アナ カラー デッド ゾーン。 【デッキ】デッドダムド搭載アナカラーデッドゾーン

【デュエルマスターズ】優勝デッキレシピ アナカラーデッドゾーン yuriさん|デネブログ デュエマの速報・環境

アナ カラー デッド ゾーン

最近 ボーンおどり2枚でCS入賞したのあったんですが、あれはあれで受け強そうだなと思いました。 受け特化するなら減らしても良い時代だということは学んだんですが初動に安定感求めるなら8枚ほしいですね。 因みにチェンジザダンテ相手に最速で投げる場合はデッドゾーン+ブラックアウトor除去呪文(魔朗orデーモンハンド)抱えてるとき限定にしないとバイケン+ミラダンテxiiで報復食らいます。 気を付けて打ちましょう。 要はポクチンちんのパワーが3000なんで焼きながら他1体焼けるんですね。 墓地回収がヤバイ。 入れるなら体感3枚以上ほしいカードです。 相手ターン中にドルマゲドンの封印剥がせるのはかなり美味しい。 これ800円って本当に信じられない。 不用意に手札から切らないようにしよう。 閣下で回収できます。 いうことないです。 特にいうことはありません。 レッドゾーンX1 ジョーカーズやジョッキーなどのコマンド無し種族デッキに突き刺さります。 感覚としては赤マナ補充とデッドゾーン5枚目。 追記:デッキ使用者えーじさんはカードショップHEROという店の経営者さんです。 申し込みできます。 この機会に是非。

次の

【2020年 アナカラーデッドダムド】回し方、対策方法が分かる解説記事!

アナ カラー デッド ゾーン

攻撃誘導 このデッキでは事実上の4000バニラ 4000が目当てではオマケ 条件付き3000 条件付きでのが発動 マナドライブ5 水 で確定バウンス マナドライブ6 水 で3ドロー 《ヴェルデ》や《デジルムカデ》をマナから踏み倒し このデッキの回し方 [ ] などのやで体勢を整え、5マナ貯まったらをする。 相手をタップインで縛ったことによる余裕を活かしてでを処理するなりを召喚するなりしてから、あらかじめ立てたあたりでに侵略し、の外しや盤面の処理に努める。 相手の盤面を十分に処理したら、そこからので制圧したり、毎ターンへ侵略し安全に勝ちに行ったりする。 弱点 [ ]• 速いデッキに対してはへの依存度が高くなるため、そちらを徹底的に除去されるのはまずい。 そもそもが間に合わないような、3ターンキルを目指すが苦手。 環境次第ではの採用も考慮したい。 を使うは圧倒的に不利。 でが捲れても、の破壊を選んだ場合はバトルゾーンに大量展開されたが残り、をしても《ドキンダムX》を禁断解放させて6枚の手札を相手に与えてしまう。 そのため、2枚目の《ドキンダムX》を除去できるS・トリガーが捲れるのを祈ってバウンスを選ぶしか勝ち筋がない。 も速度も然ることながら、によるも、の前では無意味なので、不利対面となる。 パワー13000のクリーチャーは全く入っておらず、除去カードも「選ぶ」ものしか入っていないため、にも滅法弱い。 3ターン目にから革命チェンジで出せることから、も間に合わない。 こちらがでを強要しても困らないなどのループ系統も苦手。 盤面と手札を枯らしてもで解決できるも絶対に有利とは言えない。 を出してもこちら側に有用な呪文が無いに等しい 強いて言えばが墓地肥しかマナブーストになる ため、無闇に出すと無駄撃ちになりかねない。 また、++他1体でジャストキルを狙う場合はにも注意。 デッキ内のパワー12000以上のクリーチャーが《VV-8》しか存在しないため、確実に1体止まってしまう。 ここで不味いのはを当てられてしまう事。 《ドギラゴールデン》の「禁断クリーチャーを破壊する」効果に《VV-8》が引っかかってしまうため、マナ送り効果と合わせて3体除去される上、極限ファイナル革命の効果によって盤面が壊滅した状態でエクストラターンを迎えることになりかねない。 他にも、無暗に等でハンデスを放った結果、を落としてしまうと最早目も当てられない。 何より最悪のケースはを禁断爆発させてしまう事。 こうなってしまうと場のクリーチャーにつけられた封印はおろか、《VV-8》の封印を外すこともできなくなり、勝ち筋が遠のいてしまう。 の大きいを多用するので、方式のを6枚以上採用しているようなデッキもキツイ。 その手のクリーチャーはがないものの、1体だけならまだしも連打されると除去し切れないこともある。 やによる除去も苦手であり、それをされるとが復帰困難になる。 侵略を扱うほとんどのデッキに該当するが、の早期を許してしまうとタップイン効果により行動が大きく制限される。 で墓地をリセットしたり、出された場合も慌てず+等で対処しよう。 ただし手撃ちでを使う場合、返しのに注意。 また、の全ハンデス効果で対策札を纏めて落とされないように。 ただ、予め《禁断機関 VV-8》を出しておけば、の枚数と《禁断機関 VV-8》の残り枚数、できるの数によっては、によってエクストラターンをもぎ取ることでを生成することが可能。 あまり早いタイミングで着地されなければケアすることも不可能ではない。 また、上記と同じ理由で、ミラー対面ではを先出しした側が勝負の流れを大きく引き寄せる事となる。 を扱うのでの強さにはムラがあり、今引きでカードも多い。 環境において [ ] 『』においては決勝ラウンド進出者128人中49人が使用し、使用率1位を記録。 ベスト8に4人このデッキの使用者が残った。 最高成績は3位。 また、では《デッドダムド》と《VV-8》の併用率は100%であった。 このデッキに対抗するために多くのプレイヤーが・期になって、天敵であるを使うようになり、そちらのチャンピオンシップ4位以内入賞が目立っていった。 発売から1ヶ月程度が経過するとあまりにが増えたため、ついに2コストマナブーストを9枚も投入した上位入賞構築まで確認された。 その構築においては初動枠を増やして下がったデッキパワーがの3枚投入によって補われていた。 また、《VV-8》をピンポイントで落とすためのも流行した。 代わりに、、、などの能動的な動きに関係しにくい受け札をカットするケースが増えた。 型も数を減らしている。 期には搭載型が目立った。 ところが期にが成立すると、比較的低速でありこのデッキによる除去が刺さる環境が一変し、絶対的な立場ではなくなった。 当の【青赤緑ミッツァイル】は展開力、タイムラグの無さによる除去の強さから、このデッキにとって明確な不利と言える対面であった。 『DMGP-9th』では一度クリーチャーを並べると2度とターンを渡さないデッキが多かったためが腐ることが多く、ベスト8進出を逃した。 むしろ《デッドダムド》の除去能力を腐らせるために、クリーチャーを並べないデッキが流行したのだろう。 『DMGP-9th』では目立っていなかったカードではあったがもキツい。 仮に【ミッツァイル】側がそちらを投入していた場合、頼みの綱となる遅延札であるもそちらでついでのように退かされ、後は流れで2体目以降のでを生成され、ロクな受け札の無いこのデッキがそのまま1ショットキルされてしまうということである。 『DMGP-9th』開催後には、、を投入した型が流行。 は主にをとを展開するために使われる。 ところが【青赤緑ミッツァイル】へのメタカードを増やした結果、代わりにやをカットすることになり、デッキパワーが落ちるという事態に陥った。 期には対策のを投入した型が浸透。 だがこの頃になるとやなどの汎用除去が流行していることもあってそこそこ見かける程度のデッキに落ち着き、4位以内入賞もまばらになった。 ・期にはも入るようになり、すっかり色が強まった。 2020年1月1日にとがし、大幅弱体化。 とはいえ、同時に等不利な相手も消滅したのはせめてもの救い・・・と思いきや新たに登場したやに速さで勝つことができず、中堅クラスから抜け出せずにいた。 しかし、では新戦力となるとが登場。 《リツイーギョ #桜 #満開》はこれまで速度で負かされていたGRに対する強力なメタになり、《大樹王 ギガンディダノス》はとほぼすべてのクリーチャーに対するで、のでを得られにくくなった弱体部分を補えるようになった。 また、《ギガンディダノス》は、が高い上ににされてもによってバトルゾーンにすぐに復帰できる《デッドダムド》と相性がいい。 【ハンデスデッドダムド】 [ ] などに使われるハンデスカードを搭載したコントロール寄りの型。 の枠をに置き替えた構築となっており、速度は遅いが一たび相手を縛れば通常の型以上のロック力を発揮する。

次の

【デュエルマスターズ】優勝デッキレシピ アナカラーデッドゾーン yuriさん|デネブログ デュエマの速報・環境

アナ カラー デッド ゾーン

攻撃誘導 このデッキでは事実上の4000バニラ 4000が目当てではオマケ 条件付き3000 条件付きでのが発動 マナドライブ5 水 で確定バウンス マナドライブ6 水 で3ドロー 《ヴェルデ》や《デジルムカデ》をマナから踏み倒し このデッキの回し方 [ ] などのやで体勢を整え、5マナ貯まったらをする。 相手をタップインで縛ったことによる余裕を活かしてでを処理するなりを召喚するなりしてから、あらかじめ立てたあたりでに侵略し、の外しや盤面の処理に努める。 相手の盤面を十分に処理したら、そこからので制圧したり、毎ターンへ侵略し安全に勝ちに行ったりする。 弱点 [ ]• 速いデッキに対してはへの依存度が高くなるため、そちらを徹底的に除去されるのはまずい。 そもそもが間に合わないような、3ターンキルを目指すが苦手。 環境次第ではの採用も考慮したい。 を使うは圧倒的に不利。 でが捲れても、の破壊を選んだ場合はバトルゾーンに大量展開されたが残り、をしても《ドキンダムX》を禁断解放させて6枚の手札を相手に与えてしまう。 そのため、2枚目の《ドキンダムX》を除去できるS・トリガーが捲れるのを祈ってバウンスを選ぶしか勝ち筋がない。 も速度も然ることながら、によるも、の前では無意味なので、不利対面となる。 パワー13000のクリーチャーは全く入っておらず、除去カードも「選ぶ」ものしか入っていないため、にも滅法弱い。 3ターン目にから革命チェンジで出せることから、も間に合わない。 こちらがでを強要しても困らないなどのループ系統も苦手。 盤面と手札を枯らしてもで解決できるも絶対に有利とは言えない。 を出してもこちら側に有用な呪文が無いに等しい 強いて言えばが墓地肥しかマナブーストになる ため、無闇に出すと無駄撃ちになりかねない。 また、++他1体でジャストキルを狙う場合はにも注意。 デッキ内のパワー12000以上のクリーチャーが《VV-8》しか存在しないため、確実に1体止まってしまう。 ここで不味いのはを当てられてしまう事。 《ドギラゴールデン》の「禁断クリーチャーを破壊する」効果に《VV-8》が引っかかってしまうため、マナ送り効果と合わせて3体除去される上、極限ファイナル革命の効果によって盤面が壊滅した状態でエクストラターンを迎えることになりかねない。 他にも、無暗に等でハンデスを放った結果、を落としてしまうと最早目も当てられない。 何より最悪のケースはを禁断爆発させてしまう事。 こうなってしまうと場のクリーチャーにつけられた封印はおろか、《VV-8》の封印を外すこともできなくなり、勝ち筋が遠のいてしまう。 の大きいを多用するので、方式のを6枚以上採用しているようなデッキもキツイ。 その手のクリーチャーはがないものの、1体だけならまだしも連打されると除去し切れないこともある。 やによる除去も苦手であり、それをされるとが復帰困難になる。 侵略を扱うほとんどのデッキに該当するが、の早期を許してしまうとタップイン効果により行動が大きく制限される。 で墓地をリセットしたり、出された場合も慌てず+等で対処しよう。 ただし手撃ちでを使う場合、返しのに注意。 また、の全ハンデス効果で対策札を纏めて落とされないように。 ただ、予め《禁断機関 VV-8》を出しておけば、の枚数と《禁断機関 VV-8》の残り枚数、できるの数によっては、によってエクストラターンをもぎ取ることでを生成することが可能。 あまり早いタイミングで着地されなければケアすることも不可能ではない。 また、上記と同じ理由で、ミラー対面ではを先出しした側が勝負の流れを大きく引き寄せる事となる。 を扱うのでの強さにはムラがあり、今引きでカードも多い。 環境において [ ] 『』においては決勝ラウンド進出者128人中49人が使用し、使用率1位を記録。 ベスト8に4人このデッキの使用者が残った。 最高成績は3位。 また、では《デッドダムド》と《VV-8》の併用率は100%であった。 このデッキに対抗するために多くのプレイヤーが・期になって、天敵であるを使うようになり、そちらのチャンピオンシップ4位以内入賞が目立っていった。 発売から1ヶ月程度が経過するとあまりにが増えたため、ついに2コストマナブーストを9枚も投入した上位入賞構築まで確認された。 その構築においては初動枠を増やして下がったデッキパワーがの3枚投入によって補われていた。 また、《VV-8》をピンポイントで落とすためのも流行した。 代わりに、、、などの能動的な動きに関係しにくい受け札をカットするケースが増えた。 型も数を減らしている。 期には搭載型が目立った。 ところが期にが成立すると、比較的低速でありこのデッキによる除去が刺さる環境が一変し、絶対的な立場ではなくなった。 当の【青赤緑ミッツァイル】は展開力、タイムラグの無さによる除去の強さから、このデッキにとって明確な不利と言える対面であった。 『DMGP-9th』では一度クリーチャーを並べると2度とターンを渡さないデッキが多かったためが腐ることが多く、ベスト8進出を逃した。 むしろ《デッドダムド》の除去能力を腐らせるために、クリーチャーを並べないデッキが流行したのだろう。 『DMGP-9th』では目立っていなかったカードではあったがもキツい。 仮に【ミッツァイル】側がそちらを投入していた場合、頼みの綱となる遅延札であるもそちらでついでのように退かされ、後は流れで2体目以降のでを生成され、ロクな受け札の無いこのデッキがそのまま1ショットキルされてしまうということである。 『DMGP-9th』開催後には、、を投入した型が流行。 は主にをとを展開するために使われる。 ところが【青赤緑ミッツァイル】へのメタカードを増やした結果、代わりにやをカットすることになり、デッキパワーが落ちるという事態に陥った。 期には対策のを投入した型が浸透。 だがこの頃になるとやなどの汎用除去が流行していることもあってそこそこ見かける程度のデッキに落ち着き、4位以内入賞もまばらになった。 ・期にはも入るようになり、すっかり色が強まった。 2020年1月1日にとがし、大幅弱体化。 とはいえ、同時に等不利な相手も消滅したのはせめてもの救い・・・と思いきや新たに登場したやに速さで勝つことができず、中堅クラスから抜け出せずにいた。 しかし、では新戦力となるとが登場。 《リツイーギョ #桜 #満開》はこれまで速度で負かされていたGRに対する強力なメタになり、《大樹王 ギガンディダノス》はとほぼすべてのクリーチャーに対するで、のでを得られにくくなった弱体部分を補えるようになった。 また、《ギガンディダノス》は、が高い上ににされてもによってバトルゾーンにすぐに復帰できる《デッドダムド》と相性がいい。 【ハンデスデッドダムド】 [ ] などに使われるハンデスカードを搭載したコントロール寄りの型。 の枠をに置き替えた構築となっており、速度は遅いが一たび相手を縛れば通常の型以上のロック力を発揮する。

次の