東京 行政書士 転職。 司法書士・行政書士の転職情報:求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ

行政書士の転職先について

東京 行政書士 転職

ページコンテンツ• 行政書士が独立失敗する理由 事務所開設にあたり、足りないものだらけだった 資金が足りない 行政書士は個人で開業しやすい資格の代表格ですが、開業資金がすぐに底をつき、 資金不足になるケースがあります。 仕事がコンスタントに取れるようになるまで、予想していたよりも時間がかかり、 利益が出ない時期が長びきます。 そして、事務所の家賃が支払えなくなったり、従業員の給与が出せなくなったりして廃業にいたる事務所が数多くあります。 経営力が足りない 行政書士は業務に関する法的的知識だけでは事業をうまく展開することができません。 営業かけたり、人脈を活用したり、予算内で効果的な広告を打ったりする マーケティング力・経営力が個人に求められます。 これらの資質がかけていると独立してもうまくいきません。 対人能力が足りない 行政書士としての能力が優れていても 顧客の意図を的確に汲み取る力がなければ、すぐに別の行政書士に仕事を奪われてしまいます。 またコンスタントに仕事を獲得するには 同業者同士の横のつながりも欠かせません。 顧客や同業者との コミュニケーションスキルが問われます。 実務能力が足りない 資格試験に合格すれば、安泰というわけではないのが行政書士です。 随時行われる法改正についての理解や知識が十分でないと、行政書士は務まらず、ミスが有るとクライアントの不利益に繋がり信用を落とします。 勉強を続ける努力や、 ミスなく仕事を遂行する能力が問われる責任の重い仕事です。 コンプライアンス意識が足りない 行政書士はクライアントの抱えている紛争の解決や、遺言書の作成や執行など かなりプライベートな部分に業務で触れることになります。 依頼人の秘密をもらす、軽い気持ちで法令の遵守を怠るといった コンプライアンス意識の欠如は、行政書士として信用を一度に失います。 行政書士に「しか」できないことが少なく、仕事が来ない 行政書士の仕事は業務領域が広いのですが、資格保有者だけが許されている 独占業務は限られている資格です。 行政書士でなければならない業務がもともと少ない上に、自前でネットの検索や手軽なフォーマットを利用できる機会が増え、一般の人や法人が行政書士に頼るケースが大幅に減ってきています。 すでに独立している行政書士に仕事が集まり、 新規参入の個人の行政書士はなかなか仕事を得るのが難しい状況にあります。 廃業率9割!そもそも独立で成功すること自体難しい 行政書士会連合会では開業者数と廃業者数を公表しています。 年々 廃業者数の多さが話題に上ります。 「開業3年以内に廃業9割」とも言われ、独立専業で仕事を続けられる人の方が稀なのです。 これ以上は無理と感じたら独立開業にこだわらず、 廃業して傷を残さずリスタートすることが大切です。 行政書士で独立失敗した人におすすめの再就職先 行政書士事務所を目指すならグローバルな事務所 個人事務所をたたんだ後の転職先ですが、まず 経験を活かして行政書士事務所に勤務する 使用人行政書士の道があります。 再就職先の事務所は専門分野にこだわって探しましょう。 需要の高い行政書士の分野は 外国人の雇用関係分野で入管許可や帰化申請を扱います。 中国語や韓国語など外国語ができると再就職の道が大きく開けます。 行政書士資格は副業で活かす手も 行政書士の資格を活かしたいのなら、 副業で行政書士として働く道もあります。 安定した収入を確保しながら、苦労してとった資格を活用できますが、副業を禁止している企業も多く、 兼業の行政書士の登録を制限している行政書士会もあるので入念な下調べが不可欠です。 事務職や一般企業の法務は経験を活かして転職できる 行政書士として働くことを辞めても 一般企業の事務職や法務部で勤務するのもおすすめです。 もともと行政書士の試験を受ける人の中にはキャリアアップやスキルアップのために受験する人も多いのです。 法律の知識を活かして安定した待遇で働くことができます。 再就職したいと思ったらまずは求人をストックしておこう 再就職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。 良い求人に出会えるかどうかは 運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。 あらかじめ 転職サイトに希望条件を登録しておけば、 条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、 良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。 転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。 リクナビNEXT 転職希望者の8割が利用する 求人数No. 1の転職サイト。 希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、 優良求人を見逃すこともありません。 会員登録することで 履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、 作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。 転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。 独立失敗からさらに転がり落ちていかないための転職方法 独立失敗後の転職では 廃業したことが自分のキャリアのマイナスイメージになることは必ず避けたいものです。 そのためには 以前の職場とつながりがある職場を避ける必要性があります。 また廃業後の整理を行いながらの転職活動は大変ですが、すべて片付いてからの職探しでは キャリアにブランクができ、転職に悪影響が出ます。 自分だけでは転職先を探す、情報を仕入れるのには限界があるが、 大手事務所とも取引がある総合型転職エージェントの力をかりて効率よく転職活動をすすめましょう。 転職活動では 独立で失敗したという経歴について必ず採用過程で聞かれます。 転職エージェントの書類や面談の対策段階でコンサルタントからサポートを受け、納得感のある受け答えができるように準備をすることができます。 リクルートエージェント リクルートエージェントは 国内最大規模の総合型転職エージェントです。 非公開求人の数が多く、大手企業や、優良事務所も非公開求人に含まれています。 行政書士をはじめとする士業の転職の実績もあり、登録をすると希望の条件にあう求人を担当のキャリアアドバイザーが紹介してくれます。 面接対策や書類ブラッシュアップなどのフォローも手厚く、一人で転職活動をするより、条件のよい転職先をみつける可能性が高まります。 弁護士・弁理士の転職におすすめの転職エージェント・転職サイト30社を比較してランキング形式で紹介しています。 弁護士・弁理士として年収アップ転職したい人、弁護士・弁理士から異業種転職したい人、未経験で弁護士・弁理士に転職したい人それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。 まとめ 独立したものの経営が軌道にのらず仕方なく廃業する行政書士はたくさんいます。 早めに気持ちを切り替えて転職活動をスタートしましょう。 転職先を見つけるときには次のポイントに注意します。 ・転職して 副業で行政書士の資格を活かす ・ 外国人の雇用関係など需要のある行政書士事務所を選ぶ ・ 企業の一般事務や法務部へ異業種転職する 行政書士のキャリアが有利になる転職先は転職サービスを上手く使って見つけましょう。

次の

行政書士資格は転職に有利なの?資格の活かし方や求人の実態を解説!

東京 行政書士 転職

行政書士登録をして行政書士事務所で 使用者として働く• 行政書士登録はせず行政書士事務所で 補助者として働く• この求人は東京や大阪以外ではほぼないです。 業務内容は、事務作業がメインです。 この場合、雇われるというよりは 独立した行政書士の集まりになります。 ただ、知り合いの予備校講師が「行政書士ほど実務と試験内容がかけ離れているものはない」と言っているように、 合格をしただけではいきなり独立開業して仕事をするのは難しいでしょう 結局のところ 営業力やコネクションが必要になります。 営業の経験もコネクションもないという方は、まず行政書士の開業セミナーや行政書士実務講座を受講されるといいでしょう。 法律知識がある人として、書類作成のスペシャリストとして働くこと。 珍しいケースですが、法務部や総務部などに配属されることもあります。 業務の一環として、行政書士的な業務も行います。 特許事務所や会計事務所、税理士事務所、司法書士事務所で働くという人も少数ながらいるそう。 大きめの会計事務所では行政書士業務も行っているところもあるため、会計事務所の求人をチェックするのもよいかもしれません。 実際、会計事務所、司法書士事務所、税理士事務所の求人では、行政書士有資格者は一般の人に比べて 優遇されやすいです。 行政書士資格取得者は地方上級・国家一般程度の法的知識があるとの保証になるため、資格を持っていない一般の人よりも優遇される傾向があります。 まだまだ受験界の需要はあります。 そこで 予備校で行政書士試験講師として働くという道があります。 大手の予備校であれば、LEC、TAC(Wセミナー)、伊藤塾、大原が有名でしょう。 たまに求人があるので、定期的にチェックすると良いかもしれません。 >>> いきなり講師として多くの生徒前で授業するのは心配という方でも、マンツーマン形式から講師を始められます。 実際自分が行政書士有資格者として就活してみてどうだったか 東京・大阪・名古屋以外では求人が壊滅的にありません。 ちなみに私が住んでいるところは 福岡ですが、 行政書士の資格取得者の向けの求人はありませんでした 東京・大阪には及びませんが、 福岡は全国的には大きな都市です。 ですから、就活を始めた当初は求人はあるだろうと考えていました。 しかし、何ヶ月と求人情報を見ても全く見つかりませんでした。 私が苦労して取った資格は社会的には需要がないのかと落ち込みました。 なんとか見つけるもののハローワーク掲載の求人で1〜2件 その募集内容は行政書士補助者のみ。 補助者は資格がいりません。 行政書士補助者は事務職補助員として働きます。 行政書士補助者は一般の事務と仕事の内容はほとんど変わりません。 行政書士実務研修センター こちらは転職サイトではありませんが、 有益な求人情報を掲載しているサイトです。 行政書士の求人情報は、大手の行政書士事務所・行政書士法人を除けば基本的にハローワークや非公開求人に掲載されることが多いです。 というのも、行政所持事務所の多くは個人事務所であったり中小規模な事務所であることが多いから。 個人事務所や中小規模事務所での求人情報をさがすのであれば、行政書士実務研修センターがおすすめです。 それに最低限の法的知識はあると担保されています。 しかし、自分の知っている業界以外の 就職先を探すのは非常にめんどくさいことでしょう。 探しても探しても見つからない。 また、 意外な業界で行政書士が求められている可能性もあります。 そこで、 転職サイト・転職エージェントサイトに登録すると良いでしょう。 おすすめの求人情報や、ここでしか掲載されない情報があります。 当然ながら行政書士の求人もあります。 転職サイトと転職エージェントの違い 転職サイトと転職エージェントの大きな違いは キャリアアドバイザーがつくか、つかないかが大きな違いです。 無料で登録できる転職サイト これから紹介するものは、簡単な入力で、すべて無料で登録できます。 まず登録をしてみて自分の可能性を発見してみてください。 思っている以上に 求人はゴロゴロとありますし、いろんな業界で法的知識がある人が求められています。 転職サイトのメリット・デメリット 転職サイトは、 気軽に登録でき、 自由に時間を使え、 手軽に転職活動をすることができ、 幅広い求人情報を得ることができます。 転職エージェントと違ってキャリアアドバイザーとのやり取りがないからです。 裏を返せば、 転職活動を全部自分でやる必要があります。 企業とのやりとりや履歴書・職務経歴書・面接対策をすべて自分でやるのはなかなかしんどいでしょう。 登録しているだけで面接確定オファーが来る|MIIDAS(ミーダス)• 登録した日から面接確定オファーがバンバンくる• 面積確定のオファーが企業から来る。 自分で求人を探さなくていい• 職歴・経歴から市場価値わかる• 自分に関心を持っている企業がわかる たったの5分で、優良企業5,500社にあなたの経歴を公開できます。 自分で求人を探さなくていいってのは非常に楽ですね。 あと気になるのが 自分の現在の年齢・能力・職歴で市場が想定する年収がどれくらいあるか 私もやりましたが、500〜600万の市場価値があり、オファーも毎日のようにきました。 学歴も高くなく、社会人経験もそれほど豊富でない私に500〜600万円の市場価値があったのはうれしかったです。 就活・転職活動していると自分だ誰にも求められていないのではないかと卑下してしまいますが、これだけオファーが来て、市場価値が高いと判定されるとうれしいですね。 >>> リクナビNEXT 業界大手のリクナビNEXTの特徴は以下。 あなた5つの強みを選出し、1つ1つ細かく解説してくれる「グッドポイント診断」がすごい• 大手8万件を超える求人があり87%がリクナビ限定• スカウト機能で会社側から直接オファーを受けることができる• 行政書士合格者であれば 「行政書士有資格者」と検索すれば良い案件がヒットしやすいです。 無料会員登録をして求人を探す>>> 転職サイトまとめ• 職歴・経歴から市場価値を把握しできる。 企業から面接オファーがくる「」• 自分の強みを診断できる。 規模の大きい事務所の求人を探す「」 どれも無料で利用できます。 登録だけでもしておいて、気になったものをチェックするのが良いでしょう。 転職エージェントサイト 転職エージェントのメリット・デメリット 転職エージェントは、専用のスタッフが付いた場合、 求人の紹介をしてもらえたり、面接・履歴書作成等の 具体的かつ専門的なアドバイスがもらえます。 ここが大きなメリットですね。 裏を返せば、専用のスタッフが常駐している営業時間に拘束されます。 そしてあなたの過去の職歴・経歴から求人を紹介してもらうため求人の種類・選択肢が狭くなります。 まず、 リクナビエージェントは業界大手なので併用して登録が良いでしょう。 業界実績No1の業界最大大手• 非公開求人十万件• サイトのシステムが優秀で使いやすい• スタッフの質が安定している.

次の

これから行政書士を目指すキャリアアップ・転職をねらう社会人の方へ

東京 行政書士 転職

行政書士とは? 行政書士は、会社や個人からの依頼をもとに官公庁に提出する書類の作成、あるいは申請を代行することが主な仕事内容です。 具体的には会社を設立する際の登記や開業に向けた手続き、内容証明郵便の作成や配送、自動車に関連する書類の作成、相続の手続きなどを行い、行政にまつわる書類のスペシャリストとして活動します。 行政書士という立場にステータスを感じる方は多く、会社に勤めるだけでなく自らが独立・起業できるという点もメリットとなり、法律とは無縁の世界から転職を希望する方は大変多くおられます。 法律が存在する限り世間から必要とされ続ける職業でもあるため、中長期的な未来を予測しても一定の需要をキープ出来ることは確実で、安定性を見込んで転職を希望する方も存在しています。 行政書士として転職するためには、国家資格を取得しなければなりません。 行政書士は難関な資格? 行政書士試験は難関でありますが、法律に関連する弁護士や司法書士の資格試験と比較すれば難易度は大幅に低下し、試験の合格率は例年10%前後を推移しています。 法律系の専門学校に通ったり、大学に在学した経験が無かったとしても受験資格が与えられるため、独学で勉強を重ねて試験に合格する方も多くおられます。 簡単ではありませんが、普段の仕事を継続しながら空いた時間を見計らって行政書士になるための勉強を続け、試験に合格してから転職へと踏み切ることも決して不可能ではありません。 試験に合格するための勉強を教えている予備校もあり、通信教育で必要な知識を学ぶことも可能です。 行政書士という肩書きがあったとしても、ごく一般的な企業と同様に20代までの若手が採用されやすい一方で、30代以降になると一気に採用される確率が下がることも事実です。 行政書士事務所は全国的に見ても少人数で活動する事務所が圧倒的多数を占めており、残念ながら引く手あまたという程ではありません。 未経験でも行政書士への転職は可能? 司法試験等では受験資格が設けられており、そもそも誰もが試験を受けられる仕組みになっていませんが、行政書士試験の場合には誰でも自由に試験を受けることが出来ます。 行政書士への試験には受験資格がない 年齢や学歴とは無関係に転職するための試験にチャレンジすることが出来ますから、今まで法律に関する職業に全く携わったことが無いという方にも門戸が開かれています。 行政書士には専門的な知識が求められるため、誰もが未経験の状態で業界に飛び込んできます。 したがって、転職で面接を受ける際にも経験が問われることはほとんど無く、他業種からの転職組も目立っています。 そのような事情があることから、若ければ若いほど採用される確率が高くなるという側面も見られるのです。 なお、大手行政書士事務所の中には、これから行政書士の資格を取得することを目指す方を対象に「行政書士補助者」を募集し採用していることもあります。 このような仕事に予め就くことが出来れば、報酬を得ながら実践的に行政書士になるための経験を積み重ねることが出来るため、非常に有効かつ効率的です。 行政書士の主な転職先とは 見事試験に合格して行政書士になることが出来たら、まずは行政書士会に登録を行って就職先を探すことになります。 行政書士が活躍する場は多く、行政書士事務所に在籍できることはもちろん、法律系以外の一般企業で採用されることもありますし、どの会社にも所属せずに最初から独立・開業することも可能となっています。 一般企業へ転職する場合 一般企業に転職する場合には、配属先は法務部や総務部に定められることが普通で、会社が取り扱う法律的な文書を作成する業務を行うことになります。 ただし一般企業内では行政書士という肩書きを持って働くことが認められていないため、名目上はいち社員として企業に勤めることになりますが、行政書士資格を持つことで年収アップに繋げることは容易です。 人脈や実績が重要な仕事であることから、資格取得直後に独立することは現実的には難しく、まずは行政書士事務所に勤めてキャリア形成を図ることが基本です。 大手の弁護士事務所等で採用される可能性もありますが、この場合の募集人数は決して多くなく、狭き門になってしまうのが現実でもあります。 行政書士はほぼ毎日法律に関連する知識をフル活用し、難解かつ複雑な書類に目を通したり、書類を作成したりしなければなりません。 一つのミスが命取りになりかねない仕事内容ですから、企業や事務所としては多くのタスクを無難にこなす集中力や処理能力を備えた人物であるか否かという点や、人間的に信頼の置ける人物か否かを重視して採用者を決定する傾向が見られます。 自己PRは、その点を十分に意識した内容に仕上げることが重要です。 志望動機には、そもそもなぜ行政書士の資格を取得しようと考えたのかという点や、なぜその会社や事務所に転職したいと思ったのかという点を中心に記載していきましょう。 法的な知識を持っているということをアピールするだけでなく、「人とコミュニケーションを取ることが好き」だということを伝えることも重要です。 行政書士は社内外で様々な人物と打ち合わせを行う機会が多く、意外にも人とコミュニケーションを取ることが重要な仕事であるため、社交的な人物ほど面接官に好まれます。 行政書士資格はどんな職業への就職・転職に有利か 法務事務所 開業行政書士と同じ業務に従事することが求められる以上、事務処理の速さや正確さといった実務スキル、あるいはそのポテンシャルを備えた人間が望ましいことはいうまでもありません。 もちろん、普通のスタッフとして就職を希望する際にも、行政書士資格は相当有利に働きます。 弁護士事務所 当然ながら弁護士の業務をする訳ではなりませんが、いわゆるパラリーガル(法律事務員)としての勤務になります。 パラリーガルは、弁護士の指示を受けて事件の関係法令や判例を調査したり、契約書や書証といった各種法律文書の作成や校閲などの業務に従事する職業です。 法令や判例に触れる仕事である以上、事件に関係する法令や類似の判例を調査してまとめなおすなど、「法律を扱う能力」にある程度習熟していることが求められます。 行政書士試験は著名判例や条文を相当程度暗記し、理解していなければ合格はできません。 多くの法令や判例に触れるパラリーガルの仕事において、著名判例や条文を暗記し理解していることは、逐一調べる時間を短縮させ、作業効率を底上げするポテンシャルを備えていることを意味します。 また、単に法学部を出ただけではこうした能力を身につけたとは言いがたいのが現状です。 その意味で、行政書士資格を有していることは、普通の法学部卒業生と圧倒的な差が生まれており、パラリーガルとして必要な能力を自分が身につけていることのアピールになるでしょう。 一般企業の法務部 行政書士法上インハウス(企業内)の行政書士は認められていません。 すなわち、行政書士として企業に雇われ、企業内で行政書士としての業務を行うことはできないのです。 そのため行政書士資格を活かして一般企業に勤める際には、資格はあくまで自己アピールや配属希望の補強材料として活かす形になります。 一般企業が直面する法律問題というと、憲法や行政法といった公法系科目より、民法や商法といった民事系科目が中心になります。 行政書士試験でそれら民事系科目に高得点を取ったのであればそれをアピールすることもいいかもしれません。 法務部のある企業であれば、それらをアピールすることで法務部勤務への道が開けるかもしれません。 行政書士の資格を棕櫚して、次に「司法書士」を目指す方がおられますが、これは非常に良い選択です。 司法書士試験の4本の柱は、 「民法」「商法(会社法)」「不動産登記法」「商業登記法」ですが、 「民法」「商法(会社法)」は、 行政書士試験での勉強がそのまま活かせます。 司法書士のメイン業務としての不動産登記法・商業登記法については、 民法・商法(会社法)」の内容を登記手続きに反映させる勉強ですので、 全く新しい勉強ではありません。

次の