コロナ 疲弊。 コロナ禍で疲弊するケアラーの姿に見える障害者福祉の「家族依存」(後編)(児玉真美)|大月書店|note

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ 疲弊

働く保護者の子どもを預かるため、全国各地で多くの学童保育所が朝から開所を続けている。 人員不足や感染を広げないかという不安を抱えながら働く指導員(放課後児童支援員)の声が多数のメディアに伝えられ、「学童保育にこれほどスポットがあたったことはこれまでなかった」と多くの指導員が口をそろえる。 その一方で、伝えられてない現場の悩みもある。 指導員を疲弊させる「連日の超過勤務」 「学童保育に注目が集まるのはうれしいことですが、同じような報道ばかりで……。 この機会に学童のことをもっと知ってほしい」と、大阪市内の学童保育所で働く30代指導員Aさんから連絡があったのが3月9日。 学童保育と言っても、ひとくくりにできない地域差がある。 例えば保育料ひとつとっても、1カ月5000円程度のところもあれば、2万円を超えるところもある(最近、進出著しい英語学童や習い事系学童を除く)。 そのほか、設置場所、保育内容、指導員の雇用形態などさまざまな違いがあるが、その大本にあるのが運営形態の差だ。 公設公営、公設民営、民設民営と大きく3つに分けられる。 まずAさんの話を聞こう。 「8時から19時半まで開所しています。 長期休み期間中であれば全体の計画を事前に立て、日案というその日ごとの計画も立てていきますが、今回はいきなり朝からの保育になってしまったので、十分な保育ができないというもどかしさを感じています」。 連日の超過勤務もあってか、声に疲れがにじんでいた。 大阪市学童保育連絡協議会が行った調査によれば、回答のあった46施設のうち、最長勤務時間が11時間を超えた施設が7割近くあり、13時間以上という施設も約1割あった。

次の

【高論卓説】新型コロナで「妄想」伴う鬱病増加 情報過多で疲弊、ネットと距離を

コロナ 疲弊

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 緊急事態宣言の対象が全国に広がって外出自粛が強く求められるなか、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどが営業を続けている。 生活必需品を扱う「社会インフラ」の役目を担っているためだが、現場で働く人たちは新型コロナウイルス感染への恐怖だけでなく、客からのクレームとも向き合う日々が続く。 東京都内にあるファミリーマートの店舗で16日午後、レジカウンターに透明のビニールシートが天井からつるされた。 客と従業員を隔てて飛沫(ひまつ)感染を防ぐ狙いで、本部が費用を出して全店での設置を進めている。 コンビニに限らず、スーパーやドラッグストアでも広がる取り組みだ。 シート以外にも、この店ではさまざまな工夫を重ねてきた。 客と従業員との物理的な距離を保つため、レジ前の足元に荷物を入れるケースをいくつも重ねて置いた。 トイレは原則、使用禁止とし、イートインの椅子も撤去。 会計を一度するたびに、アルコール消毒液で手指を消毒している。 さらに、マスクをしていない客が入ってきたら、しばらく自動ドアを開けっ放しにするという。 店主の男性は「ウイルスは目に見えないし、従業員も守らなくてはいけない。 感染の話を聞くたびに、うちも明日は我が身で本当に怖い」と話す。 ただ、小売店の従業員や店長の感染は全国で起きている。 コンビニ大手3社で計30店ほどのほか、スーパーや百貨店、専門店などでも従業員や店長の感染が確認され、店はそれぞれ一定期間は営業休止となる。 従業員も含めて働けなくなれば、店を続けられなくなるのではないか」と不安をもらす。 奪い合いをする客が殺到し… コンビニより品ぞろえが多く、規模も大きいスーパーは客の対応に追われる。 「毎日毎日お客さんが来て、商….

次の

コロナショックで疲弊する現場を追い詰める「紙・ハンコ文化」その終焉と電子契約社会の到来 「Withコロナ」で変わる国のかたちと新しい日常

コロナ 疲弊

政治家の「ゴミ捨て」巡る提案 小池知事は4月23日の記者会見で、今年のGWを、都民に在宅を呼びかける「STAY HOME週間」と位置づけると発表した。 在宅中の過ごし方については、都による「STAY HOME週間」のポータルサイトを通じて提案するとしたが、そのコンテンツの一つとして、 「家の中を断捨離しようという方もいらっしゃるかと思いますので、片づけコンサルタントのこんまりさんこと近藤麻理恵さんからもご協力をいただいて、『片づけの極意』などを教えていただく」 と「断捨離」を後押しする動画を制作すると発言した。 なお、近藤さん協力の動画は4月30日時点でアップロードされていない。 また、小泉環境相は4月28日の記者会見で、在宅時間の増加により一部地域で家庭ゴミが増え、ゴミの収集・運搬に遅れが生じたり、収集員の感染リスクが高まっていると指摘。 現場で奮闘する収集員への感謝を伝えるため、ゴミ袋に感謝や激励のメッセージを書いてSNSで発信して欲しいと呼びかけた。 清掃工場は「隠れた3密、クラスターの温床」 政治家たちが「ゴミ捨て」に関するポジティブなメッセージを発信する一方で、J-CASTニュースの読者投稿フォームには清掃工場で働く職員を名乗るユーザーから、悲痛な声が寄せられている。 小泉環境相も言及した家庭ゴミの増加が、現場にしわ寄せとなっていることをうかがわせるものだ。 都内在住で、とある市の清掃工場で働くという男性は、緊急事態宣言の発令を受けて粗大ゴミの持ち込みが「例年の2倍」になったと話す。 粗大ゴミを持ち込むのは主に「家族連れ」「シニア」「サラリーマン」だといい、「行くところがない在宅難民が、家の片付けを暇つぶしとして行っている。 その粗大ゴミを、連日渋滞を作りながら持ち込んでいる」と語る。 労働環境も劣悪で、「フェイスガードも無く、ソーシャルディスタンスも取れず、マスクの支給もない中、丸腰で市民対応をさせられています。 隠れた3密、クラスターの温床です」と危機感を露わにする。 小池都知事が「断捨離」の動画を制作するとしたことには、 「今でも疲弊している現場に対して、さらに自粛をしないで、ステイホームせずに粗大ゴミを捨てることを助長するような動きは、(労働環境の改善から)全く逆行するものです」 と憤りを隠さない(メールは24日で、内容は当時のもの。 以下同)。 また、地方都市の清掃工場で働くという男性は「『暇を持て余しやることないから片付けた』と言って、ゴミを持ち込む人が急増しています」と嘆く。 その多くは「緊急性のないもの」で、「分別ルールも守られず窓口での対応も一苦労」と話す。 ゴミを持ち込む人の中には「マスクをしない高齢者」も多いといい、 「要領を得ず大声でのやり取りに疲れます。 もう少し外出自粛の意味を分かってほしいです。 万が一施設で発症すれば、収集停止にもなりかねません」 と警鐘を鳴らした(メールは20日)。 <J-CASTニュースでは、新型コロナウイルス流行に伴い、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」といった声を受け付けています。 からご連絡ください>.

次の