ゲーミング pc 人気。 ゲーミングスピーカーの選び方と人気おすすめ9選【2019年最新版】

【初心者必見】ゲーミングPC(デスクトップ)のおすすめランキング2020┃失敗しない選び方のポイントは?

ゲーミング pc 人気

10 価格・パーツ情報を更新 ゲーマーのためのゲーミングPC選び かれこれ10年以上もPCゲームに勤しんできた現役PCゲーマーである筆者が、これまで検証・テスト・レビューしてきた数あるデスクトップPC製品から、おすすめのゲーミングPCを紹介していきます。 BTOパソコンから自作パソコンまで保有している筆者ですが、ここでは学生でも購入できそうな価格の安い製品から、コア向けのハイスペックな製品、購入して到着後すぐにゲームができるようなゲーミングPCを紹介しています。 軽いゲームだけならノートPCでも十分なタイトルはありますが、負荷の高いゲームを最高設定でプレイしたり、高解像度、高リフレッシュレート環境、さらには同時に実況、ライブ配信したりするには、冷却性と性能面に優れたデスクトップ型のゲーミングPCがおすすめです。 さらには、シューティングゲームに至っては、モニターの60Hzを超え、120Hzや144Hzなどの高リフレッシュレート環境も当たり前になってきています。 それに伴い、グラフィックカードの性能もどんどん上がり、新世代のRTX SUPERシリーズや、高性能なミドルクラスのGTX 1660 SUPERが登場し、数も多くなってきています。 現在のおすすめのグラフィックカードはこれ 現在のおすすめのグラフィックカードですが、価格を抑えたいなら GTX 1650 SUPER、もしくは GTX 1660がおすすめです。 性能を求めるなら GTX 1660 SUPERか、 GTX 1660Tiがおすすめです。 特にPUBGやAPEX、フォートナイトなどの軽いeスポーツタイトルを中心にプレイしたい方、ゲーミングPC初心者の方には GTX 1650 SUPER、 GTX 1660がおすすめです。 ほとんどの人気タイトルがプレイできます。 CPUの選び方 CPUのブランドは主にIntel製とAMD製の2種類があり、これまではインテル製がシェア率のおよそ9割を占めていましたが、AMDの第3世代Ryzenプロセッサーの登場により、現在AMD製のシェア率がぐんぐん伸びています。 新たに第10世代インテルCPUが発売されましたが、最上位のCore i9-10900Kでも、Ryzen 9 3950Xの足元にも及びません。 ただ、ゲーミングでは未だにインテルCPUの方がフレームレートが優位です。 特にゲーミングPCではインテル製ではCore i7-9700K、AMDではRyzen 7 3700Xを選択するのがおすすめです。 下記の表は各CPUのCINEBENCH R20のスコア比較です。 CPU選びの参考にしてください。 CPUクーラーの選び方 CPUクーラーの違い CPUクーラーは空冷式と水冷式があります。 空冷式はファンで直接冷やす仕組みとなっており、価格が安く、メンテナンスもほとんど不要ですが、高い冷却性を求めるとなると、サイズは大きくなり、音も大きくなります。 水冷式はその名の通り、CPUを水の流動で冷やします。 良く冷え、静音性も高いと言われていますが、最近だと空冷式とあまり変わりません。 ただ、サイズが小さくヒートシンクがいらないので、CPU周りの見栄えがスッキリします。 また、BTOで選択できる水冷式は簡易水冷というメンテナンス不要の使い切りのもので、物にもよりますが、約3年程で中の冷却水が無くなり、交換になる場合が多いです。 静音性に関しては、CPUを冷やす冷却液も、ラジエータを通して結局はファンで冷やすことになります。 自作経験のある筆者に言わせると、空冷式も水冷式も、静音性ではどちらもあまり変わりません。 ケース内部が見えるケースなど、見栄えも気にするなら水冷式。 特にこだわりがない方は価格の安い空冷式で全く問題ないです。 ただし、排熱量の多いハイエンドなグラフィックカードを搭載している方は、CPUとグラフィックカードのダブル水冷式が長時間のゲームプレイでも熱の心配がなくプレイに専念できます。 PCケースの選び方 PCケースの大きさの違い サイズの種類は大きい方からフルタワー、ミドルタワー、ミニタワー、スリムタワー、コンパクトタワーがあります。 サイズが大きいほど、エアフロー効率が良く、拡張性、メンテナンス性が高いです。 逆にサイズが小さいほどエアフロー効率が悪く、拡張性も低くなりますが、省スペースです。 人気なのはミドルタワーで、次にミニタワーです。 ケースファンはフロント側にもあると、グラフィックカードを直接冷却しやすいです。 あとは振動を吸収するゴム足の種類や、裏面配線できるか、掃除がしやすいかなどをチェックすると良いでしょう。 また、騒音(動作音)がうるさいかどうかも各レビュー記事でチェックすると良いと思います。 デザインも重要です。 PCケースにもファッションと同じで、流行があります。 側面パネルがアクリルやガラスパネルになっていて、PC内部が見えるモデルがPCゲーマーには人気です。 最近では光学ドライブを搭載するスペースのないドライブレスでスッキリした見た目のケースが増えてきています。 価格の安い初心者向けのゲーミングPC ゲーミングPCを購入したことがないという方や、ゲーミングPCについてあまりよく分からないという、初心者の方におすすめのゲーミングPCの紹介です。 大き過ぎず、小さ過ぎないミニタワーケース、価格も比較的安く、サポートもしっかりしているメーカーをおすすめします。 高性能ではないものの、外部グラフィックスを搭載でき、負荷の低いゲームなら快適にプレイが可能。 これからPCゲームに初めて触れるという学生さんにもおすすめのゲーミングPCです。 当サイトおすすめのゲーミングPC 多くのPCを見てきた筆者がおすすめするゲーミングPCです。 ここでは最も人気の高いミドルタワーサイズのゲーミングPCが中心です。 ミドルタワーだと程よい大きさでメンテナンスがしやすく、エアフロー効率の良いケースが多いので、ハイエンドで大きめのグラフィックカードも選択できます。 サイズ ミニタワー CPU Core i9-9900K GPU GeForce RTX 2080 SUPER 価格 26万円台(税抜)~ 持ち運びが可能なミニタワー フロントパネルがかっこいい、レノボのミニタワーハイエンドゲーミングPCです。 天面にはハンドルが付いており、無線LANも内蔵しているので、持ち運びが可能です。 LEDライティングに対応しており、フロントパネルと透過サイドパネル内部が点灯します。 高レートモニターにおすすめのゲーミングPC ゲーミングモニターとも呼ばれる、120Hz以上の高リフレッシュレートモニターにおすすめのゲーミングPCの紹介です。 120Hz以上の高リフレッシュレート環境でゲームを動作させるには、平均フレームレートが120 fpsを超える必要があります。 そうなるとかなりハイスペックなグラフィックカードが必要になりますし、発熱も高くなります。 そのため、SLI構成や冷却性に優れたフルタワーサイズのゲーミングPCがおすすめです。 負荷の高いゲームや4Kなどの高解像度でのゲームプレイに向いています。 奥行きが短くコンパクトで、工具不要で簡単に内部にアクセスでき、メンテナンス性も高いです。 グラフィックカードの選択肢も多いです。 スリム・コンパクトなゲーミングPC ミニタワーよりもさらに小さいスリム・コンパクトなゲーミングPCです。 設置スペースが狭い方や、配信したり、イベントなどで持ち運ぶ場合にベストです。 小さければ小さいほどカスタマイズ性や拡張性は落ちますが、下記で紹介するゲーミングPCは小さくても性能が高い製品ばかりです。 天面にはハンドルが付いており、無線LAN内蔵で持ち運びが可能です。 価格も手ごろです。 パーツ選びが豊富なカスタムゲーミングPC パーツ選びが豊富なBTOメーカー・ゲーミングPCの紹介です。 コアな方や玄人向け、前もってパーツを吟味したい方向けです。 パーツの選択肢ではサイコムが圧倒的ですが、PCケースも画像付きで選択できるパソコンショップ SEVENもおすすめです。 自作したいけど、自分で組み立てている時間がない方などにも適していると思います。 安心性能&24時間サポート可 マウスのゲーミングPC「G-Tune」は、品質、価格、デザイン、サポートのバランスが取れた製品です。 サポートにも力を入れており、2006年にコールセンター専門会社のウェルコムをグループに入れて、標準で24時間365日の電話対応を実施しています。 さらに、「」という保証が用意されています。 このサービスは、初期不良時に修理ではなく新品と交換してくれたり、加入者専用ダイヤルを用意し電話がつながりやすくしたりするサービスです。 3,000円程度で受けられるサービスなので、是非加入したほうが良いです。 また、センドバック(送付時のみ送料負担)、ピックアップ(送料無料)修理に加え、オンサイト(技術者が自宅に訪問)修理も行っています。 納期は7日前後で普通です。 ミドルタワー ~ Core i9 10900K ~ Ryzen 9 3950X ~ GeForce RTX 2080Ti ~ Radeon RX 5700 XT カスタムの内容による PCケースからマザーボードまで、画像つきで細かく選択できる数少ないBTOメーカー。 当サイトのベンチマーク機として購入したゲーミングPCの構成例およびレビューはこちら。 自作PCのメリット・デメリット BTOで購入する以外でも自作するという方法があります。 メリットは自分でパーツを細かく選定できるという点と、パーツ費用だけで済むので価格を自由に抑えることができるという点です。 デメリットとしては、サポートがないのでトラブルがあった場合は全て自分で解決しないといけません。 そのため自作するにはある程度PCに関しての知識が必要になりますが、最近のPCパーツは説明書が丁寧に日本語で書かれていて分かりやすいのと、トラブルに見舞われも、ネットで検索すれば、大体は解決する時代です。 興味がある方は勇気を出して自作してみるのもいいかも知れません。 逆に知識があっても、社会人で時間が無くて面倒だという理由で、BTO製品を購入する方もたくさんいます。 中古ゲーミングPCの注意点 中古ゲーミングPCの注意点ですが、よく見かけるのが、フリーマーケットサイトなどで出品されている中古PC。 外観は格好良くていかにもゲーミングPCらしい高性能っぽい情報を羅列しているのですが、実は何年も前の古いパーツをかき集めて、OSだけ最新のものをインストールしたPCが多いです。 いわゆる情報弱者を騙すような売り方をしているPCが目立ちます。 また中古ゲーミングPCにはサポートもなく、すぐに故障してしまう可能性も高いので、個人的には中古製品はおすすめしません。 少し価格が張ってでも、サポートもしっかりした評価の高いゲーミングPCを購入するのをおすすめします。 ただし、ドスパラなどで販売されている余ったパーツを利用した「リノベーションPC」は、ビデオカードは新品のものを搭載しており、動作テストも行われているので、安心して購入できます。 中には本当にお買い得な製品もあるので、店頭に直接行ってみるのもいいでしょう。 PCゲームベンチマーク一覧 各PCゲームの紹介や、ベンチマークスコアを掲載しています。 やりたいゲームが決まっているときは、こちらもご覧ください。 関連ページ.

次の

ゲーミングデスクのおすすめ人気ランキング7選【ワイドなデュアルモニター向けも!】

ゲーミング pc 人気

PCはグラフィックボードやCPUなどの様々なパーツの性能を見なければいけませんし、特にゲーミングPCは値段が高い商品も多いです。 そのため、あまりPCに詳しくない方にとってPC選びは難しいところです。 また、性能のいいゲーミングPCを使えば、ゲーム以外にも仕事など 作業も快適にできる環境にできます。 それから ゲーム配信やプレイ動画の投稿などただ単にゲームプレイだけではなく、より幅広く、より深くゲームを楽しむのにも役立ちます。 そこで今回は ゲーミングPCの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。 購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。 ランキングは ゲームプレイ時の快適さ・グラフィックボード等使用しているパーツの性能・価格の3つのポイントを基準として作成しました。 グラフィックボードとは主に 映像関連の演算をするパーツで、 ゲーミングPC選びで最も気を付けるべき部分です。 このグラフィックボードが高性能であればあるほど、高画質な設定で快適なゲームプレイを楽しめます。 逆に、グラフィックボードの性能が足りていない状態で、高画質なゲームをプレイすると、映像がカクカクしたり、ゲーム自体が動かない等、快適にゲームで遊ぶことができません。 グラフィックボードの選び方としてはプレイしたいゲームの動作環境にグラフィックボードの「 推奨スペック」や「 必須スペック」の項目があるのでこれをクリアできるものをチョイスしましょう。 以下の記事にグラフィックボードのおすすめランキングを紹介していますのでこちらも参考にしてみてください。 日本語で中央演算装置と呼ばれる CPUはPCの頭脳としてよく比喩されるパーツです。 CPUは、グラフィックボードを使用している場合、グラフィック以外の演算を受け持ちますが、グラフィックボードを積んでいないPCだとグラフィック面も含めた全ての演算を行います。 CPUの代表的な製品はインテル製の「Intel Core i3~9」とAMD製の「Ryzen i3~9」の2つで、基本的にどちらを選んでも問題はありません。 CPUの選び方として参考にする部分は何点かありますが基本的に「i3,i5,i7,i9」の 数字部が大きければ大きいほど性能はいいとされています。 ちなみにゲーミングPCを選ぶ上で CPUはi7以上を推奨、最低でもi5は無いと厳しいので、これをクリアするPCを選ぶことをおすすめします。 メモリもCPUと同様にPCの処理速度に関わるパーツで、RAMと呼ばれることもあります。 CPUは「PCの頭脳」ならばメモリは「 PCの作業机のスペース」に相当します。 いくら処理性能のある頭脳でも作業をする机が良くなかったら、処理の効率は上がりませんし、その逆も然りです。 そのため CPUだけ、またはメモリだけ高性能にしても処理速度は速くならないので注意しましょう。 ゲーミングPCのメモリは 16GB以上を推奨、 最低でも8GBは無いと快適なゲームプレイは難しいのでこれを基準にして選びましょう。 ちなみにメモリの換装は比較的簡単なので、動作に不満を感じた時にメモリだけを買い替えるようにするのもOKです。 ストレージとはアプリケーションや画像などの データを保存する領域で、容量が大きければ大きいほどより多くのデータを保存することができます。 現在のPCでは主に HHDとSSDの2種類が用いられています。 HDDは大容量かつ値段も安いメリットがある一方、SSDに比べて衝撃に弱く、寿命も短めという弱点があります。 対してSSDはHDDに比べて値段は高く容量も小さいものが多いのですが、衝撃に強く長寿命、そしてデータの読み込みが速いという強みを持っています。 ゲーミングPCにおいてはHDD・SSDのどちらでも問題はありませんが、速い読込速度を誇るSSDを使うと快適さが上がりますので、 できればSSD搭載型のPCを選ぶことをおすすめします。 スペック自体はデスクトップ型に比べて低いものが多いのですが、家でのプレイはもちろん、 旅行先や友人宅に持ち込んでゲームをプレイしたいという方ならノート型ゲーミングPCもおすすめです。 家の中でも別の部屋で簡単に持ち運んでプレイできますし、PUBGなどプレイできるゲームも多くあります。 またノート型なら作業用PCとしてカフェにそのまま持ち込んでお仕事に使うという方もいらっしゃいます。 ただ、 パーツ換装時に制限が出てくる場合やWi-Fi環境でオンラインゲームをプレイすると回線が安定しにくいため有線でのプレイを推奨されます。 使い方を注意しなければいけない場面もあるので、そのあたりは考慮してノート型を使うようにしましょう。 「PUBG」「フォートナイト」などのバトルロイヤル系シューティングやFPS、「ファイナルファンタジー15」などの綺麗なグラフィックのMMORPG、「モンスターハンターワールド」アクションゲームを楽しみたいという方は、それなりのスペックが必要とされます。 具体的にはグラフィックボードは 「GTX1660Ti」「GTX1660 SUPER」相当の性能、CPUは「i7」、メモリは「8GB」以上のスペックを持つゲーミングPCがあれば安心です。 このスペック帯のゲーミングPCは 10万円台で購入できるので、コスト面でも程よく比較的手も出しやすくなっています。 プレイしたいゲームが多くて絞れないなら、この辺りのスペックを持つゲーミングPCを検討してみるといいでしょう。 2D描写のゲームや「ドラゴンクエストX」や「リーグ・オブ・レジェンド」、「マインクラフト 非影MOD 」などの3D描写が比較的軽いゲームを中心にプレイするのならグラフィックボードは「 GTX1650」相当のスペックがあれば十分です。 しかし、ゲームの設定を低くすればプレイできるものもありますが、中画質以上の設定でゲームをする場合は 性能的に厳しいゲームが多いのは事実です。 PCの値段も7~8万と決して安いわけではありませんので、将来性を考えるとあまりおすすめはできません。 ただ、「ゲームは稀にライトなものしかプレイしないけど、仕事用のソフトは軽々と使えるようにしたい」という場合は安いグラフィックボードでも積むメリットはあるので、安いゲーミングPCを買う際には 目的をハッキリ定めた上で選ぶようにしましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ストレージにSSDと1TBの大容量HHDを使用しており、冷却性能もいいので、 使い勝手のいいゲーミングPCとなっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. グラフィックボードはGeForce RTX2070を搭載し、 だいたいのゲームはプレイできる高性能さを兼ね揃えています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 3種類のスペックから選択が可能で、グラフィックボードは「GT1030」か「GTX1660 Ti」から選択することができます。 また、内部の電源ユニットを回転させることができるので、グラボの交換などの作業も比較的楽にこなすことができるので、 メンテナンス性にも優れています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ミニタワー型のPCで置き場所に困らないというのも嬉しいですし、ボディカラーはシルバーとグレーのツートンカラーでスタイリッシュでカッコイイのが特徴です。 FF14やフォートナイトなど ミドルスペックが必要なゲームを中心に快適なゲームプレイが可能となっています。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 注文時にグラフィックボードやストレージ、カラーなど様々なパーツの組み合わせを選ぶことができ、 自分のやりたいゲームに最適なPCを組み上げてくれます。 ちなみに装飾のLEDは消すこともできるので、派手なライティングが苦手な方でも安心です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. グラフィックボードには GeForce RTX2060かRadeon 5700XTなどが選択することができ、ハイスペックを有しています。 本体のサイドパネルは強化ガラス製となっていて、 内部パーツの鑑賞やライティングも楽しむことができるので、デザイン面でもおすすめのゲーミングPCです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 本体はミニタワー型で比較的コンパクトというのも 置き場所に困りにくいのが嬉しいポイントとなっています。 グラフィックボードはRTX 2060、GTX1650、GTX1660の3種類が用意されているので、やりたいゲームに合わせてチョイスすることができます。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. ストレージも128GBのSSDと2TBのHDDの2つを搭載し、WQHD画質のゲームだったら問題なくプレイできます。 また、サイドパネルが強化ガラスになっているので、 各パーツの鑑賞やカスタマイズも楽しめるのも嬉しいところです。 商品名• G-Tune NM-S711SHR6SZI• G5 5090• OMEN by HP Obelisk Desktop 875 7KL06AA-AAAA• Astromeda• IdeaCentre 720 90HT005JJP• XPS 8930• MSI Trident X Plus PC4042 9SD-077JP• ROG HURACAN• シンプルなデザインでゲーマーも満足なモデル• コスパも性能も高水準のゲーミングPC• 高性能グラフィックボードを搭載したコンパクトなPC• 派手なLEDによる装飾が特徴的な高性能マシン• 1TBの大容量SSDが付いたゲーミングPC• コンパクトながらも各性能が整ったゲーミングPC• 静音性に優れたMSIのスリム型ゲーミングPC• ASUSのスリムなゲーミングPC• 169980円 税込• 163900円 税込• 145500円 税込• 177480円 税込• 144514円 税込• 115800円 税込• 284600円 税込• 229818円 税込• グラフィックボード• GeForce RTX 2060 SUPER• GeForce RTX 2060 GTX1650,1660に変更も可• NVIDIAグラフィックボードから自由に選択可能• GeForce GTX1650• GeForce RTX 2070• CPU• Intel Corei7 9700• Intel Core i7 9700• Intel Corei7 9700• Intel Core i7 9700• Intel Core i7• ストレージ• メモリ• 16GB• 16GB 8GBx2• 16GB• 16GB• 商品リンク• バッテリーの持ちが良く、バランスの取れた性能でゲーミングPCが 初めてという方でも買いやすいマシンです。 キーボードはLEDが付いているので、薄暗い場所でもキーボードを視認しやすく、また色も自由に変更することも可能となっています。 グラフィックボードはGeForce GTX 1650を搭載し、「Apex Legends」や「リーグオブレジェンド」などプレイすることが可能です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 6インチディスプレイを搭載し、 コンパクトな本体で大きな画面を有しているゲーミングノートPCです。 見た目もスッキリしていてデザインもいいですし、 価格も比較的リーズナブルで、負荷がそこまで大きくないゲームだったら普通に遊ぶことができます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. GeForce GTX 1660 Ti Max-Qを搭載し、ハイスペックながらも重さも2. 1kgと軽めなので、持ち運びもしやすくなっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 6型ディスプレイでGeForce GTX 1650 Max-Qのグラフィックボードを搭載したモデルです。 高性能ながらも厚さ21. 7mm・重量1. 86Kgと軽さと薄さが特徴的で、 持ち運びも楽なゲーミングPCとなっています。 軽めのゲームや動画編集で使う分には問題なく動きますし、黒と赤の本体デザインもなかなかスタイリッシュでおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 選べるスペックは3種類あり、グラフィックボードは RTX2070、RTX2060、GTX1660Tiから3種類から選ぶことができます。 超強力冷却システムの「Cooler Boost 5」で、 長時間のゲームプレイでも安心ですし、2年間のメーカー保証も付いているので、万が一の時の備えも用意されています。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 6mmで薄くて持ち運びやすく、 落ち着いたデザインで外出先で使いやすいゲーミングノートPCです。 グラフィックボードはGeForce GTX1650を搭載しており、ライトなゲームは勿論、多少画質設定を落とせば様々なゲームもプレイすることができます。 キーボードのF7キーを押すと、瞬時にシステムの「ターボブーストモード」が起動でき、一時的に動作が重いときに役立つ機能も兼ね揃えています。 カラーバリエーションはホワイト・ブラックの2色から選択することが可能となっています。 米国防総省が定める「MIL-STD-810G」という 軍の資材調達基準のテストをクリアする程の高い堅牢性を持っています。 丈夫ということだけではなく、フォートナイトや、PUBG、Apex Legendsなどの人気ゲームもプレイが可能で、 ゲーム以外にも使いやすいのも嬉しいマシンです。 商品名• TUF Gaming FX505DT-R7G1650META• G3 15 3590• GF65-9SEXR-258JP• GF63-10SCSR-007JP• ROG Zephyrus G GA502DU-A7G1660T• AORUS 15-SA-7JP1130SW• G-Tune P5• 優れたコスパ、かつ丈夫なGTX1650搭載マシン• ゲームや動画編集にも使える万能ゲーミングノートPC• PUBG日本代表推奨モデルのゲーミングノート• 持ち運びが楽なカッコいいデザインのゲーミングノートPC• ゲーミングPC特有の派手さの無いシックなマシン• 極細ベゼルのデザインで没入感の高いゲーミングノートPC• バランスの取れた15. 6型ゲーミングノートPC• 99800円 税込• 143800円 税込• 157800円 税込• 148389円 税込• 138940円 税込• 163800円 税込• 137500円 税込• グラフィックボード• GeForce GTX 1650• GeForce GTX1650• GeForce GTX 1660Ti• GeForce GTX 1650 Ti Max-Q• GeForce GTX 1660 Ti Max-Q• GeForce GTX 1660Ti• GeForce GTX 1650• CPU• AMD Ryzen 7 3750H• Intel Core i7 8750H• Intel Core i5-9300H• Intel Core i7 10750H• AMD Ryzen 7 3750H• Intel Core i7 9750H• Intel Core i7 9750H• ストレージ• SSD 512GB• SSD:512GB• SSD:512GB• SSD:512GB• メモリ• 16GB• 8GB• 16GB• 商品リンク•

次の

【2020年】僕がドハマりした、おすすめのPCゲームランキング!

ゲーミング pc 人気

PS4やNintendo Switchでゲームを遊んでいると、PCのゲームにも興味が出てくるはず。 理由はいろいろ。 さて、いざゲームが遊べるPCを探し始めるとゲーム機よりはるかに高価であることに気付くはず。 新品ならエントリークラスのモデルでも8万円、10万円という世界だ。 しかし、ここであきらめないでほしい。 最近では中古のビジネスPCをベースに現行世代のPCパーツを搭載することでゲーミング性能を高めた「中古ゲーミングPC」が注目を集めている。 今回は中古ゲーミングPCを実際に購入してその実力をレポートしよう。 購入した中古ゲーミングPC。 ビジネス向けのスリム型PCにビデオカードとSSDを搭載してゲーム性能を高めている 実際に届いたマシンを確認してみたところ、DELLのスリム型デスクトップ「OptiPlex 7010 SFF」をベースにしたものだった。 CPUは第3世代CoreシリーズのCore i5-3470を搭載。 4コア4スレッドで動作クロックは最大3. 6GHzとまだまだゲームプレイが可能なもの。 光学ドライブとしてDVD-ROMドライブを搭載している。 サイズは幅9. 3cm、奥行き31. 2cm、高さ36cmとスリム型の中でもコンパクトな部類だ。 拡張スロットとしてLow ProfileのPCI Express x16スロットも備えている。 これにオーエープラザがDDR3メモリを増設して16GB搭載し、ストレージに240GBの新品SSDを採用、ビデオカードとしてNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti採用ビデオカード(今回はMSI GTX 1050 Ti 4GT LP)を搭載。 Windows 10も標準でインストールされており、すぐにゲームを楽しめるPCに強化されている。 ビデオカードはエントリークラスの人気GPU、GeForce GTX 1050 Tiを採用。 MSIのGeForce GTX 1050 Ti 4GT LPが搭載されていた インターフェースは前面にUSB 3. マウスやキーボード、ゲームパッド、ヘッドセットなどゲーム関連のデバイスを接続するのに困ることはないだろう。 PC本体側のディスプレイ出力にケーブルを接続しないように注意したい。 なお、無線LANには対応しないので、もし使いたい場合はUSB接続の子機などを別途用意する必要がある。 「フォートナイト」「レインボーシック スシージ」「PUBG Lite」でフレームレートをチェック さて、気になるのは「このスペックで本当にゲームが楽しめるのか」という点だろう。 たとえば、人気バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」の最低動作環境はCPUがInte Core i3-3225 3. 3GHz以上、メモリ4GB、グラフィックスはIntel HD Graphics 4000。 推奨動作環境はCore i5-7300U 3. 5GHz、メモリ8GB、グラフィックスはGeForce GTX 660またはAMD Radeon HD 7870相当とされている。 最低動作環境は余裕で上回っており、推奨動作環境でもCPUこそ若干届かないが、それ以外はクリア。 スペックだけ見ても十分現在のゲームが遊べることが分かる。 スペックや動作環境だけ見ても、ゲームがどれくらい快適に動くのかは分かりにくい。 そこで実際のゲームでベンチマークを実行した。 一般的な液晶ディスプレイやテレビはリフレッシュレートが60Hz。 1秒間に60回画面が書き換え可能ということだ。 つまり、ゲームも1秒間のフレームレートが60fpsに達していれば、描画で不足を感じることがないという目安になる。 ベンチマーク結果はこれを目安にしてほしい。 ちなみに、144Hzなど高リフレッシュレートに対応するゲーミング液晶では、その恩恵にあずかるためには、PC側にそれだけのフレームレートを出す性能が必要となる。 ゲームはPCだけではなくNintendo SwitchやPS4などにも展開し、中高生に高い人気を誇る「フォートナイト」、緊迫感のあるCQB(近接戦闘)が楽しめることで根強い人気を持つFPS「レインボーシック スシージ」、バトルロイヤルゲームの火付け役「PUGB」の動作が軽量になり、さらに基本プレイ無料で楽しめるようになった「PUBG Lite」の三つのPCゲームでフレームレートをそれぞれチェックした。 「この値段ならいいよね」とはっきり言える買い得感 検証を通じて、数年前のスペックの中古ゲーミングPCでも、人気ゲームを楽しめるスペックであることが分かった。 本機のようなスリムタイプのビジネスPCをベースにしたマシンは、より高性能な大型ビデオカードを搭載できないので将来性が……という意見を持たれる方もいるだろう。 それは否定しないが、あれもこれもと望み始めると、1万円、2万円と高くなってきりがない。 それどころか結局予算不足に陥る。 まずゲーミングPCを手に入れて遊んでみるのが幸せへの近道のはず。 その意味で本機は、PCゲームをやってみたい、我が子のファーストPCを探している(そして多くの子供はPCでゲームが遊べることを期待している)、在宅ワーク用PCでついでにゲームも遊んでみたい、といったときの強力な選択肢になってくれるはずだ。

次の