うまかっ ちゃん 東京。 うまかっちゃんを売ってる東京関東のドンキを徹底解説!愛知・東北・静岡・新潟・海外も網羅

なぜ九州発インスタントラーメン「うまかっちゃん」は東京進出しないのか?

うまかっ ちゃん 東京

概要 [ ] やの製造・販売が中心だったハウス食品はにインスタントラーメン事業に参入し、「ハウスシャンメン しょうゆ味」や「ハウスたまごめん」、「ハウスつけ麺」などのヒット商品を発売していたが、九州ではシェアが低かった。 ハウス食品のインスタントラーメンは同社福岡工場()にも製造ラインが設けられていたが、、当時の福岡工場長が「社員が食堂でハウスのラーメンを食べない。 九州人に醤油味は合わない。 九州人は豚骨味が好みだ」と当時のハウス食品福岡支店長に直談判した。 その結果、「うちでも九州で売れる製品を作ろう」と支店長の提案でハウス食品も九州風豚骨ラーメンの開発に着手した。 そして、ハウス食品の営業・開発担当者が九州内のラーメン店を食べ歩いたり、九州のにスープの試食を行ったりして、「うまかっちゃん」は誕生した。 開発チームは全員九州出身者だったという。 「うまかっちゃん」はで「おいしいんだよ」の意で、出身の・がネーミングした。 をテーマにしたパッケージデザインも西島が手掛けた。 なおネーミングの第一候補として「こらうまか」も上がっていた。 発売開始から半年後、九州・山口地区では後述するテレビCMを大量に流した効果からか、即席麺最大手のや福岡市に本社を置く九州・山口でシェアの高いを抑えて「うまかっちゃん」が袋麺でトップシェアとなった。 以降現在も九州・山口地区における即席袋めんのトップシェアを誇っている。 また、「うまかっちゃん」が発売した当初、「あれはマルタイさんの新商品なのか」と間違える消費者もいた。 「うまかっちゃん」は福岡工場のみで生産されている。 また2016年8月のリニューアルまでは商品にハウス食品のロゴマークが付いていなかったが、これは発売当初「ハウスと言えばカレー」のイメージが強かったことと、基本的にハウス食品の名前を出さないというコンセプトのもとで製造・販売していること、「九州のラーメンはうまかっちゃん」と位置付けて市場に定着させたかったという意味であえてロゴを外したという。 2016年8月8日から順次販売されているリニューアル後のパッケージには、ハウス食品のロゴ(の「 House」ロゴ)が初めて挿入されている。 「ご当地袋麺」のパイオニア [ ] 「うまかっちゃん」は現在における「ご当地袋麺」の草分け的存在であり、「うまかっちゃん」のヒットでインスタントラーメンの同業他社も九州限定の豚骨ラーメンを次々に発売した(日清食品の「くおーか」「はかたんもんらーめん」、の「九州っ子」「うまかめん」、の「博多めん美人」、の「よかとん」「」など)。 その後、ハウス食品は「うまかっちゃん」の成功をきっかけに、(・)限定(のちに関東地方にも拡大)の「」(既に終売)、限定の「」および(後ににも拡大)限定の「わっしょい」(同じく既に終売。 ただし、はをはじめとして、・において現在でも発売中)といったご当地袋麺を発売した。 うまかっちゃんは更に九州の各地域向けに細分化したご当地袋麺を発売()。 現在、うまかっちゃんシリーズは九州(含む)とのみで全種類が販売されているが、オリジナルと博多からし高菜風味のみを含めた全域で販売されている。 過去(1980年代末~90年代後半)には関東地方や、東北地方などでもオリジナルが一部のスーパーマーケットなどで流通していたが、現在見かけることは極めて稀である。 うまかっちゃん オリジナル スープはあっさりとしたクセのないとんこつ味。 うまかっちゃん 博多からし高菜風味 の風味をきかせたとんこつ味。 うまかっちゃん 久留米風とんこつ 濃厚な旨みがきいた仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 熊本火の国流とんこつ香ばしにんにく風味 仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 鹿児島黒豚とんこつ 仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 担担とんこつ ごまの風味と唐辛子の辛みがきいた仕立てのとんこつ味。 うまかっちゃん 濃厚新味 2018年8月6日西日本限定発売。 「通常のうまかっちゃんとは異なる味わい」を求め、近年の博多ラーメンのトレンドである「濃厚」・「細めの硬めん」に倣ったとんこつ味。 新開発の茹で時間90秒の硬めんは通常製品より細めの1. 2mmで作られているが、通常よりも湯戻りしくにい配合によって、硬めんの味わいを再現している。 このめんはブランド発売39年目で初開発という。 うまかっちゃん 鶏だしとんこつ(入り) とんこつに鶏だしを合わせ、塩味を控えたやさしい味わい。 乳酸菌「L-137」入り。 2015年3月より期間限定発売。 こくのあるとんこつスープをベースに、・節の2種類のの香りと旨みをきかせた濃厚なおいしさのつけだれ。 麺は「うまかっちゃん」とは異なる専用である。 こくのあるとんこつスープに、の香りと旨みとピリッとした辛味をきかせた濃厚なおいしさのつけだれ。 麺は「うまかっちゃん」とは異なるつけ麺専用である。 発売を終了した製品 [ ] みそとことん 味噌豚骨味ラーメン。 ハウス食品福岡工場で製造されたので便宜上ここで取り上げる。 たまらんちゃん 細麺の豚骨ラーメン。 こちらもハウス食品福岡工場で製造されたので便宜上ここで取り上げる。 うまかチャンポン の袋麺。 CMにはが出演していた。 うまかっちゃん 濃い味 ~発売。 通常の「うまかっちゃん」のスープを濃い目にした濃厚な味わいの豚骨ラーメン。 2014年9月に発売35周年を迎えた記念として、復刻版5食パックが2014年12月1日 および2017年8月7日 より期間限定販売された。 うまかっちゃん 辛口 辛口ブームに伴い、~発売。 目盛りが印刷されたビニール袋入りの練り唐辛子が付属しており、好みの辛さにすることが出来た。 2014年9月に発売35周年を迎えた記念として、復刻版5食パックが2015年2月2日より期間限定販売 された。 これが九州のラーメンうまかっちゃん まろやかとんこつ 限定発売。 うまかっちゃん うまか九州みそラーメン 「みそとことん」の後継商品。 うまかっちゃん ぴり辛とんこつ この節のが望まれています。 うまかっちゃん ごまとんこつ 2006年8月7日発売。 うまかっちゃん 博多焼きラーメン ブームに伴い、2007年4月16日発売。 うまかっちゃんシリーズで唯一の。 うまかっちゃん 宮崎名物鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味 2008年8月4日発売。 名物「鶏の炭火焼」風味のしょうゆとんこつ味。 うまかっちゃん 魚介とんこつ 2012年8月6日発売。 産鰹だしの旨みと香りをきかせた魚介風味のとんこつ味。 うまかっちゃん うま辛かとんこつ 2013年5月13日発売。 特製の辛味オイルとあらびき唐辛子がきいた辛めのとんこつ味。 うまかっちゃん復刻版 発売35周年を記念して2015年2月より期間限定発売。 1986~1991年に発売された当時のパッケージデザインと現在の原料を使用してできるだけ当時の味を再現。 麺は現在の「うまかっちゃん」と同じ。 5個パックのみの販売。 うまかっちゃん 海老みそとんこつ 2016年8月より発売開始。 豚骨スープにの持つの旨みと味噌の持つ香ばしさを程よくバランスさせた味噌とんこつ味。 うまかっちゃん めんたいとんこつ 2017年2月より発売開始。 豚骨スープにの旨みを効かせ、の旨味と辛さを引き出したとんこつ味。 との共同開発商品で、らの提案が採用された。 うまかっちゃん 焦がし醤油とんこつ 2017年5月より発売開始。 「うまかっちゃん」を製造するハウス食品福岡工場があるとのコラボレーション商品。 「うまかっちゃん」が古賀市で生産されていることから、地元ブランドであることをアピールするために開発され、「古賀市」と「焦がし」を語呂合わせしたもの。 古賀市から「焦がし商品」の認定ブランドの指定を受けている。 うまかっちゃん めんたいとんこつ 濃厚仕立て 2018年2月より発売開始。 2017年2月より発売開始された「うまかっちゃん めんたいとんこつ」の改良版。 うまかっちゃん 赤辛 2018年5月より発売開始。 特製うま辛かペーストを全量使用した場合、シリーズ最高の辛さを誇るという。 関連製品 [ ] オーザック うまかっちゃん味 九州・沖縄地区限定発売。 2009年12月7日より数量限定販売したところ好評だったため、2010年8月2日より再度限定販売が行なわれている。 また、2011年11月28日より再々度限定販売している。 うまかっちゃんの素(オリジナル),うまかっちゃん炒飯の素 からし風味 2014年2月24日より、九州・沖縄地区および山口県限定発売。 うまかっちゃんとんこつつゆ,うまかっちゃんとんこつ鍋つゆ<ピリ辛仕立て> 2014年9月22日より、九州・沖縄地区および山口県限定発売。 広報活動 [ ]• 発売当初から数年間、福岡市出身の・の代表作『』のキャラクター(郷六平・小柳類子)をイメージした実写を九州地区ので放送し、CMの「知っとうや?」(博多弁で「知ってるか?」の意)はになった。 CMには長谷川法世本人も「ラグビー編」で出演した。 1999年には、ので時の人となったもCMに出演している。 しかし、なすび本人にオファーしたのではなく、日本編が終了した時点でゴールのご褒美としてプレゼントされたラーメンが偶然にもうまかっちゃんであり、その映像を偶然見た広報担当者がオファーし、なすび本人が知らないまま、食事シーンを編集した映像が、同企画のナレーターを務めたのナレーションと共に、全国放送された。 CMには、、、、、、、、()など九州・にゆかりのあるが出演した。 新発売時以来一貫して学園が舞台となっており上記の出演者は主に教師、生徒役で出演している。 2014年8月より放映のCMではが教師役、HKT48メンバーの「なこみくコンビ」こととが生徒役で出演している。 2015年より放映のCMでは、HKT48のメンバーが生徒役で全員登場。 メンバー兼支配人のが教師役で出演。 メンバーは商品開発にもかかわっていた。 PRキャラクターは「うまか坊や」。 2017年9月より放映のCMには、九州を拠点に活動するお笑い芸人のが「うまか先生」に扮して出演している。 脚注 [ ]• 過去の例であるが、1985年頃に大阪工場で生産された「オリジナル」が福岡県内で流通していたことが確認されている。 - ハウス食品ニュースリリース 2010年7月14日• - ハウス食品ニュースリリース 2014年2月21日• - ハウス食品ニュースリリース 2014年9月16日• - 毎日新聞(2014年9月16日) 関連商品 [ ]• 好きやねん 関連項目 [ ]• - (昭和56年)から長年にわたりスポンサーを務めている。 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

うまかっちゃん、九州で愛され40年 豚骨死守、東京には行かんばい

うまかっ ちゃん 東京

ご紹介する種類• オリジナル• 濃厚新味• 博多 からし高菜風味• 熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味• 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味• 久留米風とんこつ• 鶏だしとんこつ この中には、九州、沖縄県、山口県以外では売っていないものや、近畿、中四国地方を含む西日本エリアで発売されているものがあります。 うまかっちゃんの販売地域についてはこちらの記事で詳しくまとめています。 この記事では けっこうバリエーションが多い、うまかっちゃんの7種類の味の違いを詳しく解説していきます。 うまかっちゃん オリジナル 出典: うまかっちゃん定番 オリジナル の味です。 やはり、人気No. 幅広い層に支持される、安定のとんこつ味です。 うまかっちゃん 濃厚新味 出典: 「濃厚新味」は麺を細くし、茹で時間を90秒にすることで「カタ」麺を再現。 スープは、近年人気の濃厚な本場の博多ラーメンに近い味わいに仕上げているのが特徴。 2018年8月に新発売され、Twitterなどの反響は上々なようです^^ 「ニオイ」からして、福岡のとんこつラーメン店を彷彿とさせる本格的なとんこつ味に仕上げています。 また、使用するお湯の量も従来のうまかっちゃんよりもすこしだけ少ないのですが、 その影響か、カロリーや塩分 ナトリウム も通常よりも濃厚新味の方が低いです 意外! 茹で時間90秒の細麺を使用しているうまかっちゃんは、濃厚新味だけです。 発売39年にして、初の新しい麺!うまかっちゃん好きにはぜひとも食べてもらいたい味です。 博多 からし高菜風味 出典: 博多からし高菜風味も人気の商品の一つ。 オリジナル味• 濃厚新味• 博多からし高菜風味 この3つの味だけは九州、沖縄県、山口県以外のエリア 近畿、中四国地方 でも販売されています。 詳しくはこちら 肝心の味についてですが、やはり定番の味だけに人気があります。 『うまかっちゃんは高菜風味が一番好き!』 という方は多いですよね^^ 何せ、福岡のとんこつラーメン店では、辛子高菜が高確率で置いてあります。 それだけ「とんこつには辛子高菜 派」が多いということ。 好きな人は、うまかっちゃんに付いている量では足りず、買ってきた辛子高菜を追加でトッピングするようです 笑 普段、ラーメンを食べる時に辛子高菜をほとんど入れないのですが、そんな私でも全然食べられる量です^^ 熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味 出典: 熊本 火の国流香ばしにんにく風味は、調味オイルに揚げニンニクの風味を効かせた味です。 熊本のラーメンは、元々とんこつの臭みを抑える目的で焦がしニンニクやマー油を使うようになったのだそう。 つまり、「とんこつの美味しさをより引き出すため」の脇役ということですね。 うまかっちゃん「熊本 火の国流香ばしにんにく風味」の味のバランスも、まさにそれ。 パンチのあるネーミングとは裏腹に、にんにくはどちらかと言えば脇役で、主役はしっかり「とんこつ味」です。 私はニンニクが大好きなので、もうちょっとパンチを効かそうとニンニクのチューブを入れてみたら、 もはやニンニクの味しか感じれなくなってしまい、バランスが崩れてしまいました 笑 熊本ラーメンの焦がしニンニクやマー油の効いたとんこつが好きな人には特におすすめしたい味です^^ 黒豚とんこつ 鹿児島焦がしねぎ風味 出典: 黒豚のとんこつエキスに、焦がしねぎの風味をアクセントに加えたうまかっちゃん。 パッケージをよく見ると、ポークエキスの原材料のうち、黒豚とんこつは50%も使用しているそうです。 黒豚を使ったとんこつのスープに、「焦がしネギ」の香ばしい風味がよく効いています。 けっこう「ネギ」の主張が良い意味で強いです。 カットねぎを買ってどっさりとねぎラーメンにするのも美味しいですよ^^ 鹿児島のラーメンが好きな人や、ネギが好きな人におすすめした味です。 久留米風とんこつ 出典: 久留米風とんこつは、「とんこつ感」が濃厚だが、けっして「こってり」な味ではないと思う。 福岡在住の私でも、博多のラーメンと久留米のラーメンの違い 定義 ってよく分からないのです。。 オリジナル味に付いている「調味油」が久留米風には付いていないので、調味油が苦手な方はぜひ食べてもらいたい味です^^ 鶏だしとんこつ 出典: 鶏だしとんこつは、「塩分ひかえめ」や「乳酸菌入り」など、ヘルシーな要素を取り入れた味です。 パッケージのとおり「ダシ」のうまみを味わう、やさしい味のうまかっちゃんです。 ちなみに、1食あたりナトリウム量は1. 5g:塩分相当量3. 9g めん1. 2g、スープ2. 7g 、カロリーは361kcal。 ハウス食品が独自に研究を重ねてきた「L-137」という乳酸菌を配合しているのだそう。 また、後ほど紹介しますが、公式ホームページに「水炊き風」のうまかっちゃんのアレンジレシピが載っているので、それで食べてみるのもおすすめします^^ 『どのうまかっちゃんが美味しいのか、知りたい』あなたは、食べ比べて確かめてみてはいかがですか? これらがセットになったのも通販ならお手軽に買えます。 値段もそんなに高くないので、おすすめです。 楽天市場はこちら Amazonはこちら うまかっちゃんその他の種類は? うまかっちゃんには、上で紹介した以外にも様々な種類の味が発売されてきました。 めんたいとんこつ• 鶏白湯とんこつ• 海老みそとんこつ• などなど・・ 是非とも復活してほしい味も多いのではないでしょうか^^ こちらページにうまかっちゃんの歴史年表が載っています。 うまかっちゃんのアレンジレシピ うまかっちゃんのちょい足しのアレンジレシピが、公式サイトに載っています^^ 主なレシピ• 博多水炊き風うまかっちゃん• もつ鍋風うまかっちゃん• 野菜たっぷりうまかっちゃん• あわだてたまご明太うまかっちゃん• もやし山盛りうまか富士ラーメン• ちゃんぽん風うまかっちゃん• トマトとチーズうまかっちゃん• うまかっちゃんそばめし などなど。 どれも美味しそうでしょう? 笑 しかも、全部お手軽にできちゃう簡単なレシピばかりです ぜひともチェックしてみてください。 まとめ。 色んなうまかっちゃんの味を楽しもう うまかっちゃんは毎年様々な種類の味が発売されています。 さらに、トッピングやアレンジを加えると、その美味しさはまさに無限の可能性を秘めています 大袈裟 『袋麺で一番美味しいっ!』と呼び声の高く、本格派のとんこつで完成度の高い味が揃っているので、 ぜひその美味しさをあなたの舌で確かめてみてください。

次の

豚骨ラーメン、東京でもブーム ならば「うまかっちゃん」東日本再進出は?

うまかっ ちゃん 東京

うまかっちゃん発売40周年記念商品とICカード=福岡市博多区で2019年8月7日、津村豊和撮影 九州で人気の豚骨味の即席袋麺「うまかっちゃん」が、発売40年を迎えた。 九州でのシェアは不動の首位を誇る商品だが、かつて東日本では本場の豚骨臭が受け入れられず、撤退した苦い経験もある。 近年では東京でも豚骨ブームが到来し、復活に向けた待望論があるものの、発売元のハウス食品は再進出せず、引き続き九州など人気地区での販売に注力する方針だ。 うまかっちゃんは全国ブランドにはなれないのか。 【久野洋】 うまかっちゃんは、豚骨ラーメンが主流の九州で、しょうゆ味などの袋麺販売に苦戦していたハウスが、「九州の人間で九州のラーメンを作る」と開発、1979年に発売した。 福岡工場(福岡県古賀市)の社員らが九州で好まれる豚骨味を研究。 独特の臭みにこだわり、豚や野菜のエキスを加えた白濁スープや、香りつけの調味油を完成させた。 テレビCM効果ですぐに人気商品になり、九州で首位に君臨。 今も九州で販売される即席袋麺の約25%を占め、今年3月までに約35億食を販売した。 ただ、九州では高い人気を誇るが全国的な知名度は低い。 81年には関西、83年に全国へ進出したが、東日本ではまだ豚骨ラーメンはなじみが薄く、売り上げが低迷。 東北で営業を担当した社員は「東日本ではしょうゆやみそなども人気で好みが多様。 強い豚骨臭もあり厳しかった」と振り返る。 2008年に販売地域を関西以西に縮小して以降、関ケ原(岐阜県)を越えて東には再進出していない。 しかし、東京でもうまかっちゃんを求める人たちがいる。 都内の九州物産店には、なぜかハウスが出荷していないはずのうまかっちゃんの黄色い袋がズラリと並ぶ。 同店が独自に福岡から取り寄せており、5袋入りパックが月に300~400個売れる人気ぶりだ。

次の