 「知らない電話番号の時だけ情報を表示してほしい」という人は、「設定」から「発信時に情報を表示」と「登録されている電話番号も表示」のチェックを外しておきましょう。 無料版では口コミ投稿を促すポップアップが非表示にできませんが、表示されるのは通話終了後の1瞬だけ。 そんなにストレスを感じる事はなさそうです。 サイト連動で膨大なデーターベースが利用可能 「サイトへ移動する」をタップすれば『電話帳ナビ』サイトがブラウザで立ち上がり、より詳しい番号検索や口コミか確認できます。 迷惑電話を確実に回避するためにユーザーからの報告数が多い電話番号を事前に登録しておく、という使い方もできますね。 「」と比較して、データーベースの豊富さではこちらに軍配が上がります。 「発信元だけでなく詳しい口コミが知りたい」「動作が軽い方が良い」という方にはこちらはおすすめです。 着信拒否機能 アプリが判断して「迷惑電話」を自動で着信拒否してくれます。 「電話帳ナビ」独自の「迷惑電話度」での簡易的な拒否は無料で利用できますが、人工知能による判断は月額100円の有料機能となっています。 普段から迷惑電話にお困りの方には課金をおすすめします。 このアプリをダウンロードする Androidのセキュリティを強化するアプリ 危険なアプリがインストールされていないかチェックしよう! Wi-Fiの盗聴防止や個人情報流出を防ぐためのアプリ フィッシング詐欺やウイルス感染の原因になるサイトをブロック 口コミ情報と照合して勧誘電話をブロック! フィルタリングやAndroidの使用時間を制限できます もしもの時に必ず役立つ、防災アプリを紹介.

次の