エモ い 意味。 「エモい」って、実際どういう意味なの?調査してみた

エモいの意味は?音楽やそれ以外の使い方を解説!

エモ い 意味

皆さんは『エモい』という言葉を聞いたことがありますか?聞いたことはあるけど使ったことはないという人もいれば、よく使うという人もいるかもしれません。 ただ、全く知らない人からすると『エモい』と言われても、全くピンときませんし、何を表している言葉なのかよく分かりませんよね。 今回はこの『エモい』というワードに注目して、語源や関連するワードを紹介していきたいと思います。 『エモい』は古い?新しい? そもそも『エモい』というのは、最近できた新しい言葉なのか、古く懐かしい言葉なのかというのも疑問ですよね。 雰囲気的に今はあまり使われなくなったギャル用語の一つのような気もします。 かといって本当に新しい言葉なのかと言うとそうでなはく、やはり2002年ごろに女子高生など若い年代の間で一度流行語になっていました。 時代は繰り返す…とはよく言ったものです。 しかし2000年代前半に流行った『エモい』と2016年から現代で使われている『エモい』は同じ意味ではないようです。 『エモい』の基礎知識 では改めて『エモい』という言葉がどうやって生まれたのか、どのようなシーンで使われているのか具体的に見ていってみましょう。 エモーショナルというのはemotionの形容詞形となっており、感情的・情緒的というような意味合いを持っています。 例えば「エモーショナルなライブだった」など、音楽や芸術の分野を称賛するような場面で使われることが多い形容詞です。 ただ劇的に激しいだけではなく、哀愁を誘うような感傷的な演出があるようなもの悲しさを含んだ時に使います。 感情に訴えかける様なパフォーマンスに心を突き動かされたり、感銘を受けたようなシーンを表現する時にピッタリの言葉なんです。 意味 エモーショナルが略されて『エモい』という言葉が作られたということなので、『エモい』の意味もエモーショナルとほぼ同じです。 感傷的で情緒ある物事に対して『エモい』と表現をします。 感動を受けてしみじみとその立派な有様を噛みしめたりするような感情を表す際にも使われます。 言われてみれば確かに似ているかもしれませんね。 2000年代前半に使われていた『エモい』 女子高生…いわゆるギャル達が主に使っていた『エモい』は、上記で紹介した意味合いとは全く違う言葉です。 この2つが組み合わさって『エモい』という言葉になりました。 スケベで気持ち悪い様子の人に対して「なにあの人、めっちゃエモいんですけど~」なんていうギャルの様子は容易に想像できますね…。 使い方 実際に『エモい』という言葉を使っている人はどんな風に会話に取り入れているのでしょうか。 会話している様子を思い浮かべながら考えてみましょう。 例1「この曲はものすごくエモい。 」 曲やライブなど音楽パフォーマンスに対して『エモい』というのは、その様子がどこか感傷的で刹那的だったりするような曲調や歌詞の場合に使われます。 激情を煽られて興奮しながらも、どこか胸の奥がジーンとするような感覚でしょう。 例2「今夜はなんだかエモい夜になりそうだ。 」 どこかしっとりとした雨の日や、お洒落なバーで一服している時など、なんだかしみじみとして感傷に浸っている時も物凄く『エモみ』を感じますね。 特別何があったわけでもないのに泣けてきたり、センチメンタルな気分になった時にも使えるワードなんです。 深夜になると突然言葉にできないような寂しさが押し寄せてきたりしますよね。 深夜帯には『エモい』という呟きが一気に多くなります。 例3「エモすぎて言葉にならない!」 心に強いインパクトを残すような衝撃的なことが起きて、感情が溢れて言葉にならない時も『エモさ』がこみ上げます。 過去を振り返ったりして懐かしい気持になったり、涙もろくなったりするようなシーンは『エモさ』の真骨頂ではないでしょうか。 昔の写真を見て家族みんなで語り合っていたりすると「エモいな~~」って思いますね。 『エモい』の関連語 次に『エモい』の関連語を見てみましょう。 ネットで使うために略されたネットスラングの一種です。 TwitterやInstagramなど、コメントとして使うことが主なので、口に出して「オーエムジー!」とは言いません。 意味としては「どうしよう!」「なんてことだ!」「ああ、神様!」など感情の高ぶりを表現するものです。 海外の方の会話でも良く「オーマイガー!」と言うようなシーンを見かけますよね。 この言葉を使うシチュエーションはさまざまで驚きや動揺のほか、感動や喜びなど、場面によって意味合いが異なります。 とりあえずテンションが上がるとついつい口をついて出てしまうみたいです。 【OMGについては、こちらの記事もチェック!】• 気持ちで、涙もろくなっているような状況で使う言葉です。 1970年代頃から使われていたので、ちょっと懐かしい響きですね。 感傷に浸ってじ~んとした時や情緒を感じた時などに「今ちょっとオセンチな気分」なんていう風に言います。 【おセンチな気分については、こちらの記事もチェック!】• 熱中している様子や、のぼせている様子など、なにかに夢中になって熱を上げている状態を指して使います。 昭和時代によく使われていた表現なので、最近の子はお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんが使っているのを聞いたことある程度でしょうか。 このメランコリーな様子と恋人が居ない時の哀愁漂う寂しさを掛け合わせて『オランコリー』というようになりました。 ジョーク交じりの遊び言葉ですね。 1955年に流行語となった言葉なので、最近の若者は知らないでしょう。 2004年頃に生まれた若者言葉の一種です。 こちらも割と最近になって作られた若者言葉です。 暇なときなど、誰かにかまって欲しい時にSNSに「誰か暇だからかまちょ!」などと呟く人が多いようです。 LINEスタンプなどでも『かまちょ』という言葉が使われたものが多く、今の時代に浸透しているワードだということが分かります。 【かまちょについては、こちらの記事もチェック!】• たった一文字しか省いていないので略語と言ってもあまり短くなっていませんね。 きもい 『きもい』は、結構聞きなじみのある略語ではないでしょうか。 流行したのは1970年代後半ですが、2000年代に入ってからも「~~なう」という言葉が流行っていましたね。 イモい 『イモい』は、田舎臭い人など、どこか垢抜けない雰囲気の人に使う言葉です。 都会っ子が田舎者に対して蔑むときに使うようなイメージですね。 1970年代後半に流行りました。 キュン死に 『キュン死に きゅんじに 』というのは、胸がきゅんとしてときめいている様子の最上級といったようなものです。 2000年代後半に作られた比較的新しい言葉です。 「今日もサビラン…」「あの人、サビラン族だよね」などと使いますが、どこか悲しい気持ちになります。 しびれる 『しびれる』は、体の一部がビリビリと痺れる様子を表す言葉ですが、単に体調的な部分を指すだけではありません。 感動的なコンサートやライブを見て感銘を受けた時などに「今日はめっちゃシビれたね!」なんて、感想としてもよく使うものです。 まるで体に電気が流れた時のようにビリビリと痺れている様子を、心が魅了され震えている様子と重ねて、興奮状態を表す表現としても用いられています。 1958年頃「シビれるね」といった単語が流行しましたが、一時は廃れて死語として認識されていました。 しょっぱい 『しょっぱい』というのは、塩味が強く塩辛いものを食べた時に感じる味覚です。 しかしこれも、単に味覚だけでなく人の様子を表す言葉として使われています。 例えば「今日はしょっぱい試合だったな」というように使うのですが、これは弱く情けない様子を表しているのです。 負けてしまった試合などに対して、悲しく辛い感情を抱くような時に使われます。 情けない過去を振り返って「しょっぱい想い出」というようなこともあります。 気持ち悪いという言葉をより一層強調したものですね。 身の毛がよだつような不快感を表している言葉ですが、最近ではほとんど聞かなくなりました。 ジワジワとこみ上げる笑いや感動の気持ちを表して「これ物凄くジワる」などといったように使います。 会話をしている時や、何かを思い出している時などに用いられたり、ネット上のコメントなどでもよく見かける言葉です。 助平は江戸時代ごろからある言葉ですが、最近ではカタカナで表記しているものが主流です。 2月にあるバレンタインのイベントとかけて、チョコレートがもらえず憂鬱とした気持ちや寂しさを感じている男性たちのよどんだ気分を表しています。 特定の月にストレスや精神的なダメージを受けているような時にこうした言葉が生まれるようです。 むっつり 『むっつり』というのは、むっつりとした態度で無口なのにスケベな人を指します。 『むっつり』自体は古くから使われていたものなので年季の入った言葉です。 何を考えているか良く分からない不愛想な人を「あの人は、実はきっとむっつりなのだ」と推測的に使ったりからかったりすることが多いですね。 『エモい』は若者に大人気!? 一時は忘れ去られていた『エモい』という言葉も、2016年に話題に取り上げられてからというもの、若者たちの間で再ブレイクしました。 『エモい』は新語として大流行!(まとめ) 新語として辞書にもその痕跡を刻んだ『エモい』は今後も注目のワードです!ぜひ積極的に使って広めていきましょう。

次の

「エモい」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

エモ い 意味

概要 [ ] エモはメロディアスで感情的な音楽性、そしてしばしば心情を吐露するような歌詞によって特徴付けられるロック・ミュージックの1スタイルである。 の1980年代ののムーブメントに起源を持ち、そこでは「エモーショナル・ハードコア」や「 エモコア」といった名前で知られており、やといったバンドがパイオニアである。 などのとの区別が難しいとも指摘されている。 その音楽スタイルは現代のアメリカの・バンドの多くに模倣されているが、そのサウンドや意味するところは変容している。 とを混ぜあわせ、1990年代初頭には やといったのグループによって形成された。 1990年代中頃には、数多くのエモのパフォーマーがアメリカ中西部や中央部に出現し、いくつかの独立系レコードレーベルがエモに特化し始めた。 2000年初頭にはやがを獲得、「 」というサブジャンルも出現するなど、エモはメインストリートのカルチャーに進出した。 近年では「エモ」という言葉は、ビッグセールスをたたき上げるアーティストも含めてスタイルもサウンドも非常に異なった様々なアーティストに対して批評家やジャーナリストが使用している。 音楽に加えてしばしば「エモ」は、より一般的にファンとアーティスト固有な関係を指し示すために使用され、関連するファッション、カルチャー、ライフスタイルの側面を記述されるためにも使用される。 歴史 [ ] 、、ダグ・ナスティ、ジョーボックスなどのワシントンD. 周辺 - を中心とした1980年代のUSハードコアを源流とするな活動、な音楽性からの影響を公言するバンド達が1990年代半ば頃からエモと呼ばれ始めた。 この呼称は、ワシントンD. のハードコアパンクの新しいサウンドを指してemo-coreと呼んだことに由来する。 当時フガジの前身エンブレイスで活動していたマッケイがこれに激怒して"EMOCORE is STUPID"と言い放った1986年の映像はなどで流布しており、彼自身がエモコアというネーミングを拒否した が、1990年代半ば以降、この語はサウンドとともにインターネット経由で広まっていった。 最初に「エモ」として全米で知られたバンドはシアトルの Sunny Day Real Estate で、このバンドが契約していたインディーレーベル(当時) Sub Pop が1980年代後半のシアトルのアングラシーンをという名で世界に紹介した仕掛け人だったこともあり、エモもグランジ同様に、ジャンルというよりはメディア用のラベルではないかという印象が当初から拭えなかった。 実際、ならぬの議論は1990年代の早い時期からはじまっている。 ただし、シアトル・シーンと1980年代からアンダーグラウンドで交流の深かったD. のバンドがこのようなラベル付けに冷淡だったことや、後付けの音楽性定義の試みが直ちに諸論噴出につながるネット時代の環境のため、グランジ以上に定義が曖昧なまま、必ずしもハードコアパンクと関係のないさまざまなバンドにこの語が拡散して行くことになった。 1990年代後半にやが注目を浴びるようになって徐々にシーンが広がり始めた後、1995年からメジャー契約をしながらもメディア露出を控え、ツアー中心のインディーバンド的活動で徐々にファン層を拡大させたジミー・イート・ワールドは、1999年のアルバム『クラリティ』で実力派エモバンドとしての評判を確定し、さらに2002年にはビルボードHot100で5位に食い込むなど、メジャーシーンでも知名度を上げた。 この結果、それまで慎重だったメジャーレーベルも次々とアメリカ各地のインディーバンドをデビューさせ、またインディーレーベルの中にもジミー・イート・ワールド影響下で人気バンドを複数抱えて商業的に成功するレーベルも現れるようになる。 日本では、 やなど札幌のバンドが1980年代後半からD. のバンドの影響下にあったが、「エモ」という語の使用は1990年代後半以降である。 アメリカでジミー・イート・ワールドなどメジャーシーンにもエモが進出した1999年頃には、一般の音楽雑誌で紹介記事が書かれるようになった。 2000年以降 [ ] インターネットの普及が進み、若年層でもネット利用が日常化する中、のようなSNSをフルに活用し、ライブハウスでの長期ツアー活動を主体とする比較的安上がりなプロモーションで、多くの人気バンドが生まれ続けることになった。 マイスペースで数十万単位から100万を超えるメンバーのコミュニティーを持つバンドも数多い。 英米の雑誌メディアも、「エモ」をめぐる記事を量産し、これがネット経由で再び増幅するという現象が続いた。 2006年には、イギリスの大手タブロイド紙が、の一種としてエモ・ファッションを紹介し、ゴシック・ロック世代の親に対して子供たちのエモ志向を自殺性向に結び付けて警告する記事を掲載した(2006年8月16日付け)。 2007年2月には、米ノースダコタ州のローカル局WDAZ-TVが同様に青少年に有害な性向としてエモを紹介したニュースクリップがYouTubeに掲載されてネットで反響を呼び、さらに5月にはが「エモ・シーン・キッズ」としてライブハウスに集まる青少年とそのファッションや、メタル・パンクからの迫害を報道した。 このような報道ではメタル系の音楽もしばしば使われ、かつてのを思わせる反応となっている。 メタル中心の英音楽誌『』がと並んでマイ・ケミカル・ロマンスのようなバンドを紹介していることも、現在のメジャー音楽シーンにおける「エモ」の位置づけを象徴している。 日本では、エモ・バンドは主に小規模なライブ・ハウスで演奏している。 エモは音楽メディアでは、ギターロックと対置されやすい扱いになっている。 言語の壁もあり、英米のエモの普及は限定的である。 音楽性は多様的で定義も曖昧であるが、疾走感がありラウドなをベースにした(ギター、、による編成である。 ハードコアやパンクで使われるでの)に鍵盤楽器の演奏(、 など)を用いて、哀愁のあると情緒的なを乗せるといったスタイルを特徴とする。 エモーショナルで絶叫するようなボーカルパートを持つエモバンドは、エモの一種であるスクリーモにカテゴライズされる場合が多い。 そういったに、 、 、 、、 、、、など色々なサウンドからのサウンド的影響を受けている。 に共通の特徴として、歌詞はアーティスト自身の経験に根ざした表現が優先されしばしば内省的であり、社会問題に触れる場合でも個人の体験からの訴えという形を取るという傾向がある。 英語圏での「ジャンル」の紹介ではこのことがしばしば触れられ、ティーン向けポップメディアでは自殺や自傷行為をテーマにするものがあるとしてセンセーショナルに取り上げられることもある。 日本でこのジャンルの紹介の初期において、音楽的には無関係といってよいUKのが例にあげられたのも 、このような英米メディアの影響が考えられるが、一般的には日本では歌詞をジャンルの特徴とすることは少ない。 エモと分類される音楽に関する議論がわかりにくい原因のひとつは、英語圏白人文化で emotional という語が単に「感情の」だけでなく、「感情的な、クールでない」という意味で、男性の女々しさを非難する語として使われやすいという事情がかつてあった。 ニクソン批判を取るかマスキー批判を取るか:1972年の大統領選で民主党有力候補だった上院議員は、リチャード・ニクソンの罠にひっかかり、予備選で涙を流したことをメディアで大きく報道され、予備選からの撤退に追い込まれた が、このときの発言は、emotionalと形容されている。 1990年代半ばの「エモ」の興隆期には、女々しい「エモ」と女々しくない「エモコア」を区別しようとする試みが見られた。 ただ、21世紀には女々しいという言葉は男性優位主義(女性差別)と解釈され、新聞・テレビなどのメディアでは放送回避の対象となっている。 エモだけでなく、エモコア、パンク・ロック、ハードコア・パンクも含め、放送禁止用語のタブーではなく、メディアがタブーとしている権力批判、ネオリベラリズム、ファシズム、戦争反対、ナチズム批判こそ、オルタナティブ・ロックの真骨頂と存在意義とも言える。 派生ジャンル [ ] スクリーモ [ ] 「」を参照 エモバイオレンス [ ] エモバイオレンス Emoviolence は及びから派生したジャンルである。 エモバイオレンスという名称は、が冗談交じりに発言したものが広がったというのが通説である。 日本ではしばしば""と称される。 音楽的特徴としては、との融合、およびハードコア的な素早いテンポによる演奏、スクリーモ的なシャウティングなどがあげられる。 やなどのバンドがこのジャンルの先駆けとされている。 スクリーモ的な要素の他に、変拍子の採用や、などの特殊な楽器の導入、音量を抑えたボーカルなど、との迎合を図るバンドも散見される。 、、、などのバンドがその好例である。 こういった音楽性から、たびたびやなどの近似するジャンルと混同されたり、あるいは同一視されることも少なくない。 エモ・ポップ [ ] エモ・ポップ( Emo pop または エモ・ポップ・パンク( Emo pop punk)とは、エモと双方の特徴を擁するジャンルである。 従来のエモ(エモコア)に比べ、よりわかりやすく、大衆に受容されやすい趣となっている。 はこのジャンルを、思春期の苦悩や煩悶に満ちた歌詞を、リズミカルなギターの演奏と共に、ピッチの高いメロディで歌い上げるものだと定義している。 の衰退から、聴衆の関心が徐々にエモに集まり始めた中期に、エモ・ポップはなどのバンドの出現によって発生した。 にのリリースした『ブリード・アメリカン』( Bleed American)およびシングル曲の『ザ・ミドル』( The middle)は、このジャンルのパイオニアとされるウィーザーの『』( Weezer)などと共にシーンの中で大きな成功を収め、「蘇った新世代の」として注目を浴びた。 中期から現在にかけては、や、など、数々のバンドが登場し、シーンを盛り上げている。 エモ・ラップ [ ] 1990年代 [ ]• American Football()• The Appleseed Cast()• The Ataris()• At The Drive-In()• Braid()• Brandtson()• Burning Airlines()• Cap'N Jazz()• Cursive()• Dag Nasty()• Dashboard Confessional()• Drive Like Jehu()• Elliott()• Further Seems Forever()• Garden Variety()• The Get Up Kids()• Hot Water Music()• Jawbox()• Jawbreaker()• Jejune()• Jets to Brazil()• Jimmy Eat World()• Joshua()• Last Days Of April()• Lifetime()• Mineral()• Owls()• Piebald()• Portraits Of Past()• The Promise Ring()• Q And Not U()• Rainer Maria()• Rites Of Spring()• Samiam()• Saves The Day()• Seaweed()• Sense Field()• Silver Scooter()• Small Brown Bike()• Starmarket()• The Stereo()• Sunny Day Real Estate()• Texas is the Reason()• Weezer() 2000年代 [ ]• The Academy Is... The All-American Rejects ()• Anberlin()• Automatic Loveletter()• Boys Like Girls()• The Cab()• Circa Survive()• Copeland()• Classic Case()• Daphne Loves Derby()• Dream State()• Elliot Minor()• Fall Out Boy()• Forever The Sickest Kids()• Go Radio()• The Higher()• Ivoryline()• Last Winter()• Mae()• Making April()• Mayday Parade()• Metro Station()• Motion City Soundtrack ()• National Product()• Owl City()• Panic At The Disco()• Paramore()• PLAIN WHITE T'S()• Quietdrive()• Sherwood()• Sing It Loud()• Taking Back Sunday()• There For Tomorrow()• Vanilla Sky()• Waking Ashland()• We The Kings()• We Shot The Moon() 日本 [ ]• akutagawa()• BEYONDS(• bloodthirsty butchers()• bluebeard(ブルービアード)• blue friend(ブルー・フレンド)• cowpers(カウパァズ)• eastern youth()• envy()• fOUL()• heaven in her arms()• HUSKING BEE()• Killie(キライ)• Kiwiroll(キウイロール)• Kurala(クララ)• LOSTAGE()• NAHT()• NEXT-STYLE(ネクスト・スタイル)• Nine Days Wonder(ナイン・デイズ・ワンダー)• SPIRAL CHORD(スパイラル・コード)• THIS WORLD IS MINE(ディス・ワールド・イズ・マイン) 脚注 [ ]• 「エモ」シンコー・ミュージック・エンタテイメント• 1986-96年まで活動。 いったん解散した後、2017年に再結成され活動しているポップパンクバンド• 活字メディアでのイアン・マッケイらの意見表明としては、 1988 がある。 単に「エモーショナル」というだけでエモコアなりDCサウンドなりにカテゴライズされることに対して「エモーショナルでない音楽はない」し各バンドがそれぞれに音楽的に異なると反発している。 また、音楽が様式化し暴力が儀礼化したハードコアを批判し、ロックンロールから失われていくエネルギーを新しい形式で蘇らせることこそがパンクだと述べた。 イースタン・ユースは1997年になって二回、ライブ告知のフライヤーで「激エモ風バンド」という表現を用いている(シンコーミュージックムック『爆音侍』激情無宿編参照)。 「エモ」シンコー・ミュージック・エンタテイメント• 音楽面の影響を与えているという説も存在するが(『ディスク・ガイド・シリーズ #026 EMO』)、エモ・シーンでザ・スミスの影響を大衆のリスナー層に向けて明確に表した人物・バンドは、いまだ存在しない。 PopMatters. 2009年6月13日時点のよりアーカイブ。 2011年5月18日閲覧。 Anchors 2005年12月27日. Punknews. org. 2011年3月26日閲覧。 Thats Punk 2010年9月14日. 2011年8月18日閲覧。 Andy Malcolm. Collective Zine. 2011年8月18日閲覧。 Interpunk. 2008年1月15日. 2011年8月24日閲覧。 Benjamin 2009年1月10日. Pinnacle Magazine. 2011年9月1日閲覧。 Alter The Press! 2010年6月22日. 2011年8月8日閲覧。 2011年6月10日閲覧。 参考文献・出典 [ ]• allmusic. 関連項目 [ ]• - エモから派生した音楽ジャンルの一種。 - 2000年以降のエモ、スクリーモ系のバンドから派生したファッション。 外部リンク [ ]• - TOWER RECORDS ONLINE• - OnGen(2008年1月21日時点の)•

次の

「エモい(えもい)」って何?意味や使い方をご紹介

エモ い 意味

エモいの意味とは エモいとは、心が動かされて、色々な感情が込み上げ、どうしても気持ちを言葉にできないときに用いられる言葉です。 ですが、エモいは今日多くの若者の間で様々な意味で使われており、はっきりと意味を定義するのは難しくもあります。 などでは、好きなアーティストの曲を一人で聞いて泣いてる俺、かなりエモい光景などという使い方をされています。 要は、エモいは言葉にできないけどなんかいい感じということを表現したいのです。 エモいの由来 エモいは英単語の「emotional」が由来となっています。 いわゆる若者言葉ではありますが、比較的イメージしやすい言葉と言えるかもしれません。 エモいの文章・例文 例文1. 人生初めての山登りをすることになって当日も乗り気ではなく、重い足取りで始まった登山であったが、頂上に到着して目にした景色は、絶景であった。 なんとも言えない気持ちに心が動かされ、この景色はエモいと思った 例文2. 放課後の校舎、だれもいない教室で写真を撮ると窓から見える夕暮れと普段とは一味違う教室のもの寂しさにエモいと感じた 例文3. 夏休みの長期休暇に実家に帰省した際に、久しぶりに自分が学生だった頃のアルバムを見返していると旧友とのエモい写真がでてきた 例文4. いい曲がないかと様々なアーティストの曲を聴いているとエモい曲を見つけた 例文5. 大人になってから昔に友人と遊んだ後よく通る道を自電車で通った時に、あの頃の情景を思い出していた。 あたりの匂いはどこか懐かしさを漂わせ、エモく感じた エモいという言葉は若者言葉ですので、あまり耳なじみのない人もいるかと思います。 エモいの関連語 エモいの関連語としては「」「情緒」「」「」などがあげられます。 エモいまとめ 今日、日々多くの新語や流行語が使われています。 それは、時代を感じさせるものであったり、等でよく使われるものであったり様々です。 エモいは昔から使われている言葉ではありますが、最近は広い意味で使われているようになっています。 同じ言葉でも、時代の流れで意味や使いかたが少しずつ変わっていくというのはなんとも面白いですよね。 まさにエモいと感じます。 多くの新語や流行語を意味を知り、これから使う機会があればどんどん使っていきたいですね。

次の