シューティング スター ドラゴン tg ex。 TG(テックジーナス)デッキレシピ2020と回し方を解説!展開例についても紹介!

【レジェンダリー・ゴールド・ボックス】当たりカードランキング,全収録カードリストまとめ

シューティング スター ドラゴン tg ex

集いし夢の結晶が新たなのを開く。 さすとなれ! !! 生来せよ、シューティング・スター・ドラゴン!! シューティング・スター・ドラゴンとは、「」登場するである。 概要 、の「」がした姿。 ドの地に達したことで、の石から手に入れた。 本来は側のから何故このがに託されたのかは今のところに包まれている。 ()が言うには、クルの出現のため、であるとのことだが。 をするためには、ドの地に達した上で、加速を行なう必要があり、はので動揺したことで、()は に加速を妨されて失敗している。 このため、専用のだと思われる。 (テック・ジー)に今度はと2体以上のを要する更なるが登場することが決まっており、もしかするとシューティング・スター・ドラゴンも更にする可性があるかもしれない。 そして、クル編でのとのの最中、新たな地「ド」に覚めたが「」を召喚した。 その後、が破壊された効果によりシューティング・スター・ドラゴンを召喚、にを決めた。 クルでの戦いに決着をつけたが「進みべき」に答えを見出すべくとのにおいて召喚している。 自分のの上からを5枚までめくる。 このこのはその中のの数まで1度のフェ中に攻撃する事ができる。 その後めくったをに戻してする。 上のを破壊する効果が発動した時、その効果を効にし破壊する事ができる。 相手の攻撃宣言時、このをから除外し、相手1体の攻撃を効にする事ができる。 フェ時、この効果で除外したこのを特殊召喚する。 攻撃名「・」 第1の効果を使った場合は、攻撃回数分だけシューティング・スター・ドラゴンが分身し、毎に1体ずつが攻撃。 使わなかった場合は五色の残像をった体当たりで攻撃。 ただ、戦では、効果を使ってないのに、分身して一斉攻撃もしていた。 また、攻撃の際に脚部を折り変形する、から気流が噴き出すなどの演出も見られる。 での効果を使えると言う誘発即時効果。 「の効果、1に1度、相手上の1体を吸収する!」 「シューティング・スター・ドラゴンの効果、このを除外・・・できない、だと」 相手の攻撃宣言時にこのを除外して、1度だけを効にする誘発効果の3つの効果を持っている。 現状、同じパックで登場したのにべると、効果を活かすためには専用の構築が必要、自身への破壊耐性が1度のみという点で評価は芳しくない。 但し、の登場によりその価値が高まった模様。 においては、相手にできる召喚はこちらに内蔵されており、除外効果も物質装置と同様のの効果だった。 しかし、の方がのままでは除去が困難になるので、化における変更はやむなしと言える。 (これについてはも同様) 話の戦で初めて召喚されて以来、のの多くでこのがフィニッシャーを努めている。 また、このが登場するときは挿入歌「」が流れるのがとなっている。 (通称、) 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【レジェンダリー・ゴールド・ボックス】当たりカードランキング,全収録カードリストまとめ

シューティング スター ドラゴン tg ex

まず 「TG」デッキのは展開し、シンクロ召喚を行わないと話になりません。 その為、 「TG」デッキでは展開が重要になっていきます。 まず展開の要となるモンスターはチューナーモンスターである 「 TG スクリュー・サーペント」「TG ストライカー」「TG ギアゾンビ」 非チューナーモンスターである 「TG ワーウルフ」「TG ブースター・ラプトル」「TG ドリル・フィッシュ」などを筆頭に「TG」モンスターを展開し、デルタアクセルシンクロまで展開いく形です。 展開例の1つとしては 「TG トライデント・ランチャー」で展開後は 「TG ハイパーライブラリアン」と 「TG スターガーディアン」をシンクロ召喚することで「 TG スターガーディアン」の効果で墓地から回収した 「TG」モンスターを効果でそのまま特殊召喚することが出来ます。 この時 「TG ブースター・ラプトル」と手札に 「TG サイバー・マジシャン」 「TG タンク・ラーヴァ」「TG ギア・ゾンビ」のいずれかがあれば 「 TG レシプロ・ドラゴン・フライ」をシンクロ召喚し「 TG ハイパーライブラリアン」の効果で1ドローしつつ、エースモンスターであ 「 TG ハルバード・キャノン」をシンクロ召喚できます。 またこのデッキではシンクロ召喚が非常にしやすく、状況に応じてシンクロ召喚するモンスターを選べるのも強みとなっているのが特徴です。 「TG」デッキではレベル5シンクロモンスターを2体、レベル2シンクロチューナーモンスター 「 TG レシプロ・ドラゴン・フライ」を展開する動きが重要となります。 また 「TG トライデント・ランチャー」は強力な展開リンクモンスターであるものの、効果を使うと制約により自分はエクストラデッキから「TG」モンスターしか特殊召喚出来なくなりますが、相手のターンであればその制約は切れるので、相手ターンに 「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」をシンクロ召喚することも出来ますので、状況に応じて選ぶと良いでしょう。 またデルタアクセルシンクロモンスターである2体以外にアクセルシンクロモンスターである 「シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX」は相手のモンスター効果と相手の攻撃を無効にすることができ、強力です。 「シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX」の3つ目の効果である自己蘇生効果は強力であるものの、コストがシンクロモンスター 2体と重めなので効果を使う際は、状況をしっかりと見極める必要がありますので注意しましょう。 「シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX」をシンクロ召喚した後でも 「 TG レシプロ・ドラゴン・フライ」で素材にした2体を蘇生できるので、 「 TG レシプロ・ドラゴン・フライ」をシンクロ召喚した後は状況に応じて 「TG ハルバード・キャノン」 「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」をシンクロ召喚していく戦術がオススメです。 最初は練習が必要な部分もあるテーマではありますが、覚えてしまえば非常に強力なシンクロ召喚を操ることができるので皆さんも是非トライしてみましょう! 「TG」デッキは大会でも結果を出してます! カードキングダム川口駅前店さんで行われた キャラ風デッキ大会で早速優勝と言う結果を出されました! 本日の遊戯王キャラ風デッキ大会の優勝は『よしあし』様です。 今週の人気記事一覧!!•

次の

遊戯王カードWiki

シューティング スター ドラゴン tg ex

集いし夢の結晶が新たなのを開く。 さすとなれ! !! 生来せよ、シューティング・スター・ドラゴン!! シューティング・スター・ドラゴンとは、「」登場するである。 概要 、の「」がした姿。 ドの地に達したことで、の石から手に入れた。 本来は側のから何故このがに託されたのかは今のところに包まれている。 ()が言うには、クルの出現のため、であるとのことだが。 をするためには、ドの地に達した上で、加速を行なう必要があり、はので動揺したことで、()は に加速を妨されて失敗している。 このため、専用のだと思われる。 (テック・ジー)に今度はと2体以上のを要する更なるが登場することが決まっており、もしかするとシューティング・スター・ドラゴンも更にする可性があるかもしれない。 そして、クル編でのとのの最中、新たな地「ド」に覚めたが「」を召喚した。 その後、が破壊された効果によりシューティング・スター・ドラゴンを召喚、にを決めた。 クルでの戦いに決着をつけたが「進みべき」に答えを見出すべくとのにおいて召喚している。 自分のの上からを5枚までめくる。 このこのはその中のの数まで1度のフェ中に攻撃する事ができる。 その後めくったをに戻してする。 上のを破壊する効果が発動した時、その効果を効にし破壊する事ができる。 相手の攻撃宣言時、このをから除外し、相手1体の攻撃を効にする事ができる。 フェ時、この効果で除外したこのを特殊召喚する。 攻撃名「・」 第1の効果を使った場合は、攻撃回数分だけシューティング・スター・ドラゴンが分身し、毎に1体ずつが攻撃。 使わなかった場合は五色の残像をった体当たりで攻撃。 ただ、戦では、効果を使ってないのに、分身して一斉攻撃もしていた。 また、攻撃の際に脚部を折り変形する、から気流が噴き出すなどの演出も見られる。 での効果を使えると言う誘発即時効果。 「の効果、1に1度、相手上の1体を吸収する!」 「シューティング・スター・ドラゴンの効果、このを除外・・・できない、だと」 相手の攻撃宣言時にこのを除外して、1度だけを効にする誘発効果の3つの効果を持っている。 現状、同じパックで登場したのにべると、効果を活かすためには専用の構築が必要、自身への破壊耐性が1度のみという点で評価は芳しくない。 但し、の登場によりその価値が高まった模様。 においては、相手にできる召喚はこちらに内蔵されており、除外効果も物質装置と同様のの効果だった。 しかし、の方がのままでは除去が困難になるので、化における変更はやむなしと言える。 (これについてはも同様) 話の戦で初めて召喚されて以来、のの多くでこのがフィニッシャーを努めている。 また、このが登場するときは挿入歌「」が流れるのがとなっている。 (通称、) 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の