インク カートリッジ 捨て 方。 使用済みインクカートリッジの回収

インクカートリッジの出し方:新宿区

インク カートリッジ 捨て 方

ゴミとしての分類 インクカートリッジはプリンタなどで使われるインクの容器でありインクを供給する装置でもあるため、印刷をする際に必要不可欠なものです。 そこで一般家庭から出る使用済みのインクカートリッジをゴミとして分類する方法を紹介します。 不燃ゴミ(燃えないゴミ) 使い終わったインクを捨てる場合、基本は不燃ゴミに分類します。 これは、中にインクがあるかどうかに限らず、処理する手段が不燃ゴミとなります。 ただし、自治体の中には小見として回収を行わないところが結構あるので、その際は一般ゴミで出さないように注意が必要です。 回収しているかどうかはホームページのゴミ分類表や分別の記載された配布用紙などで確認することができるでしょう。 もしわからない方は直に役所やゴミ処理センターに聞いてみましょう。 燃えるゴミ 自治体の中にはプランターのインクを燃えるゴミ(可燃ゴミ)として処分しているところがあります。 たいていは不燃ゴミですが、地域によっては不燃ゴミでは回収せず、燃えるゴミとなっているなど、お住まいの地域ごとに差があるので分別先をしっかりと確認しておきましょう。 お店のリサイクル回収 プリンタのインクカートリッジは、一般家庭のゴミに出す以外にリサイクルで出す方法があります。 主に家電量販店、インクの販売店に設置してある箱に入れてリサイクルに出すというのがゴミを分別する際にほとんどの自治体で勧められていることです。 一応、一部自治体でゴミとして回収できることにはなっていますが、インクカートリッジはできる限りリサイクルをすべく買ったお店で回収するように促しています。 その理由は、回収箱の設置を自治体の建物などの中に行う、「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の取り組みが全国的に行なわれているからです。 電池ボックスなど他の回収箱との見分け方は、里帰り君のキャラクターが描かれていることであり、それが専用ボックスの目印です。 また、郵便局などで回収箱を設置していますし、学校などの教育団体が行うベルマーク回収としてインクカートリッジを回収対象としています。 資源ゴミには出せない リサイクルする場合、勝手に資源ゴミには出さないように注意しなければなりません。 資源だからリサイクルできると思っている方もいるかもしれません。 ですが、資源ゴミの回収に出してもインクカートリッジのゴミはリサイクルできるようにはなっていません。 間違って資源ゴミで回収されると、多くの場合、処理場ではインクを破棄するかそもそも回収を行わないのが普通です。 回収箱を探すのが面倒な人は、製品のメーカーの中には宅配回収の実施を行う会社もあるのでそちらを利用しましょう。 純正品でないカートリッジは、回収ボックスには入れられないため、不燃ゴミや燃えるゴミで捨てます。 それ以外では収集できないことがほとんどです。 地域によってはプラスチックゴミを指示されることがあるので、分別の用紙(しおりやカレンダーなど)や役所などでインクカートリッジの細かい分別を確認しておきましょう。 純正品のほとんどは、そういった利用の仕方ができないようになっていて、インクを入れてもエラーになることがあるなど、素直に捨てるのがベストです。 未使用の買取・出品をする プリンタを買い換えたり、間違えて別のインクを買ってしまったなど、未使用のインクカートリッジが不要になるという事例は意外とあります。 新品の場合、捨てたり分別でリサイクル回収に出すことももちろんできますが、売れるところに出せば新しいインクを買う費用の一部を捻出することができるでしょう。 エプソンなど知名度の高い未使用のインクカートリッジはある程度需要があるので、オークションやリサイクルショップで売ることができます。

次の

キヤノン:サポート 使用済みカートリッジ回収のご案内

インク カートリッジ 捨て 方

プリンターのインクカートリッジの捨て方を解説します ごみの分別で、自治体が回収するものには、可燃ごみ、不燃ごみ、資源、粗大ごみに分かれています。 これらは自治体が収集してくれます。 そのほか、家電リサイクル・パソコンについては、自治体は回収できず、捨てる人がメーカーに申し込むことになっています。 さらに、小型家電、水銀体温計は別途自治体が拠点を設けて回収しています。 この分け方で、可燃、不燃、粗大ごみの分別は、観念的に区別できますが、資源のうちのプラスチックの分別が分かりにくく、自治体清掃事務所から送ってくるごみ収集の案内で、品別ごとに「分別に迷うもの」の項目に相談することになります。 ビデオテープ、USBメモリーなどがその一例ですし、プリンターのインクカートリッジも、どうしたらよいかと迷うものです。 ここでは、プリンターのインクカートリッジの捨てるときの指針を示しましょう。 プリンターのインクカートリッジの間違った・あまりよくない捨て方 プリンターのインクカートリッジのごみは、自治体の分類では、燃えないごみに分類されるところと、燃えるごみに分けられるところがあります。 自治体によって異なりますので、自治体に問い合わせることです。 しかし、メーカーが独自に回収・リサイクルを行っていますので、自治体はそちらに従うように指導しています。 メーカーの回収については、次節で述べます。 間違ってはいませんが、あまりよくない捨て方です。 後述のメーカーによる回収拠点が遠かったりして捨てにくい場合に許されるごみの出し方です。 燃えないごみとしている自治体では、間違った捨て方です。 間違ってはいませんが、あまりよくない捨て方です。 後述のメーカーによる回収拠点が遠かったりして捨てにくい場合は許されるごみの出し方です。 燃えるごみとしている自治体では、燃えないゴミとして出すのは間違った捨て方です。 プラスチック製なので、プラスチックごみに出す人がいるかもしれませんが、違反です。 インクが残っている可能性が十分ありですので、資源にはなりません。 また、プラスチックの筐体に電気接続部の金属部が付いていますので、純プラスチックでなく、資源になりません。 プリンターのインクカートリッジの捨て方・処分の方法 プリンターのインクカートリッジの正しい捨て方は、以下のようにします。 回収ボックスの利用 プリンターのインクカートリッジのメーカーは、現在、エプソン、キヤノン、デル、ヒューレット・パッカード、ブラザーの5社です。 これらの5社と郵便局が、里帰りプロジェクトを実施しています。 里帰りプロジェクトは、環境保護を目的として、インクカートリッジの回収から再資源化までのリサイクル活動を推進する共同プロジェクトで、全国規模です。 参照元: この里帰りプロジェクトに自治体が協力しています。 使用済みのインクカートリッジは、回収拠点に設置されている回収ボックスに捨てるのが正しい捨て方です。 無料です。 ここで自治体の役目は、回収ボックスを設置するというだけで、実際の回収とリサイクルはメーカーが行います。 回収拠点 里帰りプロジェクトの使用済みインクカートリッジの回収拠点は、郵便局、自治体の清掃事務所、図書館やリサイクル関連、その他の自治体の施設などです。 郵便局や各自治体の清掃事務所に問い合わせると扱っている拠点がしられます。 また、メーカー別では、そのメーカーのインクカートリッジを扱っている販売店でも回収ボックスを用意しているところもあります。 例えば、ヨドバシカメラやヤマダ電機などです。 未使用の液体の入ったプリンターのインクカートリッジの捨て方・処分の方法は? 間違って型の違うインクカートリッジを買ってしまった場合や、未使用で、液体のインクが入ったままのプリンターのインクカートリッジが不要になった場合、どのように捨てればよいでしょうか。 その処分の方法を考えます。 出品には、それなりの料金がかかります。 プリンターのインクカートリッジの捨て方について疑問が残ったら この記事ではプリンターのインクカートリッジの捨て方について全てを網羅できた訳ではありません。 自治体によって、可燃ごみであったり、不燃ごみであったり、統一性がありませんが、自治体に尋ねるしかしようがありません。 自治体が用意している回収ボックスを利用するのは全国共通です。 疑問があるようでしたら、自治体の清掃事務所に問い合わせると回答が得られます。 本記事に関してもお問い合わせフォームからお問い合わせいただければ、随時、加筆や修正を行います。 まとめ プリンターのインクカートリッジの捨て方は、里帰りプロジェクトの使用済みインクカートリッジの回収拠点に置かれた回収ボックスを利用することが最も望ましい方法です。 また、販売店では、取り扱っているメーカーの製品に関しては回収ボックスを設置しているところもありますので、その利用も好ましい方法です。 次善の策として、可燃ごみまたは不燃ごみとして捨てる方法があります。 可燃ごみか不燃ごみかは、自治体により異なりますので、必ず自治体の清掃事務所に問い合わせて確認してください。 資源ではありません。

次の

インクカートリッジ互換タイプおすすめ商品と捨て方と回収方法

インク カートリッジ 捨て 方

プリンターのインクカートリッジの捨て方を解説します ごみの分別で、自治体が回収するものには、可燃ごみ、不燃ごみ、資源、粗大ごみに分かれています。 これらは自治体が収集してくれます。 そのほか、家電リサイクル・パソコンについては、自治体は回収できず、捨てる人がメーカーに申し込むことになっています。 さらに、小型家電、水銀体温計は別途自治体が拠点を設けて回収しています。 この分け方で、可燃、不燃、粗大ごみの分別は、観念的に区別できますが、資源のうちのプラスチックの分別が分かりにくく、自治体清掃事務所から送ってくるごみ収集の案内で、品別ごとに「分別に迷うもの」の項目に相談することになります。 ビデオテープ、USBメモリーなどがその一例ですし、プリンターのインクカートリッジも、どうしたらよいかと迷うものです。 ここでは、プリンターのインクカートリッジの捨てるときの指針を示しましょう。 プリンターのインクカートリッジの間違った・あまりよくない捨て方 プリンターのインクカートリッジのごみは、自治体の分類では、燃えないごみに分類されるところと、燃えるごみに分けられるところがあります。 自治体によって異なりますので、自治体に問い合わせることです。 しかし、メーカーが独自に回収・リサイクルを行っていますので、自治体はそちらに従うように指導しています。 メーカーの回収については、次節で述べます。 間違ってはいませんが、あまりよくない捨て方です。 後述のメーカーによる回収拠点が遠かったりして捨てにくい場合に許されるごみの出し方です。 燃えないごみとしている自治体では、間違った捨て方です。 間違ってはいませんが、あまりよくない捨て方です。 後述のメーカーによる回収拠点が遠かったりして捨てにくい場合は許されるごみの出し方です。 燃えるごみとしている自治体では、燃えないゴミとして出すのは間違った捨て方です。 プラスチック製なので、プラスチックごみに出す人がいるかもしれませんが、違反です。 インクが残っている可能性が十分ありですので、資源にはなりません。 また、プラスチックの筐体に電気接続部の金属部が付いていますので、純プラスチックでなく、資源になりません。 プリンターのインクカートリッジの捨て方・処分の方法 プリンターのインクカートリッジの正しい捨て方は、以下のようにします。 回収ボックスの利用 プリンターのインクカートリッジのメーカーは、現在、エプソン、キヤノン、デル、ヒューレット・パッカード、ブラザーの5社です。 これらの5社と郵便局が、里帰りプロジェクトを実施しています。 里帰りプロジェクトは、環境保護を目的として、インクカートリッジの回収から再資源化までのリサイクル活動を推進する共同プロジェクトで、全国規模です。 参照元: この里帰りプロジェクトに自治体が協力しています。 使用済みのインクカートリッジは、回収拠点に設置されている回収ボックスに捨てるのが正しい捨て方です。 無料です。 ここで自治体の役目は、回収ボックスを設置するというだけで、実際の回収とリサイクルはメーカーが行います。 回収拠点 里帰りプロジェクトの使用済みインクカートリッジの回収拠点は、郵便局、自治体の清掃事務所、図書館やリサイクル関連、その他の自治体の施設などです。 郵便局や各自治体の清掃事務所に問い合わせると扱っている拠点がしられます。 また、メーカー別では、そのメーカーのインクカートリッジを扱っている販売店でも回収ボックスを用意しているところもあります。 例えば、ヨドバシカメラやヤマダ電機などです。 未使用の液体の入ったプリンターのインクカートリッジの捨て方・処分の方法は? 間違って型の違うインクカートリッジを買ってしまった場合や、未使用で、液体のインクが入ったままのプリンターのインクカートリッジが不要になった場合、どのように捨てればよいでしょうか。 その処分の方法を考えます。 出品には、それなりの料金がかかります。 プリンターのインクカートリッジの捨て方について疑問が残ったら この記事ではプリンターのインクカートリッジの捨て方について全てを網羅できた訳ではありません。 自治体によって、可燃ごみであったり、不燃ごみであったり、統一性がありませんが、自治体に尋ねるしかしようがありません。 自治体が用意している回収ボックスを利用するのは全国共通です。 疑問があるようでしたら、自治体の清掃事務所に問い合わせると回答が得られます。 本記事に関してもお問い合わせフォームからお問い合わせいただければ、随時、加筆や修正を行います。 まとめ プリンターのインクカートリッジの捨て方は、里帰りプロジェクトの使用済みインクカートリッジの回収拠点に置かれた回収ボックスを利用することが最も望ましい方法です。 また、販売店では、取り扱っているメーカーの製品に関しては回収ボックスを設置しているところもありますので、その利用も好ましい方法です。 次善の策として、可燃ごみまたは不燃ごみとして捨てる方法があります。 可燃ごみか不燃ごみかは、自治体により異なりますので、必ず自治体の清掃事務所に問い合わせて確認してください。 資源ではありません。

次の