シャント pta。 狭窄した内シャントや人工血管を拡張させる「経皮的血管形成術(PTA)」とは?

エコー下PTAについて解説!│なんでも屋ME

シャント pta

四月から透析室配属になる方もおられると思いますので、改めて、シャントPTAについて説明! VAIVTや四肢EVTなど施設によって言われ方は様々です。 PTA:Percutaneous Transluminal Angioplastyの略で経皮的血管形成術と訳されます。 VAIVT:Vasucular Access Interventional Therapy 慢性血液透析用バスキュラーアクセストラブルに対するIVR治療 IVR:Interventional Radiology X線透視やCT・超音波画像など画像診断装置を使用して体内にカテーテルを挿入して治療する方法 EVT:EndoVascular Treatment 末梢動脈疾患のカテーテルによる治療 目次• どの様な症状が適応なの? 症状や部位により適応・非適応は様々で一概には言えませんが、当院では以下を適応基準ととらえています。 血管内径が2㎜以下• RIが0.65以上• 静脈圧180mmHg以上• 静脈圧高値によるシャント肢などの浮腫みの出現• 狭窄音・拍動音• 触診による凹みの確認• シャント肢挙上による血管の凹みの有無• 脱血不良 これらすべてが当てはまれば治療というわけではなく、総合的に判断しての治療適応となっています。 例えば機能評価でのFV・RIはシャント肢の分枝数によっても変化するので上記項目に当てはまらないこともあります。 これらの状態を正確に医師へ伝えるのも臨床工学技士をはじめとする透析室のスタッフの務めと思っています。 どの様に行うの? まずは、 上記理学所見やシャントエコーで狭窄もしくは閉塞が発生しているというのを医師に診断してもらいます。 その後、原因部位に対して治療が必要で尚且つ血管拡張もしくは血栓除去が必要と判断された場合にPTAを行います。 治療を行う前に必要な情報を整理し、医師に伝えておくのも非常に重要です。 あくまで一例としての流れです!施設により様々な手技手法があります!• 上腕動脈穿刺あるいはシャント末梢側穿刺。 造影にて狭窄部位の把握とシャント肢全体の状態確認。 病変部よりも末梢側もしくは中枢側からシース挿入。 ガイドワイヤー GW 挿入。 造影 無い場合も)• バルーンを挿入後造影 無い場合も• POBA 拡張・インフレーション• 問題なければ少しの間待機・拡張不足が見られた場合は追加拡張やバルーンのサイズアップか種類の変更など行う。 止血 血栓除去術の大まかな流れ あくまで一例としての流れです!施設により様々な手技手法があります!• 上腕動脈穿刺あるいはシャント末梢側穿刺。 造影にて狭窄部位の把握とシャント肢全体の状態確認。 病変部よりも末梢側もしくは中枢側からシース挿入。 ガイドワイヤー GW 挿入。 造影 無い場合も)• 血栓吸引器挿入後血栓を吸引• 血栓が除去できているか確認。 除去できている場合は造影で狭窄部位・シャント肢全体の状態確認。 狭窄が確認出来たらバルーンを挿入後造影 無い場合も• POBA 拡張・インフレーション• 問題なければ少しの間待機・拡張不足が見られた場合は追加拡張やバルーンのサイズアップか種類の変更など行う。 止血 以上が血管拡張術及び血栓除去術の大まかな流れです。 上腕動脈を逆行性 末梢側に向かって穿刺 に穿刺してシースを挿入し、吻合部からシャント肢へGWを通して治療したりする場合もありますし、本当に施設や状態にによって様々な治療法があります! 診療報酬は? K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術で18080点ですが、3か月に1回しか算定されません。 2019年3月データ) この3か月に1度しか算定できないというのがネックで、どの様にして繰り返す狭窄に対して3か月以上開存させるかを考えなければいけません。 長期開存を目指すためには? 長期開存を目指すためには、日ごろのVA管理や穿刺ミスを極力起こさないようにすることなど普段の透析業務で気を付けていくことをはじめ、最近では透析学会や関連雑誌などで発表・掲載があったシャントマッサージなども有効と考えられます。

次の

経皮的血管形成術(PTA)

シャント pta

しかしながら、時間が経過するにつれ、ある一定の頻度で必ずシャントは閉塞・荒廃してしまいます。 閉塞してから手術で新しくシャント・人工血管を作成する・・・のでは血管がいくらあっても足りません。 また手術の負担も大きくなっていきます。 手術ではなく、血管に皮膚の外からバルーンを挿入し、狭いところで拡張する方法をPTAといい、近年急速に広まってきています。 PTAはバルーンカテーテルを用いて、血管を内側から拡張することで血流を確保、再開させる治療方法です。 PTAで使用するバルーン直径5mm前後、 長径4cmほどのものが多用されている 内シャントの造影写真。 細くなっているところが狭窄部分である 血管内に挿入したバルーンに圧力をかけ、狭窄部分を拡張しているところである 治療終了後ここまで改善した 日高病院腎臓外科のPTAについて 当院では、多くの患者様の治療を経験しております。 PTAは、シャント・人工血管を詰まりにくくするためだけのものではありません。 また閉塞してしまったシャント・人工血管も症例によってはPTAで再開通させることも可能です。 当院では2004年より閉塞人工血管へのPTAによる血栓除去を行っており、全国的にみても多くの症例を経験しています。 お困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

次の

Train(トレイン)

シャント pta

エコー下PTAの概要 エコー下でのPTA方法は大きく分けて、 全くのX線透視を出さずにエコーのみで治療を完結する方法と X線透視も併用しての治療の二通りです。 前者は造影剤使用を0にすることができ、被ばくや造影剤アレルギーといった心配もなくなります。 後者はバルーンにのみ造影剤を使ったり、初回造影や治療後確認などに造影剤を使用・ガイドワイヤーやバルーンのデリバリー時にX線透視を使用し、バルーンの位置調整や仕上がりの確認などにエコーを使ったりして 造影剤の節約及びX線被爆の低減を図るやり方です。 適応症例は? 僕が働いている施設での適応症例は基本的に造影剤アレルギー症状が確認できている人に対してこのエコー下PTAをしています。 施設によっては全例エコー下でやっていたりと施設の考え方によります。 メリット・デメリット 実際の方法 僕が働いている施設ではX線透視を併用しての方法をとっています。 治療前に狭窄部位の前後を油性ペンでマーキング。 シース挿入の際はX線透視下でワイヤーの動きを追っていく。 ガイドワイヤー GW 挿入時も同様にX線透視下で動きを追っていき、マーキング部を鉗子などで示しておき狭窄部位の目印にする。 通過が難しかったりした場合は適宜エコーで補助を行う。 バルーンをX線透視下でマーキングした部位に運び、エコーを使って位置の微調整を行う。 (一回でカバーできないような狭窄部位なら、マーキング部より少しはみ出してバルーンを留置し複数回にわたって治療をしていく。 インフレーション中は長軸で過程を観察し、完全拡張ができているか確認を行う。 凹みがあればさらに加圧していきます。 治療後、短軸で血管径を計測し2. 5㎜以上 あくまで施設基準です! となっていれば5分待機し再度評価。 5㎜以下なら再度治療。 待機後も血管径2. 5㎜以上なら治療終了。 X線透視を併用することでエコー操作技量をカバーできるため、X線透視も積極的に併用してミスをなくしています。 造影剤アレルギーが軽度の場合 事前の薬剤投与で抑えられている場合)は造影剤も使用したりしています。 プローブカバー外のゼリーに関しては滅菌ゼリーやイソジンゲル・イソジン・新品のキシロカインゼリーなど清潔野で使えるものを使用しています。 臨床工学技士としての役割 臨床工学技士としての役割は、• エコー装置のゲインや深度・フォーカスなど、治療画像が鮮明に映し出せるようにする為の微調整• 血管径の計測• 記録 以上が挙げられます。 特に治療画像の微調整は重要で 適切なフォーカスの設定やゲインなどで画像の見え方は全然違うため、その後の 血管径評価にも影響が出るので臨床工学技士として腕の見せどころではないでしょうか?.

次の