足 臭く なる 原因。 足の臭いを消す方法!「くさっ!」の原因と完全攻略法をご紹介

足が臭い原因は何?病院に行くべき?足のニオイ対策とすぐできる予防法

足 臭く なる 原因

足が臭くなる原因とは? 靴を脱いだときにモワっと広がる蒸れた臭いや、鼻を刺激するツンとした臭いなど、自分の足の臭さに驚いてしまうときもありますよね。 そんな足の臭いを解消するためには、そもそもなぜ足は臭くなるのか、その原因から知る必要があります。 では、足が臭くなる原因を見ていきましょう。 雑菌の繁殖 足が臭くなる原因のほとんどは、「雑菌の繁殖」です。 足にはもともと常在菌という雑菌がいて、いくつかの原因によってこの菌が増殖することで足の臭いを発します。 そのため、体の他の部分よりも汗をかきやすく、足だけで1日にコップ一杯もの汗をかくと言われているほどです。 しかし、足の裏にある汗腺は「エクリン腺」と呼ばれ、本来は無臭の汗をかく汗腺です。 では、なぜ足は臭くなるのでしょうか? それは、足にもともと住みついている「常在菌」が、汗や皮脂などをエサにして分解するときに臭いを発生させるからです。 この臭いは「分解臭」と呼ばれ、代表的な分解臭に「イソ吉草酸(きっそうさん)」があります。 これは納豆にも含まれていて、少量でもツンとした臭いがします。 古くなった角質は剥がれていきますが、角質が厚いぶん大量の角質が剥がれ、その角質が常在菌のエサになるため、足は臭くなりやすいのです。 常在菌は高温多湿を好むので、足全体を覆うような「パンプス」や「革靴」の場合は湿気がこもりやすく、常在菌が増えることにより、足の臭いが出やすくなります。 疲労臭 疲労臭とは、本来尿として排出されるはずのアンモニアが、血流によって全身を巡り、皮膚から出てくる体臭のことです。 疲労がたまると肝臓や腎臓の働きが弱まり、疲労臭が出やすくなります。 精神的ストレス 精神的なストレスを感じたり、緊張したりすると、「精神性発汗」と呼ばれる種類の汗が出ます。 精神性発汗はアンモニアを多く含んでいるので、疲労臭の原因になり、強い臭いを発する特徴があります。 爪垢 爪垢は、汗や古い角質が垢となってたまった物です。 お風呂で爪垢をしっかり洗い落とせていないと、蒸れやすい靴の中で雑菌が繁殖し、強烈な臭いを発する原因になります。 食生活 普段食べている物によって体臭がきつくなると言われていますが、足の臭いも食べ物によってきつくなる場合があります。 とくにアルコールなどの刺激物や、ニンニクなどの臭いの強い食べ物をよく摂る人は、足の臭いがきつくなる可能性が高いです。 角質を取り除く• 足湯で汚れを落としやすくする• 石鹸を良く泡立てて足を洗う• 「爪」や「指の間」もきちんと洗う• しっかりと洗い流し、湿気を拭き取る では、順番に足の洗い方を解説していきます。 足が乾いている状態で、「やすり」や「リムーバー」を使って軽く角質を落としていきましょう。 足が濡れた状態で行ったり、こすり過ぎてしまったりすると、落とす必要のない角質まで取り除いてしまうので必ず乾いた状態で行い、くれぐれもやり過ぎには注意しましょう。 足を洗う前に足湯をすることで、汚れを浮かせて落としやすくなります。 足の臭いの原因は雑菌なので、「殺菌作用のある石鹸」を使うと効果的です。 殺菌作用のある石鹸がない場合は、普通の石鹸でもOKです。 ボディソープよりも固形石鹸のほうが、すっきり洗い上がります。 スポンジなどで皮膚を傷つけると雑菌の繁殖につながるので、手でやさしく洗うのがポイントです。 爪の間は、爪ブラシを使うのもオススメですが、ゴシゴシ洗わず、やさしくサっと洗うようにしましょう。 石鹸が残っていると、雑菌が繁殖しやすくなるので気をつけてください。 洗い流したら、しっかりと水気を拭き取ることが大事。 足に水分が残っていると雑菌が繁殖しやすくなるので注意しましょう。 とくに、指の間は拭き残しやすいので丁寧に水分を拭き取ってください。 ミョウバン水で足を除菌する ミョウバンには殺菌効果や制汗作用があるので、足の臭い対策にオススメです。 ミョウバン水をスプレーボトルに入れて足に吹きかけたり、ガーゼに染みこませて足を拭いたりすることで、足の臭いを抑えることができます。 ミョウバン水のつくり方は、ペットボトルに水500mlとミョウバン20gを入れ、ふたを閉めて良く振ります。 ミョウバンが溶けるまで時間がかかるので、水が透明になるまで冷暗所に置き、しっかり混ざったら冷蔵庫で保管しましょう。 でき上ったミョウバン水は、10倍に薄めて使いましょう。 重曹で足の臭いを抑える 重曹には、足の臭いを抑える効果があるので、重曹を使った足湯をするのもオススメです。 洗面器にお湯を入れ、そこへ大さじ2~3杯程度の重曹を入れて溶かします。 この重曹足湯に、15分くらい足を浸しておくと足の臭い対策になります。 掃除用の重曹でOKですが、皮膚が弱い人は食用の重曹を使いましょう。 靴を清潔に保つ 足が臭くなる原因は、靴に臭いが染みついていることも考えられます。 そのため、靴を清潔に保つことも足の臭い対策の大切なポイントです。 では、靴を清潔に保つための5つの対策をご紹介します。 そのため1日履いたら靴を休め、しっかりと靴を乾燥させるようにしましょう。 適度に靴を休めることは臭いを抑えるだけでなく、靴が長持ちしやすくなります。 そのため、必ず靴を乾燥させてから靴箱にしまうようにしましょう。 玄関に1日出しっぱなしにしておくだけでもOKですが、できれば風通しの良い場所で「陰干し」か「天日干し」をするのがオススメです(靴の素材によって適切な干し方をしてください)。 また、靴箱の湿度が高いと雑菌が繁殖しやすくなるので、靴箱の空気の入れ替えをして、臭いや湿気がこもらないようにしましょう。 新聞紙を靴の下に敷くと、靴の水分を吸い取ってくれます。 スニーカーなどは簡単に洗えますが、革靴の場合は、インソールを交換したり、新聞紙を丸めて靴に詰めたりして、湿気を吸い取るのがオススメです。 消臭スプレーなど、靴の臭いを抑える消臭グッズを利用するのも良いでしょう。 たとえば、サイズの大きな靴を履いていると、脱げないように変に力が入り、その緊張のせいで汗をかきやすくなります。 そのため、靴を買うときは必ず試着して、自分の足に合ったサイズの靴を選ぶことが臭い対策になります。 たとえ通気性の良い靴でも、1日中履き続けていたら蒸れて足の臭いが出てきてしまいます。 そのため会社内では、スリッパやサンダルなどの通気性の良い靴に履き替えるようにしましょう。 靴下の選び方・洗い方に気をつける 足と靴を清潔にしたら、足に直接触れる「靴下」の選び方や洗い方にも気をつけましょう。 以下のポイントを押さえておくと、足の臭いを軽減できます。 通気性の良い靴下を選ぶ• 除菌用石鹸で靴下を洗ってから洗濯する• いったん水洗いをしてから洗濯する• 五本指ソックスを履く• 汗をかいたら靴下を履き替える• 生乾きの靴下を履かない 通気性の良い靴下を選ぶことで足が蒸れにくくなるため、足の臭いがだいぶ減るでしょう。 また、靴下を普通に洗濯する前に、「水洗い」や「除菌用の石鹸を使って予備洗い」をすると臭いを軽減できますよ。 さらに、足の指の間は汗をかきやすく、蒸れやすくなっています。 指の間の汗を吸収できる「五本指ソックス」を履くことで足の臭いの改善につながります。 ストレスを解消する 疲れやストレスは、足の臭いのもとになります。 お風呂にゆっくり浸かってリラックスしたり、十分な睡眠をとったりして、疲れを残さないことが大切です。 また、適度にリフレッシュをして、小まめにストレスを発散させるのも良いでしょう。 疲れやストレスが原因の「疲労臭」は、デオドラント剤や消臭スプレーを使ってもあまり効果がないため、根本的に改善する必要があります。 また、足の臭いを気にしすぎることがストレスになり、それがさらに足の臭いを悪化させるという悪循環になってしまうことも。 今回ご紹介した対策を実践すれば、足の臭いを気にしすぎることも少なくなり、余計なストレスも軽減されるでしょう。 足の臭いは病気が原因の場合もある 雑菌や疲労臭が原因の足の臭いなら改善できますが、それでも改善されない場合は病気が原因の可能性があります。 病気の場合は、今回ご紹介した対策では解消することができないので、早めに病院を受診するようにしましょう。 水虫や多汗症などの直接的な病気が原因の場合もあれば、糖尿病や自律神経失調症などの間接的な病気が原因の場合もあります。 いずれにしても、少しでも体調に異変を感じたら病院を受診するようにしてください。 足の臭いを根本から解消すれば靴を脱ぐのも怖くない! 足が臭くなる原因と対策をご紹介しました。 足の臭いは男性だけでなく、多くの女性が悩んでいる問題です。 それがストレスになり、余計に足が臭くなってしまう場合もあります。 もし、自分の足の臭いに悩んでいるなら、今すぐ今回の対策を実践してみてください。 足の臭いを根本から解消できればストレスもなくなり、座敷で靴を脱ぐのも怖くなくなりますよ。

次の

靴と足の臭いの原因

足 臭く なる 原因

もくじ• クロックスから足の臭いがする3つの理由 通気性や手軽さを重視してクロックスを履いているものの、足の臭いに悩まされたらあまったものではありません。 素足で履く場面も多く臭いが他人にバレていないか心配になる人も多いのではないでしょうか? クロックスから足の臭いがしてしまう理由は主に3つ。 それぞれお伝えしていきます。 汗をたくさんかくから クロックスを履く季節は夏など暑い季節が中心になります。 汗をかくのには温度によるもの、味覚によるものと精神的なものの3つあるのですが、 気温によって汗をかく場面が多いと言えるでしょう。 汗をたくさんかくと湿度が上がりそれを餌に雑菌が大量繁殖してしまいます。 雑菌が皮脂や角質を分解して足の臭いを発生させるため、クサくなってしまうのです。 ただ、中には「通気性がいいクロックスなら足の雑菌も繁殖しなんじゃないの?」と考えている人もいるかもしれません。 実はそんなことはないんです。 それは、素材によるものと素足が触れるという物理的な側面があります。 素材の吸湿性の低さ クロックスが公式で発表している素材はクロスライトという合成樹脂です。 合成樹脂は材質として基本的に吸水率が低く、高い酢酸セルロースという樹脂でも 4. 代表的なポリエステルが1. 吸湿性が低いということはそれだけ水分がクロックスの底に溜まって蒸れる環境を作ってしまうということに繋がるんです。 例えば、 いくら通気性がいい場所でも池の水がなくならないのと同じで、汗が多量に出てしまい、まるで水たまりのような状態になってしまったら、湿度は必然と上がってしまうんです。 素足履きをするため そして、クロックスの表面の湿度をあげる理由になってしまっているのは素足が触れることです。 靴を履いている場面では靴下を履いているので、靴下が汗を吸収してくれることもありますが、素足の場合それがありません。 そのため、素足にから出た汗がそのままクロックスの表面出ることになります。 クロックスの表面に溜まった汗で湿度が上がってしまい、雑菌が増殖、皮脂や角質を分解して臭いの原因菌を発生させてしまうんです。 しかも、素足からクロックスは直接触れているので原因菌がクロックスに即うつってしまいます。 季節柄汗をかきやすい• 吸湿性が低く蒸れやすい• 素足履きでニオイ菌がうつりやすい クロックスから足の臭いがするのを防ぐ対策方法 複数足でローテーションする 足の臭いが気になる人はクロックスを複数足でローテーションするのがおすすめです。 足の臭いがするのは足の臭いの原因となる雑菌や臭い成分がついたまま履いているから。 そのため、複数足でローテーションしてその間にクロックスの雑菌をなくすために 風通しの良いところに置いておくと湿度が下がり雑菌が減ります。 天日干しにする 紫外線には雑菌を殺菌する作用があります。 布団天日干しにしたりするのには殺菌の作用もあるためなんです。 クロックスも日光が当たる場所に置いて休ませることで足の臭いの原因菌を殺菌することができます。 クロックスが足の臭いで臭くならないための洗い方 石鹸や水で洗う 単純な方法に思えるかもしれませんが、殺菌効果がある石鹸で洗ったり、水で菌を洗い流すことで、臭いに対処する方法です。 クロックスの公式サイトが推奨するお手入れ方法でもあります。 クロックスからクサいニオイがする方は相当足の臭い菌が多い可能性が高いので私の経験上、がおすすめです。 漂白剤を使う 殺菌力の強い漂白剤も公式サイトでおすすめされているお手入れ方法です。 漂白剤は混ざる物質によっては毒性のガスが発生する可能性がありますので、注意書きをよく読み使用方法にしたがって使うようにしましょう。 殺菌をするという意味ではその他にも 熱湯をかける方法もありますが、形状が変わってしまう可能性もありますので、控えるように公式サイトに記載があります。 大切なのは、クロックスに菌をためないこと、そしてクロックスで繁殖している菌を殺菌することです。 クロックスのサイズ選びのポイント• 指先がシューズに当たらないか• 幅がきつくないかゆるくないか• 甲が圧迫されたりくいこまないか クロックスを履いてたった状態でこの3つの条件を満たしているのが、履き心地のいいクロックスの条件です。 それ以外にも履いてみて、サイズがゆるすぎないか、きつすぎないかを確認するのも大切です。 サイズがあっていないと足はストレスを感じて汗をかきやすくなり、足の臭いを発生させやすくなってしまいます。 足の臭い女性は素足でクロックスを履いていることが原因になっている可能性も クロックス内で溜まった雑菌はあなたの足につきますし、ニオイの原因菌もついたままです。 思い出してみて下さい。 雑菌が溜まったクロックスを履いた後に洗わずに再びクサいニオイ菌の塊であるクロックスを履いたり、他の靴を履きませんでしたか? ニオイにはクサいと認識されるボーダーラインがあります。 クサいとわかってしまう値が仮に100だった場合、清潔なクロックスを履いていれば、0からのカウントですが、クサいニオイ菌が溜まったものを履いていたら80の状態からのスタートになる可能性があります。 つまり、 クロックスを履くことで、クサいとわかる状態に知らず知らずのうちに近づいている可能性があるんです。 超簡単にクロックスが原因の足の臭いを解決する対処法 「洗ったりするのもめんどくさいし、天日干しする場所もない」 中にはそんな方もいると思います。 そこで、 おすすめなのが振りかけるだけで半年間もの間足の臭いに効果がある 魔法の粉・フットクリアです。 ニオイのプロである臭気判定士が監修していて、今ならWEB限定の先着で25%引きの2,980円! ちょっと高いと思うかもしれませんが、クロックスをもう一足買うと安いものでも、1,500円。 新しく買ったものがまた臭くなったら、さらに1,500円・・・。 それってかなりお金がもったいないです! フットクリアなら1つ買えば 約300足分使えるので圧倒的にお得。 しかも、効果がなくても 全額返金保証があるので、損することもありません! もちろんクロックスだけじゃなくて、ブーツやパンプス、ヒールにも使用可能! これさえあれば、彼から足の臭いでドン引きされることもないですし、レジャーシーズンで外でクロックスを履いたときに ニオイの心配をすることなく、スッキリ晴れやかな心で楽しむことができます。 まさに、足の臭いの救世主と言っても過言ではありません!ぜひ試してみて下さい。 まとめ クロックスは履く時期として気温が高いことから発汗が多いことや汗を吸いにくい材質であること、そして素足で履くことが多いことから足の臭いを発生させやすいことがわかりましたね。 まずはクロックスに対する対策をするとともに、普段から足の臭いの原因になるを溜めないように心がけることが大切です。 デイリーのケアとして殺菌・制汗・抑臭・保湿がいっぺんにできるを使って対策するのがおすすめです。 当サイトではとなっています。

次の

足が臭いのはなぜ!? 足が臭う原因と対処法6つを徹底紹介

足 臭く なる 原因

[1] 足の爪や足の裏のニオイが臭くなる原因とは? 長時間靴を履いていると、足がムレてきた経験は誰にでもあることでしょう。 足の濡れる感覚も気持ち悪くて嫌ですが、それ以上に困るのが足のニオイという人も多いのではないでしょうか? 自分が靴を脱いだ瞬間に、 足から嫌なニオイがむわっと広がる…想像しただけでも嫌な気持ちになりませんでしたか? 一体なぜ、 足のニオイは臭くなってしまうのでしょうか? そこで、 足のニオイが臭くなる理由や原因、足のニオイに悩んでいる人の割合などもまとめてみました。 20代や30代の女性でも足のニオイに悩んでいる人は多い 足が臭い悩みと聞くと、悩んでいる人は男性が多そうに思えますが、アンケートを取ってみるとなんと、20代は30代の比較的若い女性の9割がなんらかの足のトラブルに悩んでいるとの結果が出ています。 その中でも多くの女性が解答したのが足のニオイだったようです。 足の嫌なニオイに悩んでいない人は、わずか1割という結果からみてもどれだけ身近な悩みであるかわかります。 足のニオイに悩んでいる人はあなただけではありません。 つまり、足のニオイのケアを行うことは何も可笑しいことではないのです。 少しでもニオイを軽減させるために、足のニオイがする原因や対策方法を練ってみましょう。 足が臭くなってしまう4つの原因・理由 大抵の人の足が臭くなってしまう理由は、以下の4つが原因であることが多いです。 理由もなく臭くなるわけではありませんので、まずはなぜ自分の足が臭くなってしまうのか理解しましょう。 そして、自分に合った対策法を行いましょう。 ・汗や雑菌 足の裏には汗をかく腺が通っています。 そして、 人は足の裏からコップ一杯分の汗を一日の間にかくと言われています。 コップ一杯と聞くだけで、かなり大量の汗であることが分かります。 しかし、足の裏に通っている汗をかく腺は、脇などとは違いエクリン腺と呼ばれている腺が通っています。 エクリン腺は、 体温を調節するために汗をかく機能が備わっていますが、たくさん汗をかいても汗のニオイはしません。 反対に、脇などに通っている汗をかく腺はアポクリン腺と呼ばれており、こちらはニオイがすることが有名でそのままにしておくと体臭につながってしまいます。 つまり、本来なら足の裏にかく汗はニオイがしないはずなのですが、何らかの事が重なってニオイがしてしまっているのです。 その理由が雑菌です。 通気性の悪い靴を履いていると、靴の中で汗がこもってしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 この雑菌こそが、足が臭い最も大きな原因です。 関連記事 ・靴 履く靴によっても、足のニオイは左右されます。 特に、革靴はニオイがこもりやすいと言われています。 革靴は通気性が悪いものが多いので、長時間履いているとどうしてもムレてしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 また、革靴だけでなくローファー、ブーツなどをよく履く人も注意が必要です。 対策としては、日頃から靴の手入れを行うことが大切でしょう。 ・体調面や精神面 特に原因が思い当たらない場合は、自律神経失調症などの精神的なものが原因かもしれません。 ストレスなどは溜まっていませんか? 人間の体は、ストレスを溜めすぎてしまうと疲労臭と呼ばれるニオイが出てきてしまいます。 精神的なものによっても、足の裏のニオイは強くなってしまうので、注意が必要です。 精神的なものが原因の場合は、あまり考えすぎず、ゆっくりと休息をとることを最優先に考えてみてください。 暴飲暴食を控え、ゆっくりと入浴するようにします。 そして、なるべく朝までぐっすりと眠りましょう。 [2] 足の臭いニオイを改善させる6つの対策方法 ドラッグストアに出かけてみると、足のニオイの対策グッズアイテムがたくさん売られていますが、根本的なところを改善させた方がいいです。 長期にわたって対策グッズを利用していると、コストもかさんでしまいますし、いつか利用していても効果が感じられなくなる恐れも出てきてしまいます。 足の臭いニオイはきちんとした対策を行うことで改善することができます。 では、何をすれば改善することができるのでしょうか? そこで、対策としてよく使われている6つの方法をまとめてみました。 今すぐに足のニオイを改善させたいと思っている人は、参考にしてみてください。 殺菌成分配合の石鹸で洗う 足の臭いニオイがしてしまう理由は、足に繁殖する雑菌が原因だとお伝えしました。 なので、根本的なニオイを解決するためにはこの雑菌を殺す必要があります。 一番手っ取り早い方法は、足を直接洗ってしまうことです。 お風呂に入る時に、殺菌効果のある石鹸を使ってしっかりと洗うようにしましょう。 そうすることで、雑菌による臭いニオイを消すことができます。 ただし、殺菌効果のある石鹸がない場合は、普通の石鹸でも構いません。 足のニオイに悩んでいる人は、いつもより念入りに足を洗いましょう。 お湯で足の汚れをしっかりと落とす 足の臭いニオイを落とすためには、極力水ではなくお湯で洗うほうが効果が期待できます。 湯船に足を入れるだけでも、足の汚れを落とすことができるからです。 皮脂とともに汚れを浮かせることができるので、水よりも高い効果が期待できます。 どうしてもお風呂に浸かる気力がない時や、殺菌効果のある石鹸を持っていない時は足湯もオススメです。 足湯を作り、そこに足を入れるだけでも同じだけの効果が期待できます。 湯船にお湯を張ることが難しい場合は洗面器にお湯を張って、簡易的な足湯を作ってみましょう。 足の爪や指の間なども洗う 足の臭いニオイは、足の裏だけが原因ではありません。 足の爪の間や足の指の間にもニオイの元となる雑菌は潜んでいます。 足のニオイに悩んでいるのであれば、足の裏だけでなく足の爪の間や足の指もしっかりと洗うようにしましょう。 また、足の爪が伸びすぎているとそこに汚れがたまりやすくなってしまいますので、長くなってきたと思ったらその都度切るようにしましょう。 重曹足湯を試してみる お湯に重曹を入れた重曹足湯というものも、足のニオイ対策には効果的です。 分量は、洗面器いっぱいの湯に大さじ2から3ぐらいの重曹を入れて溶かします。 重曹は、よく掃除などにも使われているものなので、人の皮膚にも効果が期待できます。 ただし、皮膚が弱い人は食用の重曹をおすすめします。 関連記事 靴をローテーションして履く 毎日同じ靴を履くと汗や湿気が溜まり、雑菌が繁殖しやすくなります。 湿気をとるために、1度履いたら2日ほど履かずに干して乾燥することをおすすめします。 毎日違う靴を履くのが理想です。 特にブーツのようにムレやすいものは、靴の中に水分が残りやすく、雑菌が繁殖しニオイが強くなりやすいので注意が必要です。 しっかり乾燥させるようにしましょう。 ストレスを溜めないようにする ストレスは、疲労臭と呼ばれる悪臭を発生させる原因になるため、足のニオイにも関係しています。 十分に睡眠をとる、お風呂にゆっくりつかる、好きなことをしてリフレッシュするなどして、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。 足のニオイケアクリームには、殺菌と制汗を同時にしてくれる優れものが多いです。 ニオイの原因を殺菌する効果と雑菌のエサとなる汗の発生まで防いでくれます。 同時に2つの原因に対処できるので、時間がない忙しい人でも使いやすいです。 足のニオイケア商品は、継続利用でコストがかさむことも効かなくなることもあります。 しかし、これから紹介するクリームは値段も安く、効果の持続性も高いのでおすすめですよ。 嫌な足の臭いと足汗を原因から対策してくれると話題です。 有効成分が夜まで長続きするので、朝1回塗るだけでOK。 購入した方の92. 「ティノン」は臭いだけでなく、保湿成分も配合されているのでかかとのケアなどにも効果を期待できます。 なかなか「足の臭い」に特化したデオドラント商品は少ないので、悩んでいる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? 編集部でも「ティノン」の詳細についてまとめている記事があるので、ぜひチェックしてみてください! 関連記事 [3] 足のニオイを軽減する方法とは? 足のニオイの対策方法をご紹介しましたが、仕事中や遊びに行く途中に足のニオイが気になる人も多いはずです。 そんな時にトイレに入って足を洗うわけにもいきません。 では、 どうすれば足のニオイを軽減させることができるのでしょうか。 そこで、いくつかの軽減方法をまとめてみました。 靴下の選び方を変える 靴を履く前には、 靴下やストッキングを履いてから靴を履くという人も多いはずです。 なので、少し特殊な靴下やストッキングを選んでみてはいかがでしょうか。 例えば靴下なら、抗菌加工してあるものを選ぶ、 ストッキングなら吸収性の高いものを選ぶなどです。 もちろん、いい品物を選ぶだけあって価格は高くなりますが、その分ニオイの効果も期待できますし繰り返し履くことができるので、長持ちさせることができます。 それに、履く靴下を替えるだけで足のニオイの対策グッズを買わなくて済むのならお得ではないでしょうか。 関連記事 仕事中は靴を履き替える 仕事に行く際に、革靴を履くという人も多いはずです。 しかし、根本的に通気性が悪いため履き続けているとどうしても足のニオイが出てきてしまいます。 なので、可能であれば靴を履き替えることをお勧めします。 通気性のいい靴を履くだけでも、大幅に足の臭いニオイを軽減させることが可能です。 靴のニオイを取るアイテムを入れておく 靴を履かない時は、靴の中に消臭アイテムを入れておくこともオススメです。 靴の臭いニオイを取るアイテムは、100均でも売られているので安価に購入することができます。 いくら足を綺麗にしても、靴自体にニオイが付いていると足にも臭いニオイが移ってしまいます。 靴のお手入れも欠かさず行うようにしましょう。 関連記事 靴の手入れをする 先ほども言ったように、靴のお手入れは足のニオイを軽減させるために大切なことです。 と言っても、難しいことを行う必要はありません。 帰宅してから靴を脱いだあと、下駄箱に入れる人も多いかもしれませんが、たくさん汗をかいているのですぐに入れてしまうのはあまりよくありません。 そのまま下駄箱に入れてしまうと、汗が乾燥しなくなり下駄箱の中で雑菌が繁殖してしまいます。 これでは足のニオイも改善しませんし、何よりも下駄箱の中が臭くなってしまいます。 完全に乾燥するまでは下駄箱に入れるのは控えましょう。 また、靴の中にも極力中敷きを入れることをおすすめします。 中敷きなら、いくら汚れても捨てることができるからです。 関連記事 [4] 足のニオイの原因が病気のときはどうするべき? 足のニオイの原因が病気であることもあります。 もし、自分の足の臭いニオイの原因が病気であった場合は、どうすればいいのでしょうか? 水虫や多汗症が原因で臭くなることも 足に発生しやすい病気として有名なのが水虫です。 水虫の原因は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる白カビの一種が皮膚に付着することによって、発症してしまいます。 水虫になると、リンパ腺が戦おうとするため余計にニオイがひどくなってしまう傾向があります。 また、多汗症が原因になることもあります。 多汗症の症状はたくさんありますが、歩いた床が濡れるほどの汗をかいていたら、それは多汗症と判断して間違いないでしょう。 汗の量が多い分、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。 関連記事 少しでもおかしいと思ったら病院へ もし、少しでも体調がおかしいと思うのであれば、速やかに医療機関へ急ぎましょう。 水虫は皮膚科、多汗症は専門的に見てくれる多汗症外来などへ行きましょう。 また、この他にも先程紹介した自律神経失調症や糖尿病、内臓疾患なども足の臭いニオイに結びついている可能性があります。 なにをしても改善されないときや、体調がすぐれないときは一度かかりつけの病院を受診してみましょう。 [5] 足が臭い理由と原因を知って対策を行おう 足が臭い理由はたくさんあります。 臭いニオイに悩む人はたくさんいますが、ちょっとしたことでニオイを改善させることは可能です。 もし今、足の臭いニオイに悩んでいるのであれば、自分に合った対策を行うようにしましょう。

次の