生理 前 お腹 チクチク。 お腹がチクチク痛むのはどんなことが原因?

生理前に子宮が痛い?チクチクする痛みの原因と対処法は?

生理 前 お腹 チクチク

生理予定日の1週間ほど前になると、だるさや眠気など、様々な 体調不良に悩まされる女性は多いでしょう。 「なんとなく気になるかな?」という程度の方もいれば、「薬を飲まないと耐えられない」という方もいますから、症状の種類や重さも人それぞれです。 女性にとって悩みのタネである 「生理前の不快な症状」ですが、その中でも特に注目をして頂きたいのが 「下腹部痛」です。 しかし、生理前の下腹部痛は 他の病気や症状のサインの場合もありますので注意をしなければなりません。 今回は 「生理1週間前の下腹部痛」について詳しく説明をしますので、下腹部痛に悩まされている方は1度確認をしてみて下さい。 生理前の下腹部痛は何が原因? 生理の1週間ほど前から「チクチク」と下腹部が痛むのは、一体何が原因なのでしょうか? 生理前の下腹部痛は 「PMS(月経前症候群)」の症状の1つであると言われています。 PMSとは、生理前に女性ホルモンが乱れることによって引き起こされる様々な不調のことを指します。 女性ホルモンには、 ・プロゲステロン(黄体ホルモン) ・エストロゲン(卵胞ホルモン) の2種類がありますが、排卵期から生理前のタイミングでこの2つのホルモンが入れ替わります。 その時にホルモンのバランスが大きく崩れてしまうと、下腹部痛などの不調が出てしまうのです。 また、生理時に血液の排出を促すホルモンに 「プロスタグランジン」があります。 このホルモンは子宮を収縮させる作用があり、分泌される時に子宮へ痛みが出る場合がります。 生理の2日ほど前からこのホルモンは分泌されるので、生理前の下腹部痛の原因となることもあるのです。 スポンサーリンク 超妊娠初期症状で下腹部痛が起こる? 生理の1週間ほど前から起こる下腹部痛は、 「超妊娠初期症状」の可能性もあります。 超妊娠初期症状とは、妊娠の超初期つまり着床した辺りの期間にでる症状のことを指します。 この時期の下腹部痛は、基礎体温が高温期に入った1週間後あたりから症状を訴える人が多いです。 ちょうど生理1週間前の時期と重なるため、PMSの症状と区別が付きにくいのです。 「生理前の下腹部痛は初めて」 「おりものがいつもと違う」 「不正出血があった」 という方は、超妊娠初期症状の可能性も考えられますので、早めに産婦人科で相談をしてみましょう。 その他の病気の可能性も 下腹部が痛む原因は、生理前や妊娠初期症状ではなく 「婦人科系の病気のサイン」の可能性もあります。 下腹部痛が起こると考えられる病気には以下のものがあげられます。 ・子宮筋腫 ・子宮頸癌 ・子宮体癌 ・卵巣嚢腫 生理が終わっても痛みが消えず、妊娠の可能性もない場合は「もしも」のことを考えて、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。 生理前の下腹部痛の対処法とは PMSによる下腹部痛だった場合、生理のたびに痛みを耐えなければならないのはツライですよね。 生理前の下腹部痛の対処法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 「冷え」は女性の大敵であり、PMSの促進以外にも様々な不調の原因となります。 ・冷たい飲み物を避け、常温か温かいものを飲む ・冬場はカイロを利用する ・しょうがやかぼちゃ、アーモンドなど血行を促進する効果がある食べ物の摂取 これらの方法は冷えの改善に有効ですので、生理前だけでなく日頃から注意しておくと良いでしょう。 ホルモンバランスを整えるには下記の方法があります。 ・ストレスを溜めない ・規則正しい生活を送る ・バランスの取れた食事を取る 過度なストレスや生活リズムの乱れは、ホルモンバランスの乱れに繋がります。 軽い運動の継続や没頭できる趣味を見つけるなどをして、適度にストレスを発散させましょう。 また、質のいい睡眠とバランスの取れた食事を3食しっかりと取ることも大切です。 睡眠はまとめてたくさん取るのではなく、毎日決まった時間に寝ることが質を高めるコツと言えます。 その他、PMSの改善方法を紹介した動画もありますので、こちらも参考にしてみて下さい。

次の

いつもの生理前と決定的に違った妊娠の症状は?File.2

生理 前 お腹 チクチク

なぜ生理前の下痢は起こる? 生理前になると決まって下痢になってしまうのは、何が原因なのでしょうか。 下痢を引き起こす原因にはさまざまなことがありますが、一番の原因としては女性ホルモンの影響が考えられるでしょう。 女性ホルモンにはいろんな種類がありますが、生理に関係しているのは大きく分けると2種類あります。 ひとつは卵胞ホルモン、もうひとつは黄体ホルモンです。 それぞれの働きを詳しく見ていきましょう。 卵胞ホルモンの役割を知っておく 思春期になると女性らしい体つきに変化し、初潮を迎えるのは女性ホルモンが働き始めるからです。 女性ホルモンのひとつ、卵胞ホルモンは排卵を促すための働きをしています。 生理が終わってから卵胞ホルモンの分泌が増え、育てた卵子が排卵されるまでの期間、活発になるのが特徴です。 卵胞ホルモンはエストロゲンとも称され、身体にさまざまな働きを促します。 子宮の活動を活発にしたり、新陳代謝を活発にしたりして気分も明るくさせるため、美人にさせるホルモンと呼ばれているのです。 黄体ホルモンの役割を知っておく 黄体ホルモンは、受精卵を育てるための働きをしています。 卵子が排卵された後から分泌が増え、卵子が受精し着床するまでの期間、活発になるのが特徴です。 黄体ホルモンはプロゲステロンとも称され、身体にさまざまな働きを促します。 受精や着床しやすいように豊富な栄養を蓄えるため、新陳代謝が鈍くなりむくみやすく食欲も増えてしまいます。 気持ちが落ち込んだりイライラしたりと不安定になるため、ブスにさせるホルモンとも呼ばれているのです。 生理前に分泌されるホルモンで下痢に 生理前になると下痢になるのは、この時期に分泌されている女性ホルモンの影響を受けているからです。 この時期に分泌されるホルモンは、黄体ホルモンでプロゲステロンとも称されます。 黄体ホルモンの働きにより下痢が引き起こされるまでの過程には2つの種類があります。 ひとつは便秘を経てから下痢になるケースと、最初から下痢になるケースです。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 便秘から下痢になるケース 生理前になると下痢になるという方の場合、便秘を経てから下痢になるケースがほとんどです。 なぜなら、黄体ホルモンの分泌が活発になると便秘になる確率が高くなるからです。 黄体ホルモンは、受精した卵子を着床させ育てるために分泌されていますが、これは妊娠超初期の体勢を整えているということでもあるのです。 着床した卵子が流れてしまわないよう、子宮周辺の活動を抑える必要が出てくるため、どうしても子宮に近い腸の動きも鈍くなってしまうのです。 このことから、生理前になると便秘になり始め、生理直前になると下痢になってしまうケースが多くなります。 慢性的な便秘が続くと、身体が強制的に便を排出しようと働き、下痢を引き起こしてしまうため、便秘から下痢へと移行していくのです。 最初から下痢のケース 生理前になると、下痢を引き起こしてしまう方の多くが便秘を経て下痢になりますが、中には最初から下痢になる方もいらっしゃいます。 生理前になると最初から下痢になる方の場合、慢性的な冷え性が関係していると言えるでしょう。 普段から慢性的に身体が冷えていると、血流が滞って新陳代謝が低下し、内臓を冷やして腸の働きも鈍くさせてしまいます。 生理前になると黄体ホルモンの働きでさらに新陳代謝が低下し、血流も滞りやすくなるので下痢が引き起こされやすくなってしまうのです。 快便になるケース 生理前になると便秘や下痢で悩む方が多くなりますが、中には生理前になると快便になるという方もいらっしゃいます。 どちらかというと、生理直前に快便になる傾向が多く、不要になった子宮内膜の組織と共にデトックスが始まっていることが関係していると言えるでしょう。 生理は、着床した受精卵を育てるために用意されたさまざまな組織を身体の外に排出する作用のことです。 不要なものを外に出すという作用が、腸内にたまった便を排出するという部分にも働きかけてきます。 黄体ホルモンが活発な時期は、栄養や水分を身体に蓄積させようとする働きが強まるため、飽和状態になりますが、生理によりデトックスをしてリセットされるのが通常です。 普段便秘になりやすい方や便が細い方ほど、生理前になると快便になるのはこのためだと言えます。 生理前のストレスによる下痢 生理前になると下痢になる方の中には、強いストレスを受けて下痢になる方もいらっしゃいます。 生理前になると、さまざまな身体の不調が現れ気持ちも不安定になってしまいますから、普段よりもストレスを感じやすくなってしまうのです。 ひどく落ち込んでしまったり、怒りっぽくなったりすると、気持ちだけでなく身体にも大きな影響を及ぼします。 ストレスを強く感じると、自律神経の働きを乱してしまうため、腸の動きも不規則になってしまいます。 そのため、生理前のさまざまなストレスが下痢を引き起こしてしまうのです。 病気の可能性も考えられる 毎月生理前に下痢の症状があるとつい放置してしまいますが、酷い腹痛を伴ったり下痢が生理後まで継続するような場合は子宮内膜症などの病気の可能性があるので、病院での検査をおススメします。 子宮内膜症は子宮以外の場所に血液の塊ができてしまう病気ですが、子宮内膜が増えた結果子宮自体が大きくなり、周囲の器官を圧迫するようになります。 通常ならば排卵後から生理直前までにこのような症状が起こりますが、病気の場合は長期に渡って圧迫しますから、下痢も続くようになるのです。 ま た、腸だけでなく膀胱も圧迫されるので、頻尿や排尿痛があった場合も病気の可能性を考えた方がよいでしょう。 生理前の下痢は年齢による違いも 毎月の生理前の下痢に悩まされるようなケースは、年齢によって違いが出る傾向にあります。 生理前の下痢の原因は黄体ホルモンの分泌量増が挙げられますが、初潮から20代前半までは卵巣機能が充分に成熟していない事もあってかホルモンバランスが崩れやすいので、それが身体的症状となって現れてくるのです。 また、勉学や友人関係などのストレスにも敏感に体が反応してしまい、それが便秘や下痢につながります。 卵巣機能が成熟する20代後半・30代になると、下痢などの月経症候群に悩まされる事も少なくなりますが、会社でのストレスや生活習慣の乱れ・ダイエット・喫煙・飲酒などでホルモンバランスが崩れてしまい、生理前の下痢が続いたり悪化したりする結果となってしまうのです。 生理前の体調不調について 生理前になると下痢だけでなくさまざまな身体の不調が現れてきます。 これらの不調は、「月経前症候群」と呼ばれ、多くの女性が体験しています。 月経前症候群にはさまざまな症状がありますが、下痢だけでなく便秘や腹痛、吐き気や食欲増加、気分の乱れなども含まれており、人によって異なる症状が現れることもあります。 月経前症候群を引き起こすのは、女性ホルモンの影響が関係していると言われており、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが切り替わるときの差が影響していると考えられています。 その他にもストレスや生活習慣などいろんな要因が重なり、月経前症候群を引き起こしているのです。 生理中も続く下痢 生理前になると下痢になる方の中には、生理が始まっても下痢が続く場合もあります。 生理が始まってからの方が、下痢がひどくなる場合は、別の原因が関係していると考えられるでしょう。 生理中は、不要になった子宮内膜の組織と経血が外に排出されますが、その働きをコントロールしているのが「プロスタグランジン」です。 プロスタグランジンはどのような作用を引き起こすのか、具体的にみていきましょう。 プロスタグランジンが影響している 生理前から生理中にかけて下痢が続く場合、プロスタグランジンが影響している可能性が高いと言えます。 プロスタグランジンは、生理中に活発に分泌される物質で、主に子宮周辺の筋肉を収縮させる働きを担っています。 子宮周辺の筋肉を収縮させることで、子宮内部にある不要な組織や経血を外に押し出す働きがあるため、生理中には必要な物質なのです。 しかし、子宮周辺の筋肉が活発に収縮し始めると周辺の内臓も影響されるため、近くにある腸も活発になります。 腸の蠕動運動が活発になりすぎると、下痢が引き起こされてしまうため、生理中になっても下痢が続いてしまうのです。 どちらかというと生理中の方が、下痢症状がひどくなるという方は、プロスタグランジンの可能性を考えるべきでしょう。 吐き気や腹痛の原因にも 生理前から生理中にかけて下痢が続く場合、プロスタグランジンの影響が関係していると考えられますが、この物質は他の作用も引き起こします。 下痢に伴い、腹痛や吐き気も出ている場合は、プロスタグランジンの分泌が活発になりすぎている可能性が高いでしょう。 プロスタグランジンはさまざまな不調を身体に起こすため、下痢だけでなく腹痛や吐き気、頭痛や食欲不振なども招きます。 プロスタグランジンの分泌が活発になると、これらの症状がひどくなり日常生活に支障をきたす恐れもあるので注意が必要です。 では、具体的にプロスタグランジンの分泌はどのように抑えることができるのでしょうか。 プロスタグランジンの分泌を抑えるには 生理前や生理中に下痢だけでなく腹痛や吐き気も伴う場合は、プロスタグランジンの分泌が活発になりすぎている場合があります。 分泌を抑えるためには、まず身体を冷やさないようにすることが大切です。 身体が冷えてしまうと血流が滞り筋肉の動きも鈍くなってしまいます。 筋肉の動きが鈍くなると子宮周辺の収縮率が下がってしまうため、不要な組織や経血を外に排出しにくくなってしまうでしょう。 そのような状態になると、子宮周辺の筋肉を積極的に収縮させるプロスタグランジンがたくさん分泌されるようになります。 硬くなった筋肉を無理やり働かせて子宮の出口を広げようとするため、吐き気や腹痛を引き起こしてしまうのです。 プロスタグランジンの分泌を抑えるためには、血行を促進させ筋肉が硬くなるのを防ぐ必要があります。 お腹周りにカイロをあてたり、お風呂でしっかり温めたりすることで、下痢を含めた不調を改善していくようにしましょう。 生理前の下痢には食べ物に注意 毎月のように生理前や生理中に下痢が続く場合、普段の食生活を改善する必要があるかもしれません。 身体に負担がかかる食べ物を多く食べていると、下痢を引き起こしてしまうことがあるからです。 例えば、脂っぽい食事や甘い食べ物を好んで食べていると、血液がドロドロになり血流が滞ってしまいますので、生理前はあっさりとした味付けの物を選び、甘い食べ物は控えるようにしましょう。 また、カフェインをたくさん摂りすぎるとホルモンバランスを乱し、下痢がひどくなる可能性があります。 コーヒーを1日に何杯も飲む方や、緑茶や紅茶が大好きという方は、生理前から生理中にかけてはできるだけ控えるようにしましょう。 また、栄養ドリンクやコーラなどにもカフェインは含まれています。 そば茶やハーブティー、甜茶などにはカフェインが含まれていないので、成分表示を確認しできるだけカフェインゼロのものを選ぶようにしましょう。 下痢に効く食べ物 生理前に下痢になりやすいという方は、下痢に効く食べ物を取り入れてみてはいかがでしょうか。 アジやサバなどの小魚や、マグロなど積極的に摂取すると良いでしょう。 また、プロスタグランジンの分泌を活発に冴える肉類や卵類、乳製品類などは控えるようにしてください。 和食中心のメニューに切り替えていけば、辛い下痢を和らげることができるでしょう。 下痢に効く薬 生理前に下痢になりやすいという方は、下痢に効く薬を服用するのもオススメです。 通常の下痢止めではなく、生理用の鎮痛剤を使用すると良いでしょう。 薬剤師や医師に処方してもらいましょう。 生理用の鎮痛剤には、プロスタグランジンの分泌を抑制させる効果があるため、腸の動きが活発になって下痢になることを防いでくれます。 下痢などの不調が出はじめたらすぐに服用することがポイントです。 ある程度プロスタグランジンが分泌されてしまうと、鎮痛剤が効かなくなってしまうので、早めに服用するようにしましょう。 妊娠の可能性はあるのか? 生理前になると下痢になる方の中には、妊娠をしている可能性がある場合もあります。 妊娠の初期症状として、下痢になる妊婦の方もいらっしゃいますので注意が必要です。 いつもとは違う生理前の状態だと感じたら、下痢止めや鎮痛剤を服用するのは避けましょう。 基礎体温を測っていれば、妊娠していると高温期が継続されるため妊娠しているかどうかを確認しやすくなります。 生理予定日を過ぎても高温期が続くようなら、妊娠検査薬でまずは調べてみると良いでしょう。 まとめ 生理前の下痢についてさまざまな情報をご紹介しました。 下痢を引き起こす原因にはいろんなことがあるため、ひとつひとつ探り、対処していくことが大切です。 普段の食生活が下痢に結びついていることもあるので、もう一度見直してみるようにしましょう。 生理前の下痢は、適切に対処することで和らげることが可能です。 ひとつひとつ改善し対処することで、生理前の辛い下痢から1日も早く解放されましょう。

次の

「もしかして妊娠?」妊娠超初期にチクチク腹痛があるのホント?

生理 前 お腹 チクチク

生理のときにお腹が痛くなる人は多いですが、生理前に痛みを感じることがある。 それもなんだかチクチクした感覚。 もしかすると、それは妊娠超初期なのかもしれません。 どうして妊娠初期にチクチクとした痛みを感じるのでしょうか?• 生理の痛みとはどう違うのでしょうか? 今回は生理前のいつもと違う感覚と、妊娠超初期の可能性について見ていきたいと思います。 妊娠超初期とお腹の痛みの関係 生理前のチクチクとした感覚は、妊娠超初期の可能性があると冒頭で書きましたが、どうして妊娠した場合には痛みが起こるのでしょうか。 それは、生理のときとは違う現象が体の中で起こっているからです。 生理のときの痛みは、全体的にもやっとしている方が多いといいます。 体全体がすっきりしない感じともいえるでしょう。 もやっとしていて鈍い痛み。 毎月経験する方も多いのではないでしょうか。 一方、妊娠超初期では、体が子宮内膜を厚くしようとして子宮が膨張させます。 そのため、子宮の周りにある靭帯(じんたい)が引っ張られるため、今回のテーマのように「お腹にチクチクとした感覚がする」という訳なのです。 痛みの違いが分かっていただけたでしょうか? 妊娠超初期の見分け方は? 妊娠超初期の症状は、生理前と似ていて少し見分けづらいです。 まず、強い眠気やだるい感じ、倦怠感。 また、おなかの調子が悪くなったりもします。 おなかをくだしてしまったり、もしくは便秘気味になったり。 一番わかりやすいのは、基礎体温の変化です。 基礎体温と、その変化 基礎体温とは、妊娠を望む女性がつける、毎日の体温の記録です。 これをつけると、おおまかな排卵日が予測できるようになります。 排卵日近くに性交をすることが妊娠の可能性をあげるからです。 毎朝、目覚めた直後に婦人用体温計という専用の体温計で、体温を測ります。 この体温を毎日記録しておくのです。 女性には、高温期という体温が高めの時期と、低温期という体温が低めの時期があります。 低温期になる頃、生理がはじまり、高温期になる頃、排卵がはじまります。 この基礎体温を記録していると、体温の変化が目で見えますよね。 普通ならば、生理がはじまる頃は低温期になる、つまり体温が下がるのですが、妊娠超初期である場合は基礎体温がさがりません。 これにより見分ける方法です。 そのほかの兆候 基礎体温に比べればはっきりとわかるわけではありませんが、このような兆候もみられます。 普段と痛みがなんだか違う• おりものの様子が普段と違う• 不正出血がある 不正出血がどうしておこるかというと、受精卵の着床により出血することもあるためです。 受精卵が着床するときに、子宮内膜を傷つけてしまったとき、不正出血となります。 生理痛だったら? 早めの生理痛であった場合、心配することはありません。 生理にともなう腹痛は、多少なりとも感じる方が多いからです。 でも、あまりにひどい場合は我慢しないようにしましょう。 痛みをストレスや負担に感じたりすること以外にも、婦人科系の病気により痛みを起こしている場合もあるからです。 婦人科系の病気は、早期発見がとても大切。 放っておくと、将来の不妊に繋がることもあるからです。 一度婦人科にかかりましょう。 また、特に異常がない場合も薬を処方するなど、お医者さんに改善策を教えてもらえるでしょう。 痛みを軽減する方法は? おなかの痛みを軽減する方法は、基本的なことですが、生活習慣を見直すことです。 特にこのようなことに気を付けると良いでしょう。 体を冷やさないようにする 冷えは女性の大敵ですよね。 冷えると血のめぐりが悪くなり、生理の痛みも強くなってしまうことがあります。 冷たいドリンクやアイスは取りすぎないようにして、あたたかい飲み物を中心にしましょう。 また特に冷えがひどい方は、腹巻きをするなど、冷えから守る対策を服からもすると良いでしょう。 お風呂にも毎日しっかり浸かるようにしましょう。 体を温める効果のある入浴剤を入れると、普段より温まることができますし、リラックスできたり楽しい気持ちになれたりするでしょう。 ホルモンバランスを整える 生理の状態は、女性ホルモンが大きくかかわっています。 なのでホルモンバランスを正常にたもつことはとても大切です。 ホルモンバランスが崩れると、痛みが強くなるだけではなく、生理がとまってしまったりということもありえます。 基本的なことですが、バランスの良い食事を三食食べましょう。 同じものばかり食べる、食事を抜くなど、過剰なダイエットも止めておきましょう。 しっかり眠ることも大切です。 睡眠不足は大敵です。 また、ストレスをためないようにしましょう。 現代の女性は、常にストレスにさらされているといっても過言ではありません。 ストレスのない生活はなかなか難しいでしょうから、ストレスを感じてしまったら、きちんと発散させましょう。 好きなことをしたり、お友達とおしゃべりしたり、少し体を動かしたり……。 自分に合った方法を見つけて、ときには楽しいことをして発散させるのが必要です。 下腹部のチクチクした感覚が気になってしまうのは、妊娠を意識しているときである方もいるでしょう。 赤ちゃんを望む場合もやはり、自分が健康でなければなりません。 普段の生活からホルモンバランスを崩さないように、心がけられたらいいですね。 少々見分けづらい下腹部のチクチク 下腹部のチクチクは妊娠初期の可能性がありますが、少し見分けづらいですよね。 でも普段から生理前の状態をしっかり把握していたり、おりものの様子を観察していたりすると、気付きやすいでしょう。 自分の体としっかり向き合い、見つめてあげることが大切ですね。

次の