コロナ トイレット ペーパー デマ。 トイレットペーパー品薄の原因はコロナのデマだけ?マスクとは違うの?

コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが品薄!国産比率が高いのになぜ?

コロナ トイレット ペーパー デマ

撮影=編集部 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、消費者の行動にも大きな変化が生じている。 その代表として、 マスクやトイレットペーパーの品薄や、外出自粛要請による食品等の買い溜めがあげられる。 そもそもなぜ消費者は必要以上に物を買い溜めしてしまうのか。 こうした非日常的な心理を、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティング・消費者心理の観点から解説してもらった。 品不足を引き起こす「認知的不協和」と「過剰適応」 「なぜ品不足が起こったのかを学術用語で説明しますと、まず一つは今回のような非日常下では消費者の中で『認知的不協和』(cognitive dissonance)が生まれやすい点を指摘できます。 これはアメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した社会心理学の用語で、人が自身の中で葛藤する認知を同時に抱えたときに覚える不快感を表します」(有馬氏) たとえば喫煙者の場合、「タバコを吸っている」という事実や「これからも吸い続けたい」という気持ちと、「タバコは体に悪い」という医学的情報が内的に葛藤する認知がそれにあたる。 そのため、「タバコを吸い続ける」のか「タバコを止める」のかのどちらかを選択する必要に迫られた時、止められない喫煙者は「タバコは体に悪い」という認知を抱えておくことで自身の中で不快感を抱き続けることになってしまう。 この不協和状態を解消するために、「タバコを吸っていても長生きする人はいる」などと自分自身で内的に反論することで、喫煙者は喫煙行動を正当化するのだ。 これと同じ心理が今回も消費者の中で生まれているという。 「今回のケースでは、『いつも通りの日常を送りたい気持ち』と、『外出して人の多い場所へ行けば感染してしまうかもしれない不安』から内的に葛藤が生じます。 しかし、それでも不安をできるだけ解消して日常を過ごさなくてはいけませんから、『マスクがあれば防御できる』『アルコール消毒すれば感染リスクが下がる』という情報を信じて、対象商品の購買に走るのです」(同) また、品不足を引き起こすもうひとつの消費者心理として「過剰適応」があると有馬氏。 「『過剰適応』とは言葉のとおり、一つの方針に過剰に適応しようとする態度です。 特に、トイレットペーパーで考えれば、家族単位でも12ロールぐらいで当面は大丈夫なのに、安心を得るためにその3倍も4倍も一度に購入してしまうという行動として現れています。 結果として、多くの人がそういった行動をとることで、一気に物がなくなってしまったのです」(同) 「認知的不協和」で多くの人が対象商品を買い求め、「過剰適応」でその対象商品を通常量よりも多く購入する。 そんな消費者心理が品不足に拍車をかけているのだ。 あらわになったメディアに対しての流通の脆弱性 メディア報道による弊害も少なくない。 トイレットペーパー不足に関するデマはTwitterが発信源といわれているが、この事象を取り上げたワイドショーやネットニュースによってさらに情報は拡散された。 デマと知っていても、在庫切れになるのではないかという漠然とした不安から、自分の分だけでも確保したいと考える人が10人に1人でもいれば、途端に街のスーパーやドラッグストアでは品切れが起こる。 メディアの煽りに対しての流通の脆弱性が、今回のコロナパニックで再認識させられた。

次の

トイレットペーパー買い占め元凶はデマだけか メディア報道に潜む「大罪」――データで迫る (1/3)

コロナ トイレット ペーパー デマ

トイレットペーパー品薄デマを流したもう一人を特定 ゆうじが流したツイートは2月27日 発信元の優史が投稿したツイートのキャプチャ画面の投稿日時は2月27日です。 3日前の2月24日時点でも「中国の生産が間に合っていないらしい」と投稿しているもう一人がいました。 明後日仕事だー。 コロナどこまで影響出るんだろう。 マスク、消毒液の次は石鹸類・トイレットペーパーが供給不足になるって言われているからストックしててね。 九州だから東北の雪憧れるけど、知らないぶん恐怖もある。 新型コロナウイルスで中国の生産が間に合ってないらしい。 ティッシュとかトイレットペーパー、今後洗剤とかも品薄になりそうらしい。 だから余裕あったら買ったほうがいいかもしれないなあ IU ryota37571 中国で作られているらしくて、コロナの影響で品薄みたいですね💦 マスクの次はトイレットペーパーが買えなくなる!って噂が広まって買い溜めしている人も多いみたいです。 人の気持ちを不安にさせて、煽るようなツイートから新型コロナウイルス関連からのマスクやトイレットペーパー転売に誘導させる様なツイート、本当に必要な方が購入できなくて困っているのが現状です.

次の

「トイレットペーパー不足デマの発信元はこの人!」→というデマが流れて個人叩きに(篠原修司)

コロナ トイレット ペーパー デマ

「新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」という旨の虚偽情報を職員がSNSで発信したとして、鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」が謝罪した。 職員には厳正な対応をするという。 主にSNS上でこうしたデマが広がり品薄、品切れ状態が続いている。 謝罪は組合のホームページに3日から掲載。 梶野大理事長名で「職員の不祥事のご報告とお詫(わ)び」と題して「『新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」とした。 その上で「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。 「当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」との考えを示した。 職員がデマを投稿したことを、どのように把握したかは明らかにしていない。 組合には4日朝から多くの苦情の電話がかかってきており、職員が対応に追われているという。 トイレットペーパーに関しては主にSNS上で「マスクと原料は同じ」「中国製の輸入ができず品切れになる」などのデマも拡散。 フリマアプリやオークションサイトなど高額での出品が相次ぐ事態となり、業界団体や政府は「在庫は十分ある。 冷静な行動を」と呼びかけている。

次の