メルペイ 飲食 店。 メルペイのコード払いはどこで使える?対応の加盟店舗・支払い方法・ポイント付与など使い方まとめ【QRコード・バーコード決済】

【6月更新】メルペイの使えるお店一覧【コード払い/iD決済/ネットショップ】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ 飲食 店

セブン銀行からチャージがお得!2020年4月30日(木)まで 2020年4月6日(月)からになっています。 キャンペーン 名称 セブン銀行ATM チャージキャンペーン キャンペーン 内容 期間中にセブン銀行ATMで1回5,000円以上 チャージすると500円ポイントがもらえる キャンペーン 対象者数 先着50,000人限定 キャンペーン 期間 2020年4月6日 月 00:00から 2020年4月30日 木 23:59まで すすメルペイ 2020年4月現在友人を紹介すればポイントがもらえる「」キャンペーンが継続的に実施しています。 メルペイの導入ニュース【2020年4月更新】 メルペイが比較的最近導入された店舗をご紹介します。 ケンタッキー【2020年4月16日(木)から】 2020年4月16日(木)からしています。 ファミリーマート【2020年3月31日(火)から】 2020年3月31日(火)よりしています。 ここからは主要ジャンルのメルペイ導入状況をご紹介します。 家電量販店 は充実しています。 ヨドバシカメラでもiD払いできる 大手家電量販店です。 ドラッグストア 家電量販店につづいても充実しています。 コスモス薬品では使えない 大手ドラッグストア コスモス薬品ではメルペイ決済が使えない状況です。 コンビニ またも不自由しないでしょう。 スーパーマーケット は他のジャンルに比べて導入が進んでいないジャンルといえます。 ファミレス は他決済と比べても充実しています。 サイゼリヤは使えない 大手ファミレスチェーンのサイゼリヤはメルペイの導入にいたっていません。 回転寿司 も多い状況です。 カラオケ も少しずつ増えているといえます。 カフェ も拡充を進めています。 スタバでは利用不可 大手カフェチェーンの スターバックスでメルペイ決済は利用不可です。 スタバは独自のモバイル決済に力を入れているため参入の障壁は高いのかもしれません。 ネットショッピング メルペイはショップリストやマガシークなどネットショッピング(オンライン決済)への導入も進めています。 Amazonも未導入 大手通販サイトの Amazonもメルペイ決済未導入です。 使える店の拡大とキャンペーンやクーポンに期待 メルペイはiDとの連携を武器にユーザー基盤を獲得しています。 今後のメルペイにはコード決済を使える店の開拓やユーザーへのキャンペーンを期待したいですね。 NO CASHLESS NO LIFE.

次の

メルカリからのお知らせ メルペイフィーバーキャンペーン対象のお店について

メルペイ 飲食 店

良質メルペイ高還元率キャンペーンが、戻ってきた。 さすが、メルペイ。 メルペイユーザーとしては嬉しすぎる。 入ってない人は、すぐ。 3000ポイントバックです。 ありがたく、もらっておきましょう。 本人確認ありなし、18歳未満(以上)だと、多少条件が違いますが、結局、色々買い物すると、上限還元までもらっちゃうかも。 メルカリとしては、毎日使ってもらいたいってことですね。 と一緒に使いましょう。 招待コードをお持ちでない方は、インストール時に、よろしければ招待コード「 SGEHSG」を使ってください。 招待コードをお持ちでない方は、インストール時に、よろしければ招待コード「 SGEHSG」を使ってください。 スポンサーリンク 目次• 皆に3000ポイント。 最大50%還元!メルペイフィーバーキャンペーン メルペイフィーバーキャンペーンは対象のお店にてお買い物をすると、 お支払い金額の最大50%相当分のポイントを翌日還元するキャンペーンです。 適用される還元率は以下の還元条件を参照ください。 キャンペーン期間中、各フィーバーの対象となるお店とフィーバー期間はそれぞれ以下のとおりです。 調剤についてはご利用いただけません。 メルペイのiD決済、コード決済およびネット決済でのお買い物を利用した場合もポイント還元の対象です。 メルカリアプリ内での購入、Suicaチャージは本キャンペーンによるポイント還元の対象外です。 スポンサーリンク キャンペーン参加方法( メルペイフィーバー・メルペイサンデー) 対象となる支払い方法• メルペイのポイント払い• メルペイスマート払い 18歳以上のみご利用いただけます• メルペイ残高払い チャージ払い・一部ポイントを使ったお支払いも含む 対象となるお店と店頭での決済方法 《メルペイフィーバー》 各フィーバー期間中の対象店舗が対象になります。 《メルペイサンデー》 「iD」マークがあるお店または「メルペイ」マークがあるお店でのお支払いがポイント還元対象です。 「iD」マークがあるお店では「iD決済」、「メルペイ」マークがあるお店では「コード決済」をご利用ください。 スポンサーリンク ポイントの還元について ポイントの還元上限は、メルペイフィーバーとメルペイサンデー合わせて、キャンペーン期間中を通じて合計P3,000です。 ポイント履歴へは「メルペイフィーバー・サンデーキャンペーン」と表記されます。 ポイントの有効期間限は付与された日を含めて 60日です。 本キャンペーンについての問い合わせは【メルペイフィーバーキャンペーン】または【メルペイサンデーキャンペーン】と記載のうえ、「マイページ>お問い合わせ>クーポン・キャンペーンについて>メルペイのキャンペーン」からご連絡ください。 本キャンペーンへは、App Store iOS または Google Play Android にて最新版アプリをダウンロードしてからご参加ください。 本キャンペーンは、Webサイトから参加することはできません。 お支払い用銀行口座の登録後、銀行によってはメルペイ残高へのチャージが可能になるまで数日かかる場合があります。 当社が対象外としたお店や一部商品はキャンペーン対象外になる場合や、メルペイでのお支払いができない場合があります。 特定のお店や商品が本キャンペーンの対象となるかのお問い合わせに関しましては、個別にお答えできません。 還元されるポイントは、各還元対象のお支払い毎に計算し、小数点以下の端数を切り捨てたポイント数が付与されます。 メルペイフィーバーとメルペイサンデー両方の還元対象となる場合は、メルペイフィーバーの還元のみが適用されます。 ポイント還元後に返品等、決済の取り消しをした場合、当該決済により還元されたポイント分を、お客さまが所持しているポイントから差し引きます。 所持ポイントが差し引くポイントの額に満たない場合、不足分相当をメルペイ残高から差し引きます。 上記によりポイントを差し引いた決済の後にキャンペーンの条件を満たす決済がある場合は、還元の上限額に達するまで、ポイント還元の対象となります。 ポイント還元までに退会済みおよび、ご利用をお断りすることとなったお客さまはポイント還元の対象外となる場合があります。 複数アカウントによるキャンペーン参加等、不正行為が確認された場合、当社規定に基づき、利用停止その他必要措置を取ることがあります。 不正行為等によるポイント取得を確認した場合、ポイント還元対象外とし、還元によって付与されたポイントは取消となる場合があります。 本キャンペーンにより還元されたポイントは金融機関口座へ出金することはできません。 本キャンペーン実施中にメンテナンスなどの影響によりアプリがご利用いただけず、キャンペーンの条件が満たせない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本キャンペーンは予告なく変更・中止・延長する場合があります。 本キャンペーンは株式会社メルペイが主催しているものであり、Apple Inc. 、アップルジャパン合同会社によるものではありません。 メルペイでは、今後も同種または類似のキャンペーンを行う場合があります。 次回以降のキャンペーンの詳細についてのお問合せにはお答えしておりません。 メルカリのプライバシーポリシーはからご確認できます。 メルペイの会社概要はからご確認できます。 終了の場合はドコモにて事前に告知します。 d払いの決済手続きが完了された方は、ドコモからレシートメールが送付され、レシートメールに記載の「ご利用日」がキャンペーン期間内であるお買物が対象となります。 <対象外となるお買物> ・d払いのお支払い方法をdカード以外のクレジットカードに設定されたご購入分(電話料金合算払い、dカードでのお支払い、口座払いでのお買い物は対象となります) ・d払い(iD)でのご購入分 ・dポイントでのご利用分 (例)1,000円の商品で100ポイント利用した場合は、900円分が本キャンペーンにおけるポイント進呈の対象となります。 ・クーポンでのご利用分 (例)1,000円の商品で100円のクーポンを利用した場合は、900円分が本キャンペーンにおけるポイント進呈の対象となります。 なお、ご利用時にドコモから送付されるレシートメールには、獲得予定のベースポイント(通常ご購入時に進呈するdポイント)のみの記載となります。 【進呈ポイント種別】 dポイント(期間・用途限定) 【有効期限】 進呈日から3か月間 出典:メルカリ、メルペイ.

次の

【2020年5月最新】メルペイの使える店・加盟店・コンビニ

メルペイ 飲食 店

これらはLINEPayやPayPayにはない特徴です コンビニ・ドラッグストア・飲食店などのメルペイ加盟店舗で使うことができ、決済が可能な電子ウォレットサービス。 2019年2月13日にiOS版のメルカリに導入されました。 実際に店舗で使うためにはApple Payに対応したiPhoneを使う必要があります。 「iD(アイディ)」というシステムを用いて支払い処理を行う仕組みですね。 メルペイは現状iOSのみで提供されていますが、2月下旬〜3月中旬にはAndroidに実装され、同時期にバーコード(QR)決済にも対応するとのこと。 ATMで引き出すよりもコスパに優れています。 【約135万店舗!】メルペイが使えるお店一覧 さっそくメルペイが使えるお店を紹介していくよ 結論から言うとメルペイは 「iD(アイディ)決済に対応している全ての店舗」で利用ができます。 先ほど述べたとおり、メルペイがiDの仕組みを用いて決済を行っているからですね。 iDの仕組みについては別の記事で詳しく紹介します。 以下でジャンルごとにメルペイが使えるお店のを紹介します。 iDが利用できることで開始当初から約90万の店舗できましたが、2019年11月現在はさらに 約135万の店舗で利用可能となっています。 以下でジャンルごとに紹介してきます。 スーパーのライフは2019年9月からコード決済できるようになりました。 メルペイと連携できる銀行(抜粋) 愛知銀行、青森銀行、足利銀行、イオン銀行、岩手銀行、愛媛銀行、大垣共立銀行、香川銀行、北日本銀行、紀陽銀行、京都銀行、高知銀行、埼玉りそな銀行、静岡銀行、大光銀行、第三銀行、大東銀行、筑邦銀行、中京銀行、徳島銀行、栃木銀行、鳥取銀行、トマト銀行、西日本シティ銀行、福島銀行、三重銀行、みずほ銀行、みちのく銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行 ほとんどの銀行に対応しているので、「連携できない!」ということは無いと思います。 三菱UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などの主要の銀行にもしっかりと対応しているのでほとんどの方が利用できるのではないでしょうか。 まとめ:2019年11月現在、使える店は135万店舗! メルペイが利用可能な店舗を紹介してきました。 2019年11月時点で使えるお店は135万ほど。

次の