感覚 類語。 「感覚が鈍い」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

訴求とは|意味・読み方・使い方、類語・対義語・英語表現と例文を解説

感覚 類語

「疎外感」の意味と読み方とは 読み方は「そがいかん」、意味は「排除されているという感覚」 「疎外感」は「そがいかん」と読み、「自分だけ仲間外れにされているような感覚」「排除されているという感覚」を意味します。 そもそも「疎外」とは、「よそよそしくし、近づけない状態にすること・避けること」という意味の単語なので、「疎外感」は「避けられているような感覚」という風にもとらえることができます。 「疎外感」の使い方と例文 職場や家族・友達になじめない様を表す 「疎外感」は「仲間外れにされているような感覚」のことなので、何らかの集団・グループになじめない様を表す際によく用いられます。 たとえば、職場の同僚や学校の友人関係をはじめ、家族に対してなど、集団の種類を問わずに使用することが可能です。 例文 登校拒否したいほどの疎外感に苛まれている 「疎外感を感じる」のほか「抱く」「覚える」という表現も 「疎外感」という単語は、感情・感覚を意味するため、「抱く」や「覚える」という動詞とともに用いられます。 中でも多いのが、「疎外感を感じる」という表現です。 「疎外感を感じる」という表現は、「感」という同じ意味の漢字が重なるため「重言」あるいは「重複表現」とも呼ばれます。 ただし、同じ「重言」でも「違和感を感じる」や「疎外感を感じる」に関しては、一般に許容されている表現なので、使用しても問題はないでしょう。 「疎外感を感じる」と文字にした場合に見栄えが気になるようであれば、「抱く」や「覚える」などの単語に置き換えるのがおすすめです。 また、「疎外感」という単語を使わずに、「疎外されていて孤独を感じる」などと表現する方法もあります。 「疎外感を与える人」とは付き合わないのがベター 自分は仲良くしよう、協調性をもって接しようと考えていても、明らかに悪意を持って接したり、嫌がらせをしてきたりする「疎外感を与える人」に出会うこともあります。 そうした人とは、仕事上の最低限の付き合いにとどめ、深く付き合わないのが得策です。 相手の悪意に付き合うことで自分が疲弊してしまうのは避けたいので、悪意に飲み込まれずに聞き流したりやり過ごしたりするのがよいでしょう。 多かれ少なかれ、誰もが劣等感を抱えている• 劣等感は次のステップへの原動力になることもある 「疎外感」の英語訳 英語では「alienation」を使う 「疎外感」を英語で表現する場合には、「alienation」という単語を使用します。 「alienation」とは「疎外」という意味で、動詞は「alienate(遠ざける・不和にする)」です。 「a sense of alienation」で「疎外感」という意味になります。 たとえば、「Many youths feel alienated in modern society(現代では多くの若者が、社会で疎外感を感じている)」といった使用が可能です。 また、「私が彼女に疎外感を与えている」を英訳すると、次のような表現ができます。

次の

「感覚を覚える」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

感覚 類語

「訴求」とは|意味・読み方・使い方 「訴求」とは、「宣伝や広告などで消費者の購買意欲に働きかけること」の意味で、「そきゅう」と読みます。 「訴求」の「訴」の訓読みは「うったえる」で、「裁きを求めるために上に申し出る」や「不満や苦痛など告げ知らせる」の他に、「感覚または心に強く働きかける」という意味があります。 「求」の音読みは、「もとめる」で、「探し求める」「他人に望む」の意味です。 つまり「訴求」は、人の感覚や心に働きかけて、商品やサービスなどを購入することを希望することです。 「訴求」が使われるのは、主にマーケティングに関する事柄です。 さまざまな商品やサービスが氾濫する中で、いかに消費者の購買意欲を駆り立てるかは、企業にとって大きな課題です。 「シニア層に訴求できる商品の開発」など、「訴求」はマーケティングには不可欠な言葉になっています。 また、「訴求」はマーケティング分野以外でも、「うったえて要求する」というニュアンスで使われることもあります。 ・人気タレントを起用したわりには、訴求効果はあまり感じられません。 ・数秒内で視聴者に訴求効果を与えるのが、CM企画の重要なポイントです。 また、マーケティングのテーマとして「 価格訴求」と「 価値訴求」の2つが大きな選択肢として使われます。 「価格訴求」は、商品広告で消費者に対して価格を基本テーマにすることです。 低価格時代には不可欠な訴求の仕方ですが、反面、機能や品質、サービスなどを重視する消費者もいることも事実です。 この基本をテーマにしたのが「価値訴求」です。 企業にとって、どちらの訴求パターンを選択するかは、勝敗の分かれ目になります。 「訴求」の類義語と例文 「訴求」の類語としては、「働きかける」「説得」「アピール」「需要を喚起する」などがあげられます。

次の

感覚の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

感覚 類語

「感覚を覚える」の読み方や意味 「感覚を覚える」は【かんかくをおぼえる】と読み、意味としては• 実際には何の変化も起こっていないけれど何かを感じ取ること• 物事を繰り返すうちにそのやり方やコツが身についていくこと• 何となくそんな気がしたり、そんな気持ちになること をいいます。 感覚は目に見えるものではない上に人によって違うため、頭で理解するには限界があります。 何となく想像して自分に置き換えてみたり、経験したことから得た感性や感情などを投影して得るものになります。 ですから 「感覚を"覚える"」にはこれまで感じてきたものを重ねてきた結果、自然に体が記憶しているものだといえるでしょう。 もしくは経験や体験をした事はなくても、人には想像力があるのでそう本人が"感じた"のであれば、それは 「感覚を"覚える"」ことになります。 「感覚を覚える」の使い方 「感覚を覚える」とは文字通り、自分の今まで得た感覚や感性、感情を基にして脳が 「そうかもしれない」 「そんな気がする」といった指令を出した時に使う言葉になります。 もしくは本当にそうではなくても、本人が 「そう感じる」場合にも使います。 例えば本当は1人なのに 「人がいるような感覚を覚えた」という場合と、何かを行う際に 「感覚を覚えないと、この作業は難しい」という場合も、意味は違いますが、経験はなくても体が無意識に何かを感じたり、これまで積み重ねてきたものがないと 「感覚」は覚える事ができないということなので、何らかのサインやヒントをその瞬間に得た時に使う言葉だと言えるでしょう。 「感覚」 「感覚」には沢山の意味があり、• 人が持つ五感である《視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚》を使って感じ取る気持ちや意識のこと• 外的要因から得る体温の上昇や低下、皮膚の感触などのこと• モノに対するバランスや美醜・良し悪し・必要不必要の判断などをする心の動きや受け入れ方• 何かをする時の心構えや、そのことに対する考え方、捉え方 などをいいます。 センスがない、センスが良いといった言い方をするように 「感覚」とは、人によって違いバラバラではありますが、時代や環境によって変わり、大まかな 「ルール」というものが存在することは確かなようです。

次の