バリスタ エクセラ。 ネスカフェバリスタで使える詰め替え用の粉の種類

【口コミ評判】ネスカフェ バリスタを実際に2年間使った本音の感想

バリスタ エクセラ

普段主にインスタントコーヒーを飲んでいる方は「バリスタアイを使うと逆に手間がかかるのでは?」と思われると思います。 また、「バリスタアイとインスタントコーヒーの違いは?」などの疑問も抱かれると思います。 そこでバリスタアイとインスタントコーヒーの違いはどこなのか紹介していきます。 バリスタアイはインスタントコーヒーと香りが違う バリスタi [アイ]で作るコーヒーと一般的なインスタントコーヒーの違いは香りです。 バリスタアイで使う詰め替えパックはすべて「挽き豆包み製法」と呼ばれるネスカフェ独自の製法によって作られています。 挽き豆包み製法は、微粉砕したコーヒー豆の粉をコーヒーの抽出液に混ぜ込み、その液体を乾燥させて粉末化させる製法です。 この挽き豆包み製法によって作られたコーヒーを「レギュラーソリュブルコーヒー」と呼びます。 レギュラーソリュブルコーヒーはコーヒーの抽出液を乾燥させた粉末(インスタントコーヒー)のみならず、コーヒー豆の粉が入っているので風味や香りが一般的なインスタントコーヒーよりも高い特徴があります。 バリスタアイでレギュラーソリュブルコーヒーを淹れると撹拌部でしっかりとかき混ぜられてから抽出されるので自分でお湯を注いで作るよりも香りが引き立ち、香り深くなります。 また、香りが逃げないようにコーヒーの表面にクレマ(泡)も作るので一般的なインスタントコーヒーよりも香りの豊かさが明らかに違うコーヒーが出来上がります。 バリスタアイで香りの広がり方が変わる レギュラーソリュブルコーヒーでもバリスタアイでコーヒーを淹れるのと、淹れないのでは出来上がったコーヒーの香りが違います。 そもそもなぜ香りが違うことに気が付いたのかというとお歳暮でネスカフェ エクセラのスティックタイプをもらって飲んだのがきっかけです。 お歳暮をもらったときはバリスタアイをすでに持っていたのですが、バリスタアイを使わずにネスカフェのインスタントコーヒーを飲んだことがありませんでした。 バリスタアイを持っているのでわざわざマシンを使わない選択肢がなかったのです。 ただ、お歳暮でもらったネスカフェ エクセラはスティックタイプだったので、わざわざバリスタアイのコーヒータンクに移す必要もないと思って普通のインスタントコーヒーと同様に自分でお湯を注いで作ってみました。 そしたら明らかにバリスタアイで淹れたコーヒーより香りの無さにびっくりしました。 本当にびっくりで、言っちゃ悪いかもしれませんが、香りがないに等しいぐらいで唖然としました。 一方はバリスタアイ、一方は自分の手で淹れたレギュラーソリュブルコーヒーは匂いの確認をするまでもなく、バリスタアイを使ったほうが豊かな香りでした。 バリスタアイはインスタントコーヒーより味が安定する バリスタアイは、メニューごとに規定量のお湯を使ってコーヒーを作るので抽出量が固定されています。 また、お湯とインスタント粉末を撹拌部でかき混ぜてから抽出するのでインスタント粉末の溶け残りがなく、コーヒーの濃さが安定します。 これがもしインスタントコーヒーならコーヒーに必要なお湯を少し多めに作って不足しないようにするので注ぐお湯の量にばらつきがでるのは当たり前ですし、カップの底にインスタント粉末が少しだけ溶け残ったりなどコーヒーの味が薄くなったり、濃くなったりブレてしまいます。 バリスタアイはコーヒーの濃さが固定されているならコーヒーを作ってみて自分好みではなかったときに困ると思うかもしれませんが、バリスタアイはコーヒーの濃さも調節できます。 それにスマホからネスカフェアプリを使えばコーヒーの粉末量と水の量を比例させながらコーヒーの量も調節できるので自分が持っているカップの大きさ合った量のコーヒーが作れます。 コーヒーの濃さの調節は一度設定をしてしまえばバリスタアイの電源をオフにしてもリセットされないので最初に一度だけ自分好みのコーヒーを作ってしまえばそれ以降は毎回、同じ量・同じ味が作れるの重宝します。 バリスタアイはインスタントと同じ手軽さ インスタントコーヒーを飲む人は手軽にコーヒーを飲みたい人だと思います。 そこでバリスタアイを使ったときに手軽さはどうなんだと思うはずです。 水を沸騰させるまで沸かさないので電気ケトルでお湯を沸かす速度より早くコーヒーが作れます。 なので、手軽さの側面ではインスタントコーヒーと同じで簡単に作れます。 でも、問題はお手入れです。 お手入れはインスタントコーヒーと比べるとやらないといけないところが複数あります。 なんせバリスタアイは機械ですからね。 バリスタアイで毎日洗わないといけないところは「撹拌部」と「給水タンク」です。 (バリスタアイの内部はお湯を瞬間的に作って撹拌部でコーヒーを淹れる形になるので内部が汚れたりすることはありません) 撹拌部は、お湯とインスタント粉末がかき混ぜられるところで詰まると大変だから、使うたびに洗う必要はないけど、やっぱり一日一回は洗ったほうがいいです。 給水タンクは、水道水を使っているなら塩素入りなのでそこまで気を使う必要がありません。 軽くゆすいで中の水を変えるだけで十分です。 でも、ミネラルウォーターを使うなら管理をしっかりしてください。 水の中に塩素が入っていないので雑菌が繁殖しやすく、何日も給水タンクの中の水を放置すると良くないです。 汚れたら洗わないといけないところは「ドリップトレイ」と「抽出口カバー」です。 バリスタアイで抽出が終わったあとはわりと滴が落ちないようになっているのでそこまで汚れません(動画内1分頃)。 しかし、コーヒーができてすぐにカップを取り出したりすると何滴かコーヒーが落ちていたりすることもあるので汚れが気になったら洗うことが必要です。 抽出口カバーは黒色なのでブラックコーヒーを淹れるなら色合い的に汚れが目立ちません。 だから気になったら洗う程度で大丈夫です。 でも、ラテメニューのとくにカプチーノを飲むならネスレ ブライトの泡立ての際に勢いよくお湯を噴射するので跳ね返りがひどいです。 抽出口カバーに白い斑点模様の汚れが付いてしまうので定期的に洗う必要があります。 バリスタアイが気になっているなら以上のように汚れを洗わないといけないことを理解した上で使ってみるか考えてください。

次の

ネスカフェ バリスタのエラー・故障の対応方法 ランプ点滅(シャワーマーク・工具マーク)・水漏れなど

バリスタ エクセラ

製品概要 [ ] 緑色に点灯している抽出ボタン(抽出中は点滅)とその周辺の5つのボタンを押すことで様々な味のコーヒーを楽しめる。 後部にはウォータータンクがあり、水を入れることでホットコーヒーが飲める。 着せ替えもでき、外付きのパネル(シルバー、レッド、オレンジの3色)が別売りで販売されている。 (後述するゴールドブレンド バリスタ シンプルを除く)とを作る際、勢いよく熱湯が噴出する機能がついておりあらかじめカップに注いだミルクを泡立てるようになっている。 後部のウォータータンクは通常800ml(無印のゴールドブレンド バリスタ 初代、2代目共に 、およびゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]での場合。 ゴールドブレンド バリスタ TAMAとゴールドブレンド バリスタ i、ゴールドブレンド バリスタ シンプルは各1,000ml)のものがセットされるが、各機種オプションのタンクキットを購入することで最大2,000mlに拡張することも可能(日本国外タイプのアレグリアでは最初から2,000mlのタンクが装備されている )。 2013年9月1日には「「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」が一部改良。 型番が HPM9631(家電量販店専売モデル)、および SPM9631(通常モデル)となる。 電源スイッチの位置が本体左側面下部から前面パネルの操作ボタンの中心部に変更されたほか、操作ボタンの形状が大型化され、新機能として電源のオートシャットオフ機能が装備された。 2014年10月1日には、その上位モデルとして「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ TAMA」 メーカー希望小売価格・税別9,260円。 以下バリスタ TAMA を発売。 型番は HPM9633(家電量販店専売モデル)、および SPM9633(通常モデル)。 名称はとのコラボレーションであることと、デザインがコーヒー豆をイメージさせる丸みを帯びたデザインであることに由来する。 新機能として本体内部のウォーターパイプ、およびコーヒー抽出ノズルのクリーニング(洗浄)機能が装備された。 これに伴い、既存の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」はバリスタ TAMAの(普及版)として位置付けられ、更に2015年9月1日よりメーカー希望小売価格が大幅に引き下げられた 税別5,537円に引き下げ。 2016年10月1日には、既存の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ TAMA」をベースにバリスタ本体にインターフェースを搭載した最上級機種の「 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」が発売された (メーカー希望小売価格・税別7,389円)。 型番は HPM9635(家電量販店専売モデル)、および SPM9635(通常モデル)。 2017年9月1日には既存の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」をベースに小型化したネスカフェ ゴールドブレンド発売50周年記念モデルの「 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty(フィフティ)]」が発売された(期間限定本体色のシャンパンゴールドのみ同年10月1日発売。 メーカー希望小売価格・税別8,315円 通常モデルのみメーカー希望小売価格・税別7,389円 )。 型番は HPM9634(家電量販店専売モデル)、および SPM9634(通常モデル)。 2018年9月1日には機能を大幅に簡素化した廉価版にして先述の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の後継モデルとなる「 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル」が発売された(メーカー希望小売価格・税別4,612円)。 型番は HPM9636(家電量販店専売モデル)、および SPM9636(通常モデル)。 またこの機種に限り、対応するコーヒーメニューはブラックコーヒーとカフェラテのみとなる。 2019年11月1日にはシリーズ最上級モデルの「 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ Duo[デュオ]」が発売された(メーカー希望小売価格・税込14,800円)。 型番は HPM9637(家電量販店専売モデル)、および SPM9637(通常モデル)。 開発の経緯 [ ] 元々ネスレ日本では、若年層におけるインスタントコーヒー離れの動きに対する対応策を2000年代に入り検討していた。 それとは別に各国のネスレ現地法人の首脳が年1回集まる会議において、スイスのネスレ本社から「業務用のコーヒーメーカーを小型化する」技術を利用した商品の企画の話が持ち上がり、この提案に唯一ネスレ日本が前向きな姿勢を示したことから、この2つの動きを統合する形でより開発がスタートした。 ただ開発はスイス本社と日本との連携で進めたため、1日200通以上のメールが飛び交う日もあった。 日本向けに重視したポイントとしては「内部のパーツが全て洗えること」「温度は高め」「時間は短め(具体的にはカプチーノを1分で抽出できること)」の3点だという。 ネスレ日本では他社が簡単に参入できないように「本体価格は低めに設定し、コーヒーカートリッジの販売で利益を出す」販売戦略を取っており「本体だけでは利益は出ていない」という。 ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス(60g)• ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック(55g)• ネスカフェ ゴールドブレンド 香り芳醇(50g)• ネスカフェ エクセラ バリスタ専用(105g)• ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 ボルカニックブラック ブレンド(50g)• ネスカフェ 香味焙煎 円やか ジャガーハニー ブレンド(50g)• ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか アフリカンムーン ブレンド(50g)• ネスカフェ プレジデント(60g)• ネスカフェ ロースタリー ダークロースト(50g)• ネスカフェ 香味焙煎 深煎り(60g)• ネスカフェ 香味焙煎 中煎り(60g)• ネスカフェ 香味焙煎 コクの豊潤 深煎り(60g)• ネスカフェ 香味焙煎 まろやか淡麗 中煎り(60g)• ネスカフェ プレジデント(75g)• ネスカフェ 香味焙煎 深み ふかみ (55g)• ネスカフェ 香味焙煎 丸み まるみ (55g)• ネスカフェ ゴールドブレンド オリジナル(70g、110g)• ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め(70g、110g)• ネスカフェ 香味焙煎 深み コスタリカブレンド(55g)• ネスカフェ 香味焙煎 丸み ケニアブレンド(55g)• ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 クンディナマルカ ブレンド(50g)• ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリ ブレンド(50g) 味のバリエーション [ ]• ブラックコーヒー(標準)• ブラックコーヒー(マグサイズ)• エスプレッソタイプ• カフェラッテ• カプチーノ CM出演者 [ ] 現在の出演者 [ ] (2019年11月現在該当なし) 過去の出演者 [ ]• - ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ(2013年2月 - )• - ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ(2013年10月 - 2014年8月)• - ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ TAMA(2014年10月 - 2015年8月)• - ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i(2016年10月 - 2017年8月) 注釈 [ ]• - ネスレ日本・2013年3月28日• ただしネスカフェ エクセラは非フリーズドライ(スプレードライ)製法となっているためネスカフェ ゴールドブレンド バリスタに利用する事ができない。 また他社のフリーズドライ製法が用いられたインスタントコーヒーも当然、推奨されていないため仮に故障した場合は有償修理扱いとなるので取扱いに注意が必要である。 - ネスレ・2012年2月7日• - 2016年8月29日• ただし、バリスタ 50[Fifty]、およびバリスタ シンプルは基本的にこのメニューに非対応だが、バリスタ50[Fifty]の場合に限り別途、スマートフォン用アプリ「ネスカフェ アプリ」を利用することでこのメニューに対応となる。 また、このタイプを選択してあらかじめ作る前に大きめのマグカップに氷を入れてアイスエスプレッソコーヒーを作る事もできる。 ただし、バリスタ シンプルのみ非対応。 関連項目 [ ]• - ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタと同様の電気コーヒー沸器(コーヒーサーバーまたはバリスタマシン)で、専用フレーバーカプセルを入れることでコーヒーが飲める。 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ネスカフェバリスタのエコ&システムパックとインスタントの違いは?そのまま飲んでOK?

バリスタ エクセラ

簡単なボタン操作で5種類ものメニューをコーヒショップに負けない味で楽しめる、日本で一番売れているコーヒーマシンの。 インスタントコーヒー離れを防ぐべく、ネスレが総力を上げて開発したというだけあり、操作性の良さや手入れの簡単さで長く人気を保っています。 本体価格も性能から考えれば、かなりお手頃ですし、1杯あたりの金額も、約15円~と魅力が満載です。 しかし、しか使用出来ない、というデメリットもあります。 インスタントと言っても、好みは分かれるもの。 そんな事が理由で、購入を諦めた方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな ネスカフェバリスタで使えるゴールドブレンド以外の詰め替え用の粉について紹介します。 ネスカフェレギュラーソリュブルコーヒー以外にも使える 日本で一番売れているコーヒーマシンだからこそ、コーヒー好きの強者達の研究の結果、指定の粉以外でも使える事が分かりました。 そもそも指定の詰め替え専用カートリッジ エコ&システムパック も、中身はインスタントコーヒーです。 理屈から言えば他社製品であっても、コーヒータンクに補充してやる事が出来れば、後は通常の操作で美味しいコーヒーが作れるわけです。 そんな訳で編み出された補充方法は二つあります。 詰め替え専用カートリッジを使用する方法 一つ目は指定の詰め替え専用カートリッジを、使用する方法です。 まずは店で専用カートリッジを購入して、普通にバリスタに補充します。 使用したカートリッジは取っておいて、底をカッターなどでくり抜きます。 次の補充時期になったら、底の抜けたカートリッジを漏斗の様に使って、好みの粉を補充します。 このようにレギュラーソリュブルコーヒーの詰め替え用カートリッジを使用して他のメーカーのコーヒーの粉を補充して使用することができます。 上記は旧モデルのバリスタの画像ですが、下記の様に新モデルでも同様に対応可能ですし、ゴールドブレンド以外にも香味焙煎などでも大丈夫です。 タンクの底の黒い蓋を外して補充する方法 二つ目の方法は、バリスタ本体内のコーヒータンクを外して、タンクの底の黒い蓋も外します。 そこから、好みの粉を補充します。 こちらの方法だと、毎回コーヒーのタンクを外す手間はかかりますが、レギュラーソリュブルコーヒーの詰め替え用カートリッジを使用しなくても、初回から好みのコーヒーで利用できます。 ネスカフェバリスタで使用可能なコーヒーの粉 ここまで補充の仕方を説明して来ましたが、補充する粉選びで一つ注意点が有ります。 それは、粉の状態についてです。 バリスタで利用できるのは粒が大きめのフリーズドライのみになります。 スプレードライという粉末に近い状態の物は利用できません。 またインスタント専用の機械になるので、当然ですがコーヒー豆は使えません。 同じネスカフェなので使えそうですが、ネスカフェ エクセラは粉末タイプなので使えません。 紛らわしいので注意してください。 ネスカフェエクセラがバリスタに対応しました!今後はバリスタでもエクセラが使えます。 ここからは、ネスカフェのコーヒー粉以外でバリスタで使えるモノを紹介していきます。 一番多く使われているのが、AGFのMAXIM マキシム です。 この商品は確かに、粒が大き目のコーヒーです。 コストの関係や味の好みで、選ばれる率が高めの様です。 KEY COFFEEのスペシャルブレンドや、UCC THE BREND 114、なども使えているようです。 それ以外にも上記で説明した様に、フリーズドライの製品は問題無く使えているという事です。 また使ってみた感想は、人によって違いますが、 他社の製品のコーヒーでも通常の淹れ方よりバリスタを使って淹れた方が美味しくなります。 ただし、他社のコーヒーを使う際は自己責任でお願いします。 さらに便利なバリスタの裏ワザ ボタンを押すだけで、カフェに負けない味を提供してくれるバリスタですが、裏ワザを使う事でまた一段と美味しさや楽しみが増します。 例えばカプチーノの場合、好みにもよりますが、工夫しない場合スチームミルクが少しぬるく感じる事があります。 これを解消する裏ワザは、事前にカップに入れた牛乳をレンジで30秒程加熱する事です。 こうする事でコーヒーの温度が下がらず、熱々のカプチーノが出来上がります。 更にカプチーノで使うスチームは手動で使えば、それのみでも利用できます。 これを使えば、ふわふわのココアやミルクティー、抹茶オレなどが作れるのです。 こちらの場合も、ミルクにココアなどを事前に入れてレンジで少し加熱し、きちんと溶かしてからスチームするのがコツになります。 純粋にミルクをレンジ加熱してから、手動スチームしてスチームミルクとして飲む、というのも美味しい様です。 また濃いめのカプチーノにしたい場合には、先に先程の手順でミルクをスチームした後で、エスプレッソを注ぐと良いようです。 コーヒーの濃さの調整方法は、ミルクの量でも調整できます。 薄くしたい場合は多く、濃くしたい場合は少なくします。 またコーヒーを作る時に、好みのフレーバーのシロップを入れると美味しいフレーバーコーヒーになります。 そのまま飲んでもカフェレベルと言われていますが、こんなに沢山の裏ワザが存在します。 皆さん貪欲に、その性能を楽しんでいるようです。 お店に行けば数百円のコーヒーが、値段を気にせず毎日楽しめるなんて幸せですよね。 これ以外にも探せば、きっと素敵な裏ワザがまだまだ存在する筈です。 バリスタを手に入れて、貴方もコーヒーの深い世界を探索してみませんか。 今回沢山の裏ワザを紹介しましたが、あくまでもこれらは裏ワザです。 メーカーの指示を守らず、無理矢理補充して他社製品を使うという荒技です。 壊れた場合などの修理や買い替えは自己責任になりますので、ご注意ください。 また、公式サービスとしてネスカフェ バリスタ本体が無料の定期お届け便もありますのでチェックしてみてください。

次の