救助 ヘリ から 転落。 篠原秋彦さん事故死に関する新聞報道

台風19号の救助時になぜ女性転落死?理由や消防隊員は誰?【動画】|MedianCafe

救助 ヘリ から 転落

再びつり上げて救助したが、女性は約6時間半後に病院で死亡した。 福島県警は業務上過失致死の疑いも視野に、隊員らから事情を聴き調べている。 東京消防庁は同日午後、庁内で記者会見を開き、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした。 活動中の手順を誤った」と謝罪した。 同庁によると、いずれも32歳の男性隊員2人が救助に当たっていた。 それぞれ航空隊で1年半と2年半の救助経験があった。 当時行っていたのは「ホイスト救助」と呼ばれ、袋状の救助装置(長さ約1メートル、幅約60センチ)に女性の体を包み、隊員が抱きかかえてロープでつり上げる方式だった。 機内に移す際に落下させたという。 隊員のフックはロープとつながれていた。 救助作業は女性宅の玄関先で行われ、当時、一帯は50センチ程度浸水していた。 通常は救助する人を地面に座らせ、一緒にヘリへ上がる隊員が2人のフックを付けるが、浸水で女性を抱えていたため別の隊員が取り付け、女性のフックを忘れたという。 女性は夫と2人暮らしで、夫が救助を要請していた。 〔共同〕.

次の

救助ヘリから転落死、ネットに動画投稿 法的な問題点は:朝日新聞デジタル

救助 ヘリ から 転落

富士山の3500メートル付近の救助活動で死亡 事故は2013年12月、富士山御殿場口登山道9. 5合目付近(標高約3500メートル)で京都の男女4人が滑落し、そのうち男性1人をつり上げて救助しようとする際に起きた。 隊員が男性をヘリに収容する直前に救命器具が外れ、男性は約3メートルの高さから地面に落下した。 悪天候などからヘリは救助を断念し、翌日になって別の部隊が男性を発見した。 男性は心肺停止状態で、後に死亡が確認された。 静岡県内で運用されている消防防災ヘリは、県、静岡市、浜松市の計3機。 事故当時、県の防災ヘリは定期点検中で出動できず、3自治体間で結んでいる相互応援協定に基づいて県から要請を受けた静岡市が救助に出向いた。 静岡市の消防航空隊は南アルプスで3000メートル級の救助活動に対応できるような訓練を積んでいるものの、富士山の9. 5合目付近で活動するのは訓練を含めて初めてだった。 この事故をめぐっては、救助活動に過失があったとして、男性の遺族が15年12月、静岡市を相手取って9169万7100円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしている。 静岡市長「訓練のないところで消防職員に行かせてしまったのは大変残念」 静岡市の田辺信宏市長は16年1月22日の定例会見で、今回の「再発防止策」を説明した。 それによると、事故の検証などを踏まえ、14年11月に、静岡市内で最も標高が高い南アルプスの間ノ岳(あいのだけ)の標高3190メートルを参考に、救助活動の上限を3200メートルに設定した、としている。 すでに、静岡県や浜松市にも伝えたが、静岡県と浜松市は、これまでどおり救助に行く高さの上限は定めず、事案ごとに出動を判断することにしている。 田辺市長は、事故と再発防止策を決めたことについて 「人命救助という大義の中で、訓練(経験)のないところで、消防職員に行かせてしまったということも大変残念に思っている」 などと説明した。

次の

【閲覧注意】救助ヘリから落下した女性が死亡する事故が発生…Twitter上で非難殺到で炎上か

救助 ヘリ から 転落

富士山の3500メートル付近の救助活動で死亡 事故は2013年12月、富士山御殿場口登山道9. 5合目付近(標高約3500メートル)で京都の男女4人が滑落し、そのうち男性1人をつり上げて救助しようとする際に起きた。 隊員が男性をヘリに収容する直前に救命器具が外れ、男性は約3メートルの高さから地面に落下した。 悪天候などからヘリは救助を断念し、翌日になって別の部隊が男性を発見した。 男性は心肺停止状態で、後に死亡が確認された。 静岡県内で運用されている消防防災ヘリは、県、静岡市、浜松市の計3機。 事故当時、県の防災ヘリは定期点検中で出動できず、3自治体間で結んでいる相互応援協定に基づいて県から要請を受けた静岡市が救助に出向いた。 静岡市の消防航空隊は南アルプスで3000メートル級の救助活動に対応できるような訓練を積んでいるものの、富士山の9. 5合目付近で活動するのは訓練を含めて初めてだった。 この事故をめぐっては、救助活動に過失があったとして、男性の遺族が15年12月、静岡市を相手取って9169万7100円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしている。 静岡市長「訓練のないところで消防職員に行かせてしまったのは大変残念」 静岡市の田辺信宏市長は16年1月22日の定例会見で、今回の「再発防止策」を説明した。 それによると、事故の検証などを踏まえ、14年11月に、静岡市内で最も標高が高い南アルプスの間ノ岳(あいのだけ)の標高3190メートルを参考に、救助活動の上限を3200メートルに設定した、としている。 すでに、静岡県や浜松市にも伝えたが、静岡県と浜松市は、これまでどおり救助に行く高さの上限は定めず、事案ごとに出動を判断することにしている。 田辺市長は、事故と再発防止策を決めたことについて 「人命救助という大義の中で、訓練(経験)のないところで、消防職員に行かせてしまったということも大変残念に思っている」 などと説明した。

次の