刑務所内 性行動。 えっ、こんなに刑務所内ってダークなの? 美人職員のエッチ買収から密輸ビジネスでボロ儲けまで驚愕の実態が!

えっ、こんなに刑務所内ってダークなの? 美人職員のエッチ買収から密輸ビジネスでボロ儲けまで驚愕の実態が!

刑務所内 性行動

2017年10月4日の午後、栃木刑務所を訪問しました。 栃木刑務所といえば、有名な女子刑務所で、テレビドラマや劇画、小説にも名前が出ることもあり、女性として受刑者の背景要因に共感できる部分もあるのではないかと思っていました。 本日の参加メンバーは11人、地元の方も遠くから来られた方も栃木駅で待ち合わせです。 栃木市は、古い家屋や蔵が残る風情のある町です。 駅からタクシーで15分位離れた、バイパスからちょっと入った場所に栃木刑務所はありました。 刑務所の総敷地は、64,190㎡、収容定員は655名、現在は659名収容とのこと。 それでも平成20年前後から比べると徐々に減少傾向にあるようです。 受刑者の平均年齢は49. 5歳、60才以上の受刑者は24%。 罪名は4割以上が覚せい剤関連です。 6割が初犯、4割が再犯者で、5年以下の受刑者が67%、専門スキルを持たないであろう高卒までの学歴者が8割です。 外国人は168人とのことで25%が外国人の女性でした。 これらの提示された基礎データから、なんとなく受刑者のプロフィールがぼんやりと浮かび上がってきます。 全体の説明を受けた後、正面玄関前の犬のモニュメント(以前にいた警護用の警察犬)の説明を受けて、作業棟へ移動。 全国から選抜された女子受刑者が学ぶ美容師の実習施設を窓の外から覗かせてもらいました。 ここの美容室は、市内の人にも定期的にお客として来てもらい接客技術を学ぶそうです。 エステシャン養成コースや介護福祉士コース、ビジネススキルコースも設置されていて、建物の明るさから、刑務所というより学校のような雰囲気がありました。 バラの植栽の庭を抜けると桜並木のグラウンドがあり、ここでは毎年花見が行われているとのことです。 食堂の窓には、フリルのついたカーテンもありました。 中庭にはこどもを抱いた母子像があり、入所直後には、妊婦もいて産室、保育室もあるそうですが、出産は外部の病院で行うようでした。 1歳までは一緒にいられるそうですが、それからは別のところに移されます。 辛い現実を突きつけられるようで、ここが刑務所であることに気づきました。 職員は女性が多く、男子刑務所(前回岐阜刑務所を訪問しました)と違って、集団移動は見ませんでしたが、我々と出会うと、顔を見せないように後ろを向かせて立たせられていたのが印象的でした。 平日も使える図書室もあり、外国人用の書籍も置いているようでした。 中国、フィリピン、大韓民国はもとより、ドイツ、フランス、ポルトガル、スペイン語など多様な言語の書籍があるようです。 作業工場もほとんど縫い物中心の様子で、見るからに女性的な印象です。 食堂の窓にはフリルのついたカーテンが下がっていました。 居住棟には、ベッドと机のある個室、3畳程度の畳の個室がありました。 ベッドの個室は、外国人が使っているようです。 多いときは畳の個室に2人入ることもあるそうです。 雑居房は、6人定員で、6畳ほどの和室でしたが、7、8人は寝起きしているようでした。 準閉鎖房ということで、各部屋には施錠をせず、入り口のみに施錠するようで、中廊下にはトイレと洗面所があり、居室にはテレビが設置されていました。 ちょうど、昔の精神病院の閉鎖病棟のようでした。 刑務所の全体は、惣社今井バイパスから見晴らす感じでしたが、目隠し用の塀は、パイプを縦に並べたようなデザインで、中にいてもあまり威圧感は感じませんでした。 処遇について、女性ならではの問題もあるのではないかと思います。 例えば、妊娠中の受刑者や出産後の受刑者の生活は想像するよりありません。 摂食障害のような精神疾患を持つ人もいると思います。 説明では11. 2%の精神疾患者がいるようです。 女性同士が狭い居室で寝起きするのですから、確執も生まれると思います。 どの刑務所でも考えられるのですが、精神疾患を発症した受刑者がしっかりした治療が受けられているのか、高齢者の日中作業と介護のことなどが気にかかります。 罪を犯したのですから、刑罰を受けることは当たり前ですが、健康が保障されるからこそ、刑罰を受ける意味があります。 彼女らの出所後の職業訓練は重要です、女性であるがゆえに男性に依存して犯罪に巻き込まれることも多いと思います。 彼女らが、更生し一人で生きていくためには、社会に適合できる強い力を身につけなければならないでしょう。 処遇に関することでは、所定のコースの見学だけでは理解できない部分があります。 今年の8月にも受刑者が処遇のことで女性刑務官に暴行した事件がありました。 刑務官の有給消化は平均4日、仕事負担率3. 0と聞きました。 しかし、職員の負担がしのばれます。 ピンクの受刑服、バラの庭園、フリル付きのカーテン、母子像が、押し付けられた性を象徴するようで、妙に落ち着かない感じがしました。 日本アムネスティ会員 武政 奈保子 実施日 2017年10月4日(金) 場所 栃木刑務所 主催 アムネスティ日本 国内人権ネット•

次の

監獄の中で声を出せない、レイプされる女性受刑者たち

刑務所内 性行動

私はアーカンソー州テクサーカナで育った。 反抗的な10代だった私は、ある少年と出会った。 当時の私は自分を大切にするということを知らず、彼との未熟な恋愛に心おどらせ、はまっていった。 そのため、付き合い始めてまもなく、彼が私をののしったり身体的に乱暴に扱ったりしたときも、何かと理由をつけてそれを許していた。 彼の行動はすぐにエスカレートし、大声でどなりつけたり、寒い冬の日に私を外に締め出したりするようになった。 同時に、私の家族にも手をあげるようになり、目の見えない父に暴力をふるうこともあった。 あの日、彼は私の伯母の家に強盗に入ろうと持ち掛けた。 私は一緒に行った。 それまでの経験から、自分の身を守るためには彼を怒らせず、機嫌をとり、無条件で従うのが最善策だと学んでいたからだ。 盗みは自分がやるから終わったころ迎えにくるようにと彼は言った。 それから二人で町を出る計画だった。 私は承諾した。 これからやろうとしていることのリスクも、どんな結末に行き着くかも、10代の私には考えが及ばなかった。 ところが、約束の時間に伯母の家へ行くと、彼は血を浴びた姿で現れた。 強盗の計画は思わぬ方向へ暗転していた。 彼は伯母を殺してしまったのだ。 私は錯乱状態になった。 伯母に攻撃されて頭が真っ白になってしまった、と彼は言った。 傷つけた覚えもないという。 自分も殺されるかもしれないと恐れた私は、彼を手伝って一緒に家を荒らした。 翌日、私たちは逮捕され、第一級殺人罪で告発された。 量刑は死刑か、仮釈放のない終身刑しかない。 宣告されたのは終身刑だった。 一生を刑務所の中で過ごすことになる。 1985年、17歳のときだった。 刑務所へ入った私は、伯母の死に対するやりきれない罪悪感と、不安にさいなまれていた。 まだ子どもだった私は、絶望的に孤独だった。 刑務所でもそれまでと同じく身勝手なふるまいを続け、ありとあらゆる規則に違反した。 刑務所の職員に反抗し、持ち込み禁止品を持ち込んだ。 あとから振り返ってみると、こうした問題行動を起こしたのは私が人として悪い人間だったからというより、非常に幼い人間だったからだといえる。 あれから心理学などの研究についてたくさん学んできたが、あのころの私の脳はまだ発達しきれていなかったのだと思う。 何よりも、私には希望がなかった。 「きみは塀の中で死ぬことになる」。 弁護士や刑務官を含め、まわりの大人からはそう告げられた。 そのとおりなのだろうと考えた。 1993年、同じ施設にいた女性受刑者がまとめて別の刑務所へ移された。 危険だと評判の刑務所で、男女両方の収容者と刑務官がいた。 1916年にできたという建物の壁には大きな穴がいくつもできていて、排泄物をなすりつけた跡が縞のように残っていた。 担当刑務官は女性だけのはずだったが、私は刑務所内にある農場を監督する男性刑務官の下につくことになった。 身長190センチ超、体重90キロという巨漢の刑務官とは毎日のように顔を合わせた。 そして気がつくと再び言葉の暴力を浴びせられる日々が始まっていた。 刑務官は私や他の受刑者をののしり、女性蔑視をあらわにした呼び名で呼んだ。 ある日、彼が事務所に現れ、ドアの鍵をかけた。 事務所は収容棟の裏手にあり、窓は茶色の紙で目隠しされている。 私はそこでレイプされた。 彼は「さっさと仕事に戻れ」と言い残し、出て行った。 それからしばらくの間、刑務官は繰り返し私を脅し、絶対に人に言うなと命じた。 やがて、妊娠がわかった。 私の妊娠を知った刑務官は、キニーネとテレビン油をのませて堕胎させようとした。 殺すぞと脅し、私に性的な嫌がらせをしていた別の看守のせいだと言えと迫った。 言われたとおりにしたが、結局、レイプしたのが彼だという事実は明るみに出た。 彼は腰の不調を理由にしばらく休みをとったが、今後どうすべきかを引き続き電話で指図してきた。 刑務官は翌年まで勤務したあと、最終的にレイプで罰せられることなく、別の違反行為(刑務所内にドラッグを持ち込んだ罪)で解雇された。 一方、刑務所側は何とか子どもをおろさせようとした。 ここに収容されている状況で子どもを生むなどありえないと言われた。 だが私は従わなかった。 やがて、子の父親を偽ったこと、刑務官と「合意の上で」性交渉を持ったことを理由に、独房へ入れられた。 寝床にマットレスはなく、食事はハムのサンドイッチしか与えられない、孤独な日が続いた。 そんな過酷な状況にもかかわらず、やがて元気な男の子が無事生まれた。 この子が私の人生を一変させた。 子どもを授かった背景には、このうえなく深く傷つけられる体験があったのだが、それでも、息子の誕生は私の救いになった。 突如、手をかけなければいけない小さな人が私の前に現れて、この子が可能なかぎり最高の人生を送れるようにと私は心をつくした。 息子の存在は、こんな人間でありたいと思う自分の姿を一新させた。 私は成長できる、変わることができる、再び生きることができる人間なのだ、と思うようになった。 同じころ、人生を変えるもうひとつの出会いがあった。 看守の一人がACLU(アメリカ自由人権協会。 国内最大の人権擁護団体)に相談し、私の件を話したのがきっかけだった。 ACLUから派遣されたクレイトン・ブラックストック弁護士が私についてくれ、以来25年にわたってさまざまな支援の手を差し伸べてくれた。 息子が温かい家庭のもとで育ててもらえるよう手配し、私が病気のときは適切な治療を受けさせ、さらには私がもう一度社会でやり直せるよう一緒に戦ってくれた。 寛大な決定を求めた訴えは、5回にわたり却下された。 しかし2017年、アーカンソー州で新たな州法が制定され、犯行当時に未成年だった私の判決を見直す機会がめぐってきた。 そして同年12月、なんと突然釈放されたのだった。 私は帰ってきた。 普通の社会生活への復帰には、やはりいくつもの困難があった。 法的な身分証明の取得、医療サービスの利用、仕事探し。 それでも、私は本当にすばらしく恵まれていると思っている。 夜中に起き出して、暗い中を歩き回る。 もう刑務所の起床の合図を待つ必要はないのだ。 毎朝4時に起き、少しの時間もむだにしないよう、日の出とともに1日を始める。 いま、私は例えばキャンプに出かけて、たき火でマシュマロやホットドッグを焼いたりできる。 山をハイキングしたり、車に乗って好きなところへただ車を走らせたりできる。 一瞬一瞬を大切に、できるかぎりの時間を母や友人たちと過ごしている。 自由でいられるのは本当に崇高なことだ。 私は日々、畏敬の念を覚えながら自由を生きている。 そして、若くして刑の宣告を受け、その後変わることのできた人には、私と同じ道を歩んでほしいと思う。

次の

えっ、こんなに刑務所内ってダークなの? 美人職員のエッチ買収から密輸ビジネスでボロ儲けまで驚愕の実態が!

刑務所内 性行動

元PALプログラム参加者からの話によると、デウィット牧師は、人の責務、不純な考えの浄化、権威(妻は夫に従うべきという家族内での権威や、彼らが収監されている刑務所内の権威)に屈することの重要性などについて、日々講義していた。 ヴィジャレアルさんは、違法薬物の製造、受け渡しおよび所持で禁錮40年の刑が下されていたが、人生に希望を見出した。 「私は勉強に打ち込み始めました。 自分が変わらなければならないことは分かっていましたが、その方法がわからなかったのです」 ヴィジャレアルさんがプログラムに参加してから数年後、デウィット牧師は個別指導を受けるように彼女を誘い、ある月曜日の午前6時に自分の事務所に報告に来るように伝えた。 彼女は選ばれたことに感激し、特別講義に熱心に取り組んだという。 ヴィジャレアルさんがハフポストUS版に語った内容によると、デウィット牧師の事務所に入ると、彼女はデウィット牧師から「何が必要かは分かっている、それは親密な方法で触れられることだ」と言われた。 デウィット牧師の事務所では、毎朝数分間、受刑者の人数を数えるため、看守が事務所からいなくなる時間があった。 牧師はこの瞬間を利用し、彼女の胸やお尻を触ったという。 その朝は、彼女にとって悪夢の始まりに過ぎなかった。 ヴィジャレアルさんによると、デウィット牧師は毎週月曜日に彼女を事務所に呼び出し、彼女にオーラルセックスと性行為を強要するなどの性的暴行を行った。 しかも、犠牲者は彼女だけではなかった。 PALプログラムの他の2人の女性受刑者も、デウィット牧師から毎週性的虐待を受けていたと州警察に語った。 1人の女性は、その暴行は3年半もの間、秘密裏に続いたと報告した。 彼女の場合、暴行は1年半ほど続いた。 デウィット牧師は、ヴィジャレアルさんを含むPALプログラムに参加していた女性受刑者3人に対する性的暴行罪で。 当初は(500年の実刑が下される可能性がある)である50件の性的暴行事件で告発されたが、最終的に認めた罪は3件、つまり被害者1人に1回ずつだけだ。 アーカンソー州犯罪者矯正局で13年務めたデウィット牧師には、同州刑務所で5年間の実刑が下されることが見込まれている。 しかし、刑期を6分の1ほど務めた程度で仮釈放が認められる可能性がある。 つまり、1年も経たずに釈放されるかもしれない。 ケネス・デウィット牧師には、自身が務めた州刑務所で3人の女性受刑者性的暴行を働いた罪で5年間の実刑が言い渡される見込みである。 「デウィットは67歳です。 現代男性の平均寿命は77歳ですから、5年は寿命の半分ということになります」ヘンリー・ボイス検察官は短かい説明を求められたとき、このように述べた。 元スタンフォード大学の水泳選手であるブロック・ターナーが意識のない女性に性的暴行を働いた罪で言い渡された実刑がたったであったことに対し、国民が怒りを爆発させてから、たった1カ月後のことだった。 デウィット事件は、ブロック・ターナー事件と同じような国民的な怒りを誘発していない。 それは特別驚くことではない。 そもそも、犠牲者の2人は今も刑務所で終身刑に服している(ハフポストUS版は、本人からの明確な許可がなければ名前を公表しない)。 彼女たちは事実上、自らが受けた苦痛について声を上げる力がない。 信頼されている権威者から暴行を受けていることへの恐怖、そこでの生活を余儀なくされていること、そして犯罪現場から逃げることができない事実を一般人にも伝えられる「」(犯罪被害者への身体的、精神的影響を裁判所に報告する文書)はない。 しかし、アメリカ大学ワシントンローカレッジのブレンダV. スミス教授は、被害者がどんな人物かという点も関係するかもしれないと述べた。 一般人は、刑務所に収容されている女性は「完璧な被害者」ではないため、彼女たちに対する同情が薄いのかもしれない。 「この事件に人々が憤りを感じる理由に関心があります。 これは、魂の導き役であるべき牧師の話です。 彼は、矯正施設で権威が与えられた人物というだけでなく、刑務所牧師として道徳的権威もあります」 過去4年間、アメリカ合衆国の女性受刑者の割合は。 刑務所にいる多くの女性は、収容される前に肉体的または性的に虐待されているため、職員による虐待に敏感に反応する。 収容中に性的暴行を受ける女性の数を把握することは難しい。 2011〜12年にアメリカ司法統計局が行ったでは、前年度に職員から性的な暴行を1回以上受けていると報告した女性受刑者は2. 3%と予測されている。 刑務所ではレイプが報告されることは極めて少なく、女性が声を上げられない理由も数多くあるため、この数字は実際よりも低い可能性が高いと、スミス教授は説明する。 女性受刑者は、報告しても信じてもらえないという恐怖や、虚偽の報告をすれば、受刑者は罰を受けるか、「善行している時間」、つまり模範行動で刑期が短縮される機会を失うことになりかねないという不安があるのかもしれない。 スミス教授は言う。 「実際には誰も調査しない、あるいは誰も信用しない報告がされます。 性的暴行する側の方が、圧倒的に権力があり、合法的な立場なのです」 ヴィジャレアルさんは、デウィット牧師が2014年、元受刑者であった別の牧師と性的関係があったことを認めて辞職するまで、権威ある人物を訴えたくなかったと述べた。 誰も信用できなかったから、誰にも何も言えなかったのです。 その方法は、、特定のホットラインに電話する、また受刑者苦情フォームに記載するといったことだ。 アーカンソー州矯正局ディレクター、ウェンディ・ケリー氏は、地元紙「」に対し、デウィットの逮捕後、事務所の壁を取り壊して可視化するなど、いくつかの改善を行っていると述べた。 「矯正局は、保護管理下にある受刑者が性的虐待の被害者とならないように、その権威の下でできる限りのことをします」。 ケリー氏は、ハフポストUS版に送った声明の中でこのように述べた。 「矯正局はケネス・デウィットの行動について全面的に捜査に協力します。 また、アーカンソー州警察兼検察官ヘンリー・ボイス氏やその職員の協力に感謝します」 ヴィジャレアルさんは、看守の1人と仲良くなり、デウィット牧師の行為を食い止めるため、彼の事務所の外にカメラを設置することを望んでいた。 しかし、問題を起こすのは怖すぎたという。 また、誰かに言えば一生刑務所から出れないというデウィット牧師の脅迫が頭にあった。 恐怖だけでなく、恥ずかしさや、色々な理由がありました」 2015年、ヴィジャレアルさんは10年の刑期を終えて刑務所から釈放され、直ちにメキシコへと送還された。 現在は、メキシコの北メキシコ州にある小さな村で暮らしている。 孤児院で働き、余暇は絵を描いて過ごしている。 油、アクリル、チョークなど、あれば何でも使う。 「人々の生活に触れたいのです」と、ヴィジャレアルさんは言った。 彼女は、今でも性的暴行を受けたトラウマと戦っていると述べた。 刑務所で子宮摘出手術を受けたが、術後もデウィット牧師から性行為を強要されたと述べた。 それは彼女にとって最悪の経験で、真剣に自殺を考えた。 彼女は今でも宗教心を捨てていない。 デウィット牧師への怒りと共に信仰心を取り戻す努力をしなければならなかった。 「以前は彼に対して、そのような恐ろしい考えを持っていましたが、同時にそれは罪だと分かっていたので自分を抑えていました。 牧師が悪事を働くなんて、考えるはずがありません」と、ヴィジャレアルさんは言った。 デウィット牧師が受けた刑は軽いが、苦しい体験が終わってうれしいと述べた。 「デウィットはもっと長く刑に服するべきだと思いますが、やはり、私はその場にいませんから声を上げることはできません」と、ヴィジャレアルさんは語る。 「あるいは、私が違法な存在だから声を上げられないのかもしれません。 私のような人間はそんな風に扱われているのです」 より翻訳・加筆しました。

次の