フィッシャーズ モトキ。 【フィッシャーズ】モトキの脱退騒動,本名や兄弟,彼女など徹底調査!「かわいい」という声が大量

フィッシャーズのモトキが脱退寸前だった!?行方不明事件も気になる

フィッシャーズ モトキ

学校名 二松学舎大学 学部・学科 文学部 偏差値 60~62 入試難度 中 所在地 〒102-0075 東京都千代田区三番町6-16 公式HP モトキさんが二松学舎大学出身であることは、同校出身であるというつぶやきが複数投稿されていることから間違いないでしょう。。 ) そういえば固執の読み、コシツで読む人が多いんだねえ。 nhk文研の放送用語ではコシツを採用してるそうな。 一応 コシュウって読みはあって、たとえば 夏目漱石の『文芸の哲学的基礎』では コシュウとルビが振られてます。 明治期 ちょっと古い の文だけど……。 この漢字はどんな音だったかなーってのが わかるように書いてあるのだ。 フィッシャーズ・モトキの大学生時代のエピソード モトキさんが『かわいい』と言われる理由は、大学時代に撮影されたこの癒やされる笑顔にもありますよね。 モトキさんはシルクロードさんが20m先から投げるフリスビーを園芸の棒でキャッチして回転させる芸を披露していましたが、歓声が上がるほどの完成度でした! フリスビーを棒で回転させるには繊細な動きが必要なのにもかかわらず、2mはあろうかと思われる園芸用の棒をまるで箸のように操るモトキさんはかなり手先が器用なのですね。 本名が『本肝魁(もときもかい)』であることが明らかになりました。 器用つながりで分野は違いますが、絵画も上手なんですよ。 フィッシャーズ・モトキの絵が凄い! モトキさんの絵が上手であることは有名で、ツイッターでつぶやかれています。 モトキの絵がうますぎてうらやましいな。 バナナも立方体も美大の学生が描いたかのような独創的な絵ですが、筆だけでなくドット絵画もお手の物。 しっぽの先が矢印の形であることから、悪魔をデザインしたものだと思われますが、金髪のポニーテールでとっても可愛らしいですね! 悪魔キャラは出てきませんが、ゲームまでも作ってしまうほどの器用さなんですよ。 大学4年生にあたる2016年4月13日公開の動画でモトキさん作成のゲームが紹介されていました。 このゲームはパスワードを獲得して次のステージに進むルール。 あまりにもブランクがあるために良からぬ噂が立っていたんですよ。 フィッシャーズ・モトキが行方不明に? 高校2年にあたる2012年からフィッシャーズは動画を公開してきましたが、1年も登場しなかったモトキさんに行方不明騒動がありました。 動画に出演しなかった理由は、動画を公開した頃と時を同じくしてモトキさんは引っ越をし、フィッシャーズの本拠地である葛飾区から遠くなってしまったんだそう。 動画のはじめにフィッシャーズメンバー全員が私服から制服に着替えるのですが、制服が青葉中学校と同じことから間違いありません。 【青葉中学校制服】 フィッシャーズ・モトキの中学生時代のエピソード モトキさんが中学3年生のときの画像ですが、雰囲気は幼さがありながら今とほとんど変わっていませんね。 フィッシャーズは中学生の仲間が集まって結成されたグループですが、きっかけはメンバーであるダーマさんとシルクロードさんが土手で野生児みたいに遊ぼうと企画したことから始まりました。 ダーマさんとシルクロードさん2人だけでは楽しくないと仲間集めをはじめたところ、隣のクラスだったンダホさんとモトキさんが参加することになったのがフィッシャーズ参加のきっかけ。 後述しますが、モトキさんとシルクロードさんは小学校が一緒だったので遊びの誘いに乗ったわけですが、まさか後に500万人以上のフォロワーができるグループになろうとは思ってもみなかったでしょうね。 結成は中学校を卒業する少し前のことでしたが、卒業アルバムのことで2017年3月15日公開の動画『中学の卒業アルバムに俺らなんて書いたっけ??』でメンバーのシルクロードさんとンダホさんが盛り上がっていました。 モトキさんは登場していませんでしたが、ンダホさんはモトキさんとクラスが一緒だったことから当時のことを語ってくれているんですよ。 クラスごとの卒業文集から、モトキさんの好きな言葉は「なるようになるさ」。 」はテキスト入力ミス) 色々思いめぐらせてもなるようにしかならないことを中学生にして理解していたとはすでに悟りの境地に到達していたことになります。 また将来の夢を「のんびりすること。 」と書いていましたが 、小学生にしてなにかに追われる日々を送っていたのかも? 先ほどの「なんとかなるさ」といい、「ゆっくりしたい」といい、少し年寄りくさいところが逆にモトキさんのチャームポイントであり、女性ファンの母性本能をくすぐるのかもしれません。 ちなみに、卒業文集ではクラスで1番性格がいいと評価されていたんですよ! モトキさんが褒められているのに、ンダホさんがまるで自分が褒められているかのようなドヤ顔がなんとも言えませんね。 フィッシャーズ・モトキの出身小学校 フィッシャーズ・モトキさんは 2001年4月に葛飾区立東綾瀬小学校へ入学し、2007年3月に卒業しています。 フィッシャーズ・モトキの小学生時代のエピソード 小学校の卒業式の際に将来の夢を語っているときの画像は、髪型やひょうひょうとした雰囲気が『コボちゃん』みたいなんですよ。 【コボちゃん】 先ほどの動画『小学生時代の卒業式映像を見つけた!?!?』では1人づつ自分の目標を語っていましたが、モトキさんのは「決められた時間内に行動することが苦手だったので、時間を守れる人になりたい」というものでした。 中学生のモトキさんが「将来ゆっくりしたい」と語ったように、期日に追われて行動すること苦手なのでしょう。 大人でも計画通りに物事を進めるのは難しいことですよね。 夏目漱石さんの母校でもある大学に進学し影響を受けたことで日本を代表する表現者になってくれることでしょう。 今後の活躍に期待し、モトキさんを応援していきます! フィッシャーズメンバーの出身高校や大学、卒アル画像の一覧は下の画像をクリック!.

次の

モトキはかわいいけど本当はイケメン!髪型と絵のこだわりがすごい!

フィッシャーズ モトキ

モトキのプロフィール 生年月日:1994年9月3日 出身地:東京都 血液型:O型 身長:169cm まずは、フィッシャーズのモトキさんの簡単なプロフィールを見ていきましょう。 既にフィッシャーズの動画をご覧になっている方はご存じかもしれませんが、モトキさんはフィッシャーズメンバーの中で "癒し系"と言われており、特に女性ファンが多いことで有名です。 モトキさんは数多くの視聴者に 『可愛い!』と言われており、今やフィッシャーズに欠かせない "可愛い担当"のメンバーになっています。 さらに、モトキさんは "ゲーム作成"や "絵を描くこと"を趣味にしており、自分で物を作ることが非常に得意なのだそう。 ちなみに、こちらの絵はモトキさんが実際に描いたものだそうで、特に既存のアニメキャラクターの絵を描くのが得意だそうです。 さらに、最近はドット絵の作成にもハマっているそうで、同じくフィッシャーズメンバーのマサイさんからは 『ドット絵職人』と呼ばれることも。 こちらがモトキさんが実際に作成したドット絵のイラストだそうですが、まるで本物のゲームに登場しているキャラクターのような、まさに本格的な作品に仕上がっていますよね。 もしかすると、今後モトキさんのドット絵を使ったスマホゲームがリリースされるかもしれませんね。 フィッシャーズのモトキの本名は!? 以下では、フィッシャーズのモトキさんの "本名"について、詳しく見ていきましょう。 おそらく多くの方は 『モトキって本名じゃないの?』『名前がモトキなんでしょ?』と思っているかもしれませんね。 実は既にモトキさんの本名は明らかになっており、モトキさんの 『モトキ』という名前は本名の名字が由来になっているようです。 実はモトキさんは以前に "テレビ出演"をされており、その際にモトキさんの本名が全国的に知れ渡ってしまったのだそう。 どうやら、モトキさんの本名は "本肝魁(もときもかい)"という名前であり、 『モトキ』という名前は本名の "本肝"が由来になっています。 『本肝』という名字も非常に珍しいですが、何と言っても、 『魁』という名前が男らしくてカッコいいですよね! 画像引用: ちなみに、 『本肝』という名字は非常に珍しいそうで、全国にたったの "10人"しか存在しないと言われています。 全国にたったの10人ということは、モトキさんの家族や親戚を合わせたら、それだけで10人になってしまうそうな気がしますよね。 さらに、珍しい名字のユーチューバーはモトキさん以外にも数多く存在しており、実はユーチューバーの王と言われている "ヒカキン"さんも非常に珍しい名字を持っていると言われています。 ヒカキンさんの名字が気になるという方は、以下の "関連記事"も併せて、ご覧になってみてください。 関連記事 フィッシャーズのモトキの熱愛彼女は誰!? 以下では、フィッシャーズのモトキさんの "現在の熱愛彼女の噂"について、詳しく見ていきましょう。 先程もお伝えしましたが、モトキさんはフィッシャーズメンバーの中で非常に女性ファンが多いと言われています。 そのため、中には 『フィッシャーズのモトキの彼女が気になる』という方は多いと思います。 ということで、モトキさんの現在の熱愛彼女の噂について、詳しく調べてみたところ・・・ "彼女なし?" 現在インターネット上では、 『フィッシャーズのモトキは彼女がいない』といった説が有力となっているようです。 どうやら、モトキさんは非常に忙しい毎日を送っているそうで、そもそも彼女を作る暇がないと言われています。 たしかに、モトキさんはフィッシャーズとしての活動はもちろんのこと、ゲーム制作やドット絵制作などの活動をされています。 さらに、モトキさんは自身の恋愛や彼女について全く語っていないことから、おそらくモトキさんは現在交際中の彼女はいないと言われているようです。 しかし、先程もお伝えしましたが、、モトキさんは女性ファンが多く、女性受け抜群の "癒し系&可愛い系のキャラクター"をされていますので、実は女性にモテモテということも十分に考えられます。 特に最近のユーチューバーは数多くの炎上騒ぎを起こしていますので、フィッシャーズの他のメンバーに迷惑をかけないためにも、自身の恋愛について積極的に語らないようにしているということもありそうです。 とはいえ、モトキさんの彼女の噂は全く出ていませんので、今後も当サイトではモトキさんの熱愛疑惑について、詳しく調査したいと思います。 フィッシャーズのモトキの行方不明事件の真相は!? 以下では、フィッシャーズのモトキさんの "行方不明事件の真相"について、詳しく見ていきましょう。 実はモトキさんは以前に "行方不明事件"が起きていたそうで、フィッシャーズのメンバーとモトキさんが一切連絡が取れない時期があったそうです。 そもそも、フィッシャーズは中学校の卒業シーズンに結成されており、その当時もモトキさんはフィッシャーズの一員として、他のメンバーと一緒によく遊んでいたそうです。 しかし、実はモトキさんは家の都合で引っ越しをしてしまい、他のメンバーと住む場所が遠くなってしまったため、一緒に活動することができなくなってしまったのだそう。 少なくなってしまったのだそう。 さらに、モトキさんはその後に "フィッシャーズの脱退"を真剣に考えていたそうで、2016年のオフ会の時にその胸中をカミングアウトされました。 しかし、現在もモトキさんはフィッシャーズの一員として動画に参加していますので、脱退の件はなくなっているようです。 そもそも、2016年はモトキさんが就職活動を行っていた時期ですので、おそらくこのままフィッシャーズのメンバーとして活動をするのか、それとも普通に就職をして、社会人として生きていくのかという2択に非常に悩んでいたのだと思います。 実はモトキさんは非常に自我が強いと言われており、その当時は他のメンバーに 『俺はフィッシャーズがなくなっても問題ない』といった発言をされていたのだそう。 とはいえ、現在はメンバー仲良く、今まで通りの活動をされていますので、一安心といったところです。 まとめ 今回は人気ユーチューバー『フィッシャーズ』のモトキさんの "本名"や "現在の熱愛彼女の噂"について、詳しくご紹介しました。 以下の "関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せて、ご覧になってみてくださいね。 関連記事.

次の

フィッシャーズのモトキの本名は?現在の熱愛彼女は誰?

フィッシャーズ モトキ

モトキのプロフィール [定期]モトキくんはおやつの時間だそうです。 本名の名字が珍しすぎる! 本名は 本肝 魁 もときも かい さんと言います。 クラスに一人は居るような名字ではなく、東京都に10人いらっしゃるかどうかという、非常に珍しい名字です。 ちなみにメンバーの名前は本名のもじり多いので、ちょっと確認してみましょう。 ンダホさんは、本田 千里(ほんだ ちさと)。 ザカオさんは、風見 泰裕(かざみ やすひろ)。 現在、 24歳です。 (2019年7月) 身長体重は? 身長は、 169センチという説が有力です。 体重は、ざっくりと 60キロ。 (2017年の情報。 ) メンバーとは小学生からのつきあい!? シルクさん、ザカオさんとは、小学校( 葛飾区立東綾瀬小学校との説あり)からのつきあい。 当時は3人で野生児のようになって、冒険ごっこなどをしていたそうです。 小学生男児が元気なのはよくあることですが、その勢いが衰えている気は、全くしません! さて、グループ結成のきっかけとなった中学校では、隣のクラス。 当時は、ンダホさんと好きな女性が一緒で、恋愛トークをしていたとか。 …でも、彼女の影は見当たらない、ミステリアスなキャラクターです。 モトキさんはかわいい! イメージカラーは、よくピンクとも言われ、かわいいと絶賛されるモトキさんです。 明治10年創立、あの夏目漱石も学んだと言われる古式ゆかしい大学です。 それだけではありません。 これが確かなら、メンバーの中では、一番よろしい最終学歴なのではないでしょうか? 皆でワイワイやっている中、どこか一人、達観した風にしているように見えるのは、そういう背景があるからやも知れません。 脱退寸前だった過去とその理由について 過去、モトキさんが、シルクさんに「 全力でフィッシャーズを辞めたい」と言ったことは、事実だそうです。 ただ、どういう経緯でそのようになったのか、公式での詳細説明はありません。 今は一緒に活動しているのだから、そっとしてあげたい気持ちもありますよね。 そのことに関しては、こちらでも語られています。 これがいわゆる、モトキ脱退説の、語られている部分です。 ザカオさんの脱退説が出たことも! 実はモトキさんだけではなく、メンバーのザカオさんにも脱退説が浮上したことがあります。 これはメンバーから「抜けろよ」と言われたわけではなく、ダンスや好きなことの邪魔になってしまうなら、無理に続ける必要はない。 そんな主旨の発言を、シルクさんがザカオさんにしたことがあるとのこと。 シルクさんも「 どっかで(脱退が)ふわっと出るのは分かる」とおっしゃっています。 メンバーの夢を尊重しつつも、仲間はとことん大切にする。 そんなスタンスが、シルクさんからはうかがわれます。 もしかすると、モトキさんの「辞めたい」は、夢を叶えたいから…という、理由ではなかったのやも知れませんね。 また、メンバー間の会話の量で、不仲説を唱える方々には、「 それは違う」とメッセージを伝えていらっしゃいます。 (2015年12月の終わり頃から) このロゴ作成は、シルクさんと一緒に考えられたそうで、シルクさん、モトキさんを「 ロゴ組」と呼ぶファンも多いのです。 シルクさんのトレードマークとも言われている、タラコ唇のサメのようなフォルムの魚が、何とも印象的ですよね。 躍動感あり、かわいさあり、かつ、メンバーを表現できている素敵なマークだと思います。 モトキさん、羨ましいくらい、クリエイティブな才能ありますよね! モトキさんが、約一年、髪を伸ばし続けていた理由は二つあります。 そうして髪が伸びてきたモトキさんを見て、シルクさんが、「 ヘアドネーションをしてみない?」と提案したのです。 シルクさんは元々ボランティア活動をなさっていて、ヘアドネーションの認知度があがれば良いと思って企画なさったのだそうです。 モトキさんも、「これ(髪)が役に立つんだったら、それはいいことだ」と快諾。 ここから、彼の髪は伸びていくのでした…。 ヘアドネーションとは 人は、病気など何らかの理由で、頭髪を失ってしまうことがあります。 ヘアドネーションとはその方々の為に、髪の長い人が、自分の頭髪を無償提供するというものです。 贈れる髪の長さは、15センチから、31センチから…などと、団体によって異なります。 また、細かな決まりもありますので、事前に必ず、各団体の注意事項を読まれてください。 人間の髪は、一年に約15センチから18センチ程度伸びますので、31センチ以上伸ばすのは、とても大変なことです。 贈られた髪は、頭髪を失われた方のウィッグになって、身も心も支えてくれます。 まだまだ周知されていないのですが、これは本当に価値のある活動だと思います。 また、ヘアドネーションを行っている美容室も限られていますので、事前の確認が必要です。 早速開始! モトキさん、男らしく豪快なチャレンジです。 なんと、ここでまさかの、(この美容室では)男性初のヘアドネーション! しかも、バリカンで根元から髪を切る方は、まあいらっしゃらないそうです。 女性がいきなり、スキンヘッドはできないでしょうから、言われてみればそうかも知れません。 バリカン初投入は、シルクさん自ら! 悪戯っぽいですが、きちんとした慈善活動です。 普通は6束できるそうですが、モトキさんは、なんと9束! 「当社比1.5倍でございます!」と、満足の行く結果に! モトキさんの毛髪は、何だか女性より、太いような印象がありましたので、納得です。 シルクさんも一緒に坊主にして、髪を送ろうとしたのですが、規定の31センチなかった為、ただの坊主になってしまいました! でも、このダブル坊主には、インパクトがあります。 そして、ヘアドネーションを知ってもらいたいという気持ちが、たっぷりと込められているのです。 見る人に、「ああ、そういう髪の使い方もあるんだ」と、感じさせたのではないでしょうか? 最後に フィッシャーズは、YouTubeという枠にこだわらず、コカコーラのCMに出演したり、フィッシャーズパークという、たくさんのアスレチックアトラクションを楽しめる施設を作られています。 NHKさんのニュースに出演させていただき、反響があって喜ぶボク。 そして、ネットを設置したので メンバーにも試してもらってます。 春休み、ぜひみんな来てね! — シルクロード【Fischer's】 RytoSle2 生き生きとアトラクションを進む、モトキさんのかわいい姿も、Twitterでアップされています! すいすいと、ロープを伝ってゆく姿は、俺たちは元々野生児だったと、シルクさんに言われるだけはあるなと思います。 出だしから、モトキさん参戦には、たまりません!!.

次の