喉 風邪 早く 治す に は。 症状別!風邪をひいてしまったときにおすすめの食べ物とは?コンビニでおすすめの食べ物も紹介|からだカイゼン委員会|株式会社 明治

喉の痛みを治す即効7つの秘策!炎症とウイルスをセルフケアで撃退!

喉 風邪 早く 治す に は

風邪ってありふれた病気に思われていて、案外、理解されていない面もあるんだ。 この際だから風邪についての正しい知識を得て治し方を覚えよう。 そうすることで早く風邪も治せるから。 医者が診療していて最もよく出くわすのが、インフルエンザと風邪を同じものと考えている人が多いことです。 「インフルエンザの予防接種をうけたから、今年は風邪をひかないはずだ」 という人がけっこう多いのですが、それは間違いです。 インフルエンザは風邪の重い症状ではありません。 インフルエンザはインフルエンザ特有のウイルスに感染したことにより、強い倦怠感と高熱をともなう激しい症状がでます。 日本でも年間何千人かが命を落とす重い感染症です。 そのため日本では、その年に流行することが予想されるインフルエンザウイルスに対するワクチンを接種して、インフルエンザを予防することが一般的となっています。 風邪は、どのように発症するのか 風邪は多種多様のウイルスに感染して発症し、主なものでも 10種類くらいあります。 いずれも、どこにでもいるウイルスですので、1年中いつでも風邪にかかります。 インフルエンザワクチンはインフルエンザウイルスの感染だけを予防するのであって、風邪の原因となる多種のウイルスの感染予防には効果はあらわれません。 風邪を引き起こすウイルスは種類が多いので、風邪をワクチンで予防することは不可能なのです。 けれども一般的には、普通の風邪は症状がインフルエンザのように重くないので、ワクチンで予防する必要はないともいえます。 風邪の症状は複雑 風邪の症状には以下のようなものがあります。 ・発熱 せいぜい37度台前半までの微熱 ・鼻症状 鼻汁や鼻づまり ・のど症状 のどのイガイガ感や痛み ・気管支症状 比較的軽い咳や痰 これらの症状がすべて、あるいはいずれかが組み合わさって現れます。 この複雑にからむ症状のせいで、自分で誤った診断をして症状を訴える人が少なくありません。 たとえばこんな感じです。 「鼻がつまり気味で、のどがイガイガするのですが、熱がないから風邪とはちがうと思います、どうでしょうか?」 「少し熱っぽくて、のどがすっきりしないのですが、咳がでていないから風邪ではないと思います。 薬をください」 等々、いずれも何らかの風邪症状なのです。 風邪は自然に治る 薬を服用した方が良い時 普通の風邪症状で鼻症状、のど症状、気管支症状(軽い咳)には、それぞれに対応する薬を服用するのもよいでしょう。 問題は抗生物質を服用すべきか、すべきではないかです。 風邪はウイルスによって鼻やのどの粘膜がおかされて発症します。 抗生物質はウイルスに効かないので、服用しても初期の風邪症状は改善しません。 ところが鼻、のど、気管支の粘膜がウイルスにおかされた状態が続くと、そこに細菌が二次感染してしまい、症状を悪化させ長引かせることになってしまいます。 このような状態の時には抗生物質の服用は意味をもちます。 「黄色みがかった鼻汁」 「のどが赤く腫れて痛い」 「灰色から黄色の粘った痰をともなう咳」 の症状が出ている時は細菌の二次感染が起こっているシグナルです。 医者に抗生物質の服用を考えてもらう方が良いでしょう。 風邪を予防するために注意すること 常識的に知られていることばかりだけど、ここで一度確認しておこう! 風邪のウイルスは、 睡眠不足や過労で体力が落ちた時に、ウイルスが体力よりも勝って感染、発症させます。 また、 ウイルスは高温に弱く低温に強いため、運動もせず長時間寒い屋外で過ごした後など、体が冷えた時に感染、発症しやすくなります。 睡眠中にのどを冷やさないよう、首にタオルなどを巻いてのどを暖かく保つと、意外と風邪対策になります。 マスク、手洗い、うがいはインフルエンザ予防と同様に風邪予防になることはいうまでもありません。 二次感染によって命を落とすこともあるから、気を付けなければいけないんだ。 風邪をこじらせて重い病気を引き起こす場合のほとんどは、二次感染した細菌によるものです。 最も恐いのは、汚い痰をともなうひどい咳を長引かせた際に発症する 肺炎です。 鼻症状も、こじらせると鼻炎から副鼻腔炎に進み、治療のために長い期間を必要することになります。 高熱と強いのどの痛みがでる扁桃腺炎は、扁桃腺に細菌が感染したもので、単なる風邪ではありません。 風邪症状に似た症状の、別の病気 風邪ウイルス以外にも、風邪に似た症状をひきおこす特殊な細菌やウイルスがあります。 これにかかると、のどや気管支に強い症状がでます。 まず、頑固な咳が長引く 百日咳や マイコプラズマ感染症です。 ふつうの風邪の咳は、ほどんどの場合、2週間以内に自然におさまっていきます。 けれども、この2つの病気の咳は、2週間以上しつこく続きます。 次に特殊な細菌やウイルスがのどに感染して高熱や強い咽頭痛をひきおこす 溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)、 アデノウイルス感染症などがあります。 溶連菌感染症ではのどが真っ赤になり、痛みはふつうの風邪の場合よりもはるかに強い痛みになります。 アデノウイルス感染症では、のどの強い痛みとともに、眼が充血するなどの症状がでます。 これらのいずれの病気でも、普通の風邪症状より、症状はかなり強くでます。 「なんかいつもの風邪じゃない!おかしいな?」と不安を感じたら、すぐ受診する方が良いでしょう。

次の

喉の痛みを一晩で治したい!簡単にできる7つの対処方法

喉 風邪 早く 治す に は

高熱を伴い、とにかく焼けこげるような喉の痛みから一刻も早く脱したい気持ちになります。 そして、こんなに辛い喉の腫れや痛みは、病院で処方してもらう薬以外に、手っ取り早く治す方法はないのでしょうか?また、はちみつを摂取することで風邪に効果があるのでしょうか?さらに喉の痛みに効くツボを押して具合がよくなるのでしょうか? そこで今回は、そんな辛い風邪の症状と戦うために、どんな方法が効果的であるのかをご紹介していきます。 スポンサーリンク はちみつの効果 はちみつは殺菌作用があるため腐らず、古くから薬としても使われてきました。 そこで、喉の殺菌のためにどのようにして使えばよいのかというと、「水で薄めてうがいをしてください。 」 うがいの効果は、周知のとおりで、喉の粘膜の菌を洗い流すことですが、これにはちみつを混ぜると殺菌効果が合わさり、より効果的です。 お茶でのうがいも良いですよね。 これと同じですが、お茶の場合はカテキンが効果を発揮する一方で、はちみつの場合はグルコン酸に殺菌作用があるのです。 水で10%まで薄めても殺菌作用がありますので、是非一度試してみてください。 はちみつの中でも、マヌカハニーを選ばれるとより高い効果が期待できます。 もちろん、日常的に食べ物として摂りいれることも効果的です。

次の

喉の痛みを治す即効7つの秘策!炎症とウイルスをセルフケアで撃退!

喉 風邪 早く 治す に は

喉の痛みの原因とは? 「風邪のひきはじめはいつも喉の痛みから」というほど、頻繁に喉の痛みに悩まされている人も多いと思います。 「喉が痛いだけ」と思われがちですが、声を出したり飲み食いするだけでもつらく、仕事への影響もあるので一日でも早く治したいですよね。 この喉の痛みの多くは、 細菌やウイルスに対する反応で喉が炎症している状態のようです。 空気や食べ物の通り道であるのどは、外界に近いため、外敵の侵入を防ぐ機能を備えています。 のどは、粘膜で守られていますが、ウイルスや細菌などによって破壊され体が傷つくと、体を守ろうとする防御反応によって炎症は起こります。 炎症が起きているところは、赤くなり、熱を持ち、腫れ上がり、痛みを感じます。 細菌やウイスルに限らず、声の出しすぎ・タバコの吸い過ぎ・過剰なアルコール摂取などから喉の炎症が引き起こされることもあるようですね。 喉の痛みを治すには、この炎症を抑えなければなりません。 細菌やウイルスの感染であればまずはそれらを取り除くことも大切です。 この時の対処方法として重要なポイントは以下の通りです。 喉の痛みを一瞬で治したい時にできる7つの対処方法 ここからは、喉が痛い時にできる7つの対処方法をご説明します。 自宅や職場でも簡単にできるものばかりですので、できる限り徹底しましょう。 喉が痛い時は湿度に注意!加湿器で部屋の湿度を調整 湿度が低く乾燥している状況は、身体に様々な悪い影響があります。 空気が乾燥していると細菌やウイルスの活動が活発になります。 つまり菌の繁殖を促進するわけです。 部屋の湿度調整は風邪の予防にもなりますので、日頃から一定の湿度を保つことがとても大切。 そして喉が痛い時は、いつも以上に部屋の湿度を気にかけ、保湿を心がけましょう。 部屋の大きさにあった加湿器の設置(なければ濡れタオルなど)や、使用する暖房機器の選択など、ウイルスの活動を抑えられる環境を整えましょう。 イソジンがなければ緑茶でうがいするのも効果的と聞きますし、もちろん水道水だって大丈夫!とにかく定期的なうがいを意識して行うことが大切です。 うがいをすると、口腔内 喉 の細菌やウイルスを洗い流すことはもちろん、乾燥した喉を潤す効果もあるそうです。 保湿の大切さは上述のとおりですが、それはうがいでも効果があるわけです。 喉が痛い時はマスクを着用していつも以上に乾燥対策 喉の痛みや、その他風邪の症状がある時はマスクをしましょう。 マスクを着用すると、風邪の細菌やウイルスを周囲にまき散らかさないことはもちろんですが、喉への保湿効果が期待できます。 マスクをつけていると自分の吐いた息がマスク内を循環して湿度を保ってくれます。 何の変哲もない普通のマスクでもいいですが、マスク自体に湿度のある「濡れマスク」もありますので、そういった高機能マスクを使うとより高い保湿効果が期待できます。 またマスクと同様に保湿効果が期待できるのが「のど飴」です。 のど飴を口に入れていると唾液が出るので自然と喉が潤います。 マスクをずっと付けているのが苦手な方もいらっしゃいますが、そのような時は、のど飴を舐めて保湿を心がけましょう。 喉が痛い時は水分補給も大切!乾燥対策になります。 喉が痛い時には水分補給も大事です。 うがいと同様、水分補給によって喉を潤すことができるので口腔内の乾燥対策になります。 ただし あまり冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうので、常温からぬるめの飲み物が適しています。 うがいと同様に緑茶を飲むといいですね。 紅茶もいいと言われています。 ただしお茶や紅茶は利尿作用が強いので、そればかり飲むのではなくミネラルウォーターなど他の飲み物も飲みましょう。 反対に飲むのを控えたほうがいい飲み物は、炭酸飲料やお酒(アルコール)。 喉の痛みを早く治したければ一晩(治るまで)我慢してください。 殺菌効果や炎症を抑える効果がある、もしくは喉に優しい食べ物を選ぶ 喉の痛みを一晩で治したければ、食べ物もできるだけ喉の痛みに効くものを食べたほうがいいです。 一例ですが、 長ネギ・玉ねぎ、生姜(しょうが)、大根おろし、にんにく、はちみつなどが喉にいいと言われています。 それぞれ特長は異なり、殺菌効果・消炎効果・血行促進によって身体を温める効果などがあります。 特にはちみつは、ビタミンが豊富に含まれていることもおすすめ理由とされています。 反対に唐辛子や柑橘系などは喉への刺激が強いので、喉に痛みがある時は控えたほうがいいですね。 食べ物ではありませんがタバコもNGです! 喉周辺を温めて免疫力アップ 喉の痛みを一晩で治すには体の免疫力を高めることが大切です。 体温が上がると免疫力は上がると言われているので、できるだけ喉を中心に身体全体を温めます。 冬の外出時であればマフラーの着用は必須です!寝るときもできるだけ喉を暖かくして眠るようにしましょう。 ちなみに僕は、ネックウォーマーを着用して寝ます。 これなら寝返りなどしても取れてしまうことがないですし、何より温かい! ネックウォーマー選びには暖かいことはもちろんですが、睡眠に影響しないよう肌に優しい天然素材のものがオススメです。 特にシルク素材は、保湿力が高く肌に優しい素材なのでおすすめです。 なかにはこのようにシルク素材のネックウォーマーで、口まで覆えばマスクにもなる一体型の商品もあります。 喉周辺を温め、そして保湿効果にも期待しながら眠ることができます。 こまめにうがいをして喉を洗浄• 常温からぬるめの飲み物(水、緑茶、紅茶など)で喉を潤す• 喉が痛い時は刺激が強いものは口にしない• 移動中はマスクを着用して乾燥対策。 のど飴があるとさらに良い• 室内は加湿器や濡れタオルで湿度をあげる• 寝る時は喉周辺をネックウォーマーで温める• 寝る時もマスクを着用することで保湿効果• 喉の炎症を抑える市販薬「ペラックT錠」「のどスプレー パープルショット」を服用する また細かいことですが、喉が痛い時はなるべく喉を使わないようにすること(喋らないこと)も大切です! これらの対処方法を徹底すれば、経験上、喉の痛み・イガイガが気になり始めた初期段階なら 一晩で喉の痛みを治すこともあります。 1日でも早く喉の痛みを治すには、とにかく早めの対処が大切。 色々と対処方法をあげましたが、どれも難しいことではありませんので、できることからすぐにでも実践することをオススメします。 また時間が作れるようでしたら、医師への相談が間違いありません。 喉の痛みが悪化してつらくなる前に対処していきましょう!.

次の