薬屋 の ひとりごと ガンガン。 薬屋のひとりごと|漫画の違いを比較〜どっちがおすすめ?〜

漫画版『薬屋のひとりごと』サンデー版とガンガン版のどちらが優れているのか?

薬屋 の ひとりごと ガンガン

当記事の目次一覧• 【薬屋のひとりごと:34話】最新話ネタバレ 翠苓の件は全て秘密裏に事を進め、何事も滞りなく済ませるように壬氏が手配させました。 また、さらに混迷を深めたのは翠苓を棺に収めた業者は、彼女から依頼を受けていない情報を受け取っています。 加えて顔見知りの医官によれば、翠苓の後見人は彼自身であり、彼女のことは養女として迎え入れていただけで、過去のことは全くわからない。 明らかに長丁場になりそうな雰囲気に、壬氏は頭を悩ませていました。 ぼーっと自分の周囲を見回す壬氏 今日の壬氏はいつもよりさらに周囲を見渡すようにしていました。 猫猫のことや高順のこと、さらに変人である羅漢のこと。 自分に付き従う高順と、その母親には頭も上がらないし、変人・羅漢はよくわからないが猫猫の父親であろうことなど、様々なことを考えています。 壬氏の冴えっぷりは、高順が自分で用意したお茶を飲み干した時、彼の表情が変わらないのに味は微妙と判断するまで研ぎ澄まされています。 とはいえ、これを自分自身も飲まなければいけないので、壬氏は意を決してグイッと飲み干します。 高順の顔が変化しないのが不思議ではないほどの不味さなため、やはり顔をしかめてしまいました。 それを見た高順からは、位の高い人間が・・・という形で注意を受けます。 壬氏は国の権力者や女性たちについて考えていく 後宮の仕組みには権力調整とともに壊す機能、つまり女性関係などがある。 帝の近くにいる王葉妃、梨花妃、楼蘭妃の3人に加え、さらに幼い里樹妃もいた。 現帝を生んだ皇太后は、当時あまりに幼すぎていたため、出産に自分の体が耐えられなかった。 そこで腹を割いて子を生み、異国から舞い戻った医官により救われることになります。 先帝は、現帝の件もあったことから、第二子の出産には皇太后に医官をつきっきりで付き添わせた。 だから、阿多妃は結果的にないがしろにされ、内臓の一部を失う上、さらに現帝の最初の子も亡くなってしまった。 という過去の話を壬氏は思い出し続け、つまらぬ話だと思い返し、早くこのような事が過ぎ去れば良いと考えているのでした。 壬氏が新たな依頼を猫猫に託す ケガが落ち着いた猫猫に壬氏は1つ新しい仕事を依頼します。 それは玉葉妃の月の道が途絶えていることを調べてほしいということです。 月の道、つまり女性特有の日のこと。 それが途絶えているということは、玉葉妃は子を身籠っている可能性が浮上しています。 問題は玉葉妃の命は何者かにより狙われており、過去に2度も起きているため、彼女の気が休まらない日々が続くことでした。 これらを鑑みて、猫猫は壬氏にいつから赴任すればよいか指示を仰ぎます。 もちろん、事は早いほうが良いという判断から、猫猫は今日から玉葉妃の元へと派遣されることになるのでした。 こうして再び猫猫は後宮へと足を踏み入れることになるのです。 【薬屋のひとりごと】最新刊の続きや最新話を無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ビッグガンガン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 U-NEXTなら解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 壬氏も随分と内面は重苦しく歪んでそうですね。 時折、こういう闇を見せるからこそ、なんでしょう・・・放っておけないと言うか、抱き締めたくなるのかもしれません。 さて、玉葉妃の姿が見えたと思ったら、なんとご懐妊の可能性が急浮上。 しかし、問題は彼女が過去に命を2回も狙われていることです。 だからこそ、壬氏も気が気じゃなく、猫猫に護衛というか裏で情報を集めさせるために派遣したのでしょう。 これからは後宮の話がメインで再び進むとなると、歯ごたえのある話が展開していきそうですね。

次の

『薬屋のひとりごと』 1つの原作から2つの漫画? 違いは?

薬屋 の ひとりごと ガンガン

ある日、いきなりジンシが 変装ができるかと尋ねられ、 昔のキネヅカをくすぐられたマオマオは、 二つ返事で引き受けます。 ただ、 国が争う発端は、いつでも一方の 美女を巡って引き起こされる言われがある。 ただ、その勘繰りは外れ、マオマオがそばかすを付けているように、ジンシの目的は格式を落とし、 平民の見栄えになること。 目的も目的なので、 モチベ爆上げのマオマオは、翌朝、 劣化用の化粧品を手にしてジンシの部屋に入ると… 貴人にしかできない贅沢だな 艶やかな黒髪を、使用人の 水蓮に綺麗に拭ってもらっているところでした。 どう見ても平民の素質はないと見たマオマオは、まずはジンシの 匂いを嗅ぎだします。 付き人の高順に、 体臭が残っている平民の服を用意してもらいます。 そして、 ツヤツヤの髪をバリバリにするため、昨夜作った 油と塩を湯で溶かして、髪になじませ、 布の切れ端で束ねます。 さらに、 高貴な匂いを落とすために上半身を脱いでもらいます。 顔に似合わず、意外にも 引き締まった筋肉をしているジンシに、 本当に宦官か? と疑わしさを感じるマオマオ。 そして、服を着せる前に布を身体に巻きつけて、 ぽっこりお腹を作ります。 この時点で、 綺麗な顔と不恰好な身体のアンバランスさは、違和感たっぷり… いよいよ 綺麗すぎる顔面の細工に移りますが、その前にこの 好機を逃さまいと、試しに 唇に紅をさしてみるマオマオ。 ここにいるのが、この3人だけでよかった 高順と水蓮も、マオマオ同様に思い、 他の侍女や武官などが見たら卒倒事件になっていたと胸を撫で下ろします。 気を取り直し、 左右非対称の眉と、顔と手に 肌のムラが出るよう作りました。 最後に、 甘い声にも変化をつけるため、 刺激物を調合した物を飲み、悶えるジンシ。 果たして、これで平民に見えるのかというと… 仕上げに 綿を口に含ませて、 輪郭を少々ふっくらさせて完成。 うまいこと 平民男に仕上がった壬氏 ジンシ ですが、やはり 元が美形すぎて、やや成りきれないけれども、とりあえずは及第点。 この後、実家に帰って 思う存分調合ができるため、ニヤけ顏の猫猫 マオマオ。 やはり、 顔立ち的に女装にすべきだったかと、道中でイメージするマオマオですが… 世の男女の平和が乱れることを確信し、すぐに妄想を振り払います。 さて、ジンカの目的地である 花街手前の飯屋に、地図を片手に向かう2人。 途中で 大根の安売りに、 フラッと誘われるマオマオに対し、イタズラな笑みを浮かべるジンカ。 今はお嬢様と付き人の関係ゆえ、 庶民的な行動は慎む流れとなり、大根は断念。 薬師なのに万年金欠で、 不摂生すぎる親父を思うも、 何とかなるだろうと思い直すマオマオ。 街の賑わいに 足取り軽いジンカは、 お嬢より前を歩いていたため、一応先頭を交代するマオマオ。 宦官が野営をするものかと、 若干気になったものの、意識は串焼きに集中。 引き続き、街歩きをする2人ですが… 約束の時間に余裕を持って到着するため、 街歩きもそこそこに、歩調を早めるマオマオ。 その態度を見て呆れるマオマオですが、 養父の威厳を保つため、西方への 留学経験などのキャリアを語り、壬氏に 優秀な人物像を印象付けることに成功。 ただ、その留学を理由に 先の皇太后よりイチモツを取られ、宦官となってしまった不運な人生を送る養父を思い、憮然とします。 それに対し、何かを思い出すかのように ブツブツ呟く壬氏。 それには構わず、目前にある 待ち合わせ場所の店を指差すマオマオ。 1階が食堂、2階が 宿屋… あぁ…壬氏が平民を装ったのは、宦官なりの遊戯を興ずるためかと察し… それを知ったことには、中には入らず、 手前で別れようとするマオマオですが、その際に あるものを手渡す壬氏。 それは、 変人官から貰ったという 柑橘系の果実酒。 当然、 守秘義務を通すマオマオの鉄壁情報網。 毎日、躍起になって客を取る夜鷹とは違い、 最高級の妓女は引く手あまた。 それゆえ、 仕事は少ないという仕組みになっている事。 緑青館では、詩歌や踊りなどの学を与えられ、顔見世の後は 身売り、もしくは お茶をしながら教養力で客取りをする 2種類の生き方がある。 話術の才に長けた妓女は、どんどん価値を吊り上げられ、それに合わせて 露出を控えだし、最終的には 茶飲みだけで、1年分の収益が得られる売れっ子も現れます。 なかには、 客に一度も手を付けられない者もいると… 価値を保つためには、 誰にも手を付けられていないという高嶺の花になる事。 そして、 手折るのは自分でありたいという、 男のロマンをくすぐる。 では、 価値が落ちるのは、何が事が起こった時なのか…? それは、 手折れた時…さらに、 子供を孕ませれば価値は無に等しいと結ぶマオマオ。 そう言い終えたところで、 立ち去ろうとするマオマオを引き止めるも、このまま店内に入っては変装の意味がないと、 正論を掲げてスルッと行ってしまいます。 ただ、振り返って、 1人で中に入っていく壬氏の後ろ姿を目で追いながら思います。 親父から朝の挨拶をされ、実家に戻ってきたことを改めて実感。 外邸に出任して初の帰郷。 側仕えは休みなく働くのは通例ですが、今回特別に水蓮の許可を取ってこの場にいるマオマオ。 余暇に浸るところですが、親父からお使いを頼まれ、緑青館へ向かいます。 親父の営んでいる薬屋はこの中にあるものの、今日は別件で来館。 親父の処方した薬を飲ませるマオマオ。 それは、水銀や砒素の代わりとなる劇薬で、痛みの先送り緩和としての役割。 元々、女は緑青館の華やぐ妓女でしたが、とある客から梅毒をもらったのです。 早い段階で治療していれば助かったのもも、当時は宦官として立場も弱く、親父の言うことには耳を貸さなかった。 それより、客を取るのが最優先の女は、その数年後に発疹や腫瘍が広がり、お情けで現在は緑青館に匿わせてもらっているわけです。 部屋の換気をしてお香を焚いたところ、何かの歌を蚊の泣くような声で口ずさみ始めた女。 眼鏡の男とは緑青館の顔なじみで、会いたくない人物。 マオマオがタオルを絞り、ベッドを振り返ると、女が綺麗な石を並べていました。 梅梅小姐は綺麗といってももう三十路。 本来は引退の歳ですが、婆のためにまだ残ると言います。 でも、本当はあの男のためと気付いている猫猫ですが… その頃、壬氏は緑青館が花街のような場所で、さらに下女の猫猫に従えてまで行ったことを振り返り、プチ失態に頭を抱えます。 それらを提案した高順を恨めしい目で見ると、街歩きの感想を聞かれる壬氏。 猫猫の養父が元宦官の医官という点が引っかかったとのこと。 宦官になってまで後宮の医官に就く利点は正直低い。 猫猫の知識量からして相当優秀な人物と考え、探りを入れるよう指示する壬氏。 すると、例の羅漢という男が訪ねてきました。 結論、猫猫を手渡すよう要求。 猫猫との関係は曖昧に包みますが、壬氏が思うに羅漢は猫猫の実父。 受け渡しを拒む壬氏に、それを娘が素直に受け止めるかは分からないと、言葉を含ませ、退散する羅漢。 その後、戻った猫猫に先程の件を伝えると、見たこともない嫌悪感丸出しの表情を浮かべ… 壬氏もさすがに上手く断ることを伝え、何事もなく踵を返す猫猫。 BGは🐱のお嬢様verが大変可愛ゆっっ!!! 6巻表紙はこの格好かしら?(気が早いw)そして壬華のしょげた顔がっ!!! 壬氏が妓女の堕とし方を知る目的とは? 不恰好な 平民に扮してまで行きたかった場所が、案の定、妓女の店でしたね〜 でも、壬氏がなぜ 妓女の堕とし方について、マオマオの意見を求めたのか引っかかります。 マオマオの見解によれば、 売れっ子の妓女は、 宮廷内の侍女にしても トップレベルの立ち位置に付くはず。 となれば、一部の目に余る侍女を一新するために、スカウトに入ったとも考えられますね。 マオマオにしてみれば、もっと有能な妓女を知っていそうな感じも匂わせていました。 ただ、あくまで壬氏の個人的な目的もあっての入店なので、断るのも容易く、壬氏も命じるには気がひける事情。 マオマオに選出してもらえば、ベストな人材確保ができたものの、壬氏が残念な人選をされないことを願いたいところです。 鼻の骨は特に脆いため、女の鼻がなかったと考えられます。 治療をしていなかった関係上、この元妓女が助かる見込みはなく、各臓器が蝕まれて待っているのは死だけ。 マオマオも親父も、救えない女と見なしているため、もはや末期に近いのでしょう。 羅漢にとって猫猫のメリットとは? 猫猫が羅漢を嫌がるのは、妓女として働かされるからと察しますが、他にも何かただならぬ関係が予感されますね。 しかも、壬氏が猫猫を手放す気のないと分かっているのに、略奪可能だと確信するようなあの態度。 おそらく猫猫が羅漢に従わざるを得ない、何か闇深な過去があるのかもしれませんね。

次の

『薬屋のひとりごと』 1つの原作から2つの漫画? 違いは?

薬屋 の ひとりごと ガンガン

ここでは「薬屋のひとりごと」をまだ読んでいない人に、ネタバレして問題ない程度のネタバレを見どころや感想と共に紹介するよ! 猫猫は後宮で暮らしていくうちに上級妃達と出会い、それぞれの悩みを解決していきます。 そして、薬師として毒や薬物に対してとても興味があるのでお茶会で毒を見つけてはその手腕を発揮していく日々! 猫猫と壬氏は利用し合う間柄だったのが、 お互いを知るごとに関係性が変わっていくのも面白いです。 やがて 壬氏と 猫猫の出自が明らかになるとともに物語大きく展開していき、ますます面白くなっていってページをめくる手が止まりません! 中でも印象に残ってるのはやっぱり、最初の白粉事件の時から続く 梨花妃の話です。 梨花妃の息子が侵されている 病の原因が白粉であり毒だと匿名で知らせたものの信じてもらえず、遂には亡くなってしまいました。 じきに白粉は禁止されましたが、 梨花妃も 体調を崩して食事も出来なくやせ細っていき、猫猫は 侍女の手で未だに白粉が使われてる事実に気付きます。 その時に猫猫が言ったセリフがこちらです。 「なんで、禁止されたかわかってんのか、毒だっつってんだろ!!」 カッチョイイ~~~! 普段人のことには興味がない猫猫が、禁止された白粉を使った侍女に怒鳴ったのは衝撃的でしたね! 薬屋のひとりごとの最終回や結末はどうなる? 「薬屋のひとりごと」は2019年10月現在、月刊ビッグガンガン・サンデーGXで連載中です。 ですので、ネタバレとともに最終回の予想をしていきます。 後宮内での大きなトラブルにより 下女の大量解雇が決定し、 猫猫もその中の一人でした。 花街に戻り妓女として働く猫猫がある日出会ったのは、 とてつもなく落ち込んでいた壬氏だったのです。 壬氏は猫猫が後宮勤めを続けたかったことを知り、改めて 壬氏直属の下女として雇うこととなります。 やがて壬氏は猫猫に関わる思わぬ昔話を知ることになり、 猫猫の母親と実の父・羅漢についての新たなエピソードが明らかになります! 壬氏は猫猫に対して特別な想いを持ってるように見えるのに、最新5巻では何やら意味深な描写がありました…。 猫猫が恋をする様子が想像出来ないし少女漫画的展開を求めているわけではないけど、壬氏と猫猫は一緒になってほしいですね…!! 薬屋のひとりごとの漫画を無料で読む方法 どうせなら「薬屋のひとりごと」の漫画を 最終巻まで無料で一気読みしたいですよね。 (「薬屋のひとりごと」は既刊6巻の作品です) 無料試し読みで数十ページ読める電子書籍サイトや1話ごとに課金して読めるアプリ等はいくつもありますが、単行本丸ごと1冊読めるサイトは少ないものです。 そこで当サイトでは、 単行本を丸ごと1冊以上無料で読めるサイトをご紹介します。 漫画の取り扱い状況については後ほどまとめていきますね。 music. jpやU-NEXTは 登録後すぐにポイントが使えるから、今すぐ読みたい人におすすめだよ。 まずはそれぞれの無料お試し期間を利用して、ご自身に合うサイトを見つけてみてくださいね。 ちなみに2020年5月現在、各サイトでの「薬屋のひとりごと」の取り扱いはこのようになっています。 公式サイトはこちらから 562P 3,4巻571P 5,6巻600P 618円 3,4巻628円 5,6巻660円 618円 3,4巻628円 5,6巻660円 618円 3,4巻628円 5,6巻660円 562P 3,4巻571P 5,6巻600P 562P 3,4巻571P 5,6巻600P 1巻無料にはなりませんが、ebookjapan・コミックシーモア・まんが王国は初回登録特典として 半額クーポンがもらえます。 こちらの3サイトは登録時に動画配信サービスのようなポイントはもらえませんが、 月額料金がかからないので、会員登録しておけば 無料漫画もたくさん読めますよ。 猫猫が 花街出身で少し大人な表現も出てくるので、宦官と花街を最初にわかっておいた方がきっと読みやすいんじゃないでしょうか。

次の