両家 顔合わせ 兄弟。 顔合わせ食事会の席次、誰がどこに座るかをパターン別に紹介

兄弟はどこまで参加する?結納に参加する親族の範囲とは

両家 顔合わせ 兄弟

御主人の方がお義兄さんより収入が良いとか、容姿が良いとか、お姑さんが気に入っているとか何かしらの理由があるのでは? お義兄さんにとっては本来自分が主役のはずなのに、結婚相手の親族の前で嫌な思いをする可能性が高いと思っているのではないでしょうか。 お姑さんがおしゃべりな人なら、お義兄さんを差し置いて御主人を褒めてしまうとかかもしれませんね。 これまでそういう経験をして来ているので、せめて自分の結婚の顔合わせくらいはそういう思いをしたくないとかでしょうか。 お姑さんに内緒にしたいという事はお姑さんに関係がある気がしますよ。 お義兄さんの結婚相手とはこれまでほとんど関りがないなら、彼女ではなくお義兄さんの事情のように思います。 ただ、お姑さんに内緒は無理でしょうね。 あなた方から欠席を申し入れるとしたら、来てほしくないと言われたから欠席すると言わないと、不義理をする事になってしまいます。 人数が合わないから遠慮して欲しいと言われたとお姑さんには伝えておいた方が良いですよ。 それでお義兄さんに恨まれたとしても、お義兄さんよりはお姑さんとの関係の方が大事ですから仕方ないです。 ご主人は何人兄弟? 5人とか6人で、お相手が1人っこだったら、バランスが悪いかな?とは思うけど、それなら親を説得して、両親と本人達だけにすれば良いのに。 欠席するなんて言ったら、お姑さんが黙ってるわけないよね。 どんな理由をつけても、納得はしないだろうし、無理ですよ。 相手に気を遣わせるといっても、家族構成はわかっているのだろうし、今更ですよね。 やはり、義兄に連絡して、欠席は了承するが、お姑さんにはそのまま経緯を話すと伝える…ですかね。 もちろん、ご主人からね。 もしかして、顔合わせの費用は両家で折半だったりして? それなら相手に迷惑を掛けるというのも納得出来るけど…。 そうだとしても、親と負担割合について相談すれば済む話だし、やはり意味不明。 うちは、娘の結婚の時の顔合わせは、両親と本人のみで、費用は本人達が折半しています。 人数も同じだしね。 参考にはならないけど、一応。 断って欲しい 黙ってて欲しいの 理由には 当てはまらないから 何か プラスなのかマイナスなのか わからないけど 義兄にコンプレックスに感じていることが あるんだろうね 義兄に それは 受け入れられないし 姑には話すよ 行かないという判断は 構わないけど 理由は 義兄に来ないでと 言われたからです と 言っとかないと これからのこともあるし 結婚式も 来ないけど ご祝儀だけは 10万で とか なりそうだね 旦那さんが 出世頭で 羨ましくて そうなのか 高卒だったりとか 学歴に 勝手に何か感じてるのか 子供が 聞き分け無さすぎて どう言っても 騒いじゃった 過去の経験があり 現在進行形なのか 顔合わせにかかる費用 全て義兄持ちで 今までも 兄だからとか 跡取りだからと 金銭面 丸被せ だったりとか なんか あんでしょ 素直に おめでとうだし 顔合わせに でるでないは そちらで 決めていいけど 失礼が これからも 無いように 理由は共有させてよ で ええやん.

次の

両家顔合わせの家族範囲について

両家 顔合わせ 兄弟

結婚前の親同士の顔合わせには兄弟も行くの? 親同士の顔合わせの食事会といえば、結婚する当人同士と両家の両親が出席するものというイメージが大きいですよね。 兄弟などがいる場合は相手の家から「兄弟も一緒にいかがですか?」とお声がけされたり、「せっかくなので家族で顔合わせをしましょう」と考える場合もあるのではないでしょうか。 実際には両親だけではなく兄弟もいる場合は兄弟も出席するものなのでしょうか? 一般的には親同士の顔合わせの席なので、 結婚する本人達と双方の親の六人で行うのが人数的にもバランスが崩れる事がないのでベストです。 しかし、どちらかの親御さんが出席できない場合など、兄弟が出席する場合などもあるようです。 それ以外でも顔合わせを 「家族同士の顔合わせの場」として捉える場合は兄弟も出席するケースもあります。 我が家の場合がそうでした。 「双方の家族で出席しましょう」という話し合いの元で兄弟も出席しました。 結納をいう形をとらず、結納兼顔合わせだったということもあったかもしれませんが、、、。 ですので、 「兄弟が出席したからおかしい」とか、「出席しないのは失礼にあたるのでは?」と心配する事はないです。 双方話し合いのもと「出席しましょう!」という事であれば、出席すればいいですし、呼ばれたけれど出席できない場合は、出席できない理由をキチンと話し、「今回は残念ですが出席できません」という事を事前に説明しておけば失礼にはならないでしょう。 両家顔合わせに兄弟が出席するのはちょっと違うかも、、、でも、兄弟も紹介する場があったほうがいいよね、、、という場合は、兄弟の顔合わせは別に席を設けてするという方法もあります。 とくに事前に紹介をしないといけないということもないですので、式当日に親族紹介などがある場合はそのときに紹介するとよいでしょう。 スポンサードリンク 結婚前の親同士の顔合わせ場所はどうする? 両家の顔合わせはどちらかの家で行う事もあります。 どちらかの家で行うのであれば、 彼女の自宅へ彼と彼の両親が伺うのが一般的です。 (婿入りされるのであれば逆になります) しかし、「家で食事の用意をするのは大変だから」と言う事でどちらかの自宅へ伺うのではなく、 料亭やレストランなどで行う場合も多いです。 どちらかの負担になるよりは、別の場所で席を儲けて行うほうがいいでしょう。 じゃあ どこがいいの? と結構迷う事が多いですよね。 大衆的なことろは避け、個室がありゆっくりと話しができるところがいいでしょう。 こちらのサイトからも検索できます。 探してみてくださいね。 地理的な場所に関しては、ご両親の住んでいる場所が遠方であれば、中間点をとるなど、お互いの負担が少ないように考慮してみましょう。 遠くてなかなか会う機会を作れないなどの場合は、結婚式での食事の打ち合わせなどで試食会などがある場合は、そのときに便乗して顔合わせを行うのも手です。 遠方であればあるほど打ち合わせの回数は少ない方が負担が少なく済むので、効率よく進めるようにしてみましょう 結婚前の親同士の顔合わせ 支払いは誰がするの? 両家の顔合わせは招いた側がお支払いをするのが一般的です。 自宅で行うのであれば、とくに折半などではなく、彼女側が料理等を用意しておき、彼側は手みやげを持って伺うのがいいでしょう。 料亭やレストランで行う場合は、顔合わせは結婚する本人達が両親達をお招きして自分たちの両親を紹介し合うというものなので、 「彼が払う」か、「結婚する二人で折半して支払う」のが基本です。 しかし、両家の顔合わせということで、 両家の親が折半して支払う場合もあります。 前もって打ち合わせをしておかないと、支払いの時に誰が支払うかで揉める場合もあり、金銭的な事で揉めるのは見ていてスマートではありませんよね。 事前に「自分たちで支払う事」をしっかりと伝えるなり、親が支払ってくれるのであれば「折半にするのでいくらかかります」というのをしっかりと伝え、彼が前もって両家分用意しておき、彼がお開き前にそっと支払いを済ませて、彼女の家の分はあとで請求するなどするといいでしょう。 まとめ 両家の顔合わせには兄弟も顔合わせには出席する場合もあります。 出席できない場合でもしっかりとした理由があれば欠席でも失礼にはあたりません。 両家の顔合わせなので、どちらかの負担になるよりは別の場所で席を儲けて行うほうがいいでしょう。 支払いは両家で折半が一般的。 彼がさっと支払いを済ませましょう! こちらも参考にどうぞ~.

次の

兄弟はどこまで参加する?結納に参加する親族の範囲とは

両家 顔合わせ 兄弟

結婚が決まり、親への挨拶を済ませたふたり。 次は両家の食事会! 両親だけでなく、仲の良い兄弟姉妹にも参加してほしい、と望むカップルもいると思います。 でもそもそも顔合わせ食事会に、両親以外の参加者がいても大丈夫なのかしら?そんな素朴な疑問にお答えします! 顔合わせ食事会の決まりって? の場合は、新郎新婦と両親、と参加する人が決まっていますが、顔合わせ食事会の場合は、特になにも取り決めがないのが正直なところ。 親以外の家族が参加してもまったく問題はありません。 ただし、どこからどこまでの範囲でお招きするか、両家の家族構成は異なりますから、よく相談することが大切です。 どんな顔ぶれならふさわしい? 兄弟姉妹 新郎新婦に兄弟姉妹がいて、都合がつく場合には、ぜひ参加してもらいましょう。 いちばん近くで新郎新婦の人となりを見てきているので、お互いを紹介するのにも最適。 また、親だけでは会話が途切れがちになる場合にも、会話のきっかけを作ってくれる役割を引き受けてもらえるので、新郎新婦も安心です。 祖父母 新郎(もしくは新婦)が格別おばあちゃん子だったり、おじいちゃん子だったり、という場合には、祖父母をお招きしてもかまいません。 その際には、「顔合わせ」というより「お相手家族を紹介するね」というスタンスで臨むといいでしょう。 子どもの頃の懐かしい思い出話などがでてきて、とっても和やかになるはずです。 また、相手が、お年寄りに優しい一面を見て、余計惚れ直すかも?.

次の