唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 歌手。 唇よ、熱く君を語れ。|らがぁとしゅがぁ|note

カネボウのCMで「唇よ、熱く君を語れ」を歌ってるの松浦亜弥なの?|℃

唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 歌手

ある年代以上の方には懐かしい曲ですが、少し雰囲気が変わっていますね。 現代版のコーラスアレンジということですが、メインボーカルのアーティストもコーラスも誰なのかは公表されていません。 ネット上でも誰が歌っているの?すごくかっこいい!配信されたら買う!という声が上がっています。 CM用のカバーver. 40年ぶりの復活となり、ネットでは懐かしい、今聴いてもかっこいい、歌詞いいよね〜、と好評のようです。 「唇よ、熱く君を語れ」って懐かしい。 カネボウのCMだったんだけど私もググッた!知ってる曲なんだけど誰が歌ってたんだっけ??と思って。 そしたら渡辺真知子だったのね、となりまして、歌詞が、昔の歌詞ってこう…カッコイイんですよね。 昔の人からしたら唇よ〜も有名だよ!?ってなるかもだけど意外に今の人には隠れた名曲になってると思う。 — ん nkmimi 渡辺真知子さんといえば「かもめが翔んだ日」が有名ですが、真知子さんには他にも名曲があることが認知されて嬉しい、という声には全く共感します。 真知子さんの伸びやかな歌声をどぞ! カネボウが40年ぶりにこの曲を使ったことに対して、驚きながらも喜びの声、最高!と賞賛の声がたくさん上がっていますね。 渡辺真知子 1980年(もう40年前!ってか😲)のこの曲。 今回もふたたびカネボウがタイアップして打って出たのは少々驚きました。 ただ、この曲は、今時のどの曲に対しても、決して引けを取らない良い出来だと思っていますよ😉👍 — 猫の森三丁目📻📺 master73307959 うわあ、昔はカネボウと資生堂が春のキャンペーンを毎年やっていて一番春を感じるのがCMから。 この渡辺真知子の曲もキャンペーンの曲だった。 またキャンペーン復活してほしい。 カネボウ KANEBO BRAND CONCEPT MOVIE — おなか HNamachiri このCMいい! すごくいい!! この曲も渡辺真知子さんが歌ってるのはもちろん良かったけど時代を感じさせなくて久しぶりにCMをじっくり見た! 2020年KANEBOも頑張れ! — はしる55 hashiru55 名曲は時代を超えて生き続ける、の見本みたいですね。 今回のCMに出演のモデルさんに注目した記事も別にまとめています。 あわせてご覧ください。

次の

カネボウのCM曲、2020年の歌手と出演者は誰か?

唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 歌手

映像としても、ショートフィルムの様にこだわりつつ 暗闇の中から希望を探す自己開放や、ジェンダーレスの問題についても触れたメッセージ性の強い内容になってます。 CM楽曲 「唇よ、熱く君を語れ」 「 唇よ、熱く君を語れ」(・作詞 東海林良 ・作曲 渡辺真知子)は、 1980年1月に発売された 渡辺真知子さんの8枚目のSg曲で カネボウ1980年春のCM曲としても使用されていました。 このカバー選曲にも、カネボウの歴史やプライドや意思も感じられます。 年始のCM放送開始以降、歌唱しているのは現在芸能活動休業中の 松浦亜弥ではないか?と一部では話題になっていた様です。 個人的に渡辺さんはカラオケ歌番組『 The 夜もヒッパレ』内での通称「 温泉まんじゅう」の一人で、歌声がパワフルで「 かもめが飛んだ」が昔ヒットした方という印象でしたが 今回を気に調べたら、自身で 作詞 作曲される、いわゆるソングライターだったというのには衝撃を受けました。 あれ?カネボウって 個人的には化粧品メーカーとしての カネボウは、子供の頃から知っていましたが そのバックグラウンドをよく分かっていませんでした。 解説動画も発見したので紹介します。 CMからも伝わって来ましたが、社名をブランド名にしたという事で、相当気合の入った流れであるみたいですね。 もっと詳しく知りたい方は、調べてみて下さいね。 驚いたのはCMのショートカットのメインビジュアルの少女、 中島セナさんは13歳だったんですね! また、タクシーシーンの 井手上漠 (いでがみ ばく)さんは、 2018年の ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでのファイナリストだった様です。 さて、ここまで記事を書いてきましたが、 このCMを取り上げたのは、先の「唇よ~」カバーの歌声に心を動かされたからでした。 謎のカバー歌手。 アイドルファンの方は流れてくる歌声に、ドキッとした方も多いと思います。 恥ずかしながら、自分はCM含めこの話題を5ヶ月近く全く知りませんでした。 このCMを先月初めて見た時ゾクゾクっとして、久々にヤバイ物に触れてしまい、時が止まったようで つい「 もっと早く知りたかった!!( 何で今まで知らなかったんだ!)」と思いました。 自分はある女性歌手の作品をデビュー当時から聴き続けています。 彼女はいわゆるアイドル歌手として売り出されましたが、ビジュアルやキャラに注目が集まっていましたが、活動後期に至るまで才能溢れる歌唱力でした。 (もしかしたら気鋭の新人かもしれないし、全く違うかもしれ無いが) 分厚いゴスペル調コーラスの中にも聴こえてくる覆面カバー歌手、その息継ぎ、ビブラート、声の落とし方等にその女性歌手の面影を強く感じて鳥肌が立ちました。 同じように、ずっと彼女の歌を聴き続けている人達には、同じようにビビッと来たハズです。 このサプライズはもはや斜め上過ぎて、嬉しさが振り切ってしまっているので 言いたいことはただ「 歌ってくれてありがとう」という事。 様々な活動の仕方、表現の方法がある中で、こうした素晴らしい再会にただただ感謝です。 戦略的に「もっと騒いだ方が良いの?」とか 、(CM作成当時予定されていた)2020年夏の東京五輪に向けて段階的に、アクションが仕掛けられていたのは!?等、思う所もありますが、とりあえず このCMは年齢や性別、国籍や立場に縛られず、様々な個性や自分らしさ、ボーダーレスの表明でもあると思います。 大切なのはそれぞれが何を「発言」「発信」「行動」しようとしているのかという『 メッセージ』であり、 失礼な意味ではなく出演タレントの方々の名前や背景は、知りたけりゃ知ればいいし、知らなけりゃそれでも十分良くて、 だから カバー歌手についても、カネボウ側が敢えて名前を出さない事にもメッセージが含まれていると受け取りました。 バラエティ等ではそれでも良いかもしれないが、エンタメ作品で表現する時には足かせになることもあるかもしれない。 そんな、名前だけで勝手に判断や偏見せずに、まっさらな音で歌声で届くものが伝わるものがあれば、それで良いのだと。 と言う事で、矛盾しているかもしれないが、カネボウさんの今作(CM)での表明を尊重し、今回は敢えて直接的な提言はしません。 発せられる音に心が動かされるか 揺さぶられる何かを感じるかどうか あなたは何か感じましたか? 自分は、心を大きく動かされました。 先月、今後の生活に不安が溢れていた時に一足遅くこのCMに、歌声に出会い 沢山の勇気と力を頂きました。 この感動は先の人生でも忘れないでしょう。 この時代にこの歌声を聴けて良かった。 企画して下さったカネボウのスタッフの方々にも感謝です。 ひとつ希望があるとすれば、来年以降になっても良いから、この音源がいつか商品化されたら嬉しい。 KATEの武田カオリさんも待ってます! では改めて、冒頭でも紹介したこのCMの ロングVerの動画を紹介します。 様々な背景を感じつつ見ると、また違う感じ方が生まれるかもしれません。

次の

カネボウ化粧品新CM【I HOPE.】編の曲名や歌手は?渡辺真知子って噂は本当?

唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 歌手

映像としても、ショートフィルムの様にこだわりつつ 暗闇の中から希望を探す自己開放や、ジェンダーレスの問題についても触れたメッセージ性の強い内容になってます。 CM楽曲 「唇よ、熱く君を語れ」 「 唇よ、熱く君を語れ」(・作詞 東海林良 ・作曲 渡辺真知子)は、 1980年1月に発売された 渡辺真知子さんの8枚目のSg曲で カネボウ1980年春のCM曲としても使用されていました。 このカバー選曲にも、カネボウの歴史やプライドや意思も感じられます。 年始のCM放送開始以降、歌唱しているのは現在芸能活動休業中の 松浦亜弥ではないか?と一部では話題になっていた様です。 個人的に渡辺さんはカラオケ歌番組『 The 夜もヒッパレ』内での通称「 温泉まんじゅう」の一人で、歌声がパワフルで「 かもめが飛んだ」が昔ヒットした方という印象でしたが 今回を気に調べたら、自身で 作詞 作曲される、いわゆるソングライターだったというのには衝撃を受けました。 あれ?カネボウって 個人的には化粧品メーカーとしての カネボウは、子供の頃から知っていましたが そのバックグラウンドをよく分かっていませんでした。 解説動画も発見したので紹介します。 CMからも伝わって来ましたが、社名をブランド名にしたという事で、相当気合の入った流れであるみたいですね。 もっと詳しく知りたい方は、調べてみて下さいね。 驚いたのはCMのショートカットのメインビジュアルの少女、 中島セナさんは13歳だったんですね! また、タクシーシーンの 井手上漠 (いでがみ ばく)さんは、 2018年の ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでのファイナリストだった様です。 さて、ここまで記事を書いてきましたが、 このCMを取り上げたのは、先の「唇よ~」カバーの歌声に心を動かされたからでした。 謎のカバー歌手。 アイドルファンの方は流れてくる歌声に、ドキッとした方も多いと思います。 恥ずかしながら、自分はCM含めこの話題を5ヶ月近く全く知りませんでした。 このCMを先月初めて見た時ゾクゾクっとして、久々にヤバイ物に触れてしまい、時が止まったようで つい「 もっと早く知りたかった!!( 何で今まで知らなかったんだ!)」と思いました。 自分はある女性歌手の作品をデビュー当時から聴き続けています。 彼女はいわゆるアイドル歌手として売り出されましたが、ビジュアルやキャラに注目が集まっていましたが、活動後期に至るまで才能溢れる歌唱力でした。 (もしかしたら気鋭の新人かもしれないし、全く違うかもしれ無いが) 分厚いゴスペル調コーラスの中にも聴こえてくる覆面カバー歌手、その息継ぎ、ビブラート、声の落とし方等にその女性歌手の面影を強く感じて鳥肌が立ちました。 同じように、ずっと彼女の歌を聴き続けている人達には、同じようにビビッと来たハズです。 このサプライズはもはや斜め上過ぎて、嬉しさが振り切ってしまっているので 言いたいことはただ「 歌ってくれてありがとう」という事。 様々な活動の仕方、表現の方法がある中で、こうした素晴らしい再会にただただ感謝です。 戦略的に「もっと騒いだ方が良いの?」とか 、(CM作成当時予定されていた)2020年夏の東京五輪に向けて段階的に、アクションが仕掛けられていたのは!?等、思う所もありますが、とりあえず このCMは年齢や性別、国籍や立場に縛られず、様々な個性や自分らしさ、ボーダーレスの表明でもあると思います。 大切なのはそれぞれが何を「発言」「発信」「行動」しようとしているのかという『 メッセージ』であり、 失礼な意味ではなく出演タレントの方々の名前や背景は、知りたけりゃ知ればいいし、知らなけりゃそれでも十分良くて、 だから カバー歌手についても、カネボウ側が敢えて名前を出さない事にもメッセージが含まれていると受け取りました。 バラエティ等ではそれでも良いかもしれないが、エンタメ作品で表現する時には足かせになることもあるかもしれない。 そんな、名前だけで勝手に判断や偏見せずに、まっさらな音で歌声で届くものが伝わるものがあれば、それで良いのだと。 と言う事で、矛盾しているかもしれないが、カネボウさんの今作(CM)での表明を尊重し、今回は敢えて直接的な提言はしません。 発せられる音に心が動かされるか 揺さぶられる何かを感じるかどうか あなたは何か感じましたか? 自分は、心を大きく動かされました。 先月、今後の生活に不安が溢れていた時に一足遅くこのCMに、歌声に出会い 沢山の勇気と力を頂きました。 この感動は先の人生でも忘れないでしょう。 この時代にこの歌声を聴けて良かった。 企画して下さったカネボウのスタッフの方々にも感謝です。 ひとつ希望があるとすれば、来年以降になっても良いから、この音源がいつか商品化されたら嬉しい。 KATEの武田カオリさんも待ってます! では改めて、冒頭でも紹介したこのCMの ロングVerの動画を紹介します。 様々な背景を感じつつ見ると、また違う感じ方が生まれるかもしれません。

次の